初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ アコード新型フルモデルチェンジ最新情報!ターボ搭載&燃費や価格と発売日は?

ホンダのセダン「アコード」がフルモデルチェンジ!10代目となる新型アコードのプロトタイプ画像が公開され、パワートレインに関する詳細な情報も明らかになりました。本記事では、新型アコードのターボエンジンやトランスミッション、燃費や価格、発売日に関する最新情報をまとめています。

新型アコードフルモデルチェンジ最新情報!

新型アコードプロトタイプの画像を公開

新型アコードのプロトタイプ

ホンダ 新型 アコード 2018年型

本田技研工業のセダン「アコード」が新型へとフルモデルチェンジする予定です。
ホンダではすでに新型アコードのプロトタイプ画像を公開しており、搭載するパワートレインのラインナップについても情報を解禁しています。

今回のフルモデルチェンジで10代目となる新型アコードの最新情報についてまとめました。

ホンダ アコードとは?

日本国内ではアコードハイブリッドのみのラインナップ

現行型 アコードハイブリッド セダン

ホンダ アコードハイブリッド 新型 2016年

アコードとは、本田技研工業が1976年から製造・販売している中型乗用車です。
現行モデルは9代目であり、2013年に発売されました。
かつてはハッチバックやステーションワゴンなどのボディタイプもラインナップされていましたが、現在はセダンとクーペの2種類のみとなっています。

なお、北米仕様のアコードには2.4Lの直列4気筒エンジンや3.5LのV型6気筒エンジンといった、ノーマルのパワートレインも用意されていますが、日本仕様のアコードはハイブリッド専用車種であり、ボディタイプもセダンしかラインナップされていません。
また、アコードにはPHV(プラグインハイブリッド車)仕様も存在しています。

エンジンの種類については以下の記事を参考にしてください。

アコードハイブリッドのスペック

アコードハイブリッドのパワートレインには、ホンダ独自のハイブリッドシステムである「SPORT HYBRID i-MMD」を採用した、2.0Lの直列4気筒エンジンが搭載されます。
本エンジンは「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードを走行状況に応じて自動的に切り替えることにより、JC08モードで31.6km/Lという優れた燃費性能を実現しました。

また、アコードハイブリッドは燃費性能だけでなく、加速性能においても非常に優れており、最大トルクでは3.0LのV6エンジンにも匹敵するモーターによって、ノーマルエンジンでは味わえないパワフルな加速を体験できます。
さらに安全装備として、安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車で標準装備しているので、高い安全性能も実現しています。

全長全幅全高
4,9451,8501,465
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7751,580/1,6005
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC
排気量2.0L
最高出力107[145]/6,200
最大トルク175[17.8]/4,000
モーター最高出力135[184]/5,000-6,000
最大トルク315[32.1]/0-2,000
トランスミッションCVT
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

現行型アコードハイブリッドについての記事はこちら!

新型アコードにはシビックと同じ2.0Lターボエンジンを搭載

新型2.0L 直噴ターボエンジン i-VTEC

ホンダ 新型 アコード 2.0L ターボエンジン

新型アコードのパワートレインには、1.5Lの直列4気筒ターボエンジンと2.0Lの直噴ターボエンジン、そして2.0Lの次世代2モーター式ハイブリッドエンジンの3つがラインナップされます。
中でも2.0Lのターボエンジンは、同社の新型「シビック タイプR」に搭載されるものと同じであり、その最高出力は320PSにも達するとのことです。

従来の北米仕様車にラインナップされていたV6エンジンは廃止されますが、新型アコードの新たなパワートレインは、V6エンジンと同等以上のパワーを発揮し、燃費性能においても非常に優れたものになることは間違いないようです。

新型シビックタイプRについての記事はこちら!

新型アコードは10速ATを初採用

新型10速AT

ホンダ 新型 アコード 10速AT

新型10速AT

ホンダ 新型 アコード 10速AT

新型アコードのトランスミッションには、CVTと二つのターボエンジンで利用可能な6速MT、そしてホンダが独自開発した10速ATが用意されます。
FF(前輪駆動)方式の乗用車で初採用となる10速ATは、新型アコードの燃費を向上させ、走りを非常に滑らかなものにするとのことです。

ホンダの10速ATについての記事はこちら!

新型アコードの燃費はどうなる?

燃費

新型アコードの燃費性能に関する情報は、まだありません。
ですが、ノーマルのエンジンはダウンサイジングターボとなり、ハイブリッドエンジンも進化するということなので、その燃費性能は従来型よりも向上していることが考えられます。

参考:現行型アコードハイブリッドの燃費性能

JC08モード燃費30.0~31.6
実燃費-
[単位]km/L

ホンダ アコードフルモデルチェンジの外装デザインは?

ホンダ 新型アコードのティザー画像

新型 アコード ティザー

新型アコードのプロトタイプはカモフラージュされており、その全貌はまだわかりません。
しかし、シャープなヘッドライトやシャークフィンアンテナといった特徴は捉えることができ、海外メディアによって予想CGも製作されています。

そして今回はホンダから新型アコードのティザー画像が公式発表されました。フロントデザインの一部しか確認することはできませんが、よりスタイリッシュなデザインに仕上がっていることが分かります。

新型アコードの価格はどうなる?

価格 お金 費用 税金 維持費

新型アコードの価格に関しては、まだ情報がありません。
日本国内に導入されるのがハイブリッド車のみである場合、従来型から価格帯が大きく変わるということはないと思われます。

参考:現行型アコードハイブリッドの新車価格

ホンダ アコードハイブリッド
HYBRID LX385万
HYBRID EX410万
[単位]円(消費税込み)

新型アコードの発売日はどうなる?

発売日

新型アコードの発売は、2018年内を予定しています。
しかし、日本国内ではアコードが廃止され、同社のインサイトの新型が後継車種に充てられるという噂もあるので、今後どうなるかは分かりません。

ホンダ 新型アコードに期待!

現行型アコード

ゴルフバッグを4つ積める車・アコード

ホンダ 新型アコードの最新情報についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

新たなパワートレインとトランスミッションの搭載により、さらに魅力的に進化するであろう新型アコード。
日本国内では廃止の噂もありますが、アコードはファンも多く歴史のある名車ですので、できることなら販売を続けてほしいですね。

MOBYでは、今後も新型アコードの最新情報が入り次第、読者の皆様にお伝えして参りますので、どうぞご期待ください!

ホンダの新型車についての記事はこちら!

ホンダの逆輸入車についての記事はこちら

アコードのおもしろニュースはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...