初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ノア/新型ヴォクシー/新型エスクァイアマイナーチェンジの違いを比較!価格や燃費などの変更点は?

安全装備のセーフティセンスPの搭載はなし

トヨタセーフティセンスPの機能

●PCS(プリクラッシュセーフティシステム):歩行者検知機能付回避支援タイプ

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

前方の車両や歩行者を検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性をドライバーに知らせてくれます。
このとき、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。


●LDA(レーンディパーチャーアラート)※ステアリング制御付

道路上の白線(または黄線)を認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報をします。
さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。


●オートマチックハイビーム

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビ ーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートします。


●レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。
先行車が停止した時は自車も停止し、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開する作業を自動で行います。

トヨタのセーフティーセンスCの詳しい解説についてはこちら

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアに新エンジンの採用はなし

8AR-FTSターボエンジン

2.0L 8AR-FTSターボエンジン

現行モデルのノア/ヴォクシー/エスクァイアは、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンと、1.8L直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドが用意されています。
また、駆動方式は2.0L 直列4気筒ガソリン搭載車がFFと4WD、ハイブリッドがFFのみとなっています。

新型カムリに搭載の「ダイナミックフォースエンジン」採用の噂もあったが・・・

2017年7月に実施される、新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアのマイナーチェンジで新型「ダイナミックフォースエンジン」が搭載されるという噂がありました。

このダイナミックフォースエンジンは、米国で最も売れている車である「カムリ」の新型モデルに搭載されるエンジンで、「直列4気筒 2.5L直噴エンジン」です。

従来エンジンに比べて、高い燃費性能を幅広いシチュエーションで発揮できるような設計となっており、燃費性能が大きく向上されることが期待されていました。

しかし、今回のマイナーチェンジでは残念ながらこの「ダイナミックフォースエンジン」の採用は見送られてしまったようです。

次は、最新情報で搭載が予想されているエンジンについて解説していきます。

エンジンは2.0Lと2.0Lターボも採用されず・・・

前述したように、新型カムリにも採用された「ダイナミックフォースエンジン」を搭載される噂もありましたが、最新情報では、新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアには2.0Lターボエンジンが追加されるという説が濃厚でした。

2017年6月上旬にマイナーチェンジされた新型ハリアーに搭載されたため、同時期のマイナーチェンジであるノア/ヴォクシー/エスクァイアにも搭載されるだろうという味方です
エンジンは、ハリアーと同じエンジン型式8AR-FTSであり、パワートレインのラインアップに追加されるかたちで2.0Lターボエンジンと従来の2.0Lエンジンの2種類が用意されるという予想です。

しかし、2017年7月3日に発表された新型ノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジ情報では残念ながらパワートレイン関係の変更はありません。

ハイブリッド車はそのまま継続

1.8L直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデルは継続され、エンジンとモーターのユニットはマイナーチェンジ前と変わりません。

ターボ/ダウンサイジングターボについての記事はこちら

ノアGR・ヴォクシーGRは登場は次のフルモデルチェンジに期待

2016年モデル トヨタ・ノアG's

トヨタ ノア Si G's 2016年

2016年モデル トヨタ・ノアG's

2016年モデル トヨタ ヴォクシー ZS G's

TOYOTA GAZOO Racing(TGR)が手掛けるG'sシリーズがGRへ名称変更されることが発表され、新型ノア GRと新型ヴォクシーGRの発売が期待されていました。

しかし2017年7月3日の発表では残念ながら、GRの発表はありません。

次のフルモデルチェンジでの導入に期待しましょう。

次期GRブランドについての記事はこちら

トヨタ新型ノア・ヴォクシー・エスクァイアのスペック

トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドシステムイメージ図

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアのスペックは、以下のようになります。
また、パワートレインは3車種共通です。

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアの寸法・車重・乗車定員

新型ノア新型ヴォクシー新型エスクァイア
全長4,6954,6954,695
全幅1,6951,6951,695
全高1,825【1,865】1,825【1,865】1,825【1,865】
ホイールベース2,8502,8502,850
車両重量2.0Lガソリン車:1,560
2.0Lターボ車:1,640
ハイブリッド車:1,620
2.0Lガソリン車:1,560
2.0Lターボ車:1,640
ハイブリッド車:1,620
2.0Lガソリン車:1,560
2.0Lターボ車:1,640
ハイブリッド車:1,620
乗車定員7、87、8
7、8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 【 】内は4WD

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアのパワートレイン

ハイブリッド2.0Lターボエンジン2.0Lガソリンエンジン
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量1.8L2.0L2.0L
最高出力73[99]/ 5,200170[231]/
5,200~5,600
112[152]/ 6,100
最大トルク142[14.5]/ 4,000350[35.7]/
1,650~4,000
193[19.7]/ 3,800
モーター最高出力60[82]/ ---
最大トルク207[21.1]/ ---
トランスミッション電気式無段変速機Super CVT-i7速
スポーツシーケンシャル
シフトマチック付
Super CVT-i
7速スポーツシーケンシャル
シフトマチック付
駆動方式FFFF、4WDFF、4WD
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

馬力(PS)とトルク(N・m)の意味についての詳細説明はこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!