初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【一覧比較】車検の諸費用の相場と内訳とは?軽自動車やユーザー車検の場合はどれだけ安くなる?

車を所持している方は必ず受けなければいけない車検ですが、その費用はなかなか痛いもので、できることなら安く抑えたいですよね。また、車検を初めて受ける方は車検の費用の相場がわからないことが多いと思います。 本記事では車検の相場と内訳、軽自動車やユーザー車検だとどれぐらい安くなるのかをご紹介していきます。

車検とは?

車検 子供 かわいい

車検は道路運送車両法という法律で義務付けられており、自家用乗用車、自家用軽自動車は新車の場合は3年後に、それからは2年ごとに受けなければなりません。
もし、車検が切れた状態で公道を走行したら6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。車検はぎりぎりにならないように余裕をもって受けるようにしましょう。

車検切れの重い罰則や罰金についてはこちら!

車検の構成と内訳は?

価格 お金 費用 税金 維持費

みなさんは車検を受けたときに見積書や内訳を細かくチェックしていますか?
車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」、そして「検査・事務手数料」の3つから構成されています。
それでは、各費用の解説と内訳を見ていきましょう。

法定費用の内訳と金額

裁判所 金 費用

法定費用とは?

「法定費用」は、文字通り法律で定められた費用なので、どこのお店で受けても、ユーザー車検でも同じ金額が掛かってきます。
もちろん車種によっては変動します。

法定費用の内訳は?

法定費用には自動車重量税・自賠責保険料・印紙代が含まれています。
自動車重量税:車の区分や重量によって課税される税金(※重量は自動車検査票で確認可能)
自賠責保険料:全ての車所持者が入る強制保険
印紙税:車検時の検査手数料
以下は自家用乗用車、継続検査(2年)、沖縄・離島以外の場合になります。
また、エコカー減税が適用される方は重量税がさらに安くなります。

1,000kg以下1,500kg以下2,000kg以下
重量税16,400円24,600円32,800円
自賠責保険料(24ヶ月)25,830円25,830円25,830円
印紙代(小型は1,700円)1,800円1,800円1,800円
法定費用合計44,030円52,230円60,430円
※エコカー減免適用なし、車齢13年未満

新車(新規検査3年)の方はこちら

1,000kg以下1,500kg以下2,000kg以下
重量税24,600円36,900円49,200円
自賠責保険料(24ヶ月)25,830円25,830円25,830円
印紙代(小型は2,000円)2,100円2,100円2,100円
法定費用合計52,530円64,830円77,130円
※エコカー減免適用なしの場合

車検基本料の内訳と金額

「車検基本料」は24ヵ月点検、整備技術料などにあたり、車の状態や車検を受けるお店により価格が変動します。
車検を安くするためには「車検基本料」をさまざまな店舗で比較し節約することが必要となります。

車検基本料の違いと比較

車検基本料には点検、整備、部品費用が含まれます。
これらは車の状態や車検を受ける業者により変わってきます。
ディーラー:価格としては最も高くなる傾向がありますが、メーカーならではの信頼性は他には変えられないでしょう。

車検専門フランチャイズ:車検を専門としているため技術は高く、その割には価格は抑えられており最もバランスが取れているといえます。

民間整備工場:1人や2人など極少数でされている所も多く、技術はその人次第で良くも悪くも変わってきます。
価格は安い場合が多く、長年の付き合いがあればさまざまな面で融通を利かしてくれます。

カー用品店:用品店だからこそ多くの車種に対応でき、ディーラーなどに比べて敷居を高く感じず訪れやすいのではないでしょうか。

ガソリンスタンド:技術に関しては他に劣る場合が多いですが、24時間やっていたり安価な所がメリットです。

車検基本料の相場は?

車検業者車検基本料の相場
ディーラー4~10万円
車検専門フランチャイズ3~8万円
民間整備工場3~8万円
カー用品店2~6万円
ガソリンスタンド2~6万円

検査・事務手数料の内訳と金額

【トヨタ86の重要事項4選】06

検査料と事務手数料とは?

検査料とは主に車検時に必要なデータ作成や機器の使用料のことを指します。
事務手数料は、車検に必要な書類の申請や作成などに対する手数料のことです。
尚、お店によっては検査料、事務手数料を車検基本料に含めていたり、呼び方も完成検査料や代行手数料と違う場合もあるので注意が必要です。

検査料と事務手数料の相場は?

検査料事務手数料
相場5,000~11,000円1,000~5,000円

ユーザー車検ではどれくらい安くなる?

車検 整備

ユーザー車検とは自ら運輸局(もしくは軽自動車検査協会)へ行き自分で車検を通す車検のことで、その魅力はやはり価格を抑えられるというところだと思います。なぜなら、ユーザー車検であれば先述の法定費用のみで済むからです。
しかし、車についてある程度の知識と平日に行かなければいけないという面倒さはデメリットとして挙げられます。

ユーザー車検の予約方法についてはこちら!

軽自動車は普通車と比べていくら安くなる?

軽自動車
軽自動車(自家用)
重量税新規(3年)継続(2年)
9,900円6,600円
自賠責保険料(24ヶ月)25,070円25,070円
印紙代1,400円1,400円
法定費用合計36,370円33,070円
※エコカー減免適用なし、車齢13年未満

上記の表の通り軽自動車の場合、普通車に比べて法定費用が10,000~25,000円安くなります。
そして車検基本料は業者によって変わりますが、相場として10,000~50,000円ぐらいですので、車検全体の費用は普通車よりも20,000~60,000円ほど安くなることになります。

車検費用を安く抑えるコツとは?

自動車 金額 価格 円

車検を一番安く抑えられるのはユーザー車検ですが、平日にしか行えず知識も必要になってきます。
しかし、車についての知識を深められるので車好きの方はチャレンジしてみるのもおすすめです。

お店に依頼する場合は、ネットで予約することで割引されたり、3ヶ月前からあらかじめ予約することで早期割引されるなどのキャンペーンが行われているのでそれを活用すると安く抑えることができます。

また、複数社で見積もりを出し比較することも大事です。次の車検期限を確認して早めに対処することをおすすめいたします。

インターネットで車検を予約する方はこちら!

車検に関する記事はこちら

この記事の執筆者

T.TAKUMIこの執筆者の詳細プロフィール

車やアウトドア、ファッションなどメンズライフスタイルについて執筆しているフリーランスライター。幼い頃に、父親とトヨタのルシーダで愛知から秋田まで10時間以上かけて里帰りしたことが車を好きになったきっかけ。趣味は靴磨きと旅行。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す