初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ユピテル ドライブレコーダー人気ランキングTOP10【2017年上半期最新版】

ユピテルのドライブレコーダーの人気ランキング2017年上半期の最新版のTOP10を紹介しています。今すぐチェックして安心・安全なドライブに役立ててください。ユピテルのドラレコは公用車などの採用実績も数多くある定評あるメーカーです。ぜひ参考にしてみてください。

ユピテルのドライブレコーダーは人気№1!

ユピテルはカー用品業界で40年以上の実績のある日本のメーカーです。
その品質と性能は高く評価されており、警察や消防、役所などの官公署の公用車のほか、民間の業務用車両等にもユピテルのドライブレコーダーが数多く採用されています。
コンシューマー市場でもドライブレコーダーの販売台数トップとなり、BCN AWARD 2017を受賞しています。
そんな人気のユピテルのドライブレコーダーの最新人気ランキングのトップ10を紹介します。
ドラレコ購入の参考にぜひご覧ください。

上の商品もAmazonで買える!

ユピテル ドライブレコーダー人気第1位 DRY-ST3000c

ユピテル 300万画素 GPS衝撃センサー搭載 ドライブレコーダー DRY-ST3000

ミドルレンジのドライブレコーダーです。
このドライブレコーダーは、駐車中に動きを検知した時だけ自動で記録する動体検知機能を新搭載(オプション対応)しており、HDR&FULL HDで高画質記録が可能なGPS&Gセンサーも搭載しています。

【DRY-ST3000cの仕様】
カメラ性能:300万画素カラーCMOS / レンズ画角対角148°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃検知録画 / 駐車監視録画(要別売オプション)
2.0インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / microSDカード(8GB) / 専用ビューアソフト / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第2位 DRY-WiFiV3c

DRY-WiFiV3cはスマートフォンと連携できるミドルレンジのドライブレコーダーです。
昨年3月販売のモデルでユーザーからはスマホ連動型の新モデルが待望されています。

無線LANを内蔵しておりスマートフォンでドライブレコーダーを操作できるのが最大の特徴です。
ただし、このドライブレコーダーで録画中は録画を停止しないと無線LAN接続ができません。
より明瞭な映像を記録するHDRやGPS&Gセンサーを搭載しており、いざというときに安心です。

【DRY-WiFiV3cの仕様】
カメラ性能:300万画素カラーCMOS / レンズ画角対角131°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃感知録画
対応車種:DC12V車専用
1.5インチ フルカラーTFT液晶

付属品:5V コンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / ナット / microSDカード(8GB) / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第3位 DRY-SV50c

DRY-SV50cはユピテル50周年記念モデルのドライブレコーダーです。

前モデルとの違いが感じられないという声も聞かれますが、こちらは現在の最新モデルで実売価格10,000円とドライブレコーダーとしてはお手頃となっています。

最大12時間記録できる駐車記録機能にオプション対応しており、Gセンサーを搭載しているので衝撃時にも機能します。
ブラケット一体でスマートに取付けができるのも特徴です。

【DRY-SV50cの仕様】
カメラ性能:100万画素カラーCMOS / レンズ画角対角135°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃検知録画
1.41インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / microSDカード(8GB) / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第4位 DRY-V2

DRY-V2は2016年7月発売のモデルで、手軽に使えるシンプルシリーズを標榜しています。
実売価格は10,000円を切る価格ながら機能はしっかりしています。

最大12時間記録できる駐車記録機能にオプション対応しており、HDR搭載で高画質&鮮明な映像を記録できます。
Gセンサーを搭載したスマートビュータイプのドライブレコーダーです。

【DRY-V2の仕様】
カメラ性能:300万画素カラーCMOS / レンズ画角対角131°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃検知録画
1.5インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / microSDカード(8GB) / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第5位 DRY-ST7000c

DRY-ST7000cは今年に入って発売となったモデルです。
実売価格は18,000円弱と高級モデルですが、その分機能やスペックも高く使いやすいモデルです。

駐車中に動きを検知した時だけ自動で記録する動体検知機能を新搭載(オプション対応)しています。
QUAD HD(約350万画素)録画で、FULL HDを超える高画質記録が可能です。
アクティブセーフティ機能(先行車の発車や接近、車線のはみ出しをお知らせ)とGPS&Gセンサーを搭載し、位置・日時・速度情報のほか、衝撃の際の録画保存機能もあります。

【DRY-ST7000cの仕様】
カメラ性能:400万画素カラーCMOS / レンズ画角対角148°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃検知録画 / 駐車監視(オプション対応)
2インチ フルカラーTFT液晶

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / microSDカード(16GB) / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第6位 DRY-WiFiV1c

DRY-WiFiV1cはスマートフォンと連動できるのが特徴のドライブレコーダーです。
2014年12月発売と古いモデルで在庫僅少となっていますが、スマホで操作でき、画素数が400万と高画質で記録できるので、いまだに人気のあるモデルです。

より明瞭な映像を記録するHDRを搭載し、逆光や夜間録画時の画像をハッキリとらえます。
無線LAN内蔵のドライブレコーダーなのでスマホやタブレットで操作や設定が簡単にできます。

【DRY-WiFiV1cの仕様】
カメラ性能:400万画素カラーCMOS / レンズ画角対角179°
録画方法:常時録画 / 手動録画
1.5インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5V コンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット一式 / microSDカード(8GB) / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第7位 DRY-AS400WGc

DRY-AS400WGcは2015年3月発売の古いモデルですが基本的な機能を備えており人気があります。

400万画素CMOSとFull HDの高画質で録画でき、HDR搭載なので逆光下や夜間でも明瞭に映像を記録します。
もしもの事故でもGPS&Gセンサー機能でしっかり記録の保存を行ってくれます。
アクティブセーフティ機能で運転ミスを警告し、事故の未然防止をサポートします。

【DRY-AS400WGcの仕様】
カメラ性能:400万画素カラーCMOS / レンズ画角対角144°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃感知録画
2.0インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / GPS内蔵ブラケット / microSDカード(8GB) / 専用ビューアソフト(付属のmicroSDカード内収納) / 取扱説明書 / 保証書

ユピテル ドライブレコーダー人気第8位 DRY-AS410WGc

DRY-AS410WGcは昨年6月発売の実売価格2万円弱のハイグレードモデルです。

駐車中の記録・監視ができる録画延長機能を搭載しており、走行中以外でも周囲の状況がわかります。
アクティブセーフティ(走行中の事故防止サポート)機能とGPS&Gセンサー搭載(衝撃時の記録保持)で安心感があります。
HDR+400万画素CMOSでFull HDに対応、より鮮明な高画質記録が可能になっています。

【DRY-AS410WGcの仕様】
カメラ性能:400万画素カラーCMOS / レンズ画角対角144°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃感知録画 / 駐車監視録画
2.0インチ フルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / GPS内蔵ブラケット / microSDカード(16GB) / 専用ビューアソフト / 取扱説明書 / 保証書

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第9位 DRY-ST1500c

DRY-ST1500cは今年4月に発売になったばかりの最新モデルです。
実売価格14,000円前後のミドルレンジモデルで、駐車中に周囲の状況を記録するなど、ユピテルのドライブレコーダーのなかでも高機能を持った機種になっています。

駐車中に動きを検知した時だけ自動で記録する動体検知機能(オプション対応)を新しく搭載しています。
HDR(逆光下や夜間でも明瞭に記録)&FULL HDで高画質記録が可能で、Gセンサー搭載で万一の際にも記録を逃しません。

【DRY-ST1500cの仕様】
外形寸法/60(幅)×45(高さ)×28(奥行)mm(突起部除く) ※取付ブラケット(テープ貼付)装着時78(高さ)mm(窓ガラス25°想定の場合)
映像素子/300万画素カラーCMOS  
レンズ画角/対角148° 、最大記録画角/対角130°(水平108°、垂直56°)(*1 解像度により記録される視野角が変化します。また超広角レンズのため、視野角の水平、垂直と対角の比率は異なります。)
記録解像度/1080P HD(1920×1080) 720P(1280×720)  
画面サイズ/2.0インチ フルカラーTFT液晶  
録画ファイル構成/1分単位
GPS/無  
Gセンサー/有(センサー感度は、0.1段階で調整可能)  
電源電圧/DC12V(5V入力)

付属品/5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m)(1) 、ブラケット(1) 、microSDカード (1) 、取扱説明書・保証書(1)

こちらの商品をAmazonで!

ユピテル ドライブレコーダー人気第10位 DRY-FH97WGc

DRY-FH97WGcはハイグレードながら昨年7月発売のモデルのため実勢価格13,000円前後のお買い得版となっています。

最大12時間記録できる駐車記録機能にオプション対応しており、500万画素CMOSでFull HD対応の高画質記録が可能です。
また、GPSとGセンサーを搭載しているので、日時や速度、走行軌跡などを記録でき衝撃検知による記録保存機能も備えています。

【DRY-FH97WGcの仕様】
カメラ性能:500万画素カラーCMOS / レンズ画角対角150°
録画方法:常時録画 / 手動録画 / 衝撃感知録画
2.0 インチフルカラーTFT液晶
対応車種:DC12V車専用

付属品:5Vコンバーター付シガープラグコード(約4m) / ブラケット / microSDカード(16GB) / 取扱説明書 / 保証書

ユピテルのドライブレコーダーの選び方

道路

ユピテルの人気のドライブレコーダーはお手頃で基本的な機能を備えた10,000円弱のスタンダードなものから、20,000円程度のハイグレードで多機能なものまで幅広くあります。
ユーザーに好評のスマホやタブレットと連携機能のあるドライブレコーダーはユピテルの最新モデルにはなく在庫限りのようです。
機能が同じだからと型落ちしたものを購入される方もいますが、最新モデルのほうが動作がスムーズだったり記録画像の質が高いので、いざというときに役立ちます。
また、安価なものだと夜間などの画像の質が悪いとも言われています。
主婦などで昼間の市街地を運転される方は別ですが、朝夕の通勤や休日のレジャーで郊外に行ったりするときに使用するなら、できるだけ最新モデルを選んでみてはいかがでしょうか。

ドライブレコーダーに関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す