初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新旧カムリ比較】新型と旧型の違いを徹底比較!どこが進化した?

2017年7月10日、トヨタ「カムリ」がフルモデルチェンジを行いました。次世代プラットフォーム「TNGA」を採用したという新型カムリは、旧型からどのように進化したのでしょうか?新型カムリと旧型カムリのデザインや性能、価格などの違いについて徹底比較します。

トヨタ カムリの新型と旧型を徹底比較!

10代目 新型カムリ

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017 G“レザーパッケージ” (エモーショナルレッド)

トヨタのセダン「カムリ」がフルモデルチェンジを行い、7月10日から販売が開始されました。
今回のフルモデルチェンジで10代目となった新型カムリは、次世代プラットフォーム「TNGA」の採用によって、さまざまな面での進化を遂げました。
本記事では、新型カムリが旧型と比較してどのように進化しているのか、デザインや性能、価格などの違いと一緒に解説します。

カムリとは?

初代 セリカ・カムリ

トヨタ・カムリ 初代

カムリとは、1980年から製造・販売されている乗用車です。
初代モデルは、トヨタ「セリカ」のセダンモデル「セリカ・カムリ」として登場しました。
車名が現在の「カムリ」になったのは、1982年に発売された2代目モデルからです。

トヨタの屋台骨を支える世界戦略車の一つであるカムリは、これまでに100カ国以上の国と地域で販売され、累計1,800万台以上を売り上げています。

トヨタ新型カムリの最新情報はこちら

トヨタ カムリ 新型と旧型の外装デザインの違いは?

新型カムリの外装デザイン

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017
トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

■低重心を強調したデザイン
新型カムリは旧型よりもホイールベースが長く、車高が25mm下がっており、全体的に低重心が強調されたスタイルとなっていることが特徴です。
ヘッドランプには3層に重なったLEDクリアランスランプを備えた「Bi-Beam LEDヘッドランプ」を採用。
旧型ではリアの左側に配置されていた車名ロゴも、リア中央のバックドアガーニッシュ上に移動しています。

■ボディカラー
ボディカラーは、以下全7色が設定されます。
・プラチナホワイトパールマイカ
・シルバーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・エモーショナルレッド
・スティールブロンドメタリック
・グラファイトメタリック
・ダークブルーマイカメタリック

旧型カムリの外装デザイン

トヨタ カムリ ハイブリッド Gパッケージ 2014年
トヨタ カムリ ハイブリッド Gパッケージ 2014年

TNGAに基づいたデザイン

■低重心でエモーショナルなデザイン
新型カムリの外装デザインは、次世代プラットフォーム「TNGA」に基づいた、低重心シルエットのエモーショナルで美しいデザインを実現しています。

■進化したフロントマスク
フロントマスクは、旧型よりも洗練されたトヨタ車の共通意匠である「キーンルック」を採用することで個性を強調。
スリムなアッパーグリルと立体的なロアグリルを対比させることで、低重心で幅広なスタイルも強調しているとのことです。

■低重心を強調するボディサイド
新型カムリはフードやフェンダー、ベルトラインを低く配置することで、タイヤの存在感を強調し、低重心感を表現しています。
また、ルーフの後ろ側を延長することにより、広い室内空間と伸びやかなプロポーションの両立も実現しました。
さらに、サイドウィンドウをコンパクトな形状にすることで、キビキビとしたスポーティな印象を与えています。

TNGAについての解説記事はこちら!

新型カムリと旧型カムリのボディサイズを比較

新型カムリ旧型カムリ
全長4,8854,850
全幅1,8401,825
全高1,4451,470
ホイールベース2,8252,775
車両重量1,540-1,6001,540-1,550
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ カムリ 新型と旧型の内装デザインの違いは?

新型カムリの内装デザイン

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

旧型カムリの内装デザイン

トヨタ カムリ ハイブリッド Gパッケージ 2015年 内装

TNGAに基づいた先進的な内装

■ドライバビリティに配慮された運転席
新型カムリの内装はTNGAに基づき、部品の小型化やレイアウトの見直しによってインパネの厚みを抑えたほか、エンジンフード、カウル、ベルトラインを下げることにより視界を改善するなどして、スポーティかつ広がりを感じさせる空間を実現しました。
また、ディスプレイ(ナビゲーション、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ)の相互リンクによる情報表示により、ドライバーの操作動線と視線移動を最適化することで、運転のしやすさも向上しています。

■先進的なデザイン
ナビゲーションとヒーターコントロールパネルが一体となったセンタークラスターパネルには、限りなく平面に近い「フラッシュサーフェス」デザインを採用しており、先進のインターフェイスを搭載していることが一目でわかるようになっています。

■拡大したトランク容量
旧型では440Lだったトランク容量も、新型ではハイブリッド用のバッテリーをリアシート背面から床下に移動したことで525Lへ拡大されています。
さらに、日本仕様車では7代目以来となる全面トランクスルー機構も復活しました。

■質感へのこだわり
内装の質感や見せ方にもこだわっており、継ぎ目のない金属調加飾などの部品構成や、複数の色・素材を効果的にコーディネートする「フレックスコーディネーション」、宝石のタイガーアイをイメージしたオーナメントパネルなどによって、上質な空間を演出しています。

新型カムリと旧型カムリの室内寸法を比較

新型カムリ旧型カムリ
室内長2,0302,080
室内幅1,5351,525
室内高1,1851,210
[単位]mm

トヨタ カムリ 新型と旧型のパワートレインの違いは?

新型カムリ「ダイナミックフォースエンジン2.5」

トヨタ 新型 カムリ ダイナミックフォースエンジン2.5

TNGAの新型エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」を採用

新型カムリのパワートレインには、TNGAに基づいて開発された新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」が搭載されます。
最大熱効率41%と高出力を両立しているこのエンジンを、プリウスにも採用されているハイブリッドシステム「THSⅡ」と組み合わせることで、新型カムリは同排気量クラスでトップレベルの33.4km/Lという低燃費を実現しました。
それでいて動力性能も非常に高く、新型カムリの優れた走行性能を支えています。

TNGAによる上質な走りと乗り心地

新型カムリはTNGAの採用によって走行安定性が向上し、乗り心地が向上しました。
また、液体封入式のエンジンマウント(エンジンを支え、振動を抑える部品)をトヨタ車で初めて4点すべてに採用しており、かつ最適な配置にすることで、高トルク化による振動の増加や静粛性の悪化を抑えています。

サスペンションには、フロントに新開発のマクファーソンストラット式を、リヤにはダブルウィッシュボーン式を採用することで、思い通りの走りと上質な乗り味を実現しています。
さらに軽快なレスポンスとすっきりした手ごたえを特徴としたラック平行式電動パワーステアリングを採用し、新開発のステアリングコラムによって剛性を高め、操舵感も向上しました。

新型カムリと旧型カムリのパワートレインスペックを比較

新型カムリ旧型カムリ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.5L2.5L
最高出力131[178]/5,700118[160]/5,700
最大トルク221[22.5]/3,600-5,200213[21.7]/4,500
モーター最高出力88[120]105[143]
最大トルク202[20.6]270[27.5]
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ カムリ 新型と旧型の燃費の違いは?

燃費

新型カムリと旧型カムリのエンジンは同排気量ですが、新型カムリではTNGAの新エンジン「ダイナミックフォースエンジン2.5」の採用によって、大幅に燃費性能が向上しています。

新型カムリと旧型カムリの燃費を比較

新型カムリ旧型カムリ
JC08モード燃費28.4-33.423.4
実燃費--
[単位]km/L

トヨタ カムリ 新型と旧型の安全性能の違いは?

リヤクロストラフィックアラート

トヨタ 新型 カムリ リヤクロストラフィックアラート

先進の安全装備を搭載

新型カムリは、自動ブレーキやクルーズコントロールなどを統合した衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を全車で標準装備しており、高い安全性能を発揮します。
また、後退時の死角となる左右後方から接近する車両を検知して、自動ブレーキを作動させる「リヤクロストラフィックオートブレーキ」を、トヨタ車で初採用しています。

高い衝突安全性能

新型カムリは、ボディ骨格部に「環状骨格構造」を採用しています。
これによりボディのねじれ現象を抑制し、優れた操縦安定性を実現しました。
また、骨格の接合部には先進の溶接技術「レーザースクリューウェルディング(LSW)」を採用し、「構造用接着剤」を使用することで、ボディ剛性を強化しています。
さらに、超高張力鋼板「ホットスタンプ材」の使用箇所を増やすなどして、軽量化をするとともに優れた衝突安全性も確保しました。

トヨタセーフティセンスPについての記事はこちら!

トヨタ カムリ 新型と旧型の価格の違いは?

価格 お金 費用 税金 維持費

新型カムリと旧型カムリの価格を比較

トヨタ カムリの価格を比較
新型カムリ329万~420万
旧型カムリ322万~403万
[単位]円(消費税込み)

新型カムリでは、グレード体系が刷新されました。
価格は全体的に向上しています。

全ての面で進化した新型カムリ

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

トヨタ カムリの新型と旧型を徹底比較してみました。

新型カムリは、TNGAに基づいた最新テクノロジーの導入によって、旧型と比較するとあらゆる面での進化を遂げました。
カムリのフルモデルチェンジを待っていた人にとっては、間違いなく「買い」だといえるモデルに仕上がっています。
まだ購入を迷っているという人は、試乗して新型カムリの魅力を感じてみてください。

トヨタの新型車についての記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...