初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデスベンツ GLC】実燃費などの維持費からカスタムや内装の評価など

メルセデス・ベンツ GLCは、ドイツの自動車ブランド、メルセデス・ベンツの販売しているSUV車です。評価の高いCクラスをベースに開発された、メルセデス・ベンツ GLCは、多くのパーツを共用しながらも、まったく別のモデルとして確立しています。メルセデス・ベンツ GLCを、燃費や維持費、カスタムなど様々な角度から検証していきます。

メルセデス・ベンツ GLCとは?

メルセデス・ベンツ GLCは、ドイツのメルセデス・ベンツが2016年から販売しているSUV(多目的)車です。Cクラスをベースにしており、全長4,660mmサイズのSUV車として、BMW X5やアウディ Q5、ポルシェ マカンと競合しています。

評価の高いCクラスのプラットフォームや内装などを流用し、SUV車として、アイポイントの高さからくる運転のしやすさが特徴です。
最新の運転支援システムも搭載され、メルセデス・ベンツらしい質実剛健な造りのメルセデス・ベンツ GLCは、このクラスのSUV車として極めて高いレベルでまとまった車です。

GLCの最新情報はこちら

ベンツCクラスの記事はこちら

先代メルセデス・ベンツGLKとは?

メルセデス・ベンツGLKは、2008年より販売が開始されました。Kとは、ドイツ語でクルツ(短い)の意味であり、GLクラスより一回り小さなサイズであることを表しています。

メルセデス・ベンツらしい上質な内装、SUVの車高からくる運転のしやすさ、疲労感の少ない走行性能など、ベースとなったCクラス譲りの良く出来た車でしたが、構造上の問題で左ハンドル仕様しか設定されておらず、日本での販売は苦戦しました。
2016年より、右ハンドル仕様のあるGLCにその役割を譲りました。

ベンツGLKとGLCの比較記事はこちら

メルセデス・ベンツGLCの外装(エクステリア)デザイン

メルセデス・ベンツ GLC 220d 2015年

©Shutterstock.com/Tadeas Skuhra

フロントのスリーポインテッドスター(メルセデス・ベンツのエンブレム)を中心に、左右のLEDヘッドライトの組み合わせは、Cクラスと共通しています。
車高が、1,645mmと高くなっており、SUVらしさを強調しています。

ベースグレードGLC200でも、18インチタイヤを採用しており、最低地上高が、180mmと悪路に対応しています。
Cピラーからリアにかけてのラインが、ほぼ直角のデザインは、力強さをGLCに与えています。
大きなサイズのタイヤに、車高の高さは、SUVの特徴であり、メルセデス・ベンツらしい、質実剛健さが備わったデザインです。

メルセデス・ベンツGLCの内装(インテリア)デザイン

メルセデス・ベンツ GLCのインテリアは、ブラック調で統一されています。
アルミによってシルバーに縁取りされたパネル類が、高級感を演出しています。
GLKからホイールベースを110mm拡大し、後席のレッグスペースが広くなり快適になりました。

通常550リッター、後席のシートを全て倒すと1,600リッターものラゲッジスペースがあります。
後席は、40:20:40の比率で分割され、用途に応じて折り畳むことができ、利便性もよく考えられています。

メルセデス・ベンツGLCのパワートレイン

2Lガソリン車2.2Lディーゼル車GLC 250
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L2.2L2.0L
最高出力135【184】/5,500125【170】/3,000~4,200155【211】/5,500
最大トルク300【30.6】/1,200~4,000400【40.8】/1,400~2,800350【35.7】/1,200~4,200
トランスミッション9AT9AT9AT
駆動方式FR4WD4WD
使用燃料ハイオク軽油ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,6701,8901,645
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8751,740~1,9705
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ベンツGLCにはAMGモデルとハイブリッドを除けば、3種類のパワートレインがあります。
2リッター直列4気筒は、出力別に2種類、ディーゼルは、2.2リッターのみです。
トルクはディーゼルの方が高いですが、出力はガソリンエンジンの方が上回っています。
車重はディーゼルが一番重く1,970kgですが、トルクが40.8kgf・mあるので、加速能力は充分以上あります。
トランスミッションは、9速ATのみです。

ディーゼルに関連するおすすめ記事はこちら

ハイブリッドに関連するおすすめ記事はこちら

メルセデス・ベンツGLCの走行レビュー

加速があまりよくありません。 そういうキビキビとした走りを楽しむタイプの車では無いのかもしれませんが。 車体重量にしては排気量が小さいと思います。

出典:http://www.carsensor.net/

日常使用においてこのクルマでもっとも素晴らしいのは乗り降りのしやすさじゃないでしょうかね。はやい話がCクラスベースのSUVですが、セダンやワゴンのように低すぎずかといって背を高くしすぎていないからとても自然な姿勢で乗り降りできるんです。本当に楽ですよ。

出典:http://www.goo-net.com/

かなり、静粛性の高いという評価を受けています。
2リッターガソリンモデルでも充分な性能を持っているようです。
乗り心地は、足回りが硬めのわりにはいいようです。

メルセデス・ベンツGLCのAMGモデルについて

メルセデス・ベンツGLC には、AMGモデルがあります。
AMGとは、メルセデス・ベンツのモーターサイクル部門のことで、そこで製作したモデルをAMGといいます。
AMG GLC 43 4MATICは、3リッターV型6気筒ターボエンジンを搭載し、出力は367PS、最大トルクは53kgf・mと別格の動力性能を持っています。

21インチホイールと、AMGスポーツサスペンションに、強化されたブレーキが搭載されており、純粋な走りの性能が格段に上がっています。
トランスミッションは、9G-トロニックと呼ばれるトルコンATをアルミ素材で軽量化し、伝達ロスを低減したものです。

メルセデス・ベンツGLC 350 e 4MATICとは?

メルセデス・ベンツ GLCのプラグインハイブリッドモデル、GLC 350 e 4MATICについて解説します。
エンジンとモーター駆動のハイブリッドシステムに、充電設備で充電できる機能を持つのが、プラグインハイブリッドです。

GLC 350 e 4MATICは、モーターのみのEV走行を30.1kmの距離を走られます。
走行中にエンジンからも充電でき、ブレーキ時に発生する回生エネルギーによる充電機能もあります。
最大出力327PS、最大トルク70.4kgf・mの強力なハイブリッドシステムによる走行性能も魅力のモデルです。

プラグインハイブリッドに関連するおすすめ記事はこちら

メルセデス・ベンツGLCの意味とクーペとの関係

メルセデス・ベンツGLCには、Cピラーをクーペのようになだらかな曲線でリアに流したクーペボディがあります。
Cピラーを傾斜させるため、全長が4,735mmと65mm延長されています。
クーペのような形状でSUV車に仕立てるのは、GLCのスポーティな走りからすると、それほど矛盾しないように思えます。

GLCとは、GとGLがメルセデス・ベンツにおけるSUV車を表しています。
Cとは、そのままCクラスのことであり、Dセグメントの車格を示しています。
例えば、GLEならEクラスのSUVとなります。

メルセデス・ベンツ GLCクーペの記事はこちら

メルセデス・ベンツGLCの燃費について

どちらも、GLC250 4MATICのデータです。4WDで車重が1,850kgあるので、リッターあたり、平均10km/Lは妥当な燃費性能だと思われます。

メルセデス・ベンツGLCの維持費について

エコカー減税

GLC 250(ガソリン)GLC 220 d(ディーゼル)GLC 350 e(ハイブリッド)
自動車取得税20%減税免税免税
自動車重量税25%減税免税免税
自動車税-75%減税75%減税

メルセデス・ベンツGLCの年間のガソリン代について

メルセデス・ベンツGLCの年間のガソリン代を算出します。
参考グレードは標準的な、GLC250 4MATICです。
平均リッターあたり10km、ハイオクリッター133円で計算します。年間のガソリン代は、10万6,400円という結果になりました(年間走行距離:平成27年度国土交通省「自動車燃料消費量統計」から試算し、8,000km/年(普通・小型乗用車)で試算)。

新車購入後3年間の維持費総合計

メルセデス・ベンツ GLC 250
自動車取得税152,712
自動車税(初年度)39,500
自動車税(2年目)39,500
自動車税(3年目)39,500
自動車重量税(3ヵ年)22,500
ガソリン代(3年分)319,200
合計612,912
単位 円(消費税込み)

任意保険、駐車場代、点検費用、車検費用(税金除く)、オイル交換などのメンテンス費用が発生するが変動が大きいため、割愛しました。おおまかにこれらの諸費用を合計した3年間の維持費は、95万~105万円になります。

メルセデス・ベンツ GLC グレード別価格について

メルセデス・ベンツ GLC
GLC 200602万
GLC 200 Sports642万
GLC 220 d 4MATIC633万
GLC 220 d 4MATIC Sports688万
GLC 220 d 4MATIC Sports(本革仕様)750万
GLC 250 4MATIC Sports707万
GLC 250 4MATIC Sports(本革仕様)774万
GLC 350 e 4MATIC Sports878万
Mercedes-AMG GLC 43 4MATIC878万
[単位]円(消費税込み)

興味深いのは、AMG GLC43と、GLC 350eとの価格が同じことです。最高の走行性能を誇るAMGモデルと、エコの先端ともいえるプラグインハイブリッドは、同一の価値を持つという、メルセデス・ベンツのメッセージのようにとらえることができます。4MATICとは、4WDのことでありGLC 200はFR(フロントエンジン後輪駆動)です。

高性能なBurmesterサラウンドシステムが標準装備されているのが、GLC 220 d 4MATIC本革仕様と、GLC250 4MATIC 本革仕様とGLC 350 eです。

最新「GLC」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

メルセデス・ベンツ GLC カスタムについて

メルセデス・ベンツのカスタムといえば、ブラバス、ロリンザー、カールソンです。ただ、昨年販売されたばかりのGLCのパーツ情報は、あまりありません。しかし、GLCにも当然ながらAMGのパーツが用意されています。

GLC 250 4MATICは最初からAMGスタイリングパッケージが付いていますので、アンダースポイラーにメッキが施されたフロントスポイラーが装着されています。

ECU(エンジンコントロールユニット)による簡易なエンジンパワーアップなら、安価にパワーアップできます。デジタルスピードのECUは、GLC 250の211PSを240PSにまで引き上げます。このECUの価格は13万5,000円です。



メルセデス・ベンツGLCはスポーツ性と利便性を両立したモデル

メルセデス・ベンツ GLCのオフロード走行動画です。

メルセデス・ベンツ GLCは、Dセグメント車として完成度の高いCクラスのSUV車として作られました。
アイポイントの高い操縦感覚や、オフロード走破性の高い4WD中心のラインナップ、大径タイヤなど、Cクラスとは異なる個性がGLCには備わっています。

用途に応じた多種類のパワートレインを選択でき、AMGモデルなど、走りに特化したラインナップも用意されています。
最近のトレンドである、クリーンディーゼルや、プラグインハイブリッドのラインナップもあります。
Cクラス譲りのスポーティで優雅な走りと、SUVの使い勝手の良さを両立したモデルが、メルセデス・ベンツGLCなのです。

ベンツの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

SUVに関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す