初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【一覧】BMWの電気自動車(EV)全車種を価格&航続距離で徹底比較|コスパ最強は?

BMWから購入できる電気自動車(EV)についてまとめました。各モデルの紹介、電気モーターでの航続距離、燃費、価格、コスパ、充電ステーションなど、電気自動車を購入する際にポイントとなる点を考察しました。あなたに合うBMWの電気自動車はどれになるでしょう?

【最新情報】BMWグループ 2017年に電動車の販売10万台を達成

BMW本社 フォー・シリンダー・ビル

BMWグループは2017年年初に掲げた「年内、グローバルで10万台以上の電気駆動車を販売する」という目標を達成したことを明らかにしました。

10万台達成を記念にBMWは本社ビルフォー・シリンダー・ビル」を光のインスタレーションでバッテリー風にライトアップさせました。
ビルの外壁にはTHE FUTURE IS ELECTRIC」の文字を映し出しました。

電気自動車とは?

電気自動車」とは、その名の通り電気(電力)で電気モーターを駆動し、走行する自動車のこと言います。
電気自動車は、電気モーターへの電力供給方法の違いから、2つの方式に分類されます。

一つは、電気モーターを車載したバッテリーで駆動して走行する「電池式自動車」です。
もう一つは、電気モーターの電力を走行しながら外部からの供給を受ける「架線式電気自動車」です。

現在、日本で一般的に「電気自動車」と呼ばれるのは前者の方式になります。
その「電池式自動車」も「BEV」と「PHV/PHEV」の2つに分類することができます。

BEV

コンセントからの電力供給にて、車載したバッテリー(二次電池)に充電し、そのバッテリーだけで走行する車は、完全に電力のみで駆動する方式であり、BEV(Battery Electric Vehicle)「バッテリー エレクトリック ビークル」と呼ばれます。
電気モーター以外の動力が無いことから「純電気自動車」、「完全電気自動車」などと呼ばれることもあります。

日本車では日産の「リーフ」がこれにあたります。

日産 リーフについてはこちら

PHV / PHEV

電気モーターと二次電池だけではなく、内燃機関(エンジン)も搭載しており、両方の動力にて走行することでき、コンセントから二次電池に蓄電できるものを、PHV(Plug-in Hybrid Vehicle)「プラグイン ハイブリッド ビークル」もしくは PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)「プラグイン ハイブリット エレクトリック ビークル」と呼ばれます。
一般的に「プラグイン ハイブリッドカー」よ呼ばれる車が該当します。
プラグイン機能が追加されたハイブリッドカーも、電気自動車に分類されます。

日本車ではトヨタ自動車の「プリウスPHV」代表的な車です。

トヨタ プリウスPHVについてはこちら

BMWの電気自動車

現在、BMWが製造・販売している電気自動車は、BEVとPHEVに分けられます。
最初からBEV、PHEVの専用車として開発されたのが「iシリーズ」です。
また既存の車種をPHEV化した「iPerformance」があります。
これら現行車種については後ほど解説することにします。

1972年には、受験車両としてBMW初の電気自動車「BMW 1602 Electric」が製作されています。

BMW 1602 Electric

BMW 1602 Electric は、当時の主流モデルであった02シリーズをベース車両をして開発されました。
1972年のミュンヘン オリンピックにて、マラソンの先導車などで活躍し、後ろに続く選手が排気ガスを吸うことなく競技に集中することができました。

出力は32kW(42HP相当)で、航続距離は59kmと言われています。
当時は現在のようなリチウムイオンバッテリーではなく、自動車用のバッテリーを複数個搭載しており、実用には程遠い開発途上の電気自動車でした。
しかしこの1602 Electricの存在が、現在のBMWが製造する電気自動車の礎となっている記念すべきBMW最初の電気自動車です。

BMW 2002についてはこちら

BMWの電気自動車の比較

BMW BEV / PHEV 比較一覧
タイプ車種航続距離
EV走行(JC08)(*1)
EV走行換算(JC08)
ハイブリッド
燃料消費率(JC08)
バッテリー
容量
新車車両価格
BEVi3390 (*1)-21.8ATELIER:5,090,000
LODGE:5,550,000
SUITE:5,700,000
PHEVi3+REX288.924.721.8 ATELIER:5,570,000
LODGE:6,030,000
SUITE:6,180,000
i840.719.47.120,290,000
740e42.015.29.211,690,000
M Sport:12,400,000
530e52.517.49.26,550,000
330e36.817.77.65,790,000
225xe42.217.67.75,200,000
X5 xDrive40e30.813.89.29,680,000
[単位] EV走行 /EV走行換算:km ハイブリッド燃料消費率:km/L バッテリー容量:kWh 価格(消費税込) :円

BMWの電気自動車を、EVに関する項目と価格にて比較表としてまとめてみました。

i3には3モデルが用意されていますが、動力性能は同じです。
インテリアデザインの違いで区別されモデル化されています。
また 740eには M Sportモデルが用意されています。

電気モーターだけでの航続距離は?

比較表の「EV走行」がBEV方式である i3が電気モーターだけで走行できる距離を表しています。
満タン充電で、390kmを走破することができますので、東京ー名古屋間を充電せずに走破できることになります。
ここまで航続距離が伸びるのであれば、純電気自動車はいよいよ実用性が出てきたと言えるのでは無いでしょうか?

PHEVも、電気モーターだけで走行できる距離を「EV走行換算」として記載してあります。
PHEVは、エンジンと併用ですからバッテリー容量は BEVに比べ小さく航続距離も短くなります。

充電ステーションはどれくらいある?

BMW i3に必要な充電ステーションは、現在(2017年7月時点) 全国で 20,704ヶ所あります。
 ・急速充電:6,956ヶ所
 ・普通充電:13,748ヶ所
その場所を事前に調べておけば長距離の移動も心配いりません。

PHEVは必ずコンセントから充電しなければならないものではありませんので、充電ステーションの利用が必須ではありません。
またBMWのPHEVには、急速充電機能はありません。
それは走行しながら、エンジンとブレーキ時の発電を利用した回生システムにより充電をしているからです。

PHEVモデルは、完全放電状態から約3~4時間で満タン充電することができます。(車種により変わります。)

車両価格はどれくらい?

BEV、PHEVどの車種も500万円以上しますので、高価な車の部類になります。
i8 / 740eに至っては、1,000万円以上という価格ですからどこに電気自動車の価値を求めるかが明確になっていないと選択肢に入る余地も無いでしょう。

ほとんどの車種が500〜600万円といったところですので、この中に現実的な車種を選ぶことになるでしょう。

コスパを考えるとBEV?それとも PHEV?

コスパを考えるのであれば、ガソリンが一切必要のない電気だけで航続距離が断然に長い i3となるのではないでしょうか?
「電気だけではどうしても心配!」であれば、50万円程をプラスして非常用エンジンを搭載のREXを選べば安心でしょう。

電気自動車に居住性や快適性という条件を加えるとなるとコンパクトなi3ではなく、530eもしくは330eを選択することになるでしょう。
これは電気自動車を都心部だけで利用することが多いのか?郊外や長距離の移動が多いのかで、必然的に車種が決まるように思えます。

つまり、電気自動車の購入を考える場合には、航続距離と価格だけでなはなく、その使用用途も十分考慮しないと、かえって不便な存在になってしまう可能性が高いのではないでしょうか?

BMW i シリーズ

ここからは、現行のBMWが製造・販売している電気自動車について1台づつ解説していきます。

BMW iシリーズは、電気自動車(BEV / PHEV)の専用車として開発されました。
ベース車両は存在せず、他のシリーズにはない独自のデザインとなっています。
現在 2車種がラインアップされており、 1台は「i3」と呼ばれBEVとして純電気自動車です。
もう 1台の「i8」はPHEVですが、そのデザインはスーパーカーそのものであり、未来的な雰囲気を持っており、街中ではかなり目立つ存在です。

BMW i3

「i3」は、BMWの電気自動車の中で、BEVとして唯一の純電気自動車です。

キャビン全体がカーボンファイバー製となっており、強度と軽量化に両立しており、航続距離を伸ばすことに貢献しています。
後部座席のドアは後側を起点として開閉しますので、前部座席のドアと一緒に開くと観音開きとなりまので、コンパクトにも関わらず乗降性がよくなっています。
インテリは、ATELIER、 LOGDE、 SUITEの3種類が用意されています。

急速充電ができるのは、この「i3」のみです。
急速充電は、45分で充電を完了させることができます。

またi3にはオプションで、緊急時に利用できるエンジンとして「レンジ エクステンダー」 (REX)を搭載することができますので、万が一バッテリーが切れても安心です。

BMW i8

未来的なデザインと、上に開くドアが特徴的な「i8」 は、PHEVです。
PHEVのイメージは、ハッチバックやセダンなどの実用車ではないでしょうか?
ところが「i8」はあくまでも第一級のスポーツカーとしてPHEV を成り立たせています。
エンジンの出力は 231ps、そこにモーターの出力 131psが加わります。

この「i8」は、映画「ミッションインポッシブル」の第4作にあたる「M:I-4 ゴーストプロトコル」に登場します。
フロントガラス全面にまるでスクリーンがあるかのように映し出させる情報を操作して、全速力で駆け抜けるシーンは圧巻です!

iPerformance 既存モデルのPHEV モデル

BMWは、「iシリーズ」の他に、既存のシリーズ中にPHEVをラインナップしています。
それらを、「i Performance(i パフォーマンス)」と呼んでいます。
まだ全ての既存シリーズには展開されていませんが、今後 PHEVの注目度が向上するにあたり、そのモデルは増加するでしょう。
現在、i Performanceとして、ラインナップされている PHEV車たちを消紹介します。

BMW 740e

ラグジュアリー セダンとしての地位,そしてVIPが選ぶ車の1台としてその揺るがない存在感を持ち続けている7シリーズに、PHEVの機能を備えたのがBMW740eです。
大型の車はどうしても車重が重くなりますが、740eはボディ構造にカーボン ファイバーを使用した「カーボン コア」を採用し、車重にの軽減とボディ剛性の強化を同時に手に入れました。

大柄なボディサイズにも関わらず、ガソリンを一滴も使用しなくても電気モーターだけで約42kmを走破することができる実力を持ち合わせています。
車外からリモコンで遠隔操作しながら駐車できる「リモート パーキング」機能を備えた最先端のPHEVです。

BMW530e

エグゼクティブ セダンと呼ばれ、BMWの中では、アッパークラスのベースを担う5シリーズのPHEV車がBMW 530eです。
530eは、最新の技術を投入し、部分的ではありますが自動運転を導入し、運転支援システムを実現しています。
電気モーターだけで時速120km/hでの走行が可能で、ガソリンを一切使用せず50km以上を走行することができる実力を持ったプラグイン ハイブリッドカーです。
車内は、 5シリーズ同様に余裕のある作りと上品なデザインでまとめられていますので、居住性を犠牲にすることなく環境に配慮することができる車に仕上がっています。

BMW 330e

BMW3シリーズは、スポーツ セダンと呼ばれるようにその運動性能とデザイン、実用性を兼ね備えた車です。
そんな3シリーズの持つ機能を何も損なうことなく、PHEVという最新技術を融合したのがBMW330eなのです。
PHEVとして、EV走行だけで36.8kmを走ることができる実力を得ました。
車両がコンパクトになれば、モーターやバッテリーの搭載位置が問題となり、従来の居住性やトランク容量が犠牲になるなどの欠点が浮上するものです。
しかし330eは絶妙なパッケージングで、オーナーにそのような不快な思いをさせることはありません。

BMW 225xe

BMWのアクティブ ツアラーとして、狭さを感じさせない室内と荷物がたくさん積める実用性、そしてキビキビと走ることができる車です。
FF車のように前輪はエンジンで駆動し、後輪は電気モーターで駆動するという4輪駆動車になっています。
フロントにエンジン、リアにPHEV の電気モーターとバッテリーを配置することによって重量配分は理想的な50:50に近い値となっています。
PHEVを装備することで、走りに磨きがかかり、実用性と走りを高い次元で融合することになったBMW225xeです。

BMW X5 Drive 40e

最新の4WDシステムを搭載し、街中でもオフロードでも道を選ぶことなく安全に走行することができるBMW X5に、PHEVを搭載したのが BMW X5 xDrive40e です。
バッテリーを床下に配置することにより、ラゲッジスペースは 500~1,720Lを確保し、PHEVだから狭いということは一切ありません。
ガソリンを一切使用しないゼロ エミッション走行では、約31kmを走ることが可能です。
SUVにPHEVの機能を加え、よりその魅力を増すことになりました。

電気自動車のまとめ

BMWの電気自動車のまとめ記事はいかがでしたでしょうか?
既存の自動車メーカーもPHEVを中心に多くの電気自動車が出てきていますので、選択肢はたくさんありますが、やはりBMWと考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

純電気自動車だけを開発・製造している自動車メーカーといえば、テスラ社が有名です。
テスラの車はソフトウェアのアップデートで機能が追加されたり、機能が向上します。
今後は、車としての機能が簡単にどんどん自動化されてくるようになりそうです。
完全自動化の自動車が登場するのもそんな遠くない未来かもしれませんね!

BMWの車種一覧についてはこちら

販売中モデル・新型デビュー予定のEVについてはこちら

PHV・ハイブリッド搭載の外車に関する最新情報はこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

愛車の査定はライブオークション
「カープライス」で簡単に高く売る新時代へ!

おすすめポイント4点!

  • WEBのライブオークション最大800社が入札
  • 2018年、ついに全国展開した新サービス
  • ラスト1分が勝負!?愛車の価格がリアルタイムでグングン競り上がる
  • 安心の三井物産グループ