初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【知らないと損】車のリビルト品とは?リンク品などの中古部品との違いやメリット&デメリットも

車を修理する時に、部品交換が必要となった場合にリビルド品でも良いかと聞かれる場合があります。新品ではなく中古の部品にはなりますが、まったくの中古そのものというわけでもありません。費用を抑えたい場合などに有効なものですので、リビルド品とはどのようなものかを解説します。

リビルド品とは?

解体 廃車

リビルド品とは、「Rebuild」という言葉からも分かるように、廃車となった車から、使える部分を取り出して再利用する部品のことです。
リビルド品はまったくの新品ではありませんが、ただの中古品というわけでもありません。
リビルド品とは、廃車された車から取った部品を取り外してそのままのものではなく、使えるかどうかの点検がされ、消耗部分を交換するなど、新品と同じような機能を果たすように再生したもののことを指します(オーバーホールされたものということですね)。

このような部品を専門に扱っている業者もあり、個人でその部品を購入することもで きます。
車が故障するなどして、部品の交換が必要となってしまった場合に活用できますが、メリットやデメリットもあるので、よく理解した上でリビルド品を使うかどうかを判断するよ良いのではないでしょうか。

リビルド品のメリットとは?

メリット

・新品(メーカー純正品、社外品)に比べると安い
・壊れたものを修理するよりもリビルド品で交換する方が簡単、早い
・古い車種など、新品の供給がなくなってしまった時にも使える
・リサイクルになるため、環境面でも貢献できる

リビルド品の魅力はやはり安く、簡単で早いというところではなないでしょうか。また、あまり価値の無い車に高い新品の部品で修理というのでは買い換えた方が…となってアンバランスなこともあります。安い部品を使うとなれば、まだまだ修理をして乗りたいともなりますね。

リビルド品のデメリットとは?

デメリット

・あくまで中古品から「再生したもの」であるので、質にばらつきがある
・国や業界で決めているリビルド品に関する基準がない
・モノによってはすぐに手に入らない場合もある
・万が一動かない時の保証がない場合が多い(もう一度別の部品を変えることになる)

質のばらつきの面には整備されたという以外にも理由があり、純正メーカーによるリビルド品も存在しますし、リビルド業者によるリビルド品もあるのです。質の面で見ればメーカーのものは保証されていますが、一方価格の面では新品ほどではないにしても高くなってしまいます。

リビルド品を使って修理するには?

車 整備

車を持っている人は、よほど運が良い方でない限り、予想外の故障に遭遇したことが一度ぐらいはあるのではないでしょうか?
まずは自分で修理するという場合には、個人でリビルド品を買って交換するという方法があります。

しかし、ディーラーや整備工場などに修理を依頼するのが一般的です。そんな時、リビルド品を使って修理をしてもらうように頼むこともできるのです。そんな時には、できればリビルト品を使って安く修理をしたい旨を伝えればできる範囲で対応していただけるはずです。正規ディーラーでも可能な場合も多いので、まずは相談してみましょう。整備工場の方でリビルド品を探してくれるはずです。

また、自分で持ち込んだ部品での修理を対応してもらえる場合もあるので、リビルド品を個人で購入して整備工場に持って行って頼めばOKです。

リビルド品と似たリンク品とは?

疑問 ポイント

中古部品に「リンク品」と呼ばれるものもあります。
このリンク品も、基本的には新品と同じではありませんが、新品と同様に使うことができる中古品や、リビルド品と同じものを指しています。

ただし、一部では中古パーツとしてオーバーホールをしていない部品をリンク品と考えている業者もあるようです。
どちらにしても、「リビルド品」「リンク品」、「中古品」で対応すると言われた時には、念のためきちんと点検・オーバーホールされたたものなのかということは確認しておきたいものです。

リビルド品を活用しながら車を大切に!

整備工場

出典:©Shutterstock.com/Lucky Business

リビルト品についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

同じ車に長年乗るということは修理がつきものになってきます。
ただ、古い車になるほど新品の部品での交換は割高に感じるようになってきますし、新品の交換部品が手に入らない状況にもなってきます。
修理をあきらめてしまう前に、リビルド品での修理も検討してみてはいかがでしょうか。

また、修理の方法でいくつかの選択肢がある場合には、メリット・デメリットなどをよくわかった上でリビルド品を上手に活用してみてはいかでしょうか。

車のメンテナンス・点検についてはこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す