初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型アクア クロスオーバーVS新型フィットクロススタイル【コンパクトカー対決】

SUVスタイルのコンパクトカーを徹底比較!本記事では、マイナーチェンジモデルが発売されたばかりの新型アクアと新型フィットに追加された「アクア クロスオーバー」と「フィット クロススタイル」について徹底比較しているので、是非ご覧になっていってください。

アクア クロスオーバーとはどんな車?

アクア クロスオーバー

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクア クロスオーバーとは、トヨタ自動車のコンパクトハイブリッド「アクア」に設定された、クロスオーバーSUV風グレードのことです。
現行型のアクアは、2017年の6月19日にマイナーチェンジモデルを発売しており、アクア クロスオーバーはその際に追加された新グレードとなります。

トヨタ アクアとは?

アクア 2017年モデル

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクアとは、トヨタ自動車が2011年から製造・販売しているコンパクトハイブリッドカーです。
トヨタの培ってきたハイブリッド技術を結集して開発されたアクアは、優れた燃費性能と手ごろな価格帯によって、幅広い層の支持を獲得しています。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更に加えて燃費も向上し、新グレードとして「クロスオーバー」が追加されました。

新型アクアクロスオーバーについての記事はこちら

フィット クロススタイルとはどんな車?

フィット クロススタイル

ホンダ 新型 フィット 純正アクセサリー クロススタイル

フィット クロススタイルとは、本田技研工業のコンパクトカー「フィット」に設定された、クロスオーバーSUV風の純正アクセサリーパッケージのことです。
現行型のフィットは、2017年の6月30日にマイナーチェンジモデルを発売しており、フィット クロススタイルもその際に追加されました。

ホンダ フィットとは?

フィット 2017年モデル

ホンダ 新型フィット 3代目 2017

フィットとは、本田技研工業が2001年から製造・販売しているコンパクトカーです。
初代モデルはコンパクトながらも居住性に優れたボディを持ち、優れた燃費性能と走行性能も実現していたので、トヨタ「ヴィッツ」や日産「マーチ」と並んで「日本のコンパクトカー御三家」に数えられるほどの人気がありました。

現行モデルとなる3代目フィットは、初代から続く取り回しの良さはそのままに、最新のハイブリッドシステムを搭載することで、さらに燃費を向上させています。
今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更や燃費の向上が行われた他、新たに先進安全装備の「Honda SENSING」を採用することで、安全性能も向上しています。

新型フィットについての記事はこちら

デザインを比較

新型 アクア クロスオーバーのデザイン

新型アクア 2017 マイナーチェンジ
新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクア クロスオーバーは、グリルやルーフモール、フェンダーアーチモールなどに専用デザインを採用することで、SUVスタイルを強調しています。
また、足周りには16インチの専用アルミホイールを装着し、チューニングにも専用の設定を施すことで、SUVとしての乗り味を強化しました。
標準のアクアと比較すると、全長が10mm、全高が45mm大きくなっている他、全幅が1,700mmを超えたことで、5ナンバーから3ナンバー扱いになりました。

ボディカラーにはクロスオーバー専用色の「ベージュ」を含めた全14色が設定される他、アクセントカラーを組み合わせた「FLEX TONE」も4色が設定されています。

新型 フィット クロススタイルのデザイン

ホンダ 新型 フィット 純正アクセサリー クロススタイル
ホンダ 新型 フィット 純正アクセサリー クロススタイル

フィットクロススタイルは、標準のフィットにホイールアーチやロアガーニッシュなどのパーツを装着することで、スタイリッシュなSUV感を演出しています。
標準のフィットと車高は変わりませんが、ホイールアーチやボディサイドモールを装着している分、車幅が大きくなるので、5ナンバーから3ナンバー扱いとなります。

ボディカラーは全12色の設定であり、クロススタイル専用のカラーなどは設定されません。

内装を比較

新型アクア クロスオーバーの内装

内装色:シルバーブラック

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

内装色:ホワイトソフトレザー

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

アクア クロスオーバーの内装には、専用装備などの設定はありませんが、アクアの中では上位グレードであるため、合成皮革のシートや本革巻きのステアリングホイールといった、高級感のある装備が採用されています。
広さも標準のアクアと変わりなく、収納なども同じように使用することが可能です。

新型フィット クロススタイルの内装

ホンダ フィット 2017 内装

フィット クロススタイルは外装用のアクセサリーパッケージなので、内装用の装備は設定されていません。
そのため、内装はクロススタイルを装着したグレードに準拠したものとなります。
フィットの内装自体は、今回のマイナーチェンジによって高級感を増しており、カーナビとしてAppleの「CarPlay」やgoogleの「Android Auto」も利用できるようになりました。

新型アクア クロスオーバーと新型フィット クロススタイルの室内空間の広さを比較

アクア クロスオーバーフィット クロススタイル
室内長2,0151,935
室内幅1,3951,450
室内高1,1751,280
[単位]mm

パワートレインを比較

アクア クロスオーバーのパワートレイン

エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量1.5L
最高出力54[74]/4,800
最大トルク111[11.3]/3,600~4,400
モーター最高出力45[61]
最大トルク169[17.2]
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

フィット クロススタイル

ハイブリッド1.3Lガソリン1.5Lガソリン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.5L1.3L1.5L
最高出力81[110]/6,00073[100]/6,00097[132]/6,600
最大トルク134[13.7]/5,000119[12.1]/5,000155[15.8]/4,600
モーター最高出力22[29.5]/1,313-2,000--
最大トルク160[16.3]/0-1,313--
トランスミッション7速AT5速MT/CVT6速MT/CVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アクア クロスオーバーとフィット クロススタイルのパワートレインには、それぞれの標準モデルと同じものが搭載されます。

1種類のハイブリッドエンジンのみがラインナップされるアクアに対し、フィットは2種類のガソリンエンジンと1種類のハイブリッドエンジンの全3種類から選択することができます。
また、アクアの駆動方式がFFしか設定されないのに対し、フィットは全てのパワートレインでFFと4WDを選択することが可能です。

燃費性能を比較

燃費

アクアアクアクロスオーバーフィットハイブリッド
JC08モード燃費34.4-38.034.428.0-37.2
実燃費---
[単位]km/L

フィット クロススタイルの燃費性能は、クロススタイルパッケージを装着したグレードに準拠したものとなります。
アクアとフィットは、どちらもハイブリッド車として最高レベルの燃費性能を発揮しており、ライバル車としては互角であるといえるでしょう。

価格を比較

価格 お金 費用 税金 維持費

アクア クロスオーバーはグレードとして設定されていますが、フィットクロススタイルはアクセサリーパーツとしてのみ設定されています。
本記事では、フィット本体の価格にクロススタイルパッケージの価格を合わせたものを、アクア クロスオーバーの価格と比較しているので、ご了承ください。

アクア クロスオーバー&フィット クロススタイルの価格
アクア クロスオーバー206万
フィット クロススタイル(本体+アクセサリー)157万~238万
[単位]円(消費税込み)

フィット クロススタイルのパーツ別価格

フィット クロススタイルのパーツ別価格
ロアガーニッシュ フロント21,600
ロアガーニッシュ リア21,600
テールゲートデカール10,800
ボディサイドモール19,440
ホイールアーチ38,880
ロアガーニッシュ サイド43,200
単品での合計価格155,520
パッケージ価格138,240
[単位]円(消費税込み)

フィット クロススタイルはパーツを個別に購入することができますが、セットパッケージを利用した方がお得です。
※取り付け工賃等は含まれません

あなたはどちらを選ぶ?

新型アクア 2017 マイナーチェンジ

新型アクア クロスオーバーと新型フィット クロススタイルの徹底比較はいかがでしたでしょうか?

両車とも手軽にSUVスタイルを楽しめるという点で、非常に魅力的なモデルとなっています。
しかし、どちらもあくまでSUV“風”のコンパクトカーであるという点は、忘れてはいけません。
本格的なSUVとしての性能を求めているのであれば、C-HRやヴェゼルといった選択肢がありますからね。

以上のことから、アクア クロスオーバーとフィット クロススタイルは、普通のコンパクトカーだと物足りなさを感じるけれど、本格SUVを購入するほどでもないという人にこそ、おすすめのモデルだと言えるでしょう。

トヨタ アクアクロスオーバーのライバル車比較はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK