初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ハンドル手放し】自動運転レベル3搭載車アウディA8遂に登場!今までとはどう違う?日本では走行可能?

自動運転レベル2が主流の自動運転に、ついにハンドル手放し可能な自動運転レベル3のモデルが登場します! この記事で紹介するアウディ A8は、どのような車か、自動運転レベル3と今までとの違い、日本での運転について紹介します。

ついに自動運転レベル3登場!アウディ A8

アウディ A8 スクープ

出典:アウディ A8 スクープ画像

現在は自動運転レベル2が主流ですが、ついに自動運転レベル3のモデルが登場します!
アウディ A8は自動運転レベル3「条件付き自動運転」と呼ばれる、システムが運転をしてくれる本格的な自動運転を搭載しています。
この記事ではアウディ A8とはどのような車か、自動運転レベル3や日本での運転について紹介します。

自動運転レベル3搭載のA8がアウディサミット&フランクフルトモーターショーで公開!

アウディサミット

「アウディサミット」は、アウディブランドの展示会で、世界各地から2,000人ものゲストが招待されている、大きなイベントです。
2017年夏はスペインのバルセロナで開催され、さまざまな自動車のプレゼンテーションや実演を間近で見ることができます。
特に今回の注目モデルは自動運転レベル3を搭載した「アウディ A8」。
最新のデジタル技術を搭載している新型アウディ A8は、自動車はドライバーが運転するだけではなく、他の車や都市とも関係を持ちながら移動する乗り物に近づいています。
この「アウディ A8」は、今後の自動車の開発だけでなく、都市などの形も変えていく、歴史的な1台となりえます。

詳細がフランクフルトモーターショーで公開!

フランクフルトモーターショーでもレベル3の自動運転、トラフィックジャムパイロットが公開されました。
詳細そのものは後述の通り、アウディサミットの直後に発表されていますが、モーターショーでの公開はフランクフルトモーターショーが初公開となりました。

アウディ A8の最新情報はこちら

アウディ A8とはどんな車?「自動運転レベル3」以外のポイント紹介

新型アウディA8 スパイダーマン

出典:映画「スパイダーマン:ホームカミング」のワールドプレミア会場にて

アウディ A8の歴史

アウディ A8はラグジュアリーセダンとして、1994年から製造・販売されている人気のモデルです。
初代は1994年発売、2代目は2003年、3代目は2010年、今回発表されるモデルは4代目となります。
もともと、アウディ V8の後継モデルとして発売されました。
大きな車体でありながらも、オールアルミニウムボディで軽量、走りのよさや低燃費であることも売りです。

新型アウディ A8はどんなモデル?

新型アウディ A8も、これまでと同様に快適な乗り心地とスポーツカーのような高いドライビング性能を兼ね備えています。
また、マイルドハイブリッド(MHEV)システムで、エコ運転も可能です。
車の運転が好きな人にとっても、車でくつろぎたいという人にとっても、満足の1台といえます。

また、映画「スパイダーマン:ホームカミング」では、アウディ A8が登場。
自動運転技術もスクリーンで確認できます。
映画は日本では2017年夏に公開されました。

【世界初】アウディ A8は自動運転レベル3! これまでとの違い

アウディ A8 自動運転レベル3「Traffic Jam Pilotシステム」

アウディ A8「Traffic Jam Pilotシステム」は世界初の自動運転レベル3の機能です。

自動運転レベルにはレベル0~5まであり、例えば現在主流の自動ブレーキ機能がついている車はレベル1です。
自動運転レベル2(部分運転自動化)は、ハンドル操作や加速・減速などの複数の操作をしてくれる機能がついていて、日産セレナなどについている「プロパイロット」などがあります。

自動運転レベル3は「条件付き自動運転」というレベルです。
これまでのレベルの「ドライバーのサポート」という位置づけからステップアップして、車が周りの状況を見て運転してくれます。
もちろん「条件付き」となっているため、緊急時はドライバーが運転する、交通量や天候などが良好で運転しやすい環境であることが必要です。

自動運転レベルについては以下の記事をご覧ください。

自動運転レベル3よりスゴい「完全自動運転」の新型アウディはこちら

自動運転AI「アウディ AI」を搭載した新型コンセプトカーはこちら

【最新情報】アウディ A8「Traffic Jam Pilotシステム」の詳細が判明!

アウディ トラフィックジャムパイロット

アウディ A8「Traffic Jam Pilotシステム」についての詳細が
公式より発表されました。
レベル3の規定通り、公開された動画のようにハンドルからの手放しもできれば、後部座席に座る人と会話もできるシステムになっています。
史上初の自動運転「レベル3」は、今までの自動車の運転の概念が大きく変わることは間違いありません。

安全性と快適性に重点を置いて開発したというトラフィックジャムパイロットはすでにテスト走行を行っており、高評価を得たとのことです。

トラフィックジャムパイロットの起動条件は?

起動可能

アウディ トラフィックジャムパイロット

トラフィックジャムパイロットが起動するには、

・高速道路または複数車線で対向車線との間に障害物がある道路を走行。
・ガードレールなど道路の端に建造物がある場合。
・隣接するすべてのレーンが渋滞していて低速運転をしている。
・60km/h以下の走行をしている。
・信号や歩行者などがセンサーに検知されない。

このような条件下になると、AIボタンが白く光り、バーチャルコクピットにトラフィックジャムパイロット使用可能の旨が表示されます。
あとはAIボタンを押せば、ハンドルから手を話すことも、ブレーキペダルから足を離すこともできます。

また、このシステムが機能するために装備されたセンサーは以下になります。

・12個の超音波センサー(フロント、サイド、リア)
・ウィンドスクリーン上のフロントカメラ
・車の角のレーダー4個
・フロントのレーダー
・フロントのレーザースキャナー
・インパネのドライバー用カメラ

自動運転時のインフォテイメントシステム

自動運転の時間を充実させるインフォテイメントシステムは、各国の法律によって異なりますが、例えばドイツ本国であれば10.1インチパネルディスプレイでDVDなどが鑑賞できるとのことです。
他にもスケジュールを確認したり、メールのやり取りをするなどさまざまな可能性がありますが、後述する危険防止システムのために制限されている行動もあります。

ドライバーレディネスディテクション

前述したドライバー用カメラによって、自動運転中の車外の状況とともに、車内の状況も管理します。
計器パネル上のカメラがドライバーが運転可能かをチェックしており、たとえばドライバーの目が長時間閉じていることを検知した場合、運転の引き継ぎを催促します。
また、自動運転中にできることは限られていて、たとえば新聞を読むなど該当しないことを検知した場合も、同様です。

なお、カメラに記録されたドライバーの顔映像は車内で処理されるため、アウディ社やその他第三者に転送されることはありません。

運転引き継ぎ時

第二段階

AIがドライバーに運転の引き継ぎを要請する時は、バーチャルコクピットなどのアイコンやボタンが赤く点滅し、警告音が鳴ります。
これを10秒無視するとオーディオの音量が下がり、バーチャルコクピットにメッセージが流れます。
その後徐々に減速して、ドライバーのシートベルトを3度締め付け、運転の再開を催促します。

ただし、ドライバーが健康上の理由でこの要請を無視せざるを得ない状況にあれば、緊急事態と判断され、減速、停止、駐車、ドアロック解除、室内灯の点灯、そして最後にモバイルネットワークから緊急コールを入れます。

なお、試験運転ではほとんどのドライバーが第一段階で気づいたとのことです。

アウディ A8が欲しい!日本では自動運転レベル3は運転できる?

現在の法律では自動運転レベル3は運転できない!

自動運転 イメージ画像

©iStockphoto.com/ chombosan

結論から申し上げますと、現在、自動運転レベル3は日本の法制度のもと、公道を走ることはできません。
交通事故死者の低減や交通渋滞の緩和などのメリットがあることはわかっていますが、まだ法律などの整備が追いついていないのが現状です。

現在の交通関連法規は「ドライバーによる運転」が前提となっています。
すでに実用化されている自動運転レベル2の自動車は、人による運転が主体のため、現行法で対応可能となっています。
自動運転レベルが上がることで「システムによる運転」となるため、法規を見直す点が非常に多くなります。
また、自動運転の技術もまだ確立していないこともあり、イノベーションを進めつつ、制度の設計をしなければならないことも課題の1つです。

自動運転レベル3 はいつから公道走行可能に?

東京オリンピックが開催される2020年が、自動運転レベル3の市場化のめどとなっています。
これは内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「自動走行システム」研究開発計画によるものです。

2017年までに信号や渋滞などの情報を活用するシステム( レベル 2)の実現、2020 年にレベル3、2025 年にはレベル 4 のシステムの市場化といったようにステップアップを図る計画です。

2020年に開催される東京オリンピックは特にキーポイントとなっています。
東京都の発展や、高齢化社会に向けた交通システムの運用などの課題解決も含めて、自動運転の実用化に取り組んでいく計画となっています。

以下の記事もおすすめです。

自動運転レベル3までの自動車保険は登場

自動車保険と自賠責保険

自動運転中に事故が起こってしまった場合、自動運転レベル3までならば、自動車保険が使える商品があります。
例えば、損害保険ジャパン日本興亜株式会社では、「被害者救済費用特約」を新設、「無過失事故の特則」の改定などで、自動運転レベル3までのリスクに対応した商品を2017年7月から販売しています。
しかし、自動運転レベル4以上の車の場合は、さらに考え方が複雑になってきます。
大学との共同研究により事故発生時の賠償関係の責任を整理するなど、進めていく計画です。

自動運転にはまだまだ不安な要素もありますが、技術の発展に合わせて法律や自動車保険の整備もされるので、今後に期待しましょう。

自動車保険については以下の記事がおすすめです。

アウディ A8・自動運転レベル3の今後の情報に期待!

アウディ A8 スクープ画像

アウディ A8 スクープ

自動運転なんてまだまだ先、と思っていた人も、アウディ A8の「Traffic Jam Pilotシステム」を見たら「自動運転は現実のものだ!」と感じるでしょう。
すでに自動ブレーキシステムにお世話になっている人も多いと思いますが、これからどんどん、車の運転を車のシステムにおまかせする時代がやってきます。
時代を先どるアウディ A8、そしてこれからの自動運転に期待ですね。

各社新型車情報はこちら

自動運転についての記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK