初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ユーノス コスモ】加速は最高で燃費は最低!20Bエンジン搭載の中古車価格も

ユーノス コスモは、3ローターの「20B-REW」という、高パワーでガソリン大食らいロータリーエンジンを積んだスポーツクーペです。 今回は、そんなバブル期の夢を体現したようなユーノス コスモについて、20Bエンジンをメインに、スペック・燃費・カスタムなどの情報を紹介していきます。

ユーノス コスモは3つの「初」を携え登場!

マツダ ユーノス コスモ 1993年

ユーノス コスモは、マツダが1967年に製造・販売を開始した2ドアスポーツクーペ マツダ コスモスポーツの4代目モデルのことを指し、1990年4月に登場しました。
ユーノス コスモは登場した当時、以下3つの「初」を達成しています。

・3ローターのロータリーエンジンを量産車において「初」搭載
・CCSと呼ばれる三菱電機と共同開発したGPSカーナビを世界「初」採用
・低速域と中高速域で2つのターボチャージャーを使い分ける「シーケンシャルツインターボ」構成を日本車において「初」採用

CCSについては、後述する20Bエンジン搭載車限定の採用となりますが、ユーノス コスモの代名詞とも言えるのがその20B エンジンこと「20B-REW型」エンジンです。
ここからは、20Bエンジンについてたっぷり紹介していこうと思います。

ロータリーエンジンについては以下の記事をどうぞ。

なぜ4代目から「ユーノス」という名に?

ユーノスとは、マツダが1989年から1996年まで展開していた自動車ブランドのことです。
ユーノス コスモは1990年の車なので、新たなマツダの挑戦の渦中にいたということになります。
コスモはユーノスのフラグシップ車でしたが、現在のマツダ ロードスターであるユーノス ロードスターも有名です。

ユーノス ロードスターとマツダ ロードスターについては以下の記事を参考にして下さい。

ユーノス コスモのティザーCM

ユーノス コスモの20Bエンジンは超高加速・超高燃費!

ユーノス コスモのエンジンには2ローターの13B-REW型と、先程紹介した3ローターの20B-REW型の2種が設定されました。
2種を区別する一番の方法は、マフラーが何本かどうかを見ることです。
13Bエンジンは2本出しマフラーですが、20Bエンジンはインパクトの強い4本出しマフラーとなっています。

20Bエンジンについてですが、唯一搭載されたのがユーノス コスモなのです。
20Bエンジンは、ランボルギーニやフェラーリなどの高級スポーツカーに搭載されることの多いV型12気筒エンジンに匹敵する滑らかさを持ち、パワーも超高出力です。
製造前は333馬力の設計でしたが、当時の運輸省は280馬力の枠内に自主規制するよう行政指導していたため、デチューンした上での販売となりました。

以下に20Bエンジン搭載のユーノス コスモのパワートレーンを表にまとめます。

エンジン種類直列3ローターツインターボ
排気量2.0L
最高出力206[280]/6500
最大トルク402.[41.0]/3000
トランスミッション4速AT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ユーノス コスモの燃費

ここまで20Bエンジンのパワーばかり取り上げましたが、それ以上に目立ったのが超高出力の代償となる超高燃費です。
早速、ユーノス コスモの燃費について以下の表を見てみましょう。
※実燃費は編集部調べ

13Bエンジン20Bエンジン
カタログ燃費6.96.1
実燃費-1~4
[単位]km/L

カタログ燃費でリッター6km台というのは今ではあり得ない数値です。
実燃費ではアクセルを踏み込んで走ると1km/L台となってしまいます。

20Bエンジンのロータリーサウンド

スポーツカーでは異例!ユーノス コスモにMT車はない?

当時のスポーツカーと言えば、トランスミッションはMTであることが一般的だと思いますが、ユーノス コスモにはMT車がありません。
これには切実な理由があり、当時3ローターエンジンに耐えられるクラッチシステムがなかったのです。

2代目であるコスモAPには、2ローターエンジンの低回転時に生じる車両の振動(カーバッキング)を抑えるため、流体継手というクラッチシステムを使用していましたが、3ローターエンジンの振動には効き目がなかったということでしょう。

多くのコスモユーザーはMTでの運転を望んでいたようですが、中にはマツダ RX-7のFDもしくはFCのMTをコスモに載せ替え、MT仕様に改造する人もいました。

RX-7についてはこちら

ユーノス コスモのスペック

今のマツダからは想像もできないカチッとしたボディデザインのユーノス ロードスターですが、ボディスペックをチェックしてみましょう。
フロントの迫力は全長の長さに表れています。

全長全幅全高
4,8151,7951,305
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7501,490-1,6404
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ユーノス コスモの中古車価格の相場は?

自動車 金額 価格 円

ユーノス コスモは1996年に販売を終了していますので、今年で21年落ちということになります。
それにも関わらず、現在のコスモの中古車相場は100万を超えています。
この平均値を高くしているのが、やはり20B エンジン搭載モデルで、130~200万円の価格帯となっています。
一方、13Bエンジンは60~130万円の価格帯となっています。


中古車情報
システムメンテナンス中


ユーノス コスモのカスタム例を紹介

ユーノス コスモ 3ローター

ユーノス コスモの改造車例はなかなか実際に確認することができませんが、カスタム例としてはエンジンやエアロ系カスタムはもちろん、車高を下げるダウンサスやタイヤのインチアップ・ダウン(14~20インチ)が主流だったようです。

先程紹介した、市販ではAT車のみであったものに、MTを載せ替えるカスタムもありました。
中古車市場を見ると、元オーナーのカスタム済みのコスモを見ることもありますので、気になる方は中古車情報の方もチェックしてみて下さい。

ダウンサス、インチアップとは

ユーノス コスモの内装の評価は?

マツダ ユーノスコスモ 1990年

ユーノス コスモは、スポーツクーペとして内装にもかなり拘っていたそうです。
インパネが見やすいステアリングのデザインや、ウッド調のインパネなど、造形や使いやすさが当時は高いレベルで評価されました。

では、実際にユーノス コスモに試乗した人の内装の評価はどうでしょうか?
以下に2つ、引用をピックアップしたいと思います。

確かに内装は素晴らしいの一言です。牛何頭分か分からないほどの革張り、木目調じゃなくて本物の楡材を使ったり、エスティマと同じくらいにデカイはずなのに、二人乗るとすごく窮屈に感じたり・・・

出典:http://review.kakaku.com/

エンジンのパワーに目がいきがちですが、内装の豪華さもなかなかのようです。
確かに全長がある割りには他が小さいので、見た目以上に中は窮屈なのかもしれません。

皮内装は薄く牛革を張った上に樹脂の保護層を塗っているため、所謂皮のお手入れクリームなどは全く役に立ちません。むしろカビが生えます。
皮がひび割れたら部品交換するしかありません。

出典:http://review.kakaku.com/

内装の手入れは素材が故に困難なようです。
革製の部品を交換するとなると、燃料の維持費に加えて費用がかなり掛かりそうです。

夢のパワーを載せたユーノスのフラグシップ ユーノス コスモ

ユーノス コスモ

ここまで、かつてのマツダブランドの一種、ユーノスのフラグシップ コスモについて、高出力の20Bエンジンをメインに、燃費やスペック、中古車・カスタム情報などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

現在でも通用するレベルのエンジン性能を20年以上前に実現したユーノス コスモは、「クーペ・ダイナミズム」というキャッチコピーで紹介されました。
当時はバブル景気であったため、実用性とは程遠くも夢のようなパワーを実現することができたのです。
高価格に高燃費のコスモは、現在からするととても市場性は感じられませんが、その思い切った豪華さは、現在の感覚から見ても色褪せていません。

マツダの中古車ランキングはこちら

マツダの名車一覧

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...