マツダのCX-5、買うならベストグレードは!?

新車を買う時に、車種は決まってもなかなか決まらないのがグレードですよね。同じ車種なのにどう違うのか、自分の乗車スタイルに合ったグレードはどれなのか?カタログの隅々まで目を通したり販売員に細かく説明してもらったり…。今回は、マツダ「CX-5」のグレードの中でもし購入する際迷われているのなら「XDプロアクティブ」が最もお薦めであることをまとめてみました!

MAZDA 【CX-5】ってどんな車なの?

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

あらゆる制約から、ドライバーを解き放つSUV。

燃焼効率に優れた「SKYACTIVエンジン」。
上質な乗り心地を実現している軽量かつ高機能の「SKYACTIVシャシー」。
操舵安定性や衝突安全性能を飛躍的に向上させた軽量高剛性の「SKYACTIVボディ」も採用しており、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面採用した画期的な車、「CX-5」。

あらゆる制約からドライバーを解き放ち、限りない自由を感じてもらいたい。
この想いで生みだしたCX-5が、2年連続SUV販売台数No.1を達成。
豊かな加速を生みだすクリーンディーゼルと、さらに洗練されたマツダデザインの、
新しいCX-5の、かつてないクオリティが、SUVの走る歓びを革新しつづける。

出典:http://www.mazda.co.jp/

まさにMAZDAの最新技術のたまものである「CX-5」ですが、購入する際のベストグレードは「XDプロアクティブ」が良いってご存知でしたか?
今回は、なぜ「XDプロアクティブ」グレードがお勧めなのかわかりやすくまとめてみたので是非ご覧ください。

失敗しないCX-5の選び方は?

車を新たに買うとした際にグレード同士を比較して見比べる部分は「スペック」ですよね。
スペックは、基本的にはオプションなどでは変更しようのない部分、車本来が持つステータスといえます。

2種類のエンジン

「CX-5」には、グレード以前にまず大きく分けてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類のパワーユニットが用意されています。
まずはパワーユニットを何にするかを決めるべく、各エンジンの特徴を比べてみましょう。

SKYACTIV-G は、運転が楽しいパフォーマンスと優れた環境性能を両立するため、さまざまな技術革新で高圧縮比での燃焼を実現した直噴ガソリンエンジン。2.0L は優れた燃費と爽快なパワーフィールに加え、低中速トルクが豊かで実用域での使いやすさも大きな魅力です。2.5L は従来の同排気量エンジンに比べ、大幅なトルクアップと軽量化を実現。しかもバランスシャフトの採用でエンジンの振動・こもり音を低減し、優れた静粛性を提供します。

出典:http://www.mazda.co.jp/

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」を搭載したグレードのメリットは、「車体価格が安い事」です。

デメリットは「燃費コストが高い」「トルクが小さい」「2WD限定グレードがある」事です。2.0Lガソリンエンジンのグレードでは4WDは選択できません。

さまざまな技術革新で低圧縮比14.0を達成し、燃焼室の温度上昇を抑制。空気と燃料がよく混じり合った高効率燃焼が可能となり、NOx(窒素酸化物)やススの発生量を大幅に低減します。また燃焼時の爆発力を下げることで、エンジン部品の軽量化、機械抵抗の低減を実現。高回転までスムーズに回る軽快感と優れた静粛性をもたらします。

出典:http://www.mazda.co.jp/

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載したグレードのメリットは
「燃費コストが安い」「トルクが大きい」「全グレードで4WDが選択可能である」事の3点。

デメリットとしては「ガソリングレードより車体価格が高い」事が挙げられます。20万円から40万円ほど価格が高くなっています。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

要するに特色が対となる2つのエンジンですが、どう見てもクリーンディーゼルエンジンの方が性能として優れている事がわかります。

したがって、満足度の高い「CX-5」を選ぶ際はクリーンディーゼルエンジンを搭載したグレードが残り、必然的にガソリンエンジンはふるいに掛けられてしまいます。

クリーンディーゼルエンジンを搭載しているCX-5のグレードは?

エンジン比較で生き残ったクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を搭載したCX-5のグレードは以下の3種類になります。

「XD」
「XD プロアクティブ」
「XD L パッケージ」

では、それぞれの「価格」「燃費性能」「特徴」を比較してみましょう。
今回の場合、XDシリーズのみを比較検証する為、「特徴」に関しては「XD プロアクティブ」「XD L パッケージ」はXDから何が変更されたのか、を記載します。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

「XD」の価格は2,835,000~3,061,800円。
燃費性能は18.0~18.4km/L。
XDの各シリーズはこのグレードが基準となります。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

「XD プロアクティブ」の価格は 2,937,600~3,164,400円。
燃費性能はXDと変わらず。
XDと比較すると「レーンキープアシストシステム」、「ブラインドスポットモニタリング」、「LEDヘッドライト」など危険認知支援システムが充実していることが大きな特徴です。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

「XD L パッケージ」の価格は 3,261,600~3,488,400円。
燃費性能はやはりXDシリーズ共通。
大きな特徴はその名の通り上質な革シートと共に各種オプション装備がフルに標準搭載されているところにあるでしょう。
具体的には「XD プロアクティブ」の装備に、メーカーオプションだった「誤発進抑制機能」、「リアパーキングセンサー」、「ステアリングスイッチ」などの各安全装備が追加されています。
ビジュアル面では本革シートになってる他、細かいディティールが向上しています。白シートを選択可能なのも大きなポイントです。

一言でいえば、走行性能ではなくビジュアル面や安全性能ががぐっと豪華になったXDプロアクティブ・XD L パッケージの魅力と言えますね。

「XD プロアクティブ」「XD L Package」のみに装備されているものは一体?

出典:http://www2.mazda.co.jp/

クリーンディーゼルエンジンを搭載した「XD」シリーズ。
燃費性能・走行性能については、全グレード共通となっているので注目ポイントは装備となります。
「プロアクティブ」や「Lパッケージ」になると、下記機能が装備されます。

LAS:「逸脱回避支援」または「ライントレース」のいずれかを選択可能。いずれも約60km/h以上で走行中、フロントガラスに設置したカメラで車線の区画線を認識します。「逸脱回避支援」では、注意力の低下などによるドライバーの無意識な車線逸脱を防ぐため、逸脱を予測すると車両を元の位置に戻すようにステアリングをアシスト。「ライントレース」では、ドライバーの負担を軽減させるため、車線の中央を維持しながら走るよう、ステアリングをアシスト。さらにコーナリング時には、道路の曲率に合わせた操舵角へと導くことで安心の走りをサポートします。

出典:http://www.mazda.co.jp/

約15km/h以上での走行時、リアバンパーの内側に設置したレーダーで隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラーの鏡面に備えたインジケーターの点灯でドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促します。また、後退時にはリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)機能として作動。バックで出庫する際に左右から接近する車両を検知して警告し、安全確認をサポートします。

出典:http://www.mazda.co.jp/

約4~30km/hで走行中、フロントガラスに設置した、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで先行車を捉え、衝突の危険性を判断。衝突の危険性が高い状況下でブレーキペダルを踏むと、ブレーキは即座に強い制動力を発揮します。ドライバーがブレーキ操作などを行わなかった場合には、自動的にブレーキをかけて衝突回避をサポート、もしくは衝突による被害の低減を図ります。

出典:http://www.mazda.co.jp/

運転席から見えづらい障害物をセンサーで感知して、ブザーでお知らせ。

出典:http://www.mazda.co.jp/

CX-5のベストグレードは?

XDシリーズを比べた時、各種装備が最も充実しているものは「XD L パッケージ」です。

しかしXDプロアクティブと比べて、革シートや高水準の安全装備など高級アイテムが装備された分価格も326万円〜と大台を超えてしまっているのも現実。
明らかに割安感のある装備内容ですが、一番のバリューグレードは「XDプロアクティブ」になるのではないでしょうか。

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

結論として、ガソリンエンジンと比べ高機能なクリーンディーゼルエンジンを搭載した「XD」シリーズ。

「XD」シリーズの中で基本的な安全性能がよりパワーアップした「XDプロアクティブ」が最もおすすめグレードになることは間違いないですが、
一方でオプションであれもこれも…という方には「XD L パッケージ」が割安感あるグレードになってきそうですね。


いかがでしたか?是非、マツダ「CX-5」を購入される際、この記事がお役にたてたら幸いです!

出典:http://car.watch.impress.co.jp/

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す