MOBY

スバルのレヴォーグ、買うならベストグレードは!?

2014年にスバルが発売した新型スポーツツーリングモデルの「レヴォーグ」。発売当初から話題となり、スポーツカー的な要素と実用性の高いワゴンの要素を兼ね備えた車として人気を博しています。その中でもどのグレードを買えばいいのか迷うと思います。今回はレヴォーグを買う際に最もおすすめなグレード「1.6GTアイサイト」の紹介と、なぜ1.6GTアイサイトがおすすめなのかをまとめてみました。

スバル「レヴォーグ」の購入を検討されている全ての人へ

この国を美しく走るためのカタチ

スバルの主力車種だった「レガシィ」の後継として発売され、大きな注目を集めました。売れ行きも好調で、デザイン性の高さから「乗る前から魅力的な車」として愛されています。

運転支援システム「アイサイト」がVer.3へと進化したことで、「走る」「止まる」だけでなく「曲がる」領域にまで運転支援を実現しています。

そんな「レヴォーグ」の数あるグレードの中でも、もっともユーザー評価が高くおすすめしたいのが「1.6GTアイサイト」というグレードです。

今回は他のグレードと比較し、なぜ「1.6GTアイサイト」の人気が高いのか。
他のグレードと比べてどこが優れているのか検証し、そしてなぜおすすめなのかをまとめてみました。

まずはレヴォーグそのものを知りたい!

スポーティなエクステリア

躍動的かつ機能的な美しさをもったデザインは、まさに人を振り向かせる存在感を持ち合わせています。

シャープかつワイドな形状のLEDヘッドランプに、空力性能や剛性を兼ね備えたアルミホイールなど、走りと機能性を上手くデザインに融合させています。

また、塗装のクオリティにもこだわっているので上質感だけでなく滑らかで立体感のある仕上がりになっています。

ハイクオリティなインテリア

上質感と引き締まったスポーティさを演出するブラック調の仕上がりが、乗る人に所有する悦びを提供しています。

人の手で丁寧に張り込まれたレザー調素材にはインテリアへの妥協を許さない姿勢が感じられます。

1.6ℓ インテリジェント“DIT”

次世代のエンジンとして、動力性能と環境性能を高次元で両立させた「1.6ℓ インテリジェント“DIT”」は、平成26年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞しました。

ハイレベルな技術がレヴォーグに搭載されていることの証明となりました。

小排気量のエンジンに直噴ターボを組み合わせた「1.6ℓ インテリジェント“DIT”」。それはSUBARUの持てる技術のすべてを注いだ、まったく新しいダウンサイジングターボエンジンです。その排気量からは想像できないパワーと、ターボのイメージを覆す低燃費を両立。さらにレギュラーガソリンを使える高い経済性や、優れたロングツーリング性能も実現。“走りと環境の両立”だけにとどまらない、さまざまな魅力を備えています。

出典:http://www.subaru.jp/

SI-DRIVE(2モード)

気分やシーンに合わせて走行性能を使い分けられるSI-DRIVEを搭載。穏やかな出力特性によって燃費に配慮した運転ができる「インテリジェントモード(I)」と、リニアで気持ち良い加速を愉しめる「スポーツモード(S)」の2つのモードから選べます。

出典:http://www.subaru.jp/

広々としたスペースを確保

肩と肘周りにゆったりとしたスペースをもたせたほか、左右席間にも適度な距離を確保。後席の膝周りにも十分なスペースをとっているので、ロングツーリングでも疲れにくく、すべての人が心地良い時間を過ごせます。また、大きく開く前後のドアは、快適でスムーズな乗り降りをサポートします。

出典:http://www.subaru.jp/

いかがでしたか?次に各グレードを比較してみましょう。

レヴォーグのグレードはそれぞれ何がどう違うの?

レヴォーグには特別仕様車も含めて6つのグレードがあり、運転支援システム「アイサイト」はどのグレードにも搭載されています。

グレードは大きく分けてGTとGT-S、1.6Lと2.0Lのターボに分けられます。

GTとGT-Sの違い

GT-Sには「ビルシュタイン製ダンパー」「ブラックベゼルヘッドランプ」「ブルーステッチステアリングホイール」などが装備されています。GTとGT-Sの差額は約30万円なので、そのためにグレードを上げられるかというところになります。

国内ではビルシュタイン製ダンパーが必要になることはあまりなく、ヘッドランプやステアリングホイールについては性能的な差はほとんどないので、これらを考えるとGT-Sを選ぶ機会は限られると思います。
日常的に使用することを考えるとGTで申し分ないでしょう。

1.6Lと2.0Lの違い

2種類のエンジンの違いはありますが、どちらが優れているかということはなく、スピードを強化したい人には2.0Lが向いてるでしょう。

しかし、1.6Lエンジンは17.4km/ℓという驚愕の燃費性能を誇っています。2.0Lの燃費は13.2km/ℓなのでその差は歴然と言えます。

それに加えて1.6Lはレギュラーガソリンでも問題なく、燃費性能だけを見るなら1.6Lの方が圧倒的に経済的なのです。

アイサイトとは

フロントに取り付けられたステレオカメラにより、追突防止など様々な機能が可能になりました。レヴォーグにはこの「アイサイト」がVer.3に進化したものが搭載されており、高度な運転支援を実現しています。

アイサイト(ver.3)は、「ステレオカメラ」によって前方を常に監視しています。このカメラは人の目と同じように距離と形状を認識することが可能。クルマだけでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識できます。

出典:http://www.subaru.jp/

“ver.3”ではステレオカメラを刷新し、視野角と視認距離を約40%拡大することで認識性能を向上。さらにカラー画像化によってブレーキランプの認識も実現しました。これにより従来の運転支援機能を進化させるとともに、ステアリング操作のアシストや誤後進の抑制など、新たな機能も搭載。逆光などの悪環境下での作動安定性も高めています。

出典:http://www.subaru.jp/

残るは特別仕様車についてですが、主な特別装備として17インチアルミホイール、LEDヘッドランプ(光輝タイプ)、クリアビューパックなどがあります。
好みでつけたい方は選んでみるとよいでしょう。

1.6GTアイサイトは総合的におすすめ!

スバルの技術力と上質なデザインが駆使されたレヴォーグ。ベーシックなグレードでも高出力のエンジンが搭載されているなど、十分魅力的な車に仕上がっています。

必要なものだけ搭載し、レヴォーグの魅力を最も効果的に味わうことの出来るグレードは「1.6GTアイサイト」といえるのです。

いかがでしたか?

スバルが自信を持って送り出しているレヴォーグ。
お買い得感が十分に得られる「1.6GTアイサイト」は是非おすすめしたいグレードになっています。

実際に試乗して、その走行性を体感してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す