初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

高画質ドライブレコーダー人気ランキングTOP10【2017年上半期最新版】

2017年上半期、最新版の高画質ドライブレコーダー人気ランキングTOP10を紹介します。高画質ならいざというときでも安心感があります。みんなが選ぶ高画質のドライブレコーダーってどんなものがあるのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください!

高画質ドライブレコーダーを選ぶ基準

事故 取り締まり

ドライブレコーダーは事故やトラブルにあった時の証拠として使われますが、ボヤけた画像では証拠としての根拠が揺らぎます。
できるだけ高画質のドライブレコーダーを利用して、安心して運転したいものです。

現在販売中のドライブレコーダーで最高画質といわれるのはWQHD(2560×1440)です。
次いで、FHD(1920×1080)、HD(1280×720)、VGAの順に画質が低くなります。

画素数が高いほどはっきりと録画できるので、いざというときに安心と思われるかもしれませんが過信は禁物です。
車の走行速度やレンズの視野角などの状況によっては相手の車のナンバーがボケてしまうこともままあります。
ドライブレコーダーは画素数だけでなく、あくまで選択基準のひとつとしてとらえるのがいいでしょう。

今回はカメラの画素数がWQHDクラスやFHDクラス以上の高画質のドライブレコーダーの人気TOP10を紹介していきます!

高画質ドライブレコーダーランキング第1位

GoSafe 30G GS30G-32G

メーカーのPAPAGOが『オールインワン型』を標榜する、GPS内蔵のフルHD高画質ドライブレコーダーです。

高性能400万画素CMOSセンサーを搭載し、明暗差を補正するWDR機能や広角140°(水平108°/垂直60°)の明るいF1.9ガラスレンズでフルHD最高クラス60fpsの鮮明で滑らかな映像を記録します。

60fpsというフレームレートの高さを誇りますが、これは静止画を1秒に60回録画するレベルだといいます。
フレームレートは他社より高めなのですが、証拠としての信用度の高さより画像の滑らかさや美しさを競うレベルなので、運転中の景色を鑑賞したいという方向きかもしれません。

この製品にはメモリーカード32GGが付属しており、長時間記録可能な128GBまでの容量に対応しています。


【仕様】
レンズ:F1.9 140°超広角レンズ(水平108° 垂直60°)
モニター:2.7インチTFTモニター
加速度センサー:Gセンサー内蔵
対応ストレージ:microSDカード 8~128GB Class10
音声録音ON/OFF可能

TV出力:ミニHD OUT
電源:12/24V→5V/1A 
本体寸法:L91x W55 x H46mm
本体重量:約94g
バッテリー容量:250mAh充電式内蔵

シガープラグ電源ケーブル(約4m)
データ保存用の目的としてバッテリー内蔵(製品の動作目的の電力ではない)
太陽光による車内高温時の対策として小容量電力設計(フル充電は約2時間)

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第2位

ユピテル DRY-ST7000c

ユピテル史上最高の高画質ドライブレコーダーがこちらです。
ちなみに、様々な機能が満載のユピテルの最上位モデルとなっています。
筐体もとてもスリムでコンパクトなところがユーザーに好評を博しています。

ただし、microSDカードの最大容量は32GBなので、最高画質での録画では2時間20分程度で容量が埋まります。
短時間の街乗りをする方ならよいかもしれませんが、長距離ドライブの場合は画質を落として記録することになります。


【仕様】
外形寸法:60(幅)×45(高さ)×28(奥行)mm(突起部除く)
※取付ブラケット(テープ貼付)装着時78(高さ)mm(窓ガラス25°想定の場合)
本体重量:約64g(microSDカード含む)
記録媒体:microSDカード(16GB付属)、8~32GB対応(Class10以上)
カメラ:映像素子 400万画素カラーCMOS
レンズ画角:対角148°
最大記録画角:対角145°(水平120°、垂直63°)
記録解像度:1440P(2560×1440)、1080P HD(1920×1080)
GPS:有
Gセンサー :有(センサー感度は、0.1段階で調整可能)
記録方式:常時録画
イベント記録:(Gセンサー記録、ワンタッチ記録(手動録画))
録画ファイル構成:1分単位
画面サイズ:2.0インチ フルカラーTFT液晶
音声のON/OFF可能
フレームレート:30コマ/秒
映像ファイル形式:MOV(H.264)
電源電圧:DC12V(5V入力)

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第3位

ケンウッド DRV-N520

このモデルはカーナビ「彩速ナビ」と連動できるのが特徴で、カーナビの大画面で設定などができるのが利点です。

また、高画質CMOSセンサーを採用し、フルハイビジョンを超える300万画素の高解像度録画が可能であり、ナンバープレートや標識など細部まで鮮明に記録でき安心感があります。

【仕様】
電源電圧:14.4V(8.5V~16V)
消費電流:400mA
位置受信方式:GPS(カーナビゲーションから受信)
撮像素子:1/3型 約400万画素カラーCMOSセンサー
有効画素数:約300万画素
カメラ画角:水平:約117°垂直:約63°(対角128°)
レンズF値:2.0
撮影画像最大:2304×1296
フレームレート:27fps
記録メディア:microSDHC(8GB SDHC付属)8~32GB対応(Class6以上推奨)
外形寸法 :W79mm×H22mm(突起物除く、ブラケット装着時約66mm)×D48mm
質量(重さ):約77g(ブラケット、ケーブル含まず)

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第4位

ケンウッド DRV-410

2016年3月発売の少し古いものなのですが、フルハイビジョンを超えた高解像度録画ができるハイエンドモデルとして根強い人気があります。

専用の常時電源ケーブル(オプション品)を使用することで長時間の駐車監視録画が可能になったのが画期的で、駐車中の防犯や当て逃げ、長時間のドライブでも確実に記録ができます。


【仕様】
電源電圧:DC12.0V(12V車)
GPS :あり
Gセンサー:あり
衝撃検出感度:-4.0G~+4.0G(0.1G単位)
モニターサイズ:1.5型 フルカラーTFT
最大記録画角:水平:117°、垂直:63°、対角:128°
撮像素子総画素数:400万画素
記録解像度:(最大)2304×1296(動画最大約300万画素)
フレームレート:27.0fps
記録方式 :常時録画/手動録画/イベント記録/駐車録画 ※1
衝撃感知:前後録画時間 前:10秒、後:15/30/60秒
常時録画ファイル:1/2/3分
音声記録:あり(オン/オフ可)
記録メディア:microSDHC(Class6以上 8GB~32GB)
外形寸法:W77×H56/93×D35(本体/ブラケット装着時)
本体重量:約81g

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第5位

パナソニック CA-XDR51D

ドライブレコーダー販売後発のパナソニックが2015年末に発売した高画質ドライブレコーダーです。
パナソニックのブランド力があってか人気ランキング上位に食い込んでいます。

フルハイビジョンの解像度ながら画角がとても広く周囲を広範囲に記録することが可能ですが、そのぶん、ナンバー等の視認が少し落ちるのでご注意を。


【仕様】
出力映像:Full HD( 1 080P/27.5 fps)/ Full HD(1 080P/55 fps)
電源電圧:DC 5 V(シガーライターコード使用時)
撮像素子:1/3 型 CMOS イメージセンサー
有効画素数:2 688(H) × 1 512(V)( 約408万画素)
レンズ:広角固定フォーカスレンズ F1.8、 f=2.94 mm
画角:視野角147.7 度、 垂直62.1 度、 水平120.7 度
記録メディア:Class 6 以上の microSDHC 8 GB ~ 32 GB
LCD ディスプレイ :2.3 型 TFT カラーモニター
衛星システム:GPS / GLONASS(GPS / グロナスは同時受信不可)
録画ファイル:解像度 Full HD(1080P/27.5 fps)/ Full HD(1 080P/55 fps)
加速度計: 3-Axis G-Force センサー
マイク:あり
外形寸法: 56.6 mm × 55.6 mm × 30 mm( 本体のみ)
質量:約73 g(microSDHC メモリーカード含まず)
録画時間の目安(8GB):27.5 fps 時(約80 分)、55 fps 時(約60 分)

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第6位

Driveman GP-1 GP-1F

Drivemanブランドを展開するアサヒリサーチ社は警察にも製品を納入している信頼ある会社です。

画質は約300万画素、FULL HD、HDの3タイプあります。
他の機種に比べ秀でているのが駐車監視録画時間の長さで、車のバッテリーを利用し、1時間から24時間の長時間録画・設定が可能です。
バッテリー容量が低下すると自動で電源OFFになるのでバッテリー上りとは無縁です。

【仕様】
解像度/フレームレート:2K 27.5fps、FULL HD 45fps/27.5fps、HD 60fps/30fps/7.5fps
記録モード:常時録画(自動上書)、駐車中録画機能
駐車中の録画時間:1・2・3(デフォルト)・6・9・12・24時間
撮影画角:水平114°、垂直60°、対角140°
LCDディスプレイ:2インチカラー
GPS:内臓
Gセンサー:3軸衝撃センサー(衝撃検知時動画ファイル保護機能)
外部メモリー:SDHC(Class10以上)8~32GB、SDXC(Class10以上)最大64GB
本体重量:約100g
セット内容:GP-1F(フルセット)本体、可変ブラケット、駐車監視用電圧監視型電源ケーブル(DCDC4)、ACアダプタ+専用ケーブル、ミニHDMIケーブル、8GBSDカード

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第7位

セルスター CSD-560FH

高画質のハイエンドモデルながら2015年3月発売のモデルのため、お値打ち品となっているのがこちらです。
FULL HD 500万画素のカメラにて200万画素の高画質録画が可能です。
ただし、現在ではデフォルトの機能となっているHDR(逆光補正)や西日本のLED信号対応になっていません。
東日本の方で昼間に近所の街乗り用に車を利用する方ならいいかもしれません。

【仕様】
撮像素子:500万画素 CMOSカメラ
フレームレート:30fps
視野角:水平110° 垂直64° 対角140°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数:200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
録画画角:FullHD(水平102° 垂直62° 対角120°)、HD(水平102° 垂直62° 対角120°)、D1(水平76° 垂直55° 対角94°)
GPS :無し
3Gセンサー:有り(-2Gから+2G 衝撃感度 10段階)
対応外部記憶媒体 microSDカード 8GB~32GB 、64GB
インターネット地図連動:無し
電源電圧:DC12V/24V
サイズ:76(W)×22.6(D)×49(H)mm(突起部含まず)
※マウントベース取り付け時  80(H)mm
本体重量:68g
保証期間:3年

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第8位

DrivemanGP-1 GP-1STD

第6位のモデルと同型品なのですが、こちらは「スタンダードセット」といってACアダプタと専用ケーブル、ミニHDMIケーブルを省いた商品となっています。

画質は約300万画素、FULL HD、HDの3タイプで、駐車監視録画時間の長さが特徴です。
車のバッテリーを利用し1時間から24時間の長時間録画・設定が可能なうえ、バッテリー容量が低下で自動電源OFFになるのでバッテリーが上がらず安心です。

【仕様】
解像度/フレームレート:2K 27.5fps、FULL HD 45fps/27.5fps、HD 60fps/30fps/7.5fps
記録モード:常時録画(自動上書)、駐車中録画機能
駐車中の録画時間:1・2・3(デフォルト)・6・9・12・24時間
撮影画角:水平114°、垂直60°、対角140°
LCDディスプレイ:2インチカラー
GPS:内臓
Gセンサー :3軸衝撃センサー(衝撃検知時動画ファイル保護機能)
外部メモリー:SDHC(Class10以上)8~32GB、SDXC(Class10以上)最大64GB
本体重量:約100g
セット内容:本体、可変ブラケット、駐車監視用電圧監視型電源ケーブル(DCDC4)、8GBSDカード

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第9位

d'Action 360 DC3000

こちらの商品は車用品メーカーのカーメイトが製造販売する車載高画質カメラ「d’Action 360(ダクション 360)」と、フロントガラス上部設置のためのマウント「DC3000」がセットになった商品です。
水平360度、垂直194度の撮影・記録ができるので、車の前方や側面、リア方向まで従来のドライブレコーダーでは記録できなかった状況も記録できます。
その分、商品価格も通常のハイエンドモデルに比べて倍近く高いです。

しかし、高画質仕様でもカメラの画角が広すぎるせいか、画質が不鮮明になりがちとのユーザーレビューが見られます。
一般のドライブレコーダーは側面が弱いので、側面の事故やトラブルの記録・証跡が必要な方にはいいのではないでしょうか。

【仕様】
記録画素数:2880×2880(4K相当:約800万画素)、1440×1440(フルHD相当:約200万画素)
有効画素数:約1353万画素
撮像素子:裏面照射型CMOSイメージセンサー 1/2.3型
フレームレート:最大27.5fps ※高温時はフレームレートを自動変更
画角:水平360°/垂直194°
電源電圧:DC12V (カメラ本体:DC5V)
GPS受信衛星:みちびき、グロナス
駐車録画(別売の駐車監視オプションが必要)
対応記録媒体:microSDHC/microSDXC 16~128GB (UHS-Ⅰ スピードクラス3以上)
外寸寸法:H42mm×W62mm×D64mm(カメラ本体)、H104mm×W62mm×D64mm(マウント装着時)
重量:カメラ本体 約100g/マウント 約47g
その他:3軸Gセンサー内蔵、ステレオマイク内蔵、WDR機能搭載

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーランキング第10位

セルスター CSD-570FH

こちらは第7位のモデルとほぼ同型なのですが、GPSやインターネット地図連動といった便利な機能がついていて若干価格が高くなっています。

現在では標準となっているHDR(逆光補正)や西日本のLED信号に対応していませんので、東日本地域での昼間の街乗り用に使うといいでしょう。

【仕様】
撮像素子:500万画素 CMOSカメラ
フレームレート:30fps
視野角:水平110° 垂直64° 対角140°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数:200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
録画画角:FullHD、HD(水平102° 垂直62° 対角120°)、D1(水平76° 垂直55° 対角94°)
GPS:有り
3Gセンサー:有り(-2Gから+2G 衝撃感度 10段階)
対応外部記憶媒体 microSDカード 8GB~32GB 、64GB
インターネット地図連動:有り
電源電圧:DC12V/24V
サイズ:85(W)×22.6(D)×51(H)mm(突起部含まず)
※マウントベース取り付け時  84(H)mm
本体重量:68g
保証期間:3年

こちらの商品をAmazonで!

高画質ドライブレコーダーを賢く選ぼう!

ドライブレコーダー

人気の高い高画質のドライブレコーダーは1万円半ばから2万円を超える高級モデルとなっています。
高画質であればある程度の安心感が得られますが、良いドライブレコーダーを選ぶには画質のほかにもいくつか注意してみなくてはならない点があります。
カメラの画角やmicroSDカードなどの記録容量(録画時間)、電源(バッテリー駆動時間)、各種センサーの有無、駐車監視機能など各種の要素をバランスよく見て納得いくドライブレコーダーを選んでください。

メーカー別ドラレコランキング

目的別のドラレコおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す