初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

インジェクター(燃料噴射装置)とは?構造と洗浄について

インジェクターとはコンピューターにより制御される電子式燃料噴射装置です。その仕組みや構造を説明します。距離を走った車はインジェクターの汚れにより、気づかないうちに性能を落としているおそれがあります。インジェクターを洗浄することでエンジン性能を回復させる方法をご紹介します。

インジェクターってどんな燃料噴射装置?

インジェクターとは、キャブレターに代わるエンジンの燃料供給装置です。
キャブレターがエンジンに入る空気量に応じて燃料を供給するのに対して、インジェクターはエンジンに入る空気の量をセンサーにて計測し、コンピューターが必要な燃料を計算して高圧噴射する装置です。
インジェクターの登場により、いかなる気温、気圧、湿度であっても、確実な始動性と安定したパフォーマンスを車にもたらしました。
また、精密な燃料供給で燃焼効率の改善を実現し、燃費性能と環境性能の向上に大きく貢献した装置です。

キャブレターとは

インジェクターの構造

インジェクターは多くの物が手の中にすっぽりと収まる程度の大きさで、エンジンの各気筒ごとに装着されています。
ポート噴射式ではインテークマニホールドに装着されます。
気筒内直接噴射式(直噴)エンジンでは、気筒内に取り付けられます。
1気筒あたり、ポート噴射と直接噴射を状況によって使い分ける高性能エンジンも開発されています。
その構造は、ポンプで圧送された燃料がインジェクター内に常に充填されており、コンピューターからの電気信号を受けた時間だけソレノイドが動作し、バルブを解放し燃料を噴射します。
プランジャーによって加圧噴射された燃料は、先端の非常に細かい穴であるスプレーチップノズルから霧状になって放出され、空気と燃料が混じり合い、キャブレターでは成し得ない理想的な混合気を作り出すのです。

インテークマニホールドについては以下の記事で

インジェクター交換の前に洗浄を

特殊な構造により、特に高価なディーゼル用インジェクター

マツダ デミオ ディーゼルエンジン ピエゾ駆動インジェクター

インジェクターは構造が単純なため、ほとんどメンテナンスの必要がありません。
しかし、それは"最低限の動作をするために"という条件付きです。
長期間の使用により、燃料や燃焼ガスによるカーボンやゴミなどの堆積物が先端に付着し、先端のスプレーチップの穴の一部がふさがれたりすると、理想的な混合気を作れなくなってしまいます。
そうなったとしても、コンピューターによる精密なエンジン制御のおかげで、エンジンは普段どおりに始動してしまいます。
しかし、長期間使用されたエンジンは確実に性能を低下させています。
新品交換するのが一番手っ取り早いのですが、インジェクターの価格は一般的なガソリン用でも1本あたり1万円〜2万円、クリーンディーゼルのコモンレールシステムでは、およそ5万円前後します。
それが気筒分必要ですから、全て交換するとなると、莫大な費用がかかってしまいます。
そこでインジェクターの洗浄をご提案します。
インジェクターを清掃して、新品に近い状態維持することで、低下したエンジン性能を新車のときのように回復させることが可能なのです。

シリンダー内にインジェクターがあり、燃焼圧力にさらされる直噴エンジンやディーゼルエンジンでは、なおさらカーボンが体積しやすい傾向にあります。
直噴エンジン、ディーゼルエンジンは定期的にインジェクターの洗浄作業を実施したいところです。

直噴・ディーゼルエンジンについては以下の記事で!

インジェクターはクリーナーでの洗浄がおすすめ

車 洗車 ミニカー

燃料添加型洗浄剤

もっとも手軽な方法がガソリンタンクに添加するタイプの洗浄剤です。
燃料の給油口から適量の洗浄剤を入れ、燃料ラインやインジェクターの汚れ、カーボンを溶かし落とすものです。
PEA(ポリエーテルアミン)という成分が洗浄には効果的で、PEAが配合された多くの製品が販売されています。
汚れがひどいと思われる場合には2回にわたって使用を続けると、さらに効果的です。
しかし、あまりに長期間の使用は、落ちた汚れがエンジンオイルに混ざり込み、潤滑性能低下に繋がるおそれがあります。
エンジンオイルを交換前に実施するのがベストなタイミングでしょう。

もっとも有名な製品は、老舗ケミカルメーカーである“WAKO’S(ワコーズ) フューエル・ワン”
PEAが50%配合されています。

他にも、フューエル・ワンよりもEPA割合の多い“HKS DDR(ダイレクト・デポジット・リムーバー)”。
さらに、EPA100%の“タービュランス GA-01"などが販売されています。

容量、用法をお守りの上、車の状態とお好みに合わせてご使用ください。

こちらの商品をAmazonで!

インジェクターの洗浄方法は?

タオルと洗剤・洗車のイメージ画像

DIYによる洗浄

インジェクターを取り外しての直接洗うという方法もあります。
燃料添加剤の投入は手軽ですが、効果がわかりづらく、落としきれない汚れもあります。
自分でインジェクターを脱着できる方なら、強力なパーツクリーナーや眼鏡用の超音波洗浄器などを使っての直接洗浄が効果的でしょう。

インジェクターを取り外す際は、燃料ポンプのヒューズを抜き、燃料が供給されない状態で複数回セルモーターを回して燃料ラインからガソリンを抜きます。
完全にガソリンが抜けた状態で作業をおこなってください。
※可燃性が高いため、ガソリンなどの燃料は取り扱いには十分にご注意ください。

業者に依頼

数年前まではインジェクター洗浄を行う業者は限られていましたが、全国的に最近増えている傾向にあります。
工賃はおよそ4,000円〜5,000円+オプション代というのが相場のようです。
オプションではフィルターや、漏れ防止のOリングの交換、燃料の霧化促進のためのマルチホールへの加工などさまざま融通に対応してくれます。
そして、一番のメリットは性能試験をしっかり行ってくれることです。
インジェクターの汚れ具合によっては、エンジンの各気筒が同じ燃料を噴射しているとは限らないのです。
業者に依頼した場合は各インジェクターが同じ量の燃料噴射をしているかチェックし、レポートにまとめて提出してくれます。
多少の出費がかさんだとしても、各気筒の燃料噴射を揃えることによる、エンジンフィーリング改善が最大の利点です。

ASNU

ASNU(アズニュー)はイギリスに本社を置く燃料噴射装置製造プロダクションです。
ASNUが販売するインジェクターテスト、及び洗浄装置を導入した全国の整備工場で、ASNUマシンを使ったインジェクターメンテナンスが受けられます。
価格は整備工場によって違いますが、およそインジェクター1本あたり5,000円が相場のようです。


IRS

IRSはInjector Reflesh Sarvice(インジェクター・リフレッシュ・サービス)の略で、独自の特殊溶剤を用いた超音波洗浄でインジェクターの洗浄を行います。
こちらも全国の代理店で受付られます。
また、郵送にての洗浄も受け付けていますので、お近くに代理店がなくても対応可能です。
直噴用インジェクター、ディーゼル用コモンレールシステムにも対応しているのが強みです。
工賃は、超音波洗浄のみが1本あたり3,400円〜。
超音波洗浄+性能測定&レポート付きで4,200円〜です。

MonotaRo

事業者向けネットストアの“モノタロウ”でもインジェクター洗浄サービスを展開しています。
主にトラックのインジェクターを取り扱っていますが、もちろん乗用車用も洗浄可能です。
郵送のみの受付です。
工賃は、洗浄のみが1本あたり3,400円〜。
洗浄+性能レポート付きで4,200円〜です。

インジェクターを洗浄してみると

掃除

インジェクターを車から取り外し、自分の目で見てみると、あまりの汚れにびっくりすると思います。
こんなに汚れていてもエンジンは傍目にはいつも通り動いています。
しかし、確実にエンジン性能は落ちています。
エンジンのパワーアップは、わずかな量でも分かりやすのですが、少しづつのパワーダウンは、どうしても気が付きにくいものなのです。
10年10万kmの節目のメンテナンスにインジェクタークリーニングを是非おすすめします。

自動車用語やメンテナンスについての記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す