初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【前代未聞】中国の空中バスは大型詐欺?運営会社のトップ逮捕で被害総額は1700億円か

世界で話題になった中国の空中バスのプロジェクトは運営会社のトップが逮捕されたことで幕を下ろしてしまいました。空中バスのプロジェクトの概要や逮捕を伝えるニュース動画も交えて、今回の事件を紹介していきます。

「ベスト発明50」にも選出された空中バス会社のトップらが逮捕!

空中バス 中国

©Youtube

2010年に画期的な発明としてアメリカの「タイム誌」にてベスト発明50にも選ばれた空中バスをご存知でしょうか。
中国で発明された空中バスは道路の両脇に設置されたレールの上を走り、車道から車両までは2メートルの高さがあるため空中バスの下の空間を自動車が通過できる仕組みでした。

1つの車両で300人も輸送ができることに加え、渋滞回避にも繋がるとして世界中で注目を集めていました。

空中バスの試運転の様子やコンセプトを紹介する海外の動画

集まる期待に反して試運転後の音沙汰は何もありませんでした。

2016年の12月に中国メディアが調査を行い「空中バスは放置され、車庫で埃を被っている」と報道。
さらには2017年5月には200メートルのテスト路線のフェンスも撤去され、投資詐欺かと疑われていました。
そして、7月4日に違法に資金を集めていたとして運営会社のトップを含む32人が逮捕されました。

空中バス運営会社のトップらの逮捕を報じる海外の動画

この事件についてイギリスのフィナンシャル・タイムズ紙は「空中バスの運営会社が集めた投資額は15億ドル(約1,700億円)になるのではないか」と予想しています。

中国でも「我が国で自主開発した世界で初めての車両」と期待されていただけに、落胆する人たちも数多くいることでしょう。
例え技術的な問題でプロジェクトが頓挫したとしても、投資家や世界の中の期待を裏切る悲しい事件でした。

世界のニュースに関する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す