初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型シエンタ マイナーチェンジ最新情報!価格や燃費の変更点と発売日は8月?

トヨタの人気ミニバン「シエンタ」が、2017年の8月に新型へのマイナーチェンジを計画しているようです。新型シエンタはマイナーチェンジによって、どのように変わるのでしょうか? 本記事では、新型シエンタの価格や燃費、発売日といった最新情報についてまとめていきます。

トヨタ新型シエンタの発売日は8月?

トヨタ自動車の人気ミニバン「シエンタ」が新型へのマイナーチェンジを行い、2017年の8月に発売されるとの噂が流れています。
「シエンタ」は2015年7月のフルモデルチェンジ以降、マイナーチェンジ・一部改良が全く行われていません。
時期的に、マイナーチェンジか一部改良・グレード追加が行われてもおかしくないでしょう。

本記事は、新型シエンタのマイナーチェンジに関する情報をまとめています。

トヨタ シエンタ G 2015年

トヨタ シエンタとは?

現行型 2代目シエンタ

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

シエンタとは、トヨタ自動車が2003年から製造・販売しているミニバンです。
「小粋でユースフルな7人乗り」をテーマに開発された初代モデルは、お洒落でコンパクトな5ナンバーサイズのボディに、ミニバンとして求められる機能を詰め込んでいました。

現行モデルとなる2代目は「Active & Fan」をキーワードに開発され、ミニバン=箱型というイメージから外れた、躍動感のあるデザインを特徴としています。
デザインモチーフはトレッキングシューズとのことです。
内装は低床フラットフロアによって高効率にパッケージングされており、コンパクトなボディでありながらも、3列シートにゆったりと座れる広さを確保しています。

パワートレインには、1.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンが2種類とハイブリッドエンジンが1種類の全3種類が設定され、トランスミッションにはCVTが組み合わされます。
駆動方式はFFと4WD(ガソリン車のみ)の設定です。
燃費性能はJC08モードで27.2km/Lという、ミニバンでトップレベルの低燃費を実現しています。

トヨタ シエンタに関する記事はこちら!

トヨタ新型シエンタのデザインはマイナーチェンジでどう変わる?

外装(エクステリア)デザインの変更

現行型 2代目シエンタの外装(エクステリア)デザイン

トヨタ シエンタ HYBRID G

新型シエンタのマイナーチェンジでの外装の変更予想は以下の通りです。

・ヘッドライト
・リアコンビネーションランプ
・フロント・リヤバンパー
・ホイール

しかしながらトヨタ自動車による公式発表は未だにありません。
今後の動向に注目しましょう。

参考:現行型シエンタのボディサイズ

全長全幅全高
4,2351,6951,675-1,695
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7501,310-1,3805-7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

内装(インテリア)デザインの変更

現行型 2代目シエンタの内装(インテリア)デザイン

トヨタ シエンタ HYBRID G 内装 2015年

新型シエンタのマイナーチェンジでの内装の変更予想は以下の通りです。

・大画面ナビに対応したデザインに変更
・インパネの装飾変更
・シートの変更

全体的に、内装の質感が向上されるのでしょうか。
トヨタ自動車による公式発表に期待しましょう。

参考:現行型シエンタの室内サイズ

標準車車いす仕様車
室内長2,5351,850
室内幅1,4701,470
室内高1,2801,290
[単位]mm

トヨタ新型シエンタの燃費はマイナーチェンジでどう変わる?

燃費

新型シエンタはマイナーチェンジによって、エンジン特性やハイブリッド制御の最適化が行われると予想されています。
従来の燃費性能は、27.2km/Lでしたので、28.0km/Lあたりまで向上するのではないでしょうか。

なお、エンジンのスペック自体はあまり変わらないでしょう。

参考:現行型シエンタの燃費性能とエンジンスペック

ハイブリッド車ガソリン車
JC08モード燃費27.215.4-20.6
実燃費--
[単位]km/L
ハイブリッド 1NZ-FXE型ガソリン 1NZ-FE型ガソリン 2NR-FKE型
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.5L1.5L1.5L
最高出力54[74]/4,80076[103]/6,00080[109]/6,000
最大トルク111[11.3]/3,600-4,400132[13.5]/4,400136[13.9]/4,400
モーター最高出力45(61)--
最大トルク169(17.2)--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

燃費に関する記事はこちら

トヨタ新型シエンタの安全装備は?

トヨタセーフティセンス

新型シエンタは、マイナーチェンジによって衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスC」が全車で標準装備になると予想されています。
現行型のシエンタでは、「トヨタセーフティセンスC」はオプション装備となっているので、新型シエンタは現行型よりも安全性能が高くなるといえるでしょう。

「トヨタセーフティセンス」についての記事はこちら!

トヨタ新型シエンタには特別仕様車が追加!

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

新型シエンタには、特別仕様車として「G Cuero」というグレードが追加されると予想されています。
「シエンタ(SIENTA)」という車名は、スペイン語で「7」を意味する「Siete」という単語に由来していますが、特別仕様車の「Cuero」にもスペイン語で「革」という意味があり、内装の一部にレザーが使用されるのではないかと期待されています。

具体的には、ガソリン車の上級グレードである「G」をベースとして、以下の装備を採用しているとの予想です。

・内装の一部に合皮を使用
・オレンジのステッチを施したステアリング・シフトレバー
・トヨタセーフティセンスC
・LEDランプパッケージ
・特別仕様車専用カラー

トヨタ新型シエンタの価格はマイナーチェンジでどう変わる?

価格 お金 費用 税金 維持費

「トヨタセーフティセンスC」が標準装備化されたとすると、新型シエンタの価格は全体的に5万円程度上昇するのではないでしょうか。
安全性能の確実な向上を考えると、これはかなり良心的な値上げだと言えるでしょう。
トヨタによる公式発表が待ち遠しいですね!

参考:現行型シエンタの新車価格

トヨタ シエンタの新車価格
ハイブリッド車223万~233万
ガソリン車169万~212万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ新型シエンタのライバル車は?

ホンダ フリード

ホンダ フリード ハイブリッド

新型シエンタのライバル車には、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」が挙げられます。
現行型シエンタとフリードの燃費性能は、どちらも27.2km/Lとなっていますが、新型シエンタが燃費性能を28.0km/Lまで向上させたとすると、フリードよりも人気が出るのではないでしょうか。

また、安全装備に関しても、衝突回避支援パッケージの「ホンダ センシング」を全車標準装備化しているフリードに対し、新型シエンタは「トヨタセーフティセンスC」を標準装備化することで対抗するとみられています。

現行型シエンタとフリードのスペックや価格を比較

シエンタフリード
全長4,2354,265
全幅1,6951,695
全高1,675-1,6951,710-1,735
ホイールベース2,7502,740
車両重量1,310-1,3801,340-1,490
乗車定員5-76-7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
シエンタフリード
室内長2,5353,045
室内幅1,4701,455
室内高1,2801,275-1,285
[単位]mm
シエンタハイブリッドフリードハイブリッド
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.5L1.5L
最高出力54[74]/4,80081[110]/6,000
最大トルク111[11.3]/3,600-4,400134[13.7]/5,000
モーター最高出力45(61)22[29.5]/1,313-2,000
最大トルク169(17.2)160[16.3]/0-1,313
トランスミッションCVT7速AT
駆動方式FFFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
シエンタフリード
JC08モード燃費15.4-27.216.4-27.2
実燃費--
[単位]km/L
シエンタとフリードの新車価格
シエンタ169万~233万
フリード189万~273万
[単位]円(消費税込み)

ホンダ フリードについての記事はこちら!

トヨタ新型シエンタに期待!

現行型 2代目シエンタ

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

トヨタ 新型シエンタのマイナーチェンジに関する最新情報はいかがでしたか?

今回のマイナーチェンジは小規模の改良に留まるとみられています。
しかし、衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンスC」を全車で標準装備するという点が実現されれば、大きな変化があったともいえるでしょう。
お車選びに悩まれている方は、トヨタ自動車の動向に注目しましょう!

トヨタの新型車に関連する記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す