初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ノア/新型ヴォクシー/新型エスクァイアマイナーチェンジの違いを比較!価格や燃費などの変更点は?

2017年7月にトヨタ・ノア / ヴォクシー / エスクァイアが一斉にマイナーチェンジします。気になるところは3車種マイナーチェンジ後にそれぞれを比較した際どこが違ってくるかというとこです。トヨタの売れ筋ミニバンであるノア / ヴォクシー / エスクァイア3モデル兄弟車がマイナーチェンジした予想される外観・内装・パワートレイン・燃費・価格・スペックを比較していきたいと思います。

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアのミニバン3兄弟がマイナーチェンジ

トヨタのノア/ヴォクシー/エスクァイアは、2017年7月3日からマイナーチェンジされた新型が発売されます。
ノア/ヴォクシー/エスクァイアは2016年でトータル19万台も売り上げた大人気ミニバンだけに、現行型の発売から初めてのマイナーチェンジの注目度はかなり高いです。
今回のマイナーチェンジでされた「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」の3車種はの変更点を解説していきます。

まずは、ノア/ヴォクシー/エスクァイアのそれぞれの概要をご紹介します。

トヨタのミニバンに関連するおすすめ記事はこちら

トヨタ・ノアとは

ノアは、トヨタが生産・販売する中型ワンボックスカーで、トヨタカローラ店から販売されています。
初代モデルはトヨタ・タウンエースノアの後継モデルとして登場し、エンジン、プラットフォームなどが一新され、タウンエースノアの駆動方式がFRと4WDでしたが、ノアからはFFと4WDに変更されました。

初代ノアの車体サイズは全長が4,580mm・全幅が1,695mm・全高1,850mmであり、8人乗りミニバンでありながら5ナンバーサイズであるため、車体サイズによる運転の難しさも緩和されており、5ナンバーサイズは現行型でも継承されています。
2代目モデルは燃費性能も向上されたことで全車「平成22年度燃費基準+20%」を達成しました。また、TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるG'sモデルも限定で発売され、ファミリー向けワンボックスカーでありながらスポーティーなイメージも与えたことでも革新的でした。

現行モデルとなる3代目ノアは2014年1月20日に発売され、1.8Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を新設定し、さらに2代目同様に、G'sモデルも台数限定で発売されました。

トヨタ新型ノアの最新情報についてはこちら

トヨタ・ヴォクシーとは

ヴォクシーは、ノアと同時期に登場し、ノアの兄弟車としてネッツ店から販売されています。
プラットフォーム、パワートレイン、内装などは基本的ノアと同じですが、外観の違いは明らかで、フロントマスクはノアよりもダイナミックで、若い方に好まれるデザインとなっています。
特にヘッドライトには、横に一本のラインがあり、これは初代・2代目・3代目の共通なデザインアイコンです。

また、現行型のノア/ヴォクシー/エスクァイアの2016年度販売台数で比べると、ノアが約5万5千台、ヴォクシーが約9万2千台、エスクァイアが約4万4千台であり、3台の中で最も人気があるのはヴォクシーです。

トヨタ新型ヴォクシーの最新情報についてはこちら

トヨタ・エスクァイアとは

新型 エスクァイア マイナーチェンジ 2017年

エスクァイアは2014年に発売されたミニバンであり、ノア、ヴォクシーの第3の兄弟車としてデビューし、トヨタ店で販売されています。
3代目ノア・ヴォクシーをベースに外観に上質感や高級感を持たせ、内装にも標準で合成革を多く用いた仕様となっています。

トヨタ新型エスクァイアの最新情報についてはこちら

新型ノア・ヴォクシー・エスクァイアの外装・内装デザインの変更点

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアの外装

2017年のマイナーチェンジで、ノア・ヴォクシー・エスクァイアともに外装デザインに若干の変更がなされています。

ノアは「より艶やかで精悍なデザイン」へ、ヴォクシーはヘッドランプをよりシャープな印象に変更し、「格好良さを強調するデザイン」へ、エスクァイアは「より高級感・同同感を感じられるデザイン」へと、それぞれの特徴を強調するようなデザイン変更を実施したとのこと。

また、それぞれのフロントにはLEDヘッドランプが新採用され、「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(ノア)」「イナヅマスパーキングブラックガラスフレーク(ヴォクシー)」「ブレッキシュアゲハタルフレーク(エスクァイア)」などの新色も追加されています。

新型ノア/ヴォクシー/エスクァイアの内装

新型ノア/ヴォクシーの内装

新型ノア/ヴォクシーの内装

新型エスクァイアの内装

新型 エスクァイア マイナーチェンジ 2017年

新型エスクァイアの内装

新型 エスクァイア マイナーチェンジ

新型エスクァイアの内装

新型 エスクァイア マイナーチェンジ

基本的に、ノアとヴォクシーの内装については共通です。
天井までピアノブラック塗装があしらわれ、質感がこうじょうしています。

また、内装に関しては、やはりエスクァイアは「高級感」でノア・ヴォクシーと大きく差別化されています。
今回のマイナーチェンジでエスクァイアに新たに追加された「Gi“Premium Package」では、ブラウンレーザーライン加飾、合皮を組み合わせた専用のシートを採用。
他の2車種にはない、最上位パッケージにふさわしい上質な空間が演出されています。

マイナーチェンジで3車種とも室内装備が強化!

格納式テーブル

充電専用USB端子

充電専用USB端子

ノア・ヴォクシー・エスクァイアともに室内の装備が刷新されています。

室内での食事や、作業も可能になる格納式テーブルを助手席後ろに追加。
さらに、スマートフォンの使用頻度が上がった今、必須となっているUSB充電ができるのは小さな変更ですが非常に魅力的です。

ミニバンの快適な室内に更に磨きがかかった変更といえます。

マイナーチェンジ/フェイスリフトについての記事はこちら

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社