初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

すぐにETCカードが作りたい!即日発行・スピード発行可能なクレジットカードを解説

高速道路をスムーズに通過することができる「ETCカード」。車を運転する人であれば1枚は持っておきたいですよね。このETCカード、ほとんどの人はクレジットカードを申し込んで、追加カードとしてETCカードを申し込むのですが、発行までにどれくらい時間がかかるの?という疑問や、できれば申し込んだその日のうちに欲しい!という要望もあると思います。ここでは、ETCカードを申し込んだ場合、どれくらいの日数で手元にカードが届くのかという説明と、即日発行できるETCカードを紹介していきます。

ETCカードはクレジットカードの追加カードで作るのがおすすめ

ETCカードは、クレジットカードを申し込んで、ETCカード機能をクレジットカード自体につける「クレジットカード一体型ETCカード」にするか、追加カードとして「ETC専用カード」を申し込む人がほとんどです。

なぜなら、クレジットカードを申し込んでETCカードを作った場合は、カードによっては完全に無料で作れるのに対して、ETCカードを作るもうひとつの方法「ETCパーソナルカード」は、審査がないというメリットはあるものの、最低20,000円のデポジット(保証金)を高速道路の通行料金とは別に支払う必要があるからです。

なので、ここでは基本的にクレジットカードの発行を前提としたETCカードの発行方法を紹介していきます。

ETCカードを作る方法・手順

すでにクレジットカードを持っている場合と、まだクレジットカードを持っておらず、これから申し込む場合のETCカードを作る手順を説明します。

すでにクレジットカードを持っている場合

すでにクレジットカードを持っている場合、所持しているクレジットカード会社に追加カードとしてETCカードを申し込むことでカードを作ることが可能です。
「持っているカード名 ETCカード」と検索すると、ETCカードの申し込みページにアクセスすることができ、各クレジットカード会社の案内に従って申し込みを進めれば数日から2週間程度でETCカードが郵送で送られてきます。

■代表的なETCカード名
・楽天ETCカード
・オリコETCカード
・三井住友ETCカード
・ライフETCカード
・イオンETCカード

また、セゾンカードやイオンカードなど、店頭に専用カウンターがあるクレジットカードを持っている場合は、お持ちのクレジットカードと運転免許証などの本人確認書類をクレジットカード発行カウンターまで持参することでもETCカードを作ることができます。

オンラインでのお申し込みだとETCカードの発行後、郵送をする時間がかかってしまうので、近くに店頭カウンターがあるのであれば、おすすめの方法です。


クレジットカードを申し込む際には審査が必要になりますが、ETCカードを申し込む場合には特別な審査はありません。

クレジットカードでETCカードを作れないカードはほとんどなく、今はアコムが発行するACマスターカードくらいでしょう。

これからクレジットカードを申し込む場合

まだクレジットカードを持っていない方がETCカードを作る場合、まずクレジットカードに申し込むことから始まります。
クレジットカード会社によって異なる場合もありますが、クレカの申し込み時にETCカードの申し込みも同時にできることが多いので、早め(一週間以内のうちに)にETCカードが欲しい方は同時に申し込むと良いでしょう。

ただし、ETCカードを即日発行したい方は、クレジットカード申し込み時にETCカードを申し込むと、クレジットカードは店頭のカウンター(セゾンカウンターなど)で受け取れるものの、ETCカードは別の日に郵送で送られてきてしまいます。そのため、クレジットカードはネット申し込みをして、カウンターで受け取る際にETCカードの申し込みをするようにしましょう。

クレジットカードの申し込み方法はインターネット申し込みがおすすめ


クレジットカードの申し込み方法は、コンビニや銀行などの申し込み用紙を郵送して申し込む方法や、デパートやスーパーにあるカウンターでも申し込めますが、基本的にはキャンペーンポイントが多くもらえ、申し込み時にミスが少なくてすむ「インターネット申し込み」がおすすめです。
最近は、楽天カードやYahoo!Japanカードのように、インターネットでのお申し込みしか対応していないカードも多いです。


発行期間が短いクレジットカードに申し込もう


クレジットカードは、申し込みからカード発行までに3日~1週間ほどかかるカードが多く、審査期間が長いカードだと1か月ほど待たされることもあります。
なるべく早くETCカードを持ちたいと考えているなら、クレジットカードの審査期間が短い下記表のようなカードに申し込むのがおすすめです。

■発行スピードが早いクレジットカード

カード名 クレカ発行期間 ETCカード発行期間 年会費
セゾンカードインターナショナル 最短即日発行 最短即日発行 無料
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード 最短即日発行 最短即日発行 初年度無料(次年度以降は1,000円+税) 年に1度でも利用すれば年会費無料
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 最短即日発行 最短即日発行 初年度無料(2年目以降3,240円) 26歳未満は無料
エポスカード 最短即日発行 2週間程度 無料
エムアイカード 最短即日発行 1週間程度 初年度無料(2年目以降2,160円)
VIASOカード 最短翌営業日発行 1週間程度 無料

セゾンカードインターナショナル、セゾンパールアメリカンエキスプレスカード、セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード、PARCOカード、LOFTカードといった、セゾンカード系列のカードはインターネット申し込み後、セゾンカウンターでクレジットカードを受け取り、そのままセゾンカウンターでETCカードを申し込むことで即日でETCカードを作ることが可能です。

年会費無料のセゾンカードインターナショナルに注目しがちですが、機能的に審査が厳しいという評判があるので、機能的にも優れているセゾンパールアメリカンエキスプレスカードか、セゾンブルーアメリカンエキスプレスカードがおすすめです。

イオンカードは店頭で告知していることも多いので、最短即日発行が可能と思っている方も多いと思うのですが、即日発行ができるのは仮カードで、ETCカードを作れる状態のカードが届くまでは1週間~2週間かかり、届いた後にイオンカウンターで申し込みする必要があります。

年会費無料のクレジットカードに申し込もう


ETCカードを作る際に発行スピードの他に気を付けたい点としては、クレジットカードの年会費と、ETCカードの年会費が無料かどうかです。

ETCカードの年会費がかかるクレジットカードの例として人気のカードだと、三井住友VISAカードや楽天カードが、ETCカード年会費が500円+税かかってしまいます。

クレジットカードの年会費とETCカードの年会費がかからないクレジットカードの例としては、オリコカードザポイントや、セゾンカードインターナショナル、ライフカード、イオンカードなどがあります。

ETCカードを最短で作るならセゾンカードがおすすめ

まだクレジットカードを持っていない場合、セゾンカード系以外のクレジットカードはどうしても発行と郵送に時間がかかってしまうため、本当に急ぎでETCカードを欲しいという人向きではありません。

また、クレジットカードとしての機能を考えても、セゾンカード系のカードは非常に優秀です。
特にセゾンカード独自の永久不滅ポイントや西友・LIVIN・サニーで5%OFFという特徴に加え、アメックスブランドの海外向けサービスが充実した「セゾンパールアメリカンエキスプレスカード」と「セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード」がおすすめです。

セゾンパールアメリカンエキスプレスカード

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%(海外1.0%)
年会費 初年度無料(次年度以降は1,000円+税)
年に1度でも利用すれば年会費無料
付帯保険 なし
ETCカード年会費 無料 ETCカード発行手数料 無料

年に1回でもカードを利用すれば年会費無料になるので、ETC利用する人であれば必然的に年会費無料になります。その他の特徴としては、海外でのクレジットカード利用でポイント還元率が2倍になります。

また、国際ブランドがAmericanExpressのため、コストコでのクレジットカード払いにも対応しています。

アメックスブランドと聞くと審査難易度が厳しいんじゃないか?と心配になるかも知れませんが、カード審査を行うのはセゾンカードを発行している「クレディセゾン」なので、審査の厳しさは変わりません。

セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%(海外1.0%)
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費 無料 ETCカード発行手数料 無料

セゾンパールアメックスとセゾンブルーアメックスを比較すると、ブルーのほうは年会費が少し高いかわりに、海外旅行傷害保険など、海外でのサービスが充実しています。

■セゾンパールアメックスとセゾンブルーアメックスの比較

  セゾンパールアメックス セゾンブルーアメックス
年会費 初年度無料
2年目以降1,000円(税抜) 年に1回利用で無料
初年度無料
2年目以降3,000円(税抜)
26歳まで無料
ETCカード年会費 無料 無料
ポイント還元率 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 なし 死亡・後遺障害:自動付帯3,000万円
傷害治療:自動付帯300万円
疾病治療:自動付帯300万円
携行品損害:自動付帯30万円(免責3,000円)
賠償責任:自動付帯3,000万円
救援者費用:自動付帯200万円
国内旅行傷害保険 なし 死亡・後遺障害:3,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
ショッピング保険 なし 100万円
セゾン手荷物無料宅配サービス なし
アメリカン・エキスプレス・セレクト
トラベル・サービスオフィス
海外アシスタンスサービス
tabiデスク
海外お土産宅配サービス

セゾンブルーアメックスは18歳から申し込めるのですが、26歳になるまで年会費無料ということで、海外留学や海外旅行に多く行く若い人が多く申し込んでいます。

セゾンカードを即日発行する方法・手順

【Step.1】まずオンラインで申込み時、カードの受け取り方法を選択する欄で【セゾンカウンターで受け取り】にチェックを入れます。

【Step.2】次に、申し込み画面の【ETCカード】欄で「申し込まない」を選択します。
※通常ETCカードを申し込む際はここで「申し込む」を選択しますが、カウンターに立ち寄り即日で手に入れる場合は「申し込まない」を選択してください!

ここでもし「申し込む」を選択すると、カードとは別に後日郵送でETCカードが送られます。特にカード発行を急いでいない方は「申し込む」を選択してOK!

ETCカードをすぐに手に入れたい方は、上記のStep.1とStep.2について特に注意してくださいね!

【Step.3】オンライン申し込み完了後、30分以内に「受付完了メール」が届きます。
※申込は19:30送信分までになっているので、それ以降は翌日扱いになります。余裕を持って申し込みをしましょう。

【Step.4】「受付完了メール」到着後、しばらくすると申込確認のためセゾンから電話がかかってきます。
※電話は10時~20時までの対応となっています。

【Step.5】最短30分で審査結果メールが到着するのでメールを確認しましょう。

【Step.6】ETCカードの即日発行に対応しているセゾンカウンターを探し、その店舗でETCカードを受け取ります。

セゾンカウンター一覧

セゾンETCカードの特徴

ETC年会費 永久無料
カードタイプ ETC専用カード(ETC一体型不可)
お申し込み方法 ・インターネット ・電話(0570-064-133) →カード番号・暗証番号を入力後、ETCカード電話申し込みメニュー「8#」をダイヤル
ETCカード発行期間 インターネットで申し込み:最短3日後に発送 ※日曜・年末年始を除く セゾンカウンターでの申し込み:最短即日発行
マイレージサービス等の各種割引サービスを受けられるほか、ETC利用でもポイント(永久不滅ポイント)が貯まります。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す