初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セルスター ドライブレコーダー人気ランキングTOP10【2017年上半期最新版】

セルスターのドライブレコーダー人気ランキングTOP10を紹介しています。レーダー探知機で人気のセルスターですが、探知機との連携モデルやセパレートタイプなど様々なドラレコがあります。ぜひご覧ください!

セルスターのドライブレコーダーの特徴

セルスターはレーダー探知機でも有名な電子機器メーカーで、レーダー探知機との連携モデルがあるのが特徴です。
セルスターのレーダー探知機を使用しているならドライブレコーダーもレーダー連携型のものを選ぶといいでしょう。
また、実売価格が1万円代後半から2万円を超える高級モデルが多く、3年間の長期メーカー保証がついていて安心感が高いのもセルスター製ドライブレコーダーの特徴です。

ドライブレコーダーの取り付けについてはこちら

セルスタードライブレコーダー人気第1位 CSD-670FH

年初発売の液晶搭載一体型の新モデルがこちらです。

セルスター独自のファイルシステムによりmicroSDカードの定期的なフォーマットが不要です。
新しい安全運転支援機能で車間距離や車線走行状況を判断、運転者に知らせます。
全59基もの衛星情報が利用できる超速GPSを実現、位置情報や走行速度、走行軌跡を記録します。
SONY Exmor COMSセンサーを搭載、夜間走行やトンネル内などの暗い環境にも強く、ノイズの少ない鮮明で美しい映像を撮影します。
ダッシュボードに据置も可能です。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平116.3° 垂直59.6° 対角145.1°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :有
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度、位置情報、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)
インターネット地図連動:有
電源電圧  :DC12V/24V
サイズ: 本体:87(W)×22.5(D)×51(H)mm(突起部含まず)、マウントベース取り付け時82(H)mm
本体重量  :89g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第2位 CSD-600FHR

昨年末に発売となった新モデルで、液晶なしのレーダー探知機連動タイプの機種がこちらです。
液晶画面等は手持ちのセルスター製レーダー探知機を利用するというコンセプトで、その分本機の価格は抑えめなのがポイントです。

また、前のモデルになかった西日本のLED信号やHDR等の逆光対策、モーションセンサーによる駐車監視システムも搭載されました。
ダッシュボードに据置も可能です。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平116.3° 垂直59.6° 対角145.1°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度*、位置情報*、映像ファイル(*レーダーディテクターとの相互通信時のみ)
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有
インターネット地図連動:有*対応オプション、レーダーディテクターとの接続時のみ
電源電圧  :DC12V/24V
サイズ   :本体:85(W)×18.5(D)×38(H)mm(突起部含まず)、マウントベース取り付け時70(H)mm
本体重量  :49g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第3位 CSD-570FH

一昨年発売のタッチ液晶パネル搭載一体型モデルです。
現在では価格の割にドライブレコーダーとしては機能的な物足りなさを感じますが、パーキングモードやレーダー探知機と接続ができることが好評でまだまだ人気があります。

全9基の衛星利用で高層ビル街や山間部などでも高精度測位が可能で、GPSの軌跡を瞬時に計算し正確な位置情報や走行速度、走行軌跡を記録します。
なお、仕様の基本画素数は500万と高いですが、録画の実質的な画質は200万画素となっています。
新しいオプションとして、パーキングモードやレーダー探知機との接続も実現させています。
ダッシュボードに据置も可能となっています。

【仕様】
撮像素子  :500万画素 CMOSカメラ
視野角   :水平110° 垂直64° 対角140°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :有
3Gセンサー :有(-2Gから+2G 衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度、位置情報、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時無し
インターネット地図連動:有
電源電圧  :DC12V/24V
サイズ   :85(W)×22.6(D)×51(H)mm(突起部含まず)※マウントベース取り付け時  84(H)mm
本体重量  :82g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第4位 CSD-390HD

2014年11月に発売の古いモデルですが、特徴としては前方と車内を同時に記録できるツインカメラを搭載しています。

車外の映像はハイビジョンで録画でき、赤外線LEDで車内の夜間録画にも対応(車内は30万画素のカメラで撮影)しています。
本機には液晶画面が搭載されていないので、セルスター製のレーダー探知機に接続してモニターで閲覧や再生が可能となります。

【仕様】
※車外撮影用カメラ
撮像素子  :200万画素 CMOSカメラ
視野角   :141°
最低被写体照度:1.0LUX以下

※車内撮影用カメラ
撮像素子  :30万画素 CMOSカメラ
視野角   :138°
最低被写体照度:1.0LUX以下
暗所撮影機能:赤外線LED

※本体
録画画素数 :100万画素 (HD)、30万画素 (VGA)※車内カメラは30万画素
GPS     :無
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度※、位置情報※、映像ファイル
       ※オプションのGPSユニット(GDO-01)が必要
音声録音  :有
外部映像出力:有
インターネット地図連動:有
電源電圧  :DC12V/24V
サイズ   :93(W)×23(D)×48(H)mm(突起部含まず)
本体重量  :65g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第5位 CSD-610FHR

これは本体とカメラが分かれているセパレート型のドライブレコーダーです。
200万画素のSONY製センサー搭載のカメラはフロントガラスのほか、バックミラーの裏側、リアガラス、ダッシュボードにも設置が可能です。
ほかに、白トビや黒ツブレを抑えるHDR(ハイダイナミックレンジ)を搭載しています。

1年以上前に発売されたモデルながら、高級タイプでレーダー探知機とケーブル1本で連携でき、レーダー探知機のリモコンで本機の操作も可能です。
ただし、GPS未搭載のため、レーダー探知機に頼らざるを得ないこと、本機に液晶画面をつけたことからレーダー探知機の画面と2画面体制になってしまうので、せっかくの省スペースのセパレート型カメラの利点が消えてしまうのが痛いところです。

また、オプションでパーキングモードに対応しています。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平107° 垂直56° 対角130°
最低被写体照度:3LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度*、位置情報*、映像ファイル
*オプションのGPSユニット(GDO-13)、レーダーディテクターとの相互通信時のみ
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時無し
インターネット地図連動:有*対応オプション、レーダーディテクターとの接続時のみ
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :80(W)×23(D)×51(H)mm(突起部含まず)
       *マウントベース取り付け時72(H)mm
カメラ   :35(W)×18(D)×35(H)mm(突起部含まず)
       *マウントベース取り付け時65(H)mm
本体重量  :本体66g、カメラ21g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第6位 CSD-500FHR

一昨年発売の液晶なしのレーダー探知機連動モデルです。
レーダー探知機とオプションのケーブル1本で連携でき、GPS情報と電源をレーダー探知機側から提供、レーダー探知機のリモコンでドライブレコーダーの操作もできます。

価格はセルスター製にしてはお手頃です。
というのは、レーダー探知機に液晶画面やいくつかの機能を依存しドライブレコーダーの機能を削っていること、また、古い機種のため現在のドラレコに標準である機能が搭載されていないためでもあります。

500万画素のカメラがありますが、録画の画質は200万画素です。
ほかに、オプションでパーキングモードに対応しています。

【仕様】
撮像素子  :500万画素 CMOSカメラ
視野角   :水平110° 垂直64° 対角140°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(-2Gから+2G 衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、映像ファイル/位置情報、走行速度(対応レーダー探知機接続時のみ)
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有
インターネット地図連動:有(対応レーダー探知機接続時のみ)
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :85(W)×18.5(D)×35(H)mm(突起部含まず)
       ※マウントベース取り付け時  66(H)mm
カメラ   :35(W)×18(D)×35(H)mm(突起部含まず)
*マウントベース取り付け時65(H)mm
本体重量  :44g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第7位 CSD-560FH

一昨年発売の液晶搭載の一体型モデルです。
発売当時でもドライブレコーダーでは標準的な機能だった逆光補正機能非対応の製品なので、現在は別のモデルか他社製品を選ぶ方が多いかもしれません。

この機種はレーダー探知機と接続して電源を取ることもできます。(相互通信非対応/レーダー機器側からドラレコの操作不可)
500万画素のカメラスペックですが、録画映像は200万画素となっています。
オプションでパーキングモードを利用可能です。

【仕様】
撮像素子  :500万画素 CMOSカメラ
視野角   :水平110° 垂直64° 対角140°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(-2Gから+2G 衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時無し
インターネット地図連動:無
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :76(W)×22.6(D)×49(H)mm(突起部含まず)
       ※マウントベース取り付け時  80(H)mm
本体重量  :68g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第8位 CSD-660FH

年初に発売となった液晶搭載の一体型モデルの最新型です。
ランキング人気1位のCSD-670FHと違う点はGPS非搭載というところです。

SONY Exmor CMOSセンサー採用で周囲が暗くても鮮明な画像を撮影可能で、独自のファイルシステムによりmicroSDカードの定期的なフォーマットが不要なメンテナンスフリー仕様(例外あり)となっています。

オプションの専用コードでセルスター製レーダー探知機と接続し、映像出力や電源投入ができます。
オプションでパーキングモードを利用できます。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平116.3° 垂直59.6° 対角145.1°
最低被写体照度:5LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有
インターネット地図連動:無
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :80(W)×22.5(D)×50(H)mm(突起部含まず)、マウントベース取り付け時81(H)mm
本体重量  :74g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第9位 CSD-620FH

昨年発売のセパレート型ミラータイプのドライブレコーダーで、GPS機能がない分、安価となっています。
カメラは小さいのでフロントガラスやダッシュボード、リアガラスなどお好みの位置に取付可能です。
ミラー部の液晶画面をデジタル式の時計表示にすることもできます。(画面自体はON/OFF可能)

この機種はSDカードの便利機能を持っており、フォーマットが必要になると自動でお知らせしたり、録画中にSDカード内のエラーを検知し、再起動してエラーデータを消去して正常な録画機能を取り戻します。

パーキングモードはオプションとなっています。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平107° 垂直56° 対角130°
最低被写体照度:3LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :無
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時無し
インターネット地図連動:無
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :272(W)×17.9(D)×80(H)mm(突起部含まず)
カメラサイズ:35(W)×18(D)×35(H)mm(突起部含まず)
*マウントベース取り付け時65(H)mm
重量    :本体274g、カメラ21g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスタードライブレコーダー人気第10位 CSD-630FH

昨年発売のセパレート型ミラータイプのドライブレコーダーです。
外見はランキング9位のものと変わりありませんが、59基もの衛星が使える超速GPS機能がついているのがこちらのモデルです。
カメラは小さいのでフロントガラスやダッシュボード、リアガラスなどお好みの位置に取付可能です。
ミラー部の液晶画面をデジタル式の時計表示にすることもできます。(画面自体はON/OFF可能)

この機種はSDカードの便利機能を持っており、フォーマットが必要になると自動でお知らせしたり、録画中にSDカード内のエラーを検知し、再起動してエラーデータを消去して正常な録画機能を取り戻します。

パーキングモードはオプションとなっています。

【仕様】
撮像素子  :200万画素 SONY Exmor CMOSセンサー
視野角   :水平107° 垂直56° 対角130°
最低被写体照度:3LUX
録画画素数 :200万画素(FullHD)、100万画素(HD)、35万画素(D1)
GPS     :有
3Gセンサー :有(衝撃感度 10段階)
記録データ :日時、加速度、走行速度、位置情報、映像ファイル
音声録音  :有(オン、オフ設定可)
外部映像出力:有(付属ディスプレイか外部かどちらか一方のみ)※再生時無し
インターネット地図連動:有
電源電圧  :DC12V/24V
本体サイズ :272(W)×17.9(D)×80(H)mm(突起部含まず)
カメラサイズ:35(W)×18(D)×35(H)mm(突起部含まず)
*マウントベース取り付け時65(H)mm
重量    :本体283g、カメラ21g

このドライブレコーダーの購入はこちら!

セルスターのドライブレコーダーで安心!

セルスターのドライブレコーダーは使っていて安心感が高いのが特徴です。
メーカー保証が3年と長期だったり、GPS機能は59基もの衛星情報が使え途切れにくさと高速検知を可能にしています。
また、レーダー探知機と連携しているモデルも多く2つ合わせて使えばさらに安心感が増します。
ただ、パーキングモードは標準でなくオプション扱いとなっているため注意してください。

今回の記事がドラレコ選びの参考になれば幸いです。

ドライブレコーダーの人気ランキングはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す