初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【2017年版】国産車おすすめ人気SUVランキングTOP10!価格と燃費で比較

2017年版国産車のおすすめ人気SUVランキングTOP10を紹介していきたいと思います。性能、燃費、そして価格などさまざま観点から比較していきながらMOBY編集者がおすすめの国産SUVを紹介していきたいと思います。

一番人気は小型クロスオーバーSUV!

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR G 2016年

現在の国産SUV販売台数を見ると、小型クロスオーバーSUVに人気が集中しています。
ホンダ ヴェゼルは2014年から2016年まで国内SUV販売台数3年連続でナンバーワンとなり、2017年上半期はトヨタ C-HRがSUV販売台数トップとなりました。
しかも、トヨタからはアクアにSUVの要素を含んだアクアクロスオーバーを新発売したりと、多くの販売台数が見込める小型クロスオーバーSUVに国内自動車メーカーは競い合いながら新型車をリリースしています。
よって、高性能でコストパフォーマンスの良い車種が多く、小型クロスオーバーSUVがSUV人気を牽引しているのが現状です。

中型SUVもレベルアップ

マツダ CX-5

マツダ CX-5 2016年

小型クロスオーバーSUVが人気を牽引していくなかで、2017年2月2日にマツダCX-5のフルモデルチェンジと2017年6月8日にトヨタ ハリアーや日産 エクストレイルが同時にマイナーチェンジしたことで、国産中型SUVも急激にレベルアップをしています。
さらに、これから三菱を代表する中型SUVアウトランダーがフルモデルチェンジすると見られ、自動車メーカー各社が大型SUVの新型車登場やモデルチェンジが予定されています。
現在の小型クロスオーバーSUVブレイクの次には、中型/大型SUV市場の激戦化がすることが予想されます。

このように、国産SUVはここ数年で一気に進化し車種も増えてきており、ここからは、2017年上半期の販売台数を踏まえて、国産SUVおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介していきます。

国産車おすすめ人気SUVランキング【第1位】

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR 2017年型

2016年12月に登場したトヨタ C-HRは、プリウスと同じハイブリッドユニットを搭載し、クラス最高の燃費値30.2km/L(JC08モード)を実現しています。また、SUVでありながら実燃費22.8km/Lを記録したところは非常に素晴らしいところです。
これだけの燃費性能を実現したのは、ハイブリッド技術のみではなく、トヨタの新型TNGAプラットフォームの恩恵もあります。
TNGAプラットフォームは、トヨタ車種に今後共通して採用することを予定しているプラットフォームで、軽量かつ高剛性で、走りの質と燃費の向上に大きく貢献します。
また、安全装備の「トヨタセーフティセンスP(Toyota Safety Sense P)」を全車標準装備し、トヨタの最新技術が詰まっています。
発売から記録的な販売台数を続け、2017年上半期SUV販売台数ナンバーワンとなりました。

少し残念なところを強いて挙げれば、ハイブリッドモデルとガソリン車モデルで全グレードが4つしかなく、選択肢が狭いところがです。
また、駆動方式ではハイブリッド車でFFのみ、ガソリン車で4WDのみと限定されているところは、残念なところですが、ハイブリッドの機構ゆえのスペースの制限などから致し方ないでしょう。

2017年上半期販売台数:79,303台

トヨタ C-HRのスペック

全長全幅全高
4,3601,7951,550(1,565)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,640ガソリン車:1,470
ハイブリッド車:1,440
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内はガソリン車の4WD
ハイブリッド車ガソリン車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量1.8L1.2L
最高出力72[98]/ 5,20085[116]/ 5,200~5,600
最大トルク142[14.5]/ 3,600185[18.9]/ 1,500~4,000
モーター最高出力53[72]/ --
最大トルク163[16.6]/ --
トランスミッション電気式無段変速機Super CVT-i
駆動方式FF4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ C-HRの燃費

C-HR ハイブリッド車C-HR ガソリン車
JC08モード燃費30.215.4
実燃費22.812.0
[単位]km/L

トヨタ C-HRの新車価格

トヨタC-HR価格
ハイブリッド車265万
ガソリン車252万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ C-HRの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ C-HRについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第2位】

スバル XV

スバル XV 2017

2017年4月6日に発売された3代目スバルXVは、スバル インプレッサをベースに車高を上げSUV向けのセッティングを施した小型クロスオーバーSUVです。
全高が低く、ボンネットも長いため、SUVというよりもステーションワゴンに近いクロスオーバースタイルといった印象です。
しかし、パワフルな水平対向エンジンと、見た目によらないオフロード走破性をもった実力はSUVです。
最新の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」や衝突安全ボディ「スバルグローバルプラットフォーム 」を採用し、さらに、さまざまな路面状況で安定した走りを実現するシンメトリカルAWDやX-MODEを搭載しています。
これだけの機能をフル装備して214万から購入できるコストパフォーマンスの高さが素晴らしいSUVです。

2017年上半期販売台数:41,222台(兄弟車のインプレッサも含む)

スバル XVのスペック

全長全幅全高
4,4651,8001,550
ホイールベース車両重量乗車定員
2,0851,410~1,4405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
1.6i EyeSight2.0i-L EyeSight
エンジン種類水平対向4気筒DOHC
デュアルAVCS
水平対向4気筒DOHC
デュアルAVCS直噴
排気量1.6L2.0L
最高出力85[115]/ 6,200113[154]/ 6,000
最大トルク148[15.1]/ 3,600196[20.0]/ 4,000
トランスミッションリニアトロニック
前進無段 後退1速
リニアトロニック
前進無段 後退1速
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スバル XVの燃費

1.6L DOHC2.0L DOHC 直噴
JC08モード燃費16.216.4
実燃費12.011.1
[単位]km/L

スバル XVの新車価格

スバルXV価格
1.6i EyeSight214万
2.0i-L EyeSight248万
[単位]円(消費税込み)

スバル XVの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スバル XVについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第3位】

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー X

スズキ ハスラーは、トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた軽自動車の新ジャンルとして発売されました。
軽自動車のSUVといえばスズキ ジムニーや三菱 パジェロミニ等しかありませんでした。
スズキは、車内がトールワゴン並みに広い5ドア軽自動車にSUVテイストを足し「ハスラー」を開発しました。
一躍スズキ ハスラーは発売初年で10万4233台を記録し、この年で軽自動車販売台数ナンバーワンとなりました。
また、この年にRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ユーザーと自動車業界人からも評価の高い軽自動車です。
燃費性能は、スズキのマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」を搭載し、他の軽自動車と比較しても低燃費性に優れています。

2017年上半期販売台数:41,575台

スズキ ハスラーのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,665
ホイールベース車両重量乗車定員
2,425800~8704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ガソリン車ターボ車
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHCターボ
排気量660cc660cc
最高出力38[52]/ 6,50047[64]/ 6,000
最大トルク63[6.4]/ 4,00095[9.7]/ 3,000
モーター最高出力1.6[2.2]/ 1,0001.6[2.2]/ 1,000
最大トルク40[4.1]/ 10040[4.1]/ 100
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF、4WDFF、4WD
使用燃料FFFF
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ ハスラーの燃費

ハスラー ターボ車ハスラー ガソリン車
JC08モード燃費27.8(26.2)32.0(30.4)
実燃費19.119.4
[単位]km/L ( )内は4WD

スズキ ハスラーの新車価格

スズキ ハスラー価格
Xターボ158万(167万)
Gターボ136万(149万)
X146万(159万)
G116万(128万)
A108万(120万)
[単位]円(消費税込み) ( )内は4WD

スズキ ハスラーの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ ハスラーについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第4位】

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼルは、国内の小型クロスオーバーSUVのブームの先駆け的な存在で、SUV販売台数においては2014年/2015年/2016年の3年連続でトップに輝いていた大ヒットモデルです。
ガソリン車、ハイブリッド車ともにFFと4WDを用意しているところも、大人気のSUVになった要因でしょう。
また、 スポーツグレードの「RS・Honda SENSING」や多くのオプションやカスタムパーツが用意されているところもホンダらしいところです。

2017年上半期販売台数:38,278台

ホンダ ヴェゼルのスペック

全長全幅全高
4,2951,7701,605
ホイールベース車両重量乗車定員
2,610ガソリン車:1,180~1,270
ハイブリッド車:1,270~1,380
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ハイブリッド車ガソリン車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.5L1.5L
最高出力97[132]/ 6,60096[131]/ 6,600
最大トルク156[15.9]/ 4,600155[15.8]/ 4,600
モーター最高出力22[29.5]/ 1,313~2,000-
最大トルク160[16.3]/ 0~1,313-
トランスミッション7速オートマチック
+パドルシフト
無段変速
オートマチック
駆動方式FF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ホンダ ヴェゼルの燃費

ホンダ ヴェゼル[ハイブリッド車]ホンダ ヴェゼル[ガソリン車]
JC08モード燃費27.0(23.2)20.6(19.0)
実燃費18.514.6
[単位]km/L ( )内は4WD

ホンダ ヴェゼルの新車価格

ホンダ ヴェゼル価格
ハイブリッド車227万(247万)
ガソリン車192万(214万)
[単位]円(消費税込み) ( )内は4WD

ホンダ ヴェゼルの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ ヴェゼルのマイナーチェンジについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第5位】

トヨタ ハリアー

トヨタ 新型ハリアー 2017年 マイナーチェンジモデル

トヨタ ハリアーは、高級クロスオーバーSUVのパイオニアとして、国産クロスオーバーSUVを牽引してきた車種です。
また、日産エクストレイルと同日2017年6月8日にマイナーチェンジされた新型を発売し、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備や、2.0L直噴ターボエンジン搭載モデルを新たに追加しました。
マイナーチェンジで新たに追加した2.0L直噴ターボエンジン搭載車は、最高出力231馬力を発揮し、国産中型SUVでは最もパワフルなエンジンです。
ハイブリッド、ターボエンジン、NA(自然吸気)ガソリンエンジンの3つパワートレインから選べるところは、ユーザーの用途に合わせた選択を可能にしています。

2017年上半期販売台数:30,432台

トヨタ ハリアーのスペック

全長全幅全高
4,7251,8351,690
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6601,580~1,8105
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ハイブリッド車ターボ車ガソリン車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
インタークーラー付ターボ
直列4気筒DOHC
排気量2.0L2.5L2.0L
最高出力112[152]/ 5,700170[231]/
5,200~5,600
111[151]/ 6,100
最大トルク350[35.7]/
1,650~4,000
206[21.0]/
4,400~4,800
193[19.7]/ 3,800
モーター最高出力フロント:105[143]/ -
リア:50[68]/ -
--
最大トルクフロント:207[27.5]/ -
リア:139[14.2]
--
トランスミッションスーパー
インテリジェント
6速オートマチック
電気式無段変速機Super CVT-i
駆動方式4WDFF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ ハリアーの燃費

トヨタ ハリアー
[ハイブリッド車]
トヨタ ハリアー
[ターボ車]
トヨタ ハリアー
[ガソリン車]
JC08モード燃費21.412.8~13.015.2~16.0
実燃費16.89.0[予想値]11.8
[単位]km/L

トヨタ ハリアーの新車価格

トヨタ ハリアー価格
ハイブリッド車377万
ターボ車338万
ガソリン車295万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ ハリアーの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ ハリアーについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第6位】

日産 エクストレイル

日産 新型 エクストレイル 2017 マイナーチェンジ

日産 エクストレイルは、日本国内のみでなく海外でも人気の高い中型SUVであり、2017年6月にはマイナーチェンジがされたました。
アラウンドビューモニター、プロパイロット、インテリジェントLI、RCTA、ハイビームアシストなどを搭載し、国産SUVクラスで最高レベルの優れた予防・衝突安全性能、自動運転システムを備えています。
また、7人乗りも用意され、ガソリ車とハイブリッド車でFFと4WDも用意され、ユーザーの求めるさまざまな用途に応えることができると思います。

2017年上半期販売台数:29,383台

日産 エクストレイルのスペック

全長全幅全高
4,6901,8201,730
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7051,450~1,6405、7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ガソリン車ハイブリッド車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.02.0
最高出力108[147]/ 6,000108[147]/ 6,000
最大トルク207[21.1]/ 4,400207[21.1]/ 4,400
モーター最高出力-30[41]/ -
最大トルク-160[16.3]
トランスミッションエレクトリックCVTエレクトリックCVT
駆動方式FF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

日産 エクストレイルの燃費

日産エクストレイル
[ガソリン車]
日産エクストレイル
[ハイブリッド車]
JC08モード燃費16.4(15.6)20.8(20.0)
実燃費10.116.4
[単位]km/L ( )内は4WD

日産 エクストレイルの新車価格

日産エクストレイル価格
ガソリン車[2列シート5人乗り]220万
ガソリン車[3列シート7人乗り]317万
ハイブリッド車[2列シート5人乗り]259万
[単位]円(消費税込み)

エクストレイルの中古車情報


中古車情報
システムメンテナンス中


日産エクストレイルについての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第7位】

マツダ CX-5

マツダ CX-5 XD プロアクティブ

マツダCX-5は、2017年2月にフルモデルチェンジがされ、デザインキーワードに"REFINED TOUGHNESS=洗練された力強さ”を掲げ、精悍なエクステリアと上質なインテリアをつくり上げています。
光沢のある匠塗(たくみぬり)のカラーを用意したところも、他のSUVにない高級感を演出しています。

性能面では、新搭載されたマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)は、マツダ車初となる0~100km/hの間で追従走行が可能です。
また、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」をベースに「G-ベクタリング コントロール(GVC)」や安全装備「i-ACTIVSENSE」を搭載し、事故を抑制する機能は万全です。
パワートレインには、ガソリンエンジンのほかにクリーンディーゼルエンジンを搭載したことで、パワフルかつ低燃費を実現しています。

2017年上半期販売台数:22,844台

マツダ CX-5のスペック

全長全幅全高
4,5451,8401,690
ホイールベース車両重量乗車定員
2,700ガソリン車(2.0Lエンジン):1,510~1,550
ガソリン車(2.5Lエンジン):1,590~1,610
ディーゼル車:1,600~1,690
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ガソリン車
(2.0Lエンジン)
ガソリン車
(2.5Lエンジン)
ディーゼル車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.5L2.2L
最高出力114[155]/ 6,000FF:140[190]/ 6,000
4WD:135[184]/ 6,000
129[175]/ 4,500
最大トルク196[20.0]/ 4,000FF:251[25.6]/ 3,250
4WD:245[25.0]/ 4,000
129[175]/ 4,500
トランスミッション6EC-AT6EC-AT6EC-AT
駆動方式FFFF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーレギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マツダ CX-5の燃費

CX-5 2.0Lガソリン車CX-5 2.5Lガソリン車CX-5 2.2Lディーゼル車
JC08モード燃費16.014.8(14.6)18.0(17.6)
実燃費13.511.016.0
[単位]km/L ( )内は4WD

マツダ CX-5の新車価格

マツダCX-5価格
2.0Lガソリン車246万
2.5Lガソリン車269万
2.2Lディーゼル車278万
[単位]円(消費税込み)

マツダ CX-5の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダ CX-5についての記事はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第8位】

トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド特別仕様車 TX“Lパッケージ・G-FRONTIER”

ランドクルーザープラドは、ライトデューティ用途にあるランドクルーザーの派生モデルで、ガソリンエンジンの他に、新開発の2.8Lディーゼルエンジンを搭載しています。
大型SUVらしい豪快さと、メタル調のガーニッシュを多用したスタイリッシュさは多くのユーザーから称賛されています。
ランドクルーザープラドが登場してから変わらない、ラダーフレームを用いた頑丈なボディは、国産SUVの王道といったところです。

2017年上半期販売台数:9,989台(200系ランドクルーザーも含む)

トヨタ ランドクルーザープラドのスペック

全長全幅全高
4,7601,8851,850
ホイールベース車両重量乗車定員
2,790ガソリン車:2,040~2,090
ディーゼル車:2,160~2,300
5、7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ガソリン車ディーゼル車
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量2.7L2.8L
最高出力120[163]/ 5,200130[177]/ 3,400
最大トルク246[25.1]/ 3,900450[45.9]/ 1,600~2,400
トランスミッション6 Super ECT6 Super ECT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラー軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ ランドクルーザープラドの燃費

ランドクルーザープラド
[ディーゼル車]
ランドクルーザープラド
[ガソリン車]
JC08モード燃費11.2~11.89.0
実燃費10.210.3
[単位]km/L

トヨタ ランドクルーザープラドの新車価格

トヨタ ランドクルーザープラド価格
ディーゼル車470万
ガソリン車335万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ ランドクルーザープラドの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ ランドクルーザープラドの新型最新情報はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第9位】

レクサスRX

レクサス RX200t F SPORT 2016年

国産高級車ブランド・レクサスからは、レクサスRXが人気です。
現在レクサスの販売台数では、レクサスRXが最も高く、海外からも高い人気を誇っています。
トヨタ ハリアーとは、兄弟車というイメージが強いですが、プラットフォームと2.0Lターボエンジンは同じでも、それ以外は全くの別物であり、レクサスらしい内外装の高級感は、ハリアーより上回るでしょう。
燃費は、大型SUVにしては比較的低燃費で、MOBYが調べたところ、実燃費がカタログ値を上回ります。
また、3.5Lエンジンと前後にモーターを搭載したハイブリッドモデルはスポーツセダン並みのパワーであるところは素晴らしいです。

2017年上半期販売台数:7,202台

レクサスRXのスペック

全長全幅全高
4,8901,8951,710
ホイールベース車両重量乗車定員
2,790RX200t:1,890~2,285
RX450h:2,030~2,415
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
RX450hRX200t
エンジン種類V型6気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ
排気量3.5L2.0L
最高出力193[262]/ 6,00096[131]/ 6,600
最大トルク335[34.2]/ 4,600155[15.8]/ 4,600
モーター最高出力フロント:123[167]/ -
リア(4WDのみ搭載):50[68]/ -
-
最大トルクフロント:335[34.2]/ -
リア(4WDのみ搭載):139[14.2]/ -
-
トランスミッション電気式無段変速機スーパー
インテリジェント
6速オートマチック
駆動方式FF、4WDFF、4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レクサスRXの燃費

レクサスRX450hレクサスRX200t
JC08モード燃費18.2~18.811.2~11.8
実燃費18.512.6
[単位]km/L

レクサスRXの新車価格

レクサスRX価格
RX450h603万(629万)
RX200t495万(521万)
[単位]円(消費税込み) ( )内は4WD

レクサスRXの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


レクサスRXのモデルチェンジ最新情報はこちら

国産車おすすめ人気SUVランキング【第10位】

三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEV

三菱・アウトランダー

アウトランダーは三菱のSUVで最も人気のあり、世界中で販売されるアウトランダーは、日産エクストレイル、ホンダCR-Vと同等の人気のあるSUVです。
さらに、国産自動車メーカーのSUVの中で、プラグインハイブリッドはアウトランダーPHEVのみで、エコカーとして高い評価を得ています。
安全装備も充実しており、搭載される先進の予防安全技術「e-Assist」は「衝突被害軽減ブレーキシステム」から、「レーザークルーズコントロールシステム」まで備えています。
さらに、エクストレイルは日産エクストレイル同様に3列シートで7人乗車が可能で、前モデルにFFと4WDが用意されており、FFと4WDでエンジンの仕様が違うところも三菱がSUVに対するこだわりを感じます。

2017年上半期販売台数:4,125台(アウトランダーPHEV含む)

三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEVのスペック

全長全幅全高
4,6951,8001,710
ホイールベース車両重量乗車定員
2,670アウトランダー:1,480~1,570
アウトランダーPHEV:1,830~1,900
アウトランダー:7
アウトランダーPHEV:5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
アウトランダーPHEVアウトランダー
[2.4Lエンジン]
アウトランダー
[2.0Lエンジン]
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒SOHC直列4気筒SOHC
排気量2.0L2.4L2.0L
最高出力87[118]/ 4,500124[169]/ 6,000110[150]/ 6,000
最大トルク186[19.0]/ 4,500220[22.4]/ 4,200190[19.4]/ 4,200
モーター最高出力フロント:60[82]/ -リア:60[82]/ ---
最大トルクフロント:137[14.0]/ -リア:195[19.9]/ ---
トランスミッション-INVECS-Ⅲ 6速スポーツモード CVTINVECS-Ⅲ 6速スポーツモード CVT
駆動方式4WD4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEVの燃費

アウトランダーPHEVアウトランダー
[2.4Lエンジン]
アウトランダー
[2.0Lエンジン]
JC08モード燃費19.214.616.0
実燃費15.713.513.0
[単位]km/L

アウトランダーPHEVの充電電力使用時走行距離は60.8kmです。

三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEVの新車価格

三菱アウトランダー/アウトランダーPHEV価格
アウトランダー253万(283万)
アウトランダーPHEV366万
[単位]円(消費税込み) ( )内は 2.4Lエンジン搭載4WD車

三菱 アウトランダーの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEVについての記事はこちら

昔と比較して急激に進化した国産SUV

国産SUV トヨタ ハリアー C-HR レクサス RX 日産 アウトランダー マツダ CX-5 スズキ ハスラー 三菱 アウトランダー スバル XV

国産車おすすめ人気SUVランキングを見ると、急激に進化している国産SUV市場。
今回紹介してきたSUVの中で1990年代から販売されている車は、ランドクルーザープラドとハリアーの2車種のみで、あとはすべて2000年以降から登場したモデルです。
人気のSUVはデビューから17年経っておらず、ハリアーがデビューした1997年から20年で一気に国産のSUVは増えたことになります。
それだけSUVの人気も急激に上昇し、国産SUVの性能底上げとなりました。
2017年下半期から2018年末まで日本メーカーからSUVの新型車登場やモデルチェンジが予定されており、国産SUVのこれからも進化が楽しみです。

SUVに関連するおすすめ人気ランキング記事はこちら

新型車に関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...