初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ノアVSライバル車5選【人気ミニバン徹底比較】

マイナーチェンジされたトヨタ新型ノアをライバル車の日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン、 三菱デリカD:5、さらに兄弟車のトヨタ ヴォクシー、エスクァイアなど計5車種とスペック、燃費、価格など詳細なところまで徹底比較していきたいと思います。

トヨタ ノアが新型にマイナーチェンジ

トヨタ 新型 ノア Si マイナーチェンジ 2017

トヨタ ノアは、2017年7月3日に新型へマイナーチェンジされました。
今回のモデルチェンジでは兄弟車のヴォクシー、エスクァイアも同時に行い、ヘッドライトとフロントグリルを大幅なデザイン変更をし、内装の装備充実や走行安定性の向上がなされました。

ノアはミニバンの中ではあまり人気でない?

2016年度のミニバン販売台数を以下の6車種で見ると

・トヨタ ノア:54,826台
・トヨタ ヴォクシー:91,868台
・トヨタ エスクァイア:44,881台
・日産セレナ:73,502台
・ホンダ ステップワゴン:52,472台
・三菱 デリカD:5:10,814台

となり、トヨタ ノアは6車種の中では3番目の売上です。
しかし、トヨタ エスクァイアは高級志向のあるミニバンで、三菱デリカD:5は4WDオフロードに特化した唯一無二のミニバンであるため、比較対象としてはあまり同等の立場とは言いにくいです。

一方ノアのライバル車として挙げられる、ヴォクシー/セレナ/ステップワゴンと販売台数を比べればノアは3番目であり、しかも4番目のステップワゴンとほぼ同じ5万台弱になります。
ノアはトヨタの人気車ではありますが、ミニバンのなかではまずまずといったところです。

兄弟車のヴォクシーとエスクァイアに比べれば、デザインはニュートラルであり、個性面で劣るところがヴォクシーやセレナほどの販売台数に結びつかないところかもしれません。

今回のマイナーチェンジでは、外観デザインの大幅変更により、ノアも個性が強く、存在感ある雰囲気に仕上がっています。これにより販売台数のアップの可能性もあります。

トヨタ新型ノアについての記事はこちら

トヨタ ノアとは

トヨタ 新型 ノア Si 2017年

ノアは2001年にトヨタから発売されたミニバンであり、同時に兄弟車のヴォクシーも登場しました。
この時すでにミニバンブームで人気が高かった日産 ノア、ホンダ ステップワゴンに対抗するため、先代モデルのタウンエースノアから室内の装備を充実させ、走行時の静粛性を高めたモデルでした。

発売当初からセレナ、ステップワゴンと同等の人気ミニバンとなり、今までに2度のフルモデルチェンジを行ったことで性能、認知度も高くなりました。
しかし人気は兄弟車ヴォクシーが先行し、ライバル車の性能や人気が再上昇したため、ミニバン市場におけるノアの販売台数はステップワゴン、エスクァイアと同等です。

トヨタ ノアの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ新型ノア マイナーチェンジでの変更

新型ノアの変更点はフロントマスク・ヘッドランプの変更、内装の装備充実、操縦安定性と乗り心地・静粛性の向上です。
外観は、フロントグリルの大型化とヘッドランプにBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用しています。

内装は、センターコンソールボックス、助手席シートバックテーブル、充電用USB端子などを追加し、装備を充実しています。
走行性能においては、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーを改良したことにより、静粛性の向上と一段と高め、乗り心地の良くなりました。

新型ノアのボディサイズ/車重/乗車定員

全長全幅全高
4,695【4,710】1,695【1,735】1,825(1,865)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,850ガソリン車:1,570~1,600(1,650~1,680)
ハイブリッド車:1,610~1,620
ガソリン車:7/8
ハイブリッド車:7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 【 】内は3ナンバー車 ( )内は4WD

新型ノアの室内の広さ

トヨタ新型ノア
室内長2,930
室内幅1,540
室内高1,400
[単位]室内長/室内幅/室内高:mm

新型ノアのパワートレイン

トヨタ新型ノア ガソリン車トヨタ新型ノア ハイブリッド車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.8L
最高出力112[152]/ 6,10073[99]/ 5,200
最大トルク193[19.7]/ 3,800142[14.5]/ 4,000
モーター最高出力-60[82]/ -
最大トルク-207[21.1]/ -
トランスミッションSuper CVT-i電気式無段変速機
駆動方式FF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ノアの燃費値

トヨタ新型ノア ガソリン車トヨタ新型ノア ハイブリッド車
JC08モード燃費16.0(14.8~15.0)23.8
実燃費11.0[予想値]16.5[予想値]
[単位]km/L ( )内は4WD

新型ノアの新車価格

トヨタ新型ノア新車価格
HYBRID Si [ハイブリッド車]FF:327万
HYBRID G [ハイブリッド車]FF:314万
HYBRID X [ハイブリッド車]FF:301万
Si [ガソリン車]FF:275万
4WD:294万
G [ガソリン車]FF:276万
4WD:296万
X [ガソリン車]FF:247万
4WD:267万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ 新型ノア VS ライバル5車種を比較!

トヨタ ノア ヴォクシー エスクァイア ホンダ ステップワゴン 三菱 デリカD:5 日産 セレナ

今回はマイナーチェンジが行われ改良された新型ノアと、新型ノアのライバル車になると思われる5車種(ヴィクシー、エスクァイア、セレナ、ステップワゴン、デリカD:5)を比較し、それぞれの特徴をご紹介します。

新型ノアは、これらのライバル車と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

新型ノア ライバル車1:トヨタ ヴォクシー

ノアとヴォクシーは兄弟車です。両車のスペック、価格、装備はすべて同じであり、外観デザインとカラーの違いで区別されています。

新型ノア・新型ヴォクシーの外観を比較

左:新型ノア、右:新型ヴォクシー

トヨタ 2017~ ノア ヴォクシー

上:新型ノア、下:新型ヴォクシー

トヨタ 2017~ ノア ヴォクシー

上:新型ノア、下:新型ヴォクシー

トヨタ 2017~ ノア ヴォクシー

ノアのフロントグリルは、大きく横に流れるフロントグリルカバーが印象的です。
ヴォクシーは「ZS」ならびにノア「Si」においてバンパーを[ハ]の字をテーマにしたスタイルで、バンパーの開口部がノアより広いです。

外から観たときの存在感は2台ともに高く、ノアが見劣りがちになるということはありません。

ノア(ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーム)

新型 ノア G ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

新型ヴォクシー(イナズマスパーキングブラックガラスフレーム)

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS

新型ノアと新型ヴォクシーのカラーバリエーションは、ホワイトパールクリスタル、ブラック、ブラッキッシュアゲハガラスフレーム、ボルドーマイカメタリック、シルバーメタリック、アバンギャルドブロンズメタリックの6色が共通色です。

一方でそれぞれの固有色は、新型ノアがラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレームと新型ヴォクシーがイナズマスパーキングブラックガラスフレームです。

新型ノア・新型ヴォクシーの内装を比較

上:新型ノア(フロマージュ&ブラウン)、下:新型ヴォクシー(ブラッドオレンジ&ブラック)

トヨタ 2017~ ノア ヴォクシー

内装の機能や装備は、新型ノアと新型ヴォクシーでほぼすべて同じです。
内装色は、ブラックが共通で、新型ノアがフロマージュ&ブラウン、新型ヴォクシーがブラッドオレンジ&ブラックが用意されています。

新型ヴォクシーについての記事はこちら

新型ノア ライバル車2:トヨタ エスクァイア

トヨタ新型エスクァイアは、新型ノア/新型ヴォクシーに比べて外装と内装に高級感を引き出した仕様になっており、新型ノア/新型ヴォクシーに比べて価格設定は高くなっています。

新型ノア・新型エスクァイアの外観を比較

左:新型ノア、右:新型エスクァイア

トヨタ 2017~ ノア エスクァイア

ヘッドランプは新型ノア、新型ヴォクシーと共にBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し形状も同じです。

フロントグリルの大きさもほぼ同じですが、グリルのデザインでは、エスクァイアが縦基調の形状でメッキ加工を施したデザインになっています。

上:新型ノア、下:新型エスクァイア

トヨタ 2017~ ノア エスクァイア

上:新型ノア、下:新型エスクァイア

トヨタ 2017~ ノア エスクァイア

新型エスクァイアには、切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した新開発の15インチアルミホイールを全車標準装備しています。

バックドアにもメッキ加工されたガーニッシュが施され、360度どこから見渡しても高級は圧倒的にエスクァイアのほうが上です。

新型エスクァイア(スパークリングプラックパールクリスタルシャイン)

新型 エスクァイア マイナーチェンジ 2017年

エスクァイアだけに用意されたボディーカラーはスパークリングプラックパールクリスタルシャインが用意されています。

それ以外の色では、ホワイトパールクリスタル、シルバーメタリック、ブラック、ブラッキッシュアゲハガラスフレーム、ボルドーマイカメタリック、アバンギャルドブロンズメタリックの6色が共通色です。

新型ノア・新型ヴォクシーの内装を比較

上:新型ノア(フロマージュ&ブラウン)、下:新型エスクァイア(バーガンディ&ブラック)

トヨタ 2017~ ノア エスクァイア

エスクァイアの内装色は、ノアと共通のブラック以外にバーガンディ&ブラックが用意され、ノアのシート表皮はファブリックシートのみですが、エスクァイアには合成皮革、ブランノーブが用意されています。

新車価格で比較

トヨタ新型ノア新車価格
HYBRID Si [ハイブリッド車]FF:327万
HYBRID G [ハイブリッド車]FF:314万
HYBRID X [ハイブリッド車]FF:301万
Si [ガソリン車]FF:275万
4WD:294万
G [ガソリン車]FF:276万
4WD:296万
X [ガソリン車]FF:247万
4WD:267万
[単位]円(消費税込み)
トヨタ新型エスクァイア新車価格
HYBRID Gi"Premium Package"[ハイブリッド車]FF:336万
HYBRID Gi[ハイブリッド車]FF:330万
HYBRID Xi[ハイブリッド車]FF:315万
Gi"Premium Packege"[ガソリン車]FF:298万
4WD:319万
Gi[ガソリン車]FF:289万
4WD:318万
Xi[ガソリン車]FF:268万
4WD:291万
[単位]円(消費税込み)

新型ノアと新型エスクァイアの価格差は、約10万~20万でエスクァイアのほうが高いです。
これだけ高級感に差をつけて、これぐらいの価格差であれば納得できます。

トヨタ新型エスクァイアについての記事はこちら

新型ノア ライバル車3:日産 セレナ

2016 日産セレナ
日産 セレナ X 内装 2016

日産 セレナは1991年から発売され、国内のミニバン市場においては草分け的存在で、現在は国内ミニバン市場でも販売台数トップを争う人気車です。

現行セレナは2016年8月にフルモデルチェンジして登場し、日産の自動運転技術「プロパイロット」が初搭載されたことで話題になりました。

搭載される自動運転/安全装備で比較

トヨタ新型ノアの衝突回避支援システムにトヨタセーフティセンスCが装備されています。
一方の日産セレナには先進安全装備がされ、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「LDW(車線逸脱警報)」「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」搭載車では、平成28年度自動車アセスメントの予防安全性能評価で、満点で最高評価となる「ASV++(ダブルプラス)」を獲得しています。

また、ミニバンクラスで世界初となる高速道路同一車線自動運転技術プロパイロットが装備されており、高速クルージングでアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御してくれます。

国内のミニバンでは、トップの自動運転/安全装備です。

ボディサイズ/車重/乗車定員で比較

トヨタ新型ノア日産セレナ
全長4,695【4,710】4,690【4,770】
全幅1,695【1,735】1,695【1,740】
全高1,825(1,865)1,865(1,875)
ホイールベース2,8502,860
車両重量ガソリン車:1,570~1,600(1,650~1,680)
ハイブリッド車:1,610~1,620
1,630~1,700(1,740~1,770)
乗車定員ガソリン車:7/8
ハイブリッド車:7
8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 【 】内は3ナンバー車 ( )内は4WD

車内の広さで比較

トヨタ新型ノア日産セレナ
室内長2,9303,170~3,240
室内幅1,5401,545
室内高1,4001,400
[単位]室内長/室内幅/室内高:mm

パワートレインで比較

トヨタ新型ノア
ガソリン車
トヨタ新型ノア
ハイブリッド車
日産 セレナ
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.8L2.0L
最高出力112[152]/ 6,10073[99]/ 5,200110[150]/ 6,000
最大トルク193[19.7]/ 3,800142[14.5]/ 4,000200[20.4]/ 4,400
モーター最高出力-60[82]/ -1.9[2.6]/ -
最大トルク-207[21.1]48[4.9]/ -
トランスミッションSuper CVT-i電気式無段変速機CVT
駆動方式FF/4WDFFFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

セレナは小型のモーターとバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を装備しており、ガソリンエンジンにしては高い燃費性能を実現しています。

パワー面で新型ノアと比較すれば、ガソリンエンジンでは同等、ハイブリッド車では新型ノアのほうがあります。

燃費性能で比較

トヨタ新型ノア
ハイブリッド
トヨタ新型ノア
ガソリン車
日産 セレナ
JC08モード燃費23.816.0(14.8~15.0)16.6~17.2(15.0~15.8)
実燃費13~19[予想値]8~13[予想値]11.5
[単位]km/L ( )内は4WD

日産セレナの燃費は新型ノアのガソリン車とハイブリッド車の中間にあります。
しかし、新型ノアハイブリッドは、JC08モード燃費値23.8km/Lの低燃費で、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を装備したセレナも圧倒する燃費の良さがウリです。

新車価格で比較

トヨタ新型ノア新車価格
HYBRID Si [ハイブリッド車]FF:327万
HYBRID G [ハイブリッド車]FF:314万
HYBRID X [ハイブリッド車]FF:301万
Si [ガソリン車]FF:275万
4WD:294万
G [ガソリン車]FF:276万
4WD:296万
X [ガソリン車]FF:247万
4WD:267万
[単位]円(消費税込み)
日産セレナ新車価格
セレナ ライダー Vセレクション ブラックレザーFF:353万
4WD:373万
セレナ ライダー VセレクションFF:334万
4WD:353万
セレナ ハイウェイスター VセレクションFF:293万
4WD:319万
セレナ ライダーFF:295万
4WD:318万
セレナ X VセレクションFF:267万
4WD: 292万
[単位]円(消費税込み)

新車価格では、セレナが機能面の充実やほぼすべての車種にスマートシンプルハイブリッドを装備しているため新型ノアよりも全体的に高いです。

機能面であれば、さまざまなハイテクシステムが搭載される日産セレナがおすすめです。一方で、燃費面であれば新型ノアハイブリッドが良いでしょう。

セレナの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


新型セレナe-POWERの最新情報はこちら

新型ノア ライバル車4:ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン
ホンダ ステップワゴン 内装 2015年

ホンダ ステップワゴンは、現行モデルで1.5Lターボエンジンを採用し、国内のミニバンクラスで最も小さいエンジンを搭載しています。

しかし、排気量1.5Lでもターボを搭載することで2.4L並のパワーを発揮することができ、なおかつ低燃費にも貢献しています。

搭載される自動運転/安全装備で比較

ホンダ ステップワゴンには、ホンダセンシング(Honda SENSING)が装備されています。
ホンダセンシングの素晴らしさは、トヨタセーフティセンスCにはない「歩行者事故低減ステアリング」と「標識認識機能」があります。

ステップワゴンに装備されるホンダセンシングには「歩行者事故低減ステアリング」の機能はありませんが、安全装備はステップワゴンのほうが優勢だと考えられます。

ボディサイズ/車重/乗車定員で比較

トヨタ新型ノアホンダ ステップワゴン
全長4,695【4,710】4,690【4,735】
全幅1,695【1,735】1,695
全高1,825(1,865)1,840(1,855)
ホイールベース2,8502,890
車両重量ガソリン車:1,570~1,600(1,650~1,680)
ハイブリッド車:1,610~1,620
1,630~1,700(1,720~1,770)
乗車定員ガソリン車:7/8
ハイブリッド車:7
7/8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 【 】内は3ナンバー車 ( )内は4WD

車内の広さで比較

トヨタ新型ノアホンダ ステップワゴン
室内長2,9303,220
室内幅1,5401,500
室内高1,4001,425
[単位]室内長/室内幅/室内高:mm

ステップワゴンの室内長は、6車種のなかで最も長い3メートル22センチです。
室内幅では新型ノアから4センチ狭いですが、室内長で約30センチ長いのは大きいです。

パワートレインで比較

トヨタ新型ノア
ガソリン車
トヨタ新型ノア
ハイブリッド車
ホンダ ステップワゴン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L1.8L1.5L
最高出力112[152]/ 6,10073[99]/ 5,200110[150]/ 5,500
最大トルク193[19.7]/ 3,800142[14.5]/ 4,000203[20.7]/ 1,600~5,000
モーター最高出力-60[82]/ --
最大トルク-207[21.1]-
トランスミッションSuper CVT-i電気式無段変速機無段変速オートマチック
駆動方式FF/4WDFFFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ステップワゴンの最高出力は新型ノアのガソリン車とほぼ同じですが、ターボパワーで最大トルクが10N・m大きいため、重たいミニバンの車体には合っているエンジン特性です。

燃費で比較

トヨタ新型ノア
ハイブリッド車
トヨタ新型ノア
ガソリン車
ホンダ ステップワゴン
JC08モード燃費23.816.0(14.8~15.0)15.4~17.0(15.0~15.4)
実燃費13.0~19.0[予想値]8.0~13.0[予想値]9.0~14.0
[単位]km/L ( )内は4WD

ステップワゴンにはハイブリッド車がないため、新型ノアハイブリッドに燃費値では敵いません。

しかし、新型ノアのガソリン車で比較すれば、JC08モード燃費ではほぼ同等です。
今回、新型ノアガソリン車の実燃費を約8.0~13.0km/Lと予想しましたが、ステップワゴンの実燃費9.0~14.0km/Lを超えられるかが重要でしょう。

新車価格で比較

トヨタ新型ノア新車価格
HYBRID Si [ハイブリッド車]FF:327万
HYBRID G [ハイブリッド車]FF:314万
HYBRID X [ハイブリッド車]FF:301万
Si [ガソリン車]FF:275万
4WD:294万
G [ガソリン車]FF:276万
4WD:296万
X [ガソリン車]FF:247万
4WD:267万
[単位]円(消費税込み)
ホンダ ステップワゴン新車価格
Modulo XFF:367万
SPADA・Cool Spirit Honda SENSINGFF:299万
4WD:318万
SPADA・Honda SENSINGFF:284万
4WD:308万
G・EX Honda SENSINGFF:283万
4WD:305万
G・Honda SENSINGFF:261万
4WD:287万
BFF:229万
4WD:255万
[単位]円(消費税込み)

新型ノアとステップワゴンの価格を比較してみると、最安値のベースグレードであればステップワゴンが229万円で最安値ですが、新型ノアのガソリン車とステップワゴンはほぼ同価格帯です。

ステップワゴンは秋にハイブリッドモデルが登場することが発表されたため、ステップワゴンハイブリッドがどれほどの性能と価格なのか今から気になるところです。

ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドについての情報はこちら

新型ノア ライバル車5:三菱 デリカD:5

三菱 デリカ D:5
三菱デリカD5 内装 2017年

デリカD:5は、ミニバンの大容量で快適な良さと、SUVの走破性能を足し合わせた車種であり、国産ミニバンでは唯一無二の存在です。

SUVの頑丈な車体の作りから燃費面で劣るところはありますが、発売から10年間フルモデルチェンジを行わず形を変えてないため、根強いファンが多いことがうかがえます。

搭載される自動運転/安全装備で比較

デリカD:5には、衝突回避支援システムや予防安全装備がないため、比較対象とはなりません。
しかし、デリカに採用されているリブボーンフレームは強度が非常に高く、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構による衝突安全性総合評価で6スターを獲得するほどです。

ボディサイズ/車重/乗車定員で比較

トヨタ新型ノア三菱 デリカD:5三菱 デリカD:5
ローデスト
全長4,695【4,710】4,7304,730
全幅1,695【1,735】1,7951,795
全高1,825(1,865)1,850(1,870)1,850(1,870)
ホイールベース2,8502,8502,850
車両重量ガソリン車:1,570~1,600
(1,650~1,680)
ハイブリッド車:1,610~1,620
1,680~1,690
(1,770~1,910)
1,690
(1,780~1,890)
乗車定員ガソリン車:7/8
ハイブリッド車:7
7/88
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 【 】内は3ナンバー車 ( )内は4WD

車内の広さで比較

トヨタ新型ノア三菱 デリカD:5
デリカD:5ローデスト
室内長2,9302,915
室内幅1,5401,505
室内高1,4001,310
[単位]室内長/室内幅/室内高:mm

車体の大きさと車内の広さでは、車体の大きさではデリカD:5が大きく、車内は新型ノアのほうが広いです。
シティー派のミニバンとして比較すれば、サイズ感と車内の広さで新型ノアが優勢です。
オフロード寄りに造ったデリカD:5は、特殊なミニバンであるため、仕方がないところでしょう。

パワートレインで比較

トヨタ新型ノア ガソリン車トヨタ新型ノア ハイブリッド車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.0L1.8L
最高出力112[152]/ 6,10073[99]/ 5,200
最大トルク193[19.7]/ 3,800142[14.5]/ 4,000
モーター最高出力-60[82]/ -
最大トルク-207[21.1]
トランスミッションSuper CVT-i電気式無段変速機
駆動方式FF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
三菱デリカD:5 4WD
クリーンディーゼル車
三菱デリカD:5 4WD
ガソリン車
三菱デリカD:5 FF
ガソリン車
エンジン種類直列4気筒DOHCディーゼルターボ直列4気筒DOHC直列4気筒SOHC
排気量2.2L2.3L2.0L
最高出力109[148]/ 3,500125[170]/ 6,000110[150]/ 6,000
最大トルク360[36.7]/ 1,500~2,750226[23.0]/ 4,100191[19.4]/ 4,200
トランスミッションINVECS-Ⅱ 6速スポーツモードA/TINVECS-Ⅲ 6速スポーツモードCVT
〈MはINVECS-Ⅲ CVT〉
INVECS-Ⅲ 6速スポーツモードCVT
〈MはINVECS-Ⅲ CVT〉
駆動方式4WD4WDFF
使用燃料軽油レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンパワーはデリカD:5のほうが高出力です。
とくにトルク値が高く、この辺りもデリカD:5特有なところです。

燃費で比較

トヨタ新型ノア ハイブリッドトヨタ新型ノア ガソリン車
JC08モード燃費23.816.0(14.8~15.0)
実燃費13.0~19.0 [予想値]8.0~13.0[予想値]
[単位]km/L ( )内は4WD
三菱デリカD:5 4WD
クリーンディーゼル車
三菱デリカD:5 4WD
ガソリン車
三菱デリカD:5 FF
ガソリン車
JC08モード燃費13.010.613.0
実燃費9.0~13.07.0~11.06.0~9.0
[単位]km/L

燃費は、圧倒的に新型ノアが優勢です。
維持費であれば新型ノアのほうがデリカD:5に比べかなり安いです。

新車価格で比較

トヨタ新型ノア新車価格
HYBRID Si [ハイブリッド車]FF:327万
HYBRID G [ハイブリッド車]FF:314万
HYBRID X [ハイブリッド車]FF:301万
Si [ガソリン車]FF:275万
4WD:294万
G [ガソリン車]FF:276万
4WD:296万
X [ガソリン車]FF:247万
4WD:267万
[単位]円(消費税込み)
三菱デリカD:5/デリカD:5ロードスター新車価格
デリカD:5 D-Premium[クリーンディーゼル車]4WD:406万
デリカD:5 D-Power package[クリーンディーゼル車]4WD:353万
デリカD:5 G-Premium[ガソリン車]4WD:373万
デリカD:5 G-Power package[ガソリン車]FF:276万
4WD:318万
デリカD:5 M[ガソリン車]FF:241万
4WD:286万
デリカD:5 ROADEST ROYAL TOURING[クリーンディーゼル車]4WD:430万
デリカD:5 ROADEST D-Power package[クリーンディーゼル車]4WD:374万
デリカD:5 ROADEST G-Power pakage[ガソリン車]FF:302万
4WD:340万
[単位]円(消費税込み)

価格は、デリカD:5のほうが高く、SUV並みの製造コストがかかるため仕方ないところです。

ミニバンも乗りたいけど、SUVも乗りたいという方にはデリカD:5がおすすめできますが、そうでなければ維持費、走りの快適さで新型ノアのほうが圧倒的おすすめしたいです。

三菱新型デリカD:5についての情報はこちら

人気ミニバン対決!買うならどれ?

トヨタ ノア ヴォクシー エスクァイア ホンダ ステップワゴン 三菱 デリカD:5 日産 セレナ

新型ノアとライバル5車種を比較していきましたが、いかがでしたか。他車との比較で良いところも悪いところも含め、新型ノアはミニバン購入を考えている方へ是非おすすめしたい車です。

新型ノアは自動運転や予防安全装備などでは劣るところはありますが、出力とトルクがが十分あるパワートレインと優れた燃費性能でトータルバランスに優れた車だと思います。
あとはトヨタに自動運転技術と、さらに優れた予防安全装備と衝突安全装備があれば、最強ミニバンになれたと思われますが、それは次期モデルのフルモデルチェンジまで期待したいです。

また、セレナ、ステップワゴンに追加されるe-POWER、ハイブリッドモデルの追加と、デリカD:5の次期モデルの登場にも注目していきたいと思います。

ミニバンに関連するおすすめ記事はこちら!

ミニバンの人気ランキングについてはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK