初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

コムテック ドライブレコーダー人気ランキングTOP10【2017年上半期最新版】

2017年上半期最新版のコムテックのドライブレコーダー人気ランキングTOP10を紹介しています。高機能ですがお手頃なモデルもあるコムテックのドライブレコーダーを事故や防犯等のために検討されている方もいるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

コムテックのドライブレコーダーについて

コムテックのドライブレコーダーは「HDR」から始まる型番のハイエンドモデルと、「ZDR」から始まるスタンダードモデルがあります。
商品サイクルを短めに保っているので、旧モデルは昨年発売のもの以外はあまり見かけません。
昨年以前発売の古いモデルは、現在のドライブレコーダーで搭載されている便利機能がついていないので、同じコムテックの商品を買うなら今年発売の最新版の購入をおすすめします。

コムテック ドライブレコーダー人気第1位 ZDR-012

昨年発売の旧モデルながら実売価格10,000円前後の手ごろな価格で人気の高いモデルです。
2.3インチ液晶搭載のコンパクトボディで、角度調整も簡単に行え、視界や運転の妨げを最小限に抑えます。
内蔵されたGセンサーによって上下を自動で判別するため、ダッシュボードへの取り付けも可能と使い勝手がいいです。
また、新開発の高速起動システムでエンジンON直後から録画を開始します。
Full HD 200万画素の高画質で鮮明な映像を撮影することで、万一のトラブルや予期せぬ事故が起きた時の原因解明やスムーズな事故処理等に役立ちます。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V

※カメラ
撮像素子:1/3型 CMOSセンサー
総画素数:400万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平109° 垂直57°(対角135°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.3インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:58(W)×57(H)×27(D)/mm
取付ステー装着時:58(W)×84(H)×27(D)/mm
重量:79g

こちらの商品をAmazonで!

コムテック ドライブレコーダー人気第2位 HDR-352GHP

今年発売のハイエンドモデル型、実売価格は20,000円超えますが最新機能が満載で、メーカー保証は長期の3年保証と安心感が高いモデルです。
新しく駐車監視機能を搭載、コムテックらしくレーダー探知機と相互通信できる機能もあります。
GPS搭載&液晶画像付きの高性能モデルで、記録した映像を簡単に再生/確認ができます。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/2.7型 CMOSセンサー
総画素数 :200万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平136° 垂直70°(対角168°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:82(W)×50(H)×27.6(D)/mm
取付ステー装着時:82(W)×72.2(H)×27.6(D)/mm
重量:128g(取付ステー含む)

こちらの商品をAmazonで!

コムテック ドライブレコーダー人気第3位 ZDR-014

人気ランキング第1位のZDR-012の後継機ですが、各種機能が新たに加わった上位モデルといっていいでしょう。
この2つの違いはGPSの有無と駐車監視モードになります。
高速起動システムでエンジンON直後から録画を開始します。
Full HD 200万画素の高画質で鮮明な映像を撮影することで、万一のトラブルや予期せぬ事故が起きた時の原因解明やスムーズな事故処理等に役立ちます。
2.3インチ液晶搭載のコンパクトボディで、角度調整も簡単に行え、視界や運転の妨げを最小限に抑えます。内蔵されたGセンサーによって上下を自動で判別するため、ダッシュボードへの取り付けも可能です。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 :400万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平120° 垂直63°(対角145°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.3インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:58(W)×63.5(H)×27(D)/mm
取付ステー装着時:58(W)×84(H)×27(D)/mm
重量:89g

こちらの商品をAmazonで!

コムテック ドライブレコーダー人気第4位 HDR-351H

今年に入ってから発売されたフルHDの高画質・高性能のハイエンドモデルです。
メーカー保証は3年間の長期保証で安心です。
視野角168°の超広角レンズを採用し、今までは記録できなかった車の前方左右を視認できるようになりました。
コムテックらしくレーダー探知機との連携機能を新しく備えており、オプションながら駐車監視機能もついています。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/2.7型 CMOSセンサー
総画素数 :200万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平136° 垂直70°(対角168°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:82(W)×50(H)×27.6(D)/mm
取付ステー装着時:82(W)×72.2(H)×27.6(D)/mm
重量:120g(取付ステー含む)

こちらの商品をAmazonで!

コムテック ドライブレコーダー人気第5位 HDR-352GH

今年発売のハイエンドモデル型で、実売価格20,000円弱と高価格帯の製品です。
また、3年間の長期のメーカー保証のある製品です。
人気ランキング第4位のモデルと機能はかなり似ていますが、4位のモデルとの違いはGPSの有無で、こちらはGPS搭載モデルとなります。
さらに、コムテックのレーダー探知機との連携が可能です。(オプションの相互通信ケーブルが必要)

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/2.7型 CMOSセンサー
総画素数 :200万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平136° 垂直70°(対角168°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:82(W)×50(H)×27.6(D)/mm
取付ステー装着時:82(W)×72.2(H)×27.6(D)/mm
重量:128g(取付ステー含む)

こちらの商品をAmazonで!

コムテック ドライブレコーダー人気第6位 HDR-112MG

約1年前に発売されたハイエンドモデル型で、セパレートミラータイプのドライブレコーダーです。
画素数は100万画素と控えめで、実売価格は12,000円前後でハイエンドモデルとしてはかなりお手頃価格となっています。
ミラーとカメラ部が分かれているため、衝撃でミラーがズレても映像をより確実に記録できます。
また、最大12時間の駐車監視モードで、エンジンOFFでも設定時間の間、映像の記録を続けます。
GPS搭載で自車の走行速度や位置情報を録画データと共に記録し、日時情報もGPSにより自動補正されるため設定不要です。
液晶画面はミラー埋め込みとなるため、記録した映像を楽に確認ができます。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 : 120万画素
有効画素数:最大100万画素
レンズ画角:水平102° 垂直73°(対角138°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:300(W)×80(H)×20.6(D)/mm 突起部除く
重量  :337g
カメラユニットサイズ:29(W)×37(H)×34.8(D)/mm
取付ステー装着時:29(W)×44(H)×40.8(D)/mm(取付ステー水平時)
カメラユニット重量:45g(ケーブル含む)

コムテック ドライブレコーダー人気第7位 HDR-102

昨年発売のHDRシリーズモデルでコンパクトながら本体の大型液晶画面を搭載しています。
これは画素数を抑えたモデルなので、昼間の市街地など安定している環境での利用が望ましいでしょう。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 : 120万画素
有効画素数:最大100万画素
レンズ画角:水平104° 垂直74°(対角143°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:80(W)×50(H)×27.9(D)/mm
取付ステー装着時:80(W)×73.3(H)×27.9(D)/mm
重量:104g(取付ステー含む)

コムテック ドライブレコーダー人気第8位 HDR-111S

昨年初頭に発売されたHDRシリーズモデルです。
セパレートタイプでカメラ部とモニター部が分かれているため、取付しても見た目がすっきり、モニター部はグローブボックス内など見やすい場所に取付可能です。
新しく駐車監視モードを搭載、エンジンOFFでも周囲の状況を記録できます。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 : 120万画素
有効画素数:最大100万画素
レンズ画角:水平102° 垂直73°(対角138°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.5インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:100(W)×50(H)×23(D)/mm 突起部除く
重量:80g

コムテック ドライブレコーダー人気第9位 ZDR-013

昨年末発売のスタンダードモデルです。
実売価格は昨年発売のハイエンドモデルと同等の12,000円前後ですが、画素数は200万とこちらの方が精度が上です。
エンジンONで記録を始める高速録画機能を新搭載し、レーダー探知機との連携もできるので、そこからGPS情報が取得できたり電源供給が受けられ配線もスマートにできます。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 : 400万画素
有効画素数:最大200万画素
レンズ画角:水平120° 垂直63°(対角145°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.5インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:79(W)×42.6(H)×30.1(D)/mm
取付ステー装着時:79(W)×63(H)×30.1(D)/mm
重量:72g

コムテック ドライブレコーダー人気第10位 HDR-202G

昨年発売のHDRシリーズでGPS搭載&コンパクトで大きな液晶画面つきの高性能モデルとはいえ画素数は抑えめの100万画素です。
昼間の市街地など環境の良いところで使うのは問題ないでしょう。
駐車監視オプション対応なので、エンジンをOFFにしても周囲の状況を記録します。

《3つの録画機能》
・常時録画
・衝撃録画(Gセンサー)
・マニュアル録画

【仕様】
電源電圧 DC12V/24V

※カメラ
撮像素子 :1/3型 CMOSセンサー
総画素数 :120万画素
有効画素数: 最大100万画素
レンズ画角: 水平104° 垂直74°(対角143°)
最低照度 2LUX

液晶サイズ:2.7インチフルカラーTFT液晶
液晶解像度:320×240
本体サイズ:80(W)×50(H)×27.9(D)/mm
取付ステー装着時:80(W)×73.3(H)×27.9(D)/mm
重量:112g(取付ステー含む)

コムテックの人気ドライブレコーダーの新モデルと旧モデルの違い

ドライブレコーダー イメージ

©iStockphoto.com/oonal

コムテックのドライブレコーダーは昨年のものと今年のものでは画素数が大きく違います。
昨年のハイエンドモデルでもGPSやレーダー探知機との連携などの高度な機能がついていますが、画素数が抑えめでユーザーの口コミでも画像が鮮明でないとのレビューがあります。
見た目を優先してセパレートタイプを選ぶ方もいるでしょうが、セパレートタイプは昨年のモデルに多いので注意してください。

ドライブレコーダーの記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す