初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ トリビュート】故障が多い?中古車価格から燃費や評価までまとめ

マツダ トリビュートは、フォードと共同開発された車で姉妹車はフォード エスケープです。 現在は、販売終了していますが、中古車価格の手頃さから一部のマニアの間で今もなお人気の車です。 マツダ トリビュートの故障に関する情報から、中古車価格、実燃費や評価までまとめました。

マツダ トリビュートとは

マツダ トリビュート 2000年型

マツダ トリビュートは、2000年〜2005年にかけて発売されていた小型のクロスオーバーSUVです。
発売当時のマツダの親会社のアメリカ フォード・モータースと共同開発した車で、フォードからは姉妹車としてエスケープが2001年より発売されています。
北米市場で販売されている車とほとんど同じものを日本で販売していることもあり、小型SUVとは思えないくらい広々とした居住空間が特徴的です。
初代の前期モデルには、直4の2,000ccとV6の3,000ccフォード製のエンジンが搭載されていました。
しかし、後期モデルでは、マツダ製のエンジンが搭載されております。
日本での販売終了後もアメリカではフォード エスケープの販売が続けられました。

マツダ トリビュート 初代前期モデル

全長全幅全高
4,3951,7901,750
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6201,4005
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列4気筒V型6気筒
排気量1,9882,967
最高出力95[127}/5400149[203]/6,000
最大トルク183[18.7]/4,500265[27.0]/4,700
トランスミッション4速AT4速AT
駆動方式FF4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マツダ トリビュート 初代後期モデル

全長全幅全高
4,4351,8001,750
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6201,5405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列4気筒V型6気筒
排気量2,2602,967
最高出力95[127}/5,400149[203]/6,000
最大トルク183[18.7]/4,500265[27.0]/4,700
トランスミッション4速AT4速AT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

姉妹車のフォード エスケープ

フォード エスケープ 外装1 2001年型

フォード エスケープは、マツダ自動車と共同開発された小型SUVです。
内装は全く同じですが、外観のデザインは異なります。
発売当初は、マツダ トリビュートと同じフォード製のエンジンを搭載していました。
トリビュートのモデルチェンジに伴い、2代目でマツダのエンジンに切り替えられました。
現在は、同じフォード社のクーガの姉妹車として現在も販売されています。

マツダ トリビュートの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダ トリビュートは年式が高いことから最も安い価格帯では10万円以下、最も高い価格帯では40〜50万円代となっています。

マツダ トリビュートの実燃費と評価

マツダ トリビュート 実燃費

燃費 ガソリンスタンド

©iStockphoto.com/CasarsaGuru

燃費 4.5km/L
費が最悪、どこか壊れてるのかと思う程です ディラーで調べても問題は見つからないとの事、個体差があるのかな?

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 7km/L
皆が気になる燃費も決して良くはないけれど、現在の中古車市場での圧倒的な安さを考えれば無視できるレベルだと言っても良いのではないだろうか。

出典:http://www.carsensor.net/

プラスチックが多く安っぽい内装。 収納が少ない。 燃費が平均7キロとあまりよくない。 エンジン音がうるさい。

出典:http://www.carsensor.net/

日本で発売された前期モデルと後期モデルでは燃費に差があるようです。

3.0Lエンジンモデルは、前期モデル、後期モデルともに駆動方式に4WDを採用していることもあり、どちらも燃費はかなり悪く実燃費3.9〜5.0km/Lとアメ車並といった印象です。
一方、後期モデルのFFの2.3Lモデルは、実燃費が7~12km/Lと現在の車と比較すると見劣りしますが、当時としては可もなく不可もなくといった印象で頑張ってくれています。

マツダ トリビュートの評価

マツダ トリビュートは、北米市場向けの車を日本で販売したということもあり、外観から感じられるコンパクトさを感じさせない程広々とした居住空間が魅力的な車です。
また、リアハッチの窓が開き、荷物の出し入れがしやすいなど実用性の高さも魅力の一つです。
一方で燃費は決して良くないのがこの車のネックとなっています。
中古車価格が安く手軽に4WDのSUVを楽しみたい人にもオススメな車です。

マツダ トリビュートの故障に関する口コミ

エンジンまわりで多少の故障がでるのですが、その部品がちょっと高いです。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費が悪いエンジン 故障が多いと持ち主はぼやいていた

出典:http://www.carsensor.net/

高年式の車を乗っているとどうしても故障の問題が付きまとってきます。
MOBY編集部として口コミサイトを調査したところマツダ トリビュートのエアコン故障トラブルは多くなさそうです。
しかし、初代後期モデルのトランスミッションに関する故障の情報がちらほらと見受けられたのでこれからトリビュートの中古車を購入する予定の人は、選ぶ際に注意が必要かもしれません。

後継車種はマツダ CX-7

マツダ CX-7 後期モデル 2009年 外装

マツダ CX-7は、クロスオーバーSUVでCXシリーズ最初の車です。
マツダ トリビュートの後継モデルとしてトリビュートの販売が終了した年の翌年の12月に販売が開始されました。
車名の「CX」は、クロスオーバーをイメージして名付けられました。
スポーティーで流れるようなボディラインが特徴的な外観に高級感のある内装が魅力の車です。
販売開始から5年後の2011年に日本での販売終了となってしまいました。
現在は中国市場のみでの販売が続けられています。

今アツいマツダのSUV

マツダ CX-5 2014年型

マツダトリビュートの紹介はいかがだったでしょうか。
マツダ トリビュートは、今マツダが注力しているCXシリーズが始まる前の元祖モデルと言えるでしょう。
トリビュートの後継車種のCX-7販売も終了してしまい、現在は、CX-5へと違う新しいモデルに世代交代しています。
現在マツダのCXシリーズは7人乗りの大型モデルからコンパクトモデルまで幅広くラインナップされています。
今後もマツダのCXシリーズにに注目していきたいですね。

最新のマツダのクロスオーバーSUVに関する情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK