初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ラテラルロッドの効果とは?必要あるのか?調整や交換から車検での注意点についても

車高を下げると、片側に寄ってしまうリアタイヤの補正に必要なラテラルロッド。車高を下げた際には、一緒に交換しておきたいパーツです。ラテラルロッドの交換方法とその調整方法、それによる効果を解説します。また車検には通るのかという疑問にもお答えします。

ラテラルロッドとは?

車体からサスペンションに斜めに取り付けられたラテラルロッド

ラテラルロッドとは、サスペンションアームの一つ。
左右のタイヤが繋がった車軸懸架方式にのみに用いられる、サスペンションの横方向の動きを動きを規制するためのリンクです。パナールロッドとも呼ばれます。

車体下部端から、サスペンションアームの反対側を、車体全幅にわたって、大きく斜めに繋ぐ細く長い棒状のパーツのため、lateral(横方向に渡る)rod(棒)と呼ばれます。
カタログの諸元表のサスペンション形式に3リンク、5リンクなどと記載があればラテラルロッドが使われているといってよいでしょう。

ラテラルロッドの必要性

走行中のラテラルロッドの動き

理想的なサスペンションとは、横方向の動きは規制しつつ、垂直方向のみに動くことで、乗り心地とタイヤの接地性能を高めることができます。
アームやリンクを使うサスペンションでは、その支点を軸とした円運動になってしまいますから、僅かながら必ず横方向に動いてしまいます。
そのため、ラテラルロッドを用いたリンク式サスペンションでは、ストロークする度にリアサスペンション全体が左右に動いてしまうことになり、荒れた路面での、揺すられ感や突き上げ感が発生してしまう原因になります。

しかし、ラテラルロッドがなければ、別の方法で横剛性を高める必要がでてきます。
ラテラルロッドを用いることで、多少の乗り心地は犠牲にしても、走行に必要な横剛性を容易に確保できるという理由から、主に軽自動車のリアサスペンションに多く用いられます。
コストパフォーマンスを追求しつつ、走行性能のバランスを取ったサスペンション形式といえるでしょう。

車高を変えたらラテラルロッドも交換

クスコ製調整式ラテラルロッド

ラテラルロッドを使用したリンク式サスペンションでは、ストロークするとサスペンション全体が左右に動いてしまいます。
それはつまり、車高を上げ下げした場合にも起こるということです。
車高を下げると、車がまっすぐ走らなくなったり、片側のタイヤだけフェンダーの当たってしまうという症状が出ます。
それは、フロントタイヤに対してリアが全体が左右どちらかにずれているのが原因です。
これではまっすぐ走らないのも頷けます。
それを解決するために、長さを調整できるラテラルロッドに交換する必要があるのです。

この商品の購入はこちら!

調整式ラテラルロッド

アピオ製 ラテラルロッドの調整ネジ部

調整式ラテラルロッドは、多くのメーカーから販売されていますが基本的な構造は一緒です。
ロッドの端か、中央に設けられたネジを回すことで長さを調整する事ができます。
また、取り付け部のブッシュもさまざまな材質ものが販売されています
純正と同じゴム、または強化ゴムでできたもの。
ゴムより硬いウレタンブッシュを使用したもの。
ベアリングを用いたピロボールのものなど、さまざまな製品が販売されています。

ブッシュ材の一般的な傾向を表にまとめました

寿命価格硬さ
ゴム・強化ゴム
ウレタン
ピロボール

あくまで一般的な傾向であり、製品品質によって大きな違いがあります。
ピロボールは一般的に短命といわれますが、高品質なものはゴムよりも長持ちする製品もあります。

ラテラルロッドは長さ別で販売されています。
各メーカーの車種適合表を確認して、自分の車種に合った長さの製品を選びましょう。

この商品の購入はこちら!

ラテラルロッドの交換方法

ラテラルロッドの交換手順動画

ラテラルロッドの交換方法は、純正ラテラルロッドの両端のボルトを外し、交換するだけです。
作業スペースがあれば、ジャッキアップする必要はありません。
大きいボルトが、大きなトルクで固定されていますので、交換の際は怪我などしないよう、ご注意ください。

まず、サスペンション側のボルトを外します。
それに対し、車体側はボルトナットで固定されていますので、二本のスパナを使って取り外します。
取り付けできる長さにラテラルロッドの長さを調整し、トルクレンチで指定されてたトルクでボルトを締め付け、取り付けます。
その後、タイヤが接地した状態で左右のタイヤが、車体に対して中央にくるように調整します。
長さの調整方法については、付属の説明書を参考に調整してください。

セッティングは真ん中ではダメ

長さのセッティングについて説明します。
ラテラルロッドが用いられるサスペンション形式では、走行中にリアタイヤ全体が左右に動きます。
そのため、車体中央に調整しただけでは、走行中にサスペンションがストロークした際にタイヤがフェンダーに当たってしまう場合があります。
そのため、走行状態を考慮して長さを調整する必要があります。
可能であれば、最大重量積載時の走行でも、タイヤがフェンダーに当たらない位置に調整したいものです。

理想の調整

車の車体には、歪みやブッシュのよれ等で生じる誤差があります。
リアフェンダーとタイヤのクリアランスに合わせてロッド長さを調整したとしても、それが本当に車体中央かどうかは怪しいものです。
本来はラテラルロッド交換してもアライメント等の調整は必要ありませんが、四輪トータルアライメントテスターで、フロントに対してリアを真っ直ぐの位置に調整するのが理想的です。

さらに、それを基準に自分の車の使い方に合わせて調整しましょう。
少しだけ長くしてみたり、短くしてみたり、いろいろセッティングを変えての走行を試してみて、直進性や左右のコーナリングバランスなどを確認します。
単純に真ん中に合わせるだけで良しとせずに、せっかくの調整機構を活用することをご提案します。

ラテラルロッドは車検は通る?

車 メンテナンス 点検

出典:©iStockphoto.com/gilaxia

アフターマーケットの調整式のラテラルロッドに交換していたとしても、車検は問題なく通ります。
しかし、検査官や代行するディーラー等によっては指摘されるケースもあるようです。
とはいえ、あまり極端にリアタイヤが片側に寄っていたり、最低地上高が低すぎたりしなければ、特に問題はないでしょう。

ラテラルロッドの強度と事故

アピオ製 ラテラルロッドは純正よりも太く設計される

ラテラルロッドについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ラテラルロッドは、車リアサスペンションの横方向にかかる力を、それ一本で全て受け止めています。
そのため、強度が非常に重要です。

しかし、ロッド自体、ネジ部が極端に細いものや、溶接がしっかりできていない製品が販売されていたり、材質によっては曲がることなく、折れてしまう粗悪品が出回っているのも事実です。
もし、強い横Gがかかった状態で、ラテラルロッドが機能しなくなったとしたら事故は必至です。
コントロールを失った車はどこに吹っ飛んでいくのか予測できません。

ラテラルロッドを、単なる車高を下げる際の調整ロッドとは考えずに、サスペンションアームの一つであるということを意識して選んでいただきたいと思います。

この商品の購入はこちら!

現在の人気の車検サービスはこちら

安心!確実!低価格!ホリデー車検

車のメンテナンス・点検についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す