初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【忘れがたい傑作車】トヨタカリーナEDは復活する?実燃費から人気の初代の評価も

トヨタが80年代後半から90年代後半にかけて生産した4ドアハードトップクーペ「カリーナED」。初代モデルは世代を問わず大ヒットし、現在でもトヨタの傑作車として高く評価されています。本記事では、カリーナEDの歴代モデルや実燃費、カスタム、評価についてまとめているので、是非ご覧になっていってください。

トヨタ カリーナEDとは?

初代 カリーナED 1.8 X

トヨタ 初代 カリーナED 後期型

カリーナEDとは、トヨタ自動車がかつて製造・販売していたハードトップ4ドアクーペです。
初代モデルは同社の「カリーナクーペ」の後継モデルとして、1985年に発売されました。
車名の「カリーナ」は英語で竜骨座、EDは「Exciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ)」の略称で、刺激的でしゃれているという意味があります。

初代モデルはそのスタイリッシュで流麗なデザインが若年層から熟年層までの幅広い層に支持され、大ヒットモデルとなりました。
その後、1989年に登場した2代目モデルは、バブル期に発生した「ハイソカーブーム」の真っ只中ということもあり、豪華な装備を満載したモデルが人気を博しています。

そして1993年には、カリーナEDの最終モデルとなる3代目が発売されました。
デザインも洗練された3代目モデルは、当時の車好きから一定の人気を獲得しましたが、ボディの大型化や価格の上昇を抑えられず、90年代に始まったRVブームの影響あって、販売面では初代・2代目ほどのセールスは記録できていません。

ハイソカーとは?

トヨタ カリーナEDの歴代モデル

初代 カリーナED 1985年-1989年

初代 カリーナED 2.0 X

初代カリーナEDは、トヨタ「セリカ」のプラットフォームを流用して設計されていました。
そのため、同時に発売されたセリカ/コロナクーペとは姉妹車の関係にあります。
同社で初の4ドアピラーレスハードトップとして話題となったカリーナEDは、記録的な大ヒットを飛ばし、80年代後半におけるトヨタの傑作車として現在でも高く評価されています。

発売当初のパワートレインには、1.8Lの直列4気筒SOHCエンジンが2種類と、2.0Lの直列4気筒DOHC「スポーツツインカム」エンジンの全3種類が用意されていました。
駆動方式はFFで、トランスミッションには4速ATと5速MTが組み合されます。

セリカについては以下の記事をご覧ください。

2代目 カリーナED 1989年-1993年

2代目 カリーナED 1.8 X

2代目のカリーナEDは、初代モデルのコンセプトはそのままに、バブル景気という世相を反映した豪華な装備が充実していました。
上級グレードには、世界初のデュアルモード4WS(四輪操舵)を搭載しています。

パワートレインは1.8Lと2.0Lの直列4気筒エンジンの2種類で、駆動方式はFF、トランスミッションには4速ATと5速MTが組み合されます。
また、このモデルからは姉妹車として、テールランプ周り以外がほぼ同じデザインの「セリカEXiV」が登場しています。

3代目 カリーナED 1993年-1998年

3代目 カリーナED X

3代目カリーナEDは、5ナンバーから3ナンバーへ車体が大型化しました。
このモデルからは、姉妹車であるセリカの駆動系を流用した4WDモデルが登場しています。
また、エアバッグやABSなどの安全装備が全車で標準装備となりました。
パワートレインは1.8Lと2.0Lの直列4気筒エンジン、駆動方式はFFと4WDで、トランスミッションは4速ATと5速MTの設定です。

5ナンバー、3ナンバーについては以下の記事を参考にしてください。

トヨタ カリーナEDのボディサイズ

初代カリーナED2代目カリーナED3代目カリーナED
全長4,4754,4854,500
全幅1,6901,6901,740
全高1,3101,3151,325
ホイールベース2,5252,5252,580
車両重量---
乗車定員555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ カリーナEDの実燃費は?

燃費

現在の車を基準に考えると、3代目カリーナEDの燃費性能は非常に悪いといえます。
実燃費に関しても同様なので、カリーナEDに乗りたい人は趣味の車として割り切りましょう。

※本項では、実燃費に関する記録が見つけられた3代目カリーナEDの燃費性能について言及しています。

3代目カリーナEDの実燃費

10・15モード燃費9.7~14.6
実燃費9.0~11.0
[単位]km/L

人気の初代カリーナEDの評価は?

初代カリーナEDは現在でも評価が高く、当時を知るユーザーからは色褪せぬ名車として、当時を知らないユーザーからは、かっこいい旧車として認識されているようです。
また、初代と同様に大ヒットした2代目モデルも高評価です。
3代目モデルに関しては、実際のユーザーからの評価は高いものの、初代や2代目と比較するとあまり目立たず、RVブームの影に隠れたまま消えた車として認識されています。

トヨタの傑作車 カリーナEDの復活はあるか?

トヨタ カリーナEDについてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

トヨタの傑作車として、80年代後半から90年代後半までを駆け抜けたカリーナED。
その名前と姿は、当時を知る人たちの心に憧れの名車として深く刻み込まれています。
その高評価ぶりは今も復活を望む声は少なくないほどで、実際に復活の噂が立ったこともありました。
現在続報は出ていませんが、復活の日を楽しみに待ち続けたいですね。

トヨタ車の最新情報はこちら

トヨタの名車に関する記事はこちら!

名車についての記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK