初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型レジェンド】2018年にビッグマイナーチェンジ?新フロントマスクと価格や燃費などスペックまとめ

80年代後半には、トヨタ レクサスや日産 インフィニティと競い合ったホンダの高級ブランドに「アキュラ」というものがあることはご存知ですか? 今回は、アキュラを代表する高級セダンであるホンダ レジェンドが2018年頃に予定している大型のマイナーチェンジについての情報を、価格・燃費予想などを交えてご紹介していきます。

ホンダ レジェンドとは?

ホンダ レジェンド Hybrid EX 2014年型

ホンダ レジェンドとは、ホンダが1985年より製造・販売を行っているセダンを指し、同じくホンダの北米向けブランド「アキュラ」のフラグシップモデルです。
レジェンド登場の80年代後半は、トヨタがレクサス、日産がインフィニティといった高級車専用ブランドを立ち上げましたが、ホンダは一番に先立ち、1986年に高級ブランドであるアキュラを立ち上げました。
2012年、4代目を区切りに一度販売が終了しましたが、3年後の2015年にハイブリッド専用車種として5代目レジェンドが発売されました。
北米では「RLX」という名でガソリンモデルを主力として販売されていますが、日本ではハイブリッドのみの単一グレードでの販売となります。

アキュラのエンブレムマーク

レジェンドについて詳しくはこちら

RLXについてはこちら

ホンダ レジェンドは2018年にビッグマイナーチェンジ予定?

ホンダ レジェンド 2014年

ホンダ レジェンドは、2018年にマイナーチェンジが実施されるという情報が入りました。
マイナーチェンジについては、今年の東京モーターショー2017年で公式からの発表がある可能性が高そうですが、年末頃になるとも言われています。
長年のライバルであるレクサスブランドのセダン「LS」との対決も免れない状況の下、レジェンドのマイナーチェンジはかなりの大型な内容であることが予想されています。
主な改良内容は、フロントマスクの変更とハイブリッドシステムのパワーアップとのことで、この2つについては後述します。
フルモデルチェンジの発売日に関しては、2015年に現行が出たばかりなので、5~6年のモデルチェンジ周期を考えると、大分先になりますが2020~2021年頃になると思われます。

ライバルのレクサス LS

レクサス LS600h 特別仕様車 F SPORT X Line 2015年

新型レジェンドで注目されるダイヤモンドペンタゴングリルとは?

アキュラ プレジションコンセプト

マイナーチェンジにより、ホンダ レジェンドのフロントマスクがこれまでに見たことのないグリルデザインに変更されます。
そのデザインは「ダイヤモンドペンタゴングリル」という名称で、フロント前方に突き出るような六角形のグリルが特徴的です。

2016年のデトロイトモーターショーで発表された「プレジションコンセプト」でその姿が確認でき、アキュラのクロスオーバーSUV「MDX」ではすでに採用されています。
主な採用はアキュラブランドの車種なので、日本でのホンダ車種に浸透していくかどうかは現段階では不明です。

プレジションコンセプトの紹介動画

プレジションコンセプトについて詳しく

新型レジェンドの「SPORT HYBRID SH-AWD」がパワーアップ?

SPORT HYBRID SH-AWD ユニット

ホンダ レジェンド SPORT HYBRID SH-AWD 2014年

ホンダ レジェンドの現行モデルには、「SPORT HYBRID SH-AWD」というハイブリッドシステムとAWDをコントロールし、高い走行性能を実現する駆動システムが採用されています。
このシステムは、3.5LのV型6気筒エンジンとモーターを(フロントに1基・リアに2基)持ち、最高出力は314馬力です。

レジェンドのマイナーチェンジによって、このエンジンがNAからツインターボに変更され、最高出力は500馬力を超える見込みです。
SPORT HYBRID SH-AWDが確保する走行性能がなければ、この出力は実現しないでしょう。

ツインターボとは

新型レジェンドの価格と燃費は?【予想】

新型レジェンドの価格

ホンダ レジェンド 2014年

ホンダ レジェンドはあくまで高級車という位置づけなので、価格を下げてターゲット層を増やすという動きに出る可能性は低いでしょう。
むしろこれまで以上に先進性と高級感を高める狙いがあります。
今回のマイナーチェンジでは、コストを下げるための変更箇所は現時点では見られないので、価格は据え置きになるよりは上昇する可能性が高いことが予想されます。
参考までに、現行レジェンドの価格を以下に掲載しておきます。

ホンダ レジェンド
Hybrid EX680万
[単位]円(消費税込み)

新型レジェンドの燃費

ハイブリッドシステム搭載とは言え、ハイオク燃料使用に加えて、過給器を使用した強力なエンジンに変更されるとなると、燃費を維持することで精一杯になることが想像できます。
これから追加される情報によっては、パワーを上げつつ燃費を抑える技術の組み込みや軽量化が行われる可能性はありますが、現段階では想像の範疇に留まるでしょう。
参考までに、現行のレジェンドの燃費を以下に掲載しておきます。
※実燃費は編集部調べ

JC08モード燃費16.8
実燃費11.57
[単位]km/L

ホンダ レジェンドのこれからの盛り返しに注目!

ホンダ レジェンド 2014年

ここまで、ホンダ レジェンドのマイナーチェンジ情報についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回の情報は、レジェンドのフロントマスクの大幅変更や、エンジンに高出力のツインターボが搭載されるなどして、フルモデルチェンジと言っても過言ではない程のビッグマイナーチェンジモデルが2018年に発売される可能性があるということでした。

ホンダ レジェンドは、現在ミニバンや燃費の良い軽自動車が主流の日本市場では、あまり売れ行きが良くないという状況です。
北米を中心に売り出しているモデルですが、今回のマイナーチェンジで日本市場へのアピールはどのようにされていくのでしょうか?
今後の情報に期待しましょう!

全メーカーの最新情報はこちら

ホンダ車についての記事はこちら

国産高級車についての記事はこちら

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す