初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フォードSUV一覧比較】人気おすすめランキング!中古価格で買うなら?

フォードのSUV人気おすすめランキングをご紹介!本記事では、日本から撤退してしまったフォードのSUVを、販売終了モデルも含めた1位から5位までの人気ランキングにまとめました。フォードの中古SUVは、どのモデルがおすすめなのでしょうか?

フォードのSUVをランキングで一覧比較!中古でおすすめのモデルはどれ?

アメリカを代表する自動車メーカー「フォード・モーター」。
今日における自動車業界の礎を築いた自動車王、ヘンリー・フォードが1903年に創業したフォードは、GM(ゼネラルモーターズ)、クライスラーと並んで、アメリカの自動車メーカーのビッグスリーに数えられます。
そのモデルラインナップは多岐にわたりますが、中でもフォードのSUVは実用性の高さから人気があり、中古車市場においても取引が活発です。

2017年現在、フォードは日本市場から撤退していますが、大型のボディに強力なエンジンを搭載した本場の「アメ車」であるフォードのSUVは、日本でも一定の人気を獲得しています。

フォードのSUVを製造が終了しているモデルも含めて、人気順のランキングにまとめました。
フォードのSUVを中古で買うなら、どのモデルがおすすめなのでしょうか?

フォードの歴史についての記事はこちら!

フォードのSUV 人気おすすめランキング【第1位】エクスプローラー

4代目 フォード・エクスプローラー

フォード エクスプローラー 2016年

フォード エクスプローラーの価格
新車価格(販売当時)489万~635万
中古車価格18万~668万
[単位]円(消費税込み)

エクスプローラーは、1990年から製造・販売されているSUVです。
アメリカにおいては、14年間連続してSUV売り上げトップを記録した人気モデルでもあります。
2010年に発売された4代目モデルは、エクスプローラーの歴史の中で最も大きな進化を遂げたモデルであり、ボディは従来のラダーフレーム構造からモノコック構造へと変更され、燃費性能もかなり向上しました。

パワートレインは、2.3Lの直列4気筒と3.6LのV型6気筒「エコブースト」エンジンが2種類に、3.6LのV型6気筒エンジンを加えた全3種類のラインナップとなります。
内装の質感も高く、快適装備も充実しているので、大型の海外製SUVが欲しいと思ったのなら、エクスプローラーを選べば間違いないでしょう。

フォード・エクスプローラーについての記事はこちら!

フォードのSUV 人気おすすめランキング【第2位】クーガ

2代目 フォード・クーガ

フォード クーガの価格
新車価格(販売当時)364万~424万
中古車価格79万~324万
[単位]円(消費税込み)

クーガは、2008年から製造・販売されているコンパクトSUVです。
フォードが提唱する「キネティックデザイン」をコンセプトにデザインされた外装は、先進的なイメージと大胆さを強調しています。
現在販売されているモデルは2013年に登場した2代目で、そのボディは北米フォードのクロスオーバーSUV「エスケープ」と共通のものです。

パワートレインには、2.0Lと1.5Lの直列4気筒「エコブースト」エンジンが搭載されます。
また、2代目クーガはフォード車で初のアイドリングストップ機能を搭載したモデルであり、先代よりも約34%燃費が向上しています。
車体が大きくて取り回しの悪いイメージのあるアメ車ですが、クーガは世界戦略車として開発されているので、日本の交通環境でも扱いやすくおすすめです。

フォード・クーガについての記事はこちら!

フォードのSUV 人気おすすめランキング【第3位】エスケープ

初代 フォード・エスケープ

3代目 フォード・エスケープ

フォード エスケープ(初代)の価格
新車価格(販売当時)255万~285万
中古車価格7万~159万
[単位]円(消費税込み)

エスケープは、2001年から製造・販売されているコンパクトSUVです。
初代モデルはマツダとの共同開発で誕生しており、マツダからは姉妹車として「トリビュート」が発売されました。
2012年に発売された現行モデルは3代目ですが、日本では初代モデルしか販売されておらず、2013年に3代目エスケープとボディを共有する2代目クーガが登場したことで、初代モデルの販売も廃止となっています。

初代モデルのパワートレインには、マツダ製の2.3L直列4気筒エンジンが搭載されます。
当初は3.0LのV型6気筒エンジンも用意されていましたが、2009年に廃止されました。
初代エスケープはマツダとの共同開発ということもあり、ボディサイズや燃費性能が日本の環境にも適しているので、中古で安いSUVを探しているのならおすすめです。

フォード・エスケープについての記事はこちら!

フォードのSUV 人気おすすめランキング【第4位】ブロンコ

初代 フォード・ブロンコ(アーリーブロンコ)

5代目 フォード・ブロンコ(ファイナルブロンコ)

フォード ブロンコの価格
新車価格(販売当時)-
中古車価格40万~438万
[単位]円(消費税込み)

ブロンコは、1966年から1996年まで製造・販売されていたSUVです。
30年という販売期間の間に、4回のフルモデルチェンジを経験しているブロンコは、世代ごとに熱烈なファンがいることでも知られており、その呼称も世代ごとに異なっています。
特に人気が高いのは初代モデルのアーリーブロンコで、中古車市場でも高値で取引されるほか、アーリーブロンコの専門店まで存在しています。

中古車市場で入手しやすいのは、比較的価格が安定している4代目ブロンコ(レギュラーブロンコ)ですので、価格が安くて状態の良い個体を見つけたら、チェックしておきましょう。

フォード・ブロンコについての記事はこちら!

フォードのSUV 人気おすすめランキング【第5位】エコスポーツ

2代目 フォード・エコスポーツ

フォード エコスポーツの価格
新車価格(販売当時)246万
中古車価格88万~203万
[単位]円(消費税込み)

エコスポーツは、2003年から製造・販売されているコンパクトクロスオーバーSUVです。
同社のクロスオーバーSUVのラインナップでは、最小クラスのモデルとなります。
初代モデルはラテンアメリカ専売モデルであり、ブラジルやアルゼンチン、ベネズエラ、メキシコといった国々では、フォードのベストセラーモデルとなりました。

2代目モデルは、ラテンアメリカでの成功と世界的なコンパクトクロスオーバーSUV人気の高まりを受けて、2012年に世界戦略車として発売されました。
日本仕様車のパワートレインには、1.5Lの直列4気筒エンジンが搭載されます。
コンパクトで扱いやすいボディに高い安全性能と快適性、優れた燃費性能を持つ2代目エコスポーツは、日本の交通環境にもぴったりですので、アメリカ製の車を敬遠している人にもおすすめです。

フォード・エコスポーツについての記事はこちら!

フォードのSUVは中古で手に入れよう!

フォードのSUV人気おすすめランキングはいかがでしたか?

フォードは日本から撤退したので、新車を買うには並行輸入業者を頼るしかありません。
そうなると、正規輸入車を購入するよりも割高になってしまうので、欲しいモデルがある場合はなるべく中古車市場で探すことをおすすめします。

中古SUVに関連するおすすめ記事はこちら!

アメ車に興味のある方はこちら

フォードのその他の車についての記事をピックアップ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社