初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

レンジエクステンダーEVとは?ハイブリットとの違いや搭載車からロータリーEVについても!

電気自動車(EV)の短い航続距離を何とか伸ばしたい。レンジエクステンダーEVなら可能です。エンジンはついていますが、エンジンでは走らないという不思議な仕組みの車。そんなレンジエクステンダーEVがもう手に入るところまで来ています。ロータリーエンジンにもコラボする予定もありそうな気配です。

エコな車に新たに加わったレンジエクステンダーEV

地球と緑

昔は、自動車というと、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載しているのが一般的でした。
しかし、地球環境の保全が世界中で叫ばれるようになり、地球温暖化の大きな原因となっている、化石燃料の燃焼による二酸化炭素の排出量に、多くの国々が敏感に反応するようになっています。
これに伴い、世界中の自動車メーカー各社は、待ったなしの環境対策を迫られています。
環境に配慮を払いつつも、消費者の満足を満たす新たな車造りが始まってきています。
ハイブリットや電気自動車(EV)、水素自動車(FCV)、そして、本記事で取り上げます「エクステンダーEV」といった、エコでも快適に走れる車がすでに開発、販売され始めています。

エコカーの種類やディーゼル車について詳しくはこちら

レンジエクステンダーと電気自動車(EV)との関係

電気自動車用急速充電器の看板

読者の皆さんの中にも、家庭や会社の電源コンセントから充電して、その電気で走る「電気自動車(EV)」を、マイカーとして、または社用車として使用されている方がいらっしゃるに違いありません。

ところが、現在の電気自動車は、一回で充電した電気で走れる、いわゆる航続距離が、ガソリン、ディーゼルエンジン車やハイブリット車に比べて短いことが課題となっています。
電気自動車を開発し、それに力を注いでいる各メーカーも、この課題に取り組んでおり、少しずつ航続距離が長くなってきています。
現在の航続距離は、特にロングドライブなどの長距離走行のニーズに、まだまだ応えられていないというのが現実でしょう。

そこで開発されたのがレンジエクステンダーを搭載したEVです。
どんなシステムなのでしょうか?

レンジエクステンダーEVとはどんなシステムなのか?

システマティック

前述のように、電気自動車(EV)の航続距離の延長が課題です。
ならば、これを補助する技術を開発すればいいわけです (簡単に言ってますが、実は大変なんです)
電気自動車は、充電した電気をためる蓄電バッテリーと、貯めた電気で回すモーターで動きます。
これをどのように補うか。

では、「車で発電してしまったらどうだろう」と考え開発されたのが、エクステンダーEVです。
ガソリンエンジンを使って発電をして、その電気を使おうというわけです。
エンジンは積んでありますが、走るためには使いません。あくまで発電のためのエンジンなのです。今までの常識を覆す発想ですね。

外部から充電して貯めた電気を使ってモーターで走行し、電気の蓄えが少なくなると、エンジンで発電して充電を行うようになっています。

なるほど、すばらしい!これにより、電気自動車(EV)の航続距離は、約2倍になるそうです。これなら遠出もできますね。

ハイブリット車とどこが違うのか?

では、近年普及しているハイブリット車とどこが違うのでしょうか?
エンジンとモーターを搭載しているのは同じですが、ハイブリット車は、エンジンとモーターの両方を走行のために使うのに対し、エクステンダーEVは、エンジンは発電に、モーターは走行に使うという点で大きく異なっています。

近年、ハイブリットといっても、スズキ自動車のように、エンジンのパワーをアシストするためにモーターを使うものなど多様化していますが、エンジンは走行するために用いているので、やはりエクステンダーEVとは異なっています。

レンジエクステンダーEVの車はあるの?

BMW i3 (レンジ・エクステンダー装着車)

BMW i3

BMW i3 外装 2016年型

主要諸元表 (BMW i3 60Ah レンジ・エクステンダー装備車)

全長全幅全高
401017751550
ホイールベース車両重量乗車定員
257014204
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
交流電力量消費率 (JC08モード)-
一充電走行距離 (JC08モード)-
ハイブリッド燃料

消費率 (JC08モード)
27.4km/L
充電電力使用時走行

距離 (プラグインレンジ)
196.1km

BMW i3は100%電気自動車(EV)です。
この車は、軽量化に、より力を入れていて、カ-ボンファイバーやアルミといった素材を組み合わせ、車体の骨格を極限まで軽くしています。
電気自動車は、外部から充電した電気を、蓄電バッテリーで貯めておかなければなりません。
そのため蓄電バッテリーは大容量のものを搭載することになります。
当然蓄電バッテリーの重さは重くなりますから、軽い車体なら、それほど大きな重量増となりません。
車重1420kgという数字を可能にしています。

これにオプションとして、レンジエクステンダー機構を装着するという形での販売となります。
未装着車と比べて、50万ほど高くなります。

BMW i3について、詳しくは以下の記事で解説しています。

日産「ノートe-POWER」は レンジエクステンダーEVなのか?

ノートe-POWER

日産から発売されている「ノートe-POWER」はレンジエクステンダーEVであると完全に言い切れるのでしょうか?
ノートの場合は、シリーズハイブリットと言われています。
どう違うのでしょうか?

シリーズハイブリット車は、エンジンを使った発電にウェイトを置いています。
シリーズハイブリット車には、発電専用のエンジンが搭載されていて、そのエンジンの動力を使って発電機を回すわけですが、そこから得られる電気を、バッテリーが仲立ちをしてモーターに供給することで、走行します。
自分のエンジンだけで大きな発電量を生み出しますので、大きな容量の蓄電バッテリーは必要ないわけです。
レンジエクステンダーEVと違い、外から充電する必要がないのです。
外部からの充電に頼れば頼るほど、大容量の蓄電バッテリーが必要となりますよね。
しかし、モーターのパワーは、エンジンの発電力と比例するため、エンジンの発電力が、モーターの消費電力を超えていなければならない (等価でもよいが、余裕がない)ということになります。
外部充電による電気をもらえませんから、エンジンが頑張らなくてはなりません。
ですから、ノートe-POWERは普通のハイブリット車と同じくらいの容量のバッテリーと、e-POWERでないノートと同じエンジンを積んでいます。

一方、レンジエクステンダーEVの方は、外部からの充電にウェイトが置かれていますから、大容量の蓄電バッテリーが必要となります。
蓄電バッテリー内の電気がなくなってきたときに、さらに走り続けるための電力を供給するためにエンジンを使用することになるので、発電するエンジンは小さめでいいということになります。

ただ、ノートe-POWERも、バッテリーとモーターで走行し、エンジンは発電機を動かしてバッテリーを充電するために使いますから、基本的な構造は同じといえます。
レンジエクステンダーEVと呼んでいいのか、意見が分かれるところです。

マツダがロータリーエンジンを復活か?しかもレンジエクステンダー付き?

第44回 東京モーターショー コンセプトカー マツダ RX-VISION

マツダ RX-VISION

マツダはかつて、ロータリーエンジンの搭載車として、RX-7と、それに続いてRX-8を生産していました。
しかし、排ガス規制などの理由から、2012年に生産を終了し、それ以来ロータリーエンジンの搭載車は生産されていませんでした。
しかし、マツダはロータリーエンジンをあきらめてしまったわけではありません。

2015年、東京モーターショーで、ついにそのベールが外されました。
ロータリーエンジンを搭載したコンセプトカーが公開されたのです。
予想としては、2017年の東京モーターショーで、RX-9のプロトタイプがお目見えし、2020年の初めに販売が開始されるといった感じでしょうか。
しかも、レンジエクステンダーがプラスされるかもしれないということで、注目を集めています。
ロータリーエンジンの最大の欠点が燃費の悪さでしょう。

今の時代、ますます省燃費化が進んでいる中にあって、いくらパワフルなエンジンでも、ガソリンをたくさん消費するエンジンは世に送り出せないでしょう。
そこで考えたのが、ロータリーエンジンを発電用に使おうという考え方。
ロータリーエンジンの良い部分が発電に活かされるような設計になれば、“エコ“なロータリーとなるでしょうか?乞うご期待です。

RX-9についてはこちら!

ロータリーエンジンについてはこちら

レンジエクステンダーEV これからのエコカー選びの選択肢となるのか?

宇宙 地球

レンジエクステンダーEVについて、「ハイブリッドとの違い」「レンジエクステンダーEV搭載車」を紹介し詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?
レンジエクステンダーEVについていろいろ分かったと思います。
電気自動車(EV)にレンジエクステンダーという考え方。

これからも、新しい”エコ“な車がどんどん出てくるのでしょうか?
これからも各自動車メーカーから目が離せません。

レンジエクステンダーの日本車・外車についてはこちら

電気自動車・EVに関するおすすめ情報はこちら

ハイブリッドカーに関する最新情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す