初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【過半数が勘違い?】履歴書での自動車免許の正式名称の書き方とは?普通自動車第一種運転免許?

運転免許は履歴書の資格欄に書くことができる「資格」です。しかし、いざ書くとなると、意外と知らないのが正式な書き方です。また、道路交通法の改正によって運転できる車に変更があることも!本記事は、履歴書の運転免許資格の正しい記載方法やコツをわかりやすく解説しています。

運転免許を資格欄に書くためにまず必要なのは?

運転免許証

履歴書の資格欄に「運転免許」を記載する場合、まず必要となるのは何でしょうか?
履歴書の資格欄を見ていただくとわかるように、資格欄には一般的に「取得年月」と「資格名」の記載が必要となります。
そのためには、「自分の免許取得日がいつであるか」と「自分の運転免許の種類が何であるか」をまず知る必要があるのです。

自分の免許取得日を知るには?

複数の取得がある場合は注意!

カレンダー

運転免許の取得日を正確に覚えている人は案外少ないものです。
自分の免許取得日を知るには、運転免許証の「免許証番号の左下」を参照します。
免許証番号の左下にある年月日が「免許取得年月日」となっています。

免許取得年月日は、3段で構成され、上段の「二・小・原」はバイク及び小型特殊車両(コンバイン・トラクター・小型除雪車など)の免許を取得した年月日を指しています。
中段の「他」は中型や大型、大型特殊など自動車の免許を取得した年月日を指しています。(ただし、二種免許で運転できる自動車は除く)
下段の「二種」は、主にタクシー、バス、ハイヤーなど旅客自動車を運転できる「二種免許」を取得した年月日を指しています。
ここで、注意が必要となるのは、複数の運転資格を持つ場合の取得年月日です。

例えば、あらかじめ原付免許を取得した後、その上位免許となる「普通二輪」を取得した場合、取得年月日として記載されるのは最初に取得した年月日となるのです。

複数の資格があり取得年月日を正確に知るには?

はてなマーク

複数の資格があり、全ての取得年月日を正確に知るためには「運転免許経歴証明書」を発行してもらう必要があります。
運転免許経歴証明書は、警察署・交番・自動車安全運転センターなどで、運転免許経歴証明書の申込用紙に必要項目を記載し、手数料とともに郵便局から郵送するか、或いは自動車安全運転センターの受付に直接申し込みを行う形で行います。
即日交付は対応しておらず、後日郵送してもらうか、自動車安全運転センターで直接受け取る方法となっていて、交付までの期間は、概ね10日から14日程度かかりますので、注意が必要です。

自分の運転免許の種類を確認するには?

免許証 イラスト

自分の運転免許の種類を確認するには、運転免許証の「免許証番号の右下」を参照します。
「種類」と記載された右側の14項目のうち、あなたの運転免許が該当する箇所に「運転免許種類の略式名」が記載されています。
例えば「中型」「普通」「原付」などのように記載されます。
現在、運転免許の種類は、全部で15種類となっています。
運転免許証の種類に記載される「略式名」と「運転免許の種類名称」の対応を以下に表でまとめてみました。
次では、履歴書に運転免許資格を記載する際のチェックポイントや、対応表の運転免許の種類に沿って、履歴書への正式な記載方法を説明していきます。

免許種類略式名免許種類名称
大型大型免許
中型中型免許
準中型準中型免許
普通普通免許
大特大型特殊免許
大自二大型二輪免許
普自二普通二輪免許
小特小型特殊免許
原付原付免許
けん引免許
大二大型二種免許
中二中型二種免許
普二普通二種免許
大特二大型特殊二種免許
引二けん引二種免許

運転免許資格を記載する際のチェックポイント

チェックポイント

資格記載欄が足りない場合は上位順で!

複数の運転免許資格を保有する場合は、取得日の古い順から記載する方法が一般的といえます。
しかし、運転免許の他にも、複数の資格を保有し、記載する欄が足りない場合も人によっては、あるかと思います。
その際には、履歴書を提出する企業の業種・形態を考慮し、他の資格を優先させた方が良いという場合には、保有する上位の運転免許資格の記載をするといった判断も大きなポイントとなりますね。
また、普通免許などのAT限定(オートマ限定)の場合は敢えて書かず、面接などで聞かれた際に答える方がいいかもしれません。

履歴書の書き方1【大型免許】

大型免許とは、正式名称を「大型自動車第一種免許」といい、車両総重量が11t以上、最大積載量が6.5t以上、または乗車定員が30人以上の車の運転が可能となる運転免許資格です。
大型免許には、第一種・第二種の区分があるため、履歴書に書く場合は、「大型自動車第一種免許」とした方がわかりやすいでしょう。

大型免許の履歴書 記載例

大型免許の履歴書の書き方
平成××年××月 大型自動車第一種免許 取得

履歴書の書き方2【中型免許】

中型免許とは、正式名称を「中型自動車第一種免許」といい、大型自動車でない車で、車両重量が7.5t~11t未満、最大積載量が4.5t~6.5t未満、または乗車定員が11人以上~29人以下である車の運転が可能となる運転免許資格です。
たとえば、4tトラックや6tトラック、マイクロバスなどがこれに該当します。
中型免許には、第一種・第二種の区分があるため、履歴書に書く場合は、「中型自動車第一種免許」とした方がわかりやすいでしょう。

中型免許の履歴書 記載例

中型免許の履歴書の書き方
平成××年××月 中型自動車第一種免許 取得

道路交通法の改正で「中型免許」になるケースも!

運転免許証

運転免許で運転できる車は、道路交通法で定められた「車両総重量」や「最大積載量」などの範囲により、区分けがなされています。
この道路交通法の区分けは、過去に2度大きな改正を実施していて、昔に比べて現在の方が「細分化」されています。
細分化されたから、以前運転できていた車が運転できなくなるかというと、そうではなく、「既得権」を保護するという観点から、その範囲を限定することで許可が与えられるのです。
該当するのは、平成19年6月2日より過去に免許を取得し、免許を更新している人となります。
平成19年6月2日までは、普通免許で車両重量が8t、最大積載量が5tとなる車の運転が可能であったため、細分化された現在の区分けでは「中型」となる車の運転資格が、その範囲を超えないことで許可されているのです。
該当する人の運転免許証には、種類に「中型」、条件には「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されます。
この場合には、履歴書にも「中型自動車第一種免許(8t限定)」と記入しましょう。

中型免許・限定ありの履歴書 記載例

限定付き中型免許の履歴書の書き方
平成××年××月 中型自動車第一種免許(8t限定) 取得

履歴書の書き方3【準中型免許】

準中型免許とは、正式名称を「準中型自動車免許」といい、車両重量が3.5t~7.5t未満、最大積載量が2t~4.5t未満、または乗車定員が10人以下である車の運転が可能となる運転免許資格です。
準中型免許は第一種のみとなるため、履歴書に書く場合は、「準中型自動車免許」としましょう。

準中型免許の履歴書 記載例

準中型免許の履歴書の書き方
平成××年××月 準中型自動車免許 取得

道路交通法の改正で「準中型免許」になるケース

運転免許証 緑

「中型免許」の説明と同じく、道路交通法の改正により「準中型免許」となるケースもあります。
該当するのは、平成19年6月2日から平成29年3月11日の間に普通免許を取得した場合です。
この時点の普通免許では、車両重量が5t、最大積載量が3tとなる車の運転が可能であったため、細分化された現在の区分けでは「準中型」となる車の運転資格が、その範囲を超えないことで許可されているのです。
該当する人の運転免許証には、種類に「準中型」、条件には「準中型車は準中型車(5t)に限る」と記載されます。
この場合には、履歴書にも「準中型自動車免許(5t限定)」と記入しましょう

準中型免許・限定ありの履歴書 記載例

限定付き準中型免許の履歴書の書き方
平成××年××月 準中型自動車免許(5t限定) 取得

履歴書の書き方4【普通免許】

普通免許とは、正式名称を「普通自動車第一種免許」といい、車両重量が3.5t未満、最大積載量が2t未満である車の運転が可能となる運転免許資格です。
普通免許には第一種・第二種の区分があるため、履歴書に書く場合は、「普通自動車第一種免許」としましょう。

普通免許の履歴書 記載例

普通免許の履歴書の書き方
平成××年××月 普通自動車第一種免許 取得

履歴書の書き方5【大型特殊免許】

大型特殊免許とは、正式名称を「大型特殊自動車第一種免許」といい、小型特殊自動車以外で、キャタピラ式などの構造を持ち、特殊な作業を行う車を運転することが可能となる運転免許資格です。
たとえば、フォークリフト、除雪車、ロータリーなどがこれにあたります。
免許には第一種・第二種がありますが、第二種の免許で運転できる車は日本には殆どないので、履歴書に書く際には、「大型特殊自動車免許」で問題はありません。

大型特殊免許の履歴書 記載例

大型特殊免許の履歴書の書き方
平成××年××月 大型特殊自動車免許 取得

履歴書の書き方6【大型二輪免許】

大型二輪免許とは、正式名称を「大型自動二輪車免許」といい、排気量400cc以上のバイクを運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「大型自動二輪車免許」としましょう。

大型二輪免許の履歴書 記載例

大型二輪免許の履歴書の書き方
平成××年××月 大型自動二輪車免許 取得

履歴書の書き方7【普通二輪免許】

普通二輪免許とは、正式名称を「普通自動二輪車免許」といい、排気量50ccより大きく400cc未満のバイクを運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「普通自動二輪車免許」としましょう。

普通二輪免許の履歴書 記載例

普通二輪免許の履歴書の書き方
平成××年××月 普通自動二輪車免許 取得

履歴書の書き方8【小型特殊免許】

小型特殊免許は、正式名称を「小型特殊自動車免許」といい、農耕作業用自動車全般や、特殊な作業を行う車で時速が15km/h以下、全長が4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.8m以下の車を運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「小型特殊自動車免許」としましょう。

小型特殊免許の履歴書 記載例

小型特殊免許の履歴書の書き方
平成××年××月 小型特殊自動車免許 取得

履歴書の書き方9 【原付免許】

原付免許とは、正式名称を「原動機付自転車免許」といい、排気量50cc以下のバイクを運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「原動機付自転車免許」としましょう。

原付免許の履歴書 記載例

原付免許の履歴書の書き方
平成××年××月 原動機付自転車免許 取得

履歴書の書き方10【けん引免許】

けん引免許とは、正式名称を「牽引自動車第一種免許」といい、大型・中型・普通・大型特殊自動車で他の車を牽引する際に必要となる運転免許資格です。(ただし、総重量が750kg以下の場合や、故障者をロープで牽引する場合などは除きます)
履歴書に書く際には、「牽引自動車第一種免許」としましょう。

けん引免許の履歴書 記載例

けん引免許の履歴書の書き方
平成××年××月 牽引自動車第一種免許 取得

履歴書の書き方11【大型二種免許】

大型二種免許とは、正式名称を「大型自動車第二種免許」といい、旅客輸送を目的とした車両を含む乗客定員が30人以上となるバスなどを運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「大型自動車第二種免許」としましょう。

大型二種免許の履歴書 記載例

大型二種免許の履歴書の書き方
平成××年××月 大型自動車第二種免許 取得

履歴書の書き方12【中型二種免許】

中型二種免許とは、正式名称を「中型自動車第二種免許」といい、旅客輸送を目的とした車両を含む乗客定員が29人以下となるマイクロバスなどを運転することが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「中型自動車第二種免許」としましょう。

中型二種免許の履歴書 記載例

中型二種免許の履歴書の書き方
平成××年××月 中型自動車第二種免許 取得

履歴書の書き方13【普通二種免許】

普通二種免許とは、正式名称を「普通自動車第二種免許」といい、旅客輸送を目的としたタクシーやハイヤー、運転代行などを行うことが可能となる運転免許資格です。
履歴書に書く際には、「普通自動車第二種免許」としましょう。

普通二種免許の履歴書 記載例

普通二種免許の履歴書の書き方
平成××年××月 普通自動車第二種免許 取得

履歴書の書き方14【大型特殊二種免許】

大型特殊二種免許とは、正式名称を「大型特殊自動車第二種免許」といい、小型特殊自動車以外で、キャタピラ式などの構造を持ち、特殊な作業を行う車で、旅客輸送することが可能となる運転免許資格です。
しかし、実際は日本には今のところ、該当する車が見当たりません。
敢えて履歴書に書く際には、「大型特殊自動車第二種免許」で問題はありません。

大型特殊二種免許の履歴書 記載例

大型特殊二種免許の履歴書の書き方
平成××年××月 大型特殊自動車第二種免許 取得

履歴書の書き方15【けん引二種免許】

けん引二種免許とは、正式名称を「牽引自動車第二種免許」といい、連結バスやトレーラーバスなどで、旅客輸送することが可能となる運転免許資格です。
しかし、実際は日本には今のところ、該当する車が見当たらないのが現状です。
敢えて履歴書に書く際には「牽引自動車第二種免許」で問題はありません。

けん引二種免許の履歴書 記載例

けん引二種免許の履歴書の書き方
平成××年××月 牽引自動車第二種免許 取得

運転免許は立派な資格!正しく記述しよう

書き方

運転免許資格の履歴書への正しい書き方について解説してきましたが、いかがでしたか?
運転免許は、時として就職する際に有利となる立派な資格です。
履歴書に書く際には、正しい記述法で記載したいものです。
そういう時に、この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

免許に関するおすすめ情報はこちら

免許合宿に関するおすすめ情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す