初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW 2002】実燃費など維持費からターボの評判など

1968年に02シリーズの2.0Lエンジンを搭載したモデルが BMW 2002です。1973年には市販車で初めてターボを搭載した車であるBMW 2002 ターボを発売しました。現在でもBMW2002はマニアの中では人気が高い車の一台です。

BMWとは?

BMW(Bayerische Motoren Werke)は、航空機用のエンジンを製造するメーカーとして始まり、ロゴの十字はプロペラを正面から見たイメージがデザインされています。
ドイツを代表する世界的に有名な企業であり、自動車、バイク、エンジンを生産・販売しているメーカーです。
自動車ブランドとしては、英国のミニ(MINI)とロールスロイス(Rolls-Royce)を傘下に持っています。

BMWが開発・製造する自動車は、基本的なモデルは3桁の数字で車名を表し、最初の数字はシリーズ名になります。
Mモデルは、BMW M にてチューンナップされた特別なスポーツモデルです。
XモデルはSUV車になります。

BMWの歴史についてはこちら

BMW 2002とは?

BMW2002は、BMW 02シリーズの1台です。
BMW 02シリーズは、1966年から1977年の約10年間に生産・販売されており、2002を含めて4車種がありました。
 ・エンジン排気量 1,5Lの「1502」(1602の廉価版)
 ・エンジン排気量 1.6Lの「1602」
 ・エンジン排気量 1.8Lの「1802」
 ・エンジン排気量 2.0Lの「2002」
当時、日本では「マルニ」という愛称で呼ばれました。

BMW2002には4種類のモデルが存在しました。
 ・2002(シングルキャブレター)
 ・2002ti(ツインキャブレター)
 ・2002tii(インジェクション)
 ・2002ターボ
2002ターボは性能が別格で、現在でも高値で取引きされています。
では2002のそれぞれのモデルをみていきましょう。

BMW2002

シャーシは、BMW1602(発表当時は1600-2)をベースとしており、ボディサイズは1602と同じサイズでした。
そこに2.0Lの直列4気筒SOHCエンジン(シングルキャブレター)を搭載し、動力性能アップに伴いブレーキも強化されました。
ボディはセダンを基本とし、オープン仕様の2002カブリオレとファストバックスタイルの2002ツーリングがありました。
リアのテールランプは前期と後期でデザインが異なります。
前期は「丸テール」と呼ばれる丸いテールランプで、後期は「角テール」と呼ばれる四角いテールランプです。
丸テールの方が時代を感じさせる愛嬌があり人気があります。

BMW2002ti

BMW2002のツインキャブレーター版が、BMW2002tiです。
2.0L 直列4気筒SOHCエンジンは同じですが、圧縮比を高めキャブレターを2基搭載することで、BMW2002より+20psアップした120psを発揮しました。
トランスミッションは標準の4速MTに加えて、オプションで5速MTを選択することが可能になりました。
生産期間が短かったため、テールランプは「丸テール」しか存在しません。

BMW2002tii

キャブレターを廃止し、(機械式)インジェクションを搭載したBMW2002tiiは、BMW2002tiの後継モデルよなります。
エンジン出力は、BMW200tiより+10psの130psとなりました。
そこに組み合わされるトランスミッションは、BMW2002ti と同じく4速MTを標準とし、オプションで5速MTの選択が可能でした。
前期が丸テールランプ、後期が角テールランプとなっています。
BMW2002tiiのファストバックモデルは後期モデルでもデザイン上の都合により「丸テール」のままでした。

BMW 2002ターボとは?

航空機エンジンの過給装置として開発されたターボチャージャー(以下、ターボ)を、世界で初めて市販車のエンジンに採用したのが BMW 2002ターボです。
BMW2002シリーズの最強バージョンという位置付けになります。
ヨーロッパのツーリングカー選手権で宿敵のポルシェを打倒するために考案された手段でした。
航空機エンジンを開発し成熟させてきたメーカーであり、自動車に転用するための技術力を持っていたからこそできた自動車業界において新たな1ページを刻んだ出来事でした。

当初フロントスポイラーに貼られたステッカーは鏡文字で「turbo 2002」となっており、前を走る車のバックミラーに逆に映ることでその存在感をアピールしていましたが、不評だったため初期のBMW2002ターボだけに貼られていました。

F1ターボ時代の到来

BMWのターボエンジンはレース界でもその実力を発揮しています。
1981年に開発されたBMW製 F1用 M12/13ターボエンジンは、当時570psの出力でした。
1986年シーズン、改良を続けてきた同エンジンは 1.5Lターボで、加給圧を5.5バールまで上げることで、最大1300psまで達したと言われています。
当時はマクラーレンホンダ(ホンダ製エンジン)も同排気量のターボエンジンで1,000ps以上(非公式には1,350ps)の出力を誇っていました。
レースでターボエンジンが活躍するようになると、各自動車メーカーは、市販車の多くにターボエンジンを採用するようになりました。
日本でもターボの装着がブームになりました。

BMW 2002の車両チェック項目

BMW 2002 内装

生産から40年以上経過している車ですから、ゴムや樹脂類は経年劣化していて当たり前です。
外装やエンジンルームなどの見える部分だけにあるこのような部品だけを交換して「きちんと整備されています」というケースには十分注意することが必要です。

錆も同じく注意が必要です。
全く錆がない2002はないと思った方がいいでしょう。
問題はどこに錆があるかということです。
ドアの下側にある水抜きが詰まっていると、ドアの内部がかなり錆びついている可能性があります。
特にエンジン周りのサブルレーム付近の錆には要注意です。

チェック項目

BMW2002に限らず、旧車の場合に各部をチェックする必要があります。
・エンジンルームの汚れ(オイル、燃料、クーラントなどの漏れ)
・エンジン始動時の異音
・ダンパー、ブッシュ類の状態
・ブレーキの状態
・マフラーの音
・ホイールの変形
・ダシュボード割れ
・スイッチ、レバーなどの操作系
・電装系の確認(ライト、ウインカー、エアコン、オーディオ)
そして、車体番号とエンジン番号が一致しているかの確認を忘れないようにしましょう。

また遠くから見て「車全体がシャキ!としているか?」という点もチェックしてください。
シャシーが歪んでいたり、ダンパーがへたっていたり、ドアやボンネット、トランクの取り付け位置がずれているということは、事故でどこかを修復した跡という可能性があります。

最後に試乗してみましょう。
運転がダメというのであれば助手席でも構いません。
エンジンを掛けさせてくれないのは、何か問題があると思って間違いありません。

様々なメーカー車を取り扱っている車屋さんよりも、BMWの専門店が安心して相談できると思います。

BMW 2002のスペック

20022002ti2002tii2002Turbo
エンジン種類直列4気筒 SOHC直列4気筒直列4気筒直列 4気筒 SOHCターボ
排気量2.0L2.0L2.0L2.0L
最高出力[100]/5,500[120]/5,500[130]/5,800[170]/5,800
最大トルク[16.0]/3,500[17.0]/3,600[18.1]/4,500[24.5]/4,000
トランスミッション4速MT/3速AT4速MT(5速MT)4速MT(5速MT)4速MT(5速MT)
駆動方式FRFRFRFR
使用燃料有鉛 (ハイオク)有鉛 (ハイオク)有鉛 (ハイオク)有鉛 (ハイオク)
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
20022002ti200tii2002Turbo
全長4,2304,2304,2304,220
全幅1,5901,5901,5901,620
全高1,4101,4101,4101,410
ホイールベース2,5002,5002,5002,500
車両重量9909901,0101,080
乗車定員5555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

エンジン性能は、現代の車と比較しても馬力、トルクともに大した数字ではありません。
ただし、車重が1t前後という最近の軽自動車と変わらない重さでマニュアルトランスミッションにて車を手足のように操れるライトウェイトスポーツの感覚は楽しいものです。
2002ti/2002tii/2002turboの(5速MT)は当時のオプションです。

当時の使用燃料は有鉛ガソリンでした。
現在の無鉛ハイオクでも問題ないという意見もありますが、バルブシールの劣化を示唆する意見もあります。
BMW2002に末永く乗り続けたいのであれば、きちんと対策をした方がいいでしょう。
無縁ハイオク+添加剤で有鉛ガソリン化する、もしくはバルブシールを無鉛用に交換するといった対策があります。

BMW 2002の実燃費

BMW 2002 メーター

どのモデルも、おおよその実燃費は7〜10 km/Lです。
古い車ですので、きちんと整備されていないと、アクセルを踏み込めないですし、エンジンや足回りなど機関部の整備状態も燃費を大きく左右されます。
道によっても(一般道、高速道路での巡行)燃費に差が出ます。
マニュアルトランスミッションなので、適切なギアを選択したエコ運転を心がけるだけで燃費は伸びます。
実燃費としては、よくても10 km/L 程度と考えておけばいいでしょう。

BMW 2002の維持費

BMW 2002 メーター
年間費用(円)条件/備考
自動車税39,5001.5〜2.0L以下
重量税12,6001.0t 以下:車齢18年超 (*1)
自賠責保険12,91524ヶ月分の12ヶ月換算
燃料代72,222年間:5,000km 燃費:9km/L ハイオク:130円/L (*2)
合計137,237
(*1) 重量税は、車検証上の初年度登録からの年数(車齢)で金額が3段階に分かれます。
  (初年度〜13年未満 / 13年経過〜18年未満 / 18年経過)
  BMW2002は、最終生産が1977年です。初年度登録から40年を経過していますで、18年経過の金額を記載してあります。
  BMW2002/2002tiのケースを想定しています。
(*2) 走行距離/燃費はオーナー情報により設定/ハイオク価格は変動します。

一般的な維持費としては上記の通りですが、BMW2002は40年以上前に生産された車です。
40代の人が10人いれば健康状態は10人それぞれ異なるように、車の状態も同じものは無いでしょう。
車の場合は部品を交換することで調子を取り戻すことができますが、肝心な部品が欠品で入手できないケースが多々あります。
そのような場合は似た部品を代用・改造したり、ワンオフで製作したりと、現代の車とは費用の掛かり方が異なります。
またどこまで直すかによって費用はピンキリです。
旧車の維持費は付き合ってみないとわからないことが多いものです。
最初に選ぶ車によっても大きく異なりますので、単に安い車両には注意が必要です。

BMW 2002の中古価格

BMW 2002 ターボ

2002の中古車市場では、2002ターボが一番高価で取引されています。
2002の中で一番高性能車であり、何より世界で一番初めにターボを搭載した車という価値もその要因ではないでしょうか?


中古車情報
システムメンテナンス中


BMW 2002の試乗インプレッション

BMW 2002 ターボ

「グーネット」によるレビューをご覧下さい。

「グーネット」でのBMW 2002についてのレビュー

【総合評価】
好きか、嫌いか。
許せるか、許せないか。
受け入れられるか、受け入れられないか。
それが問題である。

【良い点】
現代の車にはないデテールと質感。
消耗部品は入手出来るものが多い。

【悪い点】
車重が重い。
シートの中身の素材(植物系)が、ボロボロの場合が多い。
間欠ワイパーぐらいは欲しかった。
右ハンドル車のブレーキブースターは入手不可?
トランクに水が入りやすく、抜けにくい。

出典:http://www.goo-net.com/

BMW 2002でサーキットを走ろう!

BMW 2002

ヨーロッパのツーリングカー選手権でポルシェと激しい争いをしていたBMWです。
2002ターボもポルシェに先んじて市販車にターボを搭載しています。
きちんと整備したBMW2002であれば、サーキットに持ち込んでライトウェイトスポーツを楽しむというのもいいのではないでしょうか?

BMW 2002は最高の相棒!

BMW 2002 ターボ

BMW2002についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

40年以上に生産された車ですから、性能や品質などを現代の車と比較しても意味がありません。

BMWの歴史と文化を直接感じることができる貴重な1台です。
サーキットでライトウェイトスポーツを楽しむのもよし、一般道をゆっくり流してその操作性を楽しみながらドライブするのもよし、現代の車とは違いコンピュータがなくてもメンテナンスできますので、簡単な部分は自分でレストアするという楽しみ方もあるでしょう。
BMW2002は趣味の車として思いっきり楽しむことができる良き時代の良き車なのです。

BMWの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至る。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 現在の愛車はちょっと古めのフェラーリです。 この車は、工業製品でありながら芸術品でもあり、次のオー...