初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【意外なデメリット】ワイドトレッドスペーサーの取り付け方から車検対応や事故についても

理想のツライチを実現するための必需品とも言えるワイドトレッドスペーサー。単なるドレスアップパーツと思われがちですが、歴としたサスペンションのチューニングパーツなのです。しかし、その恩恵と引き換えに大きなデメリットも内在します。ワイドトレッドスペーサーの取り付け方からメリット・デメリットをご紹介します。

かゆいところに手が届くワイドトレッドスペーサー

ワイドトレッドスペーサーは、ホイールの取り付け面に挟み込むことで手軽にタイヤを外側に出すことのできるスペーサーです。
「後少しホイールを外に出せれば、理想的なフェンダーとホイール面を合わせる"ツライチ"にできるのに」
「フロントのトレッドを、もう少し広げればタイムアップできそうだ」
そんなときに手を出したくなるのがワイドトレッドスペーサーです。

しかし、少々お待ちください。
確かにワイドトレッドスペーサーはドレッドの微調整が可能な便利なパーツですが、しっかりした知識がないままに装着すると、タイヤの脱落など、思わぬトラブルに繋がる恐れがあります。
大きな力の加わる部分なので、正しい知識を身につけた上でのご使用をおすすめします。

ワイドトレッドスペーサーのメリット

ホイール ツライチ

ホイールの取り付け位置を外に出すためには、サスペンションアームを延長するか、ホイールのオフセット値が、よりマイナスになるホイールに変えなければいけません。
ましてや微調整ともなると、どちらの選択も現実的ではありません。
そこでワイドトレッドスペーサーの出番となります。
少ない出費で微調整が可能な優れたパーツです。

ワイドトレッドスペーサーのメリットとデメリットをまとめました。

乗り心地が良くなる

車のサスペンションは、テコの原理で動作しています。
サスペンションアームブッシュの位置が支点。タイヤが力点。サスペンションが作用点です。

ワイドトレッドスペーサーを装着してトレッドを広げるということは、支点から力点の距離が離れるということですから、作用点であるサスペンションは、小さな力で大きく動くことになります。
これらの比率を“レバー比"といいます。

そのため、レバー比を上げると、サスペンションが柔らかくなったように感じ、路面追従性が上がり、実際に乗り心地も良くなります。
駆動輪のトレッドを広げた場合はトラクション性能向上につながります。

LSDの効きが強くなる

トレッドが広がることは、車が曲がる際の内輪と外輪の回転差が大きくなることになります。
そのため、LSD(作動制限装置)を装着している車両は、その効き目が強くなる傾向になります。

しかし、効きが強いということは、それだけLSDに負担がかかるということでもありますので、発熱量、オイル管理にご注意ください。

ロールバランスの調整

ワイドトレッドスペーサーを装着して、レバー比を長くすると、車体のロールセンター位置が上がります。
ロールセンターとは、車が曲がる際にロールする中心を指します。ロールセンターが上がることで、より車の重心に近くなり、ロールは減る方向になります。
サスペンションの路面追従性を上げながら、ロール剛性を高めることになるワイドトレッドは良いことずくめと言えます。

基本的な車の特性は変化させることはできませんが、前後のバランスを整えることで、自分の乗り方に合わせた微調整が可能です。

ホイール選択の幅が広がる

ワイドトレッドスペーサーはホイール選択の幅も広げます。
「4穴ホイールの車だけど、どうしても5穴ホイールを履かせたい」
または、「輸入車に国産のPCDのホイールを履かせたい」といった希望を叶える、PCDチェンジャーとしての役割を果たす製品もあります。

見た目がカッコよくなる

いわずもがな、バッチリ決まったツライチは見ていて気持ちが良いものです。

ワイドトレッドスペーサーのデメリット

デメリット

ハンドリング悪化

トレッドを広げるということは、ハンドルを切った際にステアリング軸からタイヤが離れることを意味します。
そうなると、路面の荒れによるハンドリング特性が悪化することになります。

要するに、ワダチにハンドルを取られやすくなるということです。
これを"ワンダリング"と言います。

バネ下加重の増加

バネ下加重とは、サスペンションを基準としてスプリングの上側のボディの重量よりも、サスペンションの下の足まわりの重量の方が、10倍以上サスペンションの動きに影響するといわれるものです。

ワイドトレッドスペーサーの多くは軽量なアルミ製とはいえ、金属の塊ですからそれなりに重量があります。
また回転物でもありますから、よりワイドなスペーサーの方が、足まわりの重量物感が付きまとってしまいます。

ホイール脱落事故

良いことづくめに思われるワイドトレッドスペーサーですが、その最大のリスクはホイールの脱落事故です。
製品の特性上、大きな負荷がかかる部品です。

その負荷は、トレッドを広げるほど、駆動力を掛けるほど、車重が増えるほど、タイヤのグリップが増すほど、スペーサーにかかる負担が増えることになります。
そうした負荷が掛けられた後に金属疲労により破壊されるケースが多数報告されています。

そのため製品精度、取り付け方、使用方法守ることは、最低限の義務と心得ましょう。

ワイドトレッドスペーサーにまつわる事故

走行中のホイール脱落動画

高速走行中にホイールが外れた場合は、プロのラリードライバーですら立て直すことは容易でありません。
車両複数台を巻き込んだ横転事故どころの騒ぎではなくなります。

さらに、外れたタイヤが転がり続け、対向車にぶつかったり、歩行者に当たって死傷者が出る恐れもあります。
ワイドトレッドスペーサーは多数のメリットがある製品です。

しかし、ホイールという非常に重要なものを取り付ける部品であるため、しっかりとその危険性を考慮する必要があります。

スペーサーの取り付け方法

ワイドトレッドスペーサーには二種類あります。
厚さ数ミリでハブとホイールに挟み込むタイプ。
ハブにナットで固定し、スペーサー自体に取り付けられたボルトにホイールを固定するタイプは数センチ単位でトレッドを変化させます。

前者を“ホイールスペーサー"、後者を“ワイドトレッドスペーサー"として取り付け方法と注意点を説明します。

手軽なホイールスペーサー

ホイールスペーサーの取り付け紹介動画

ハブとホイールの間に挟み込むだけで、手軽に装着できるホイールスペーサーですが、注意点が多数あります。
ホイールの取り付けの際は、規定トルクを守ることはもちろんですが、厚さににも注意が必要です。

一般的に1mm、3mm、5mm、8mm、10mmまでの厚さのスペーサーが販売されていますが、純正のハブボルトには5mmまでの取り付けが限界といわれます。
それ以上の厚さのスペーサーを取り付けるためには、純正のハブボルトではボルトの突き出し量が確保できず、ホイールをナットで固定することができません。
ボルトに、ナットが数回転かかった程度では、確実にナットが外れ、タイヤを脱落する結果を招きます。

その場合はブレーキを分解して、純正のボルトよりも長い"ロングハブボルト"に交換する必要があります。
しかし、ロングハブボルトに交換したから安全かというと、そうではありません。
ボルトの取り付け位置から離れれば離れるほど、テコの原理で大きな力が掛かり、ボルトの破断が起きやすくなります。
ホイールスペーサーは「最大でも5mmまで」と割り切った方が賢明でしょう。

本格的なワイドトレッドスペーサー

ワイドトレッドスペーサーの取り付け紹介動画

10mm以上のトレッド拡大が必要な場合はワイドトレッドスペーサーを使います。
ハブセンターに確実に取り付けられるハブリング付きの製品と、ハブリングなしの製品があります。
ハブリングがなければ、ハブボルトのみでホイールを支えることになり、ボルト破断の危険が高まります。

また、ハブとスペーサーの取り付け中心が一致しなければ、ホイールのブレを引き起こし、その振動でボルトやスペーサーが破壊されるケースもあります。
振動が引き起こすエネルギーというは、思っている以上に強いものです。
そのため価格は高くとも、なるべく加工精度が高く、ハブリング付きの製品の使用を推奨します。

まず、ハブ周りの汚れや錆を落とし、スペーサーを取り付けます。
もし取り付けてガタが出るようであれば、車体のハブにテープ等を巻き付けるなどして、しっかりとセンター出しをする必要があります。
そして、スペーサーの専用ナットで指定されたとおりのトルクで締め付けます。

ある程度の厚さ以上のスペーサーであれば問題はないのですが、純正ハブボルトがスペーサーよりはみ出してしまう場合があります。
その場合、装着するホイールにボルトの逃げ加工がしてあるものなら装着できますが、逃げ加工のない純正ホイールなどは装着できません。
どうしても装着する場合は、はみ出た純正バブボルトをディスクグラインダーなどでカットする必要があります。

ホイールを取り付けて完了です。
最後に外からホイール取り付け部を覗いて、隙間などがないことを確認しましょう。

ワイドトレッドスペーサーをつけても車検は通る?

結果から言ってしまえば車検は通ります。
しかし、ワイドトレッドスペーサーに関する明確な規定がないため、検査官の判断によるところが大きいようです。
ディーラーや整備工場などに車検を委託する場合は、再検査のリスクを回避する点から、取り外しを指示されることが多いと思います。
念のため、ユーザー車検だとしても、取り外して検査に臨むほうがよいでしょう。

ちなみにフェンダーからタイヤがはみ出している場合は、問答無用で車検は通りませんのでご注意ください。

ユーザー車検についてはこちら

使用リスクを考慮しましょう

いかがだったでしょうか?
ワイドトレッドスペーサーの効果と注意点について長々と説明させていただきましたが、それだけ注意すべき部品であることをご理解いただけたらと思います。

ホイールスペーサーは、ホイールのオフセット値を変えるだけで、車の特性をチューニングできるコストパフォーマンスに優れたパーツです。
まずは、3mm、5mmあたりから試してみてはいかがでしょうか?
しつこくなりますが、その際はスペーサーを使用するリスクをしっかりと考慮した上でご使用ください。

現在の人気の車検サービスはこちら

安心!確実!低価格!ホリデー車検

車の改造についてはこちら

車検についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す