初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【東京モーターショー2017は10月27日開幕】出展メーカー&注目車種16選!

東京モーターショーが2017年10月に開催されます。今からどんな車を見られるかワクワクですね!東京モーターショーの歴史から、出展メーカー、出展車種を大胆予想、かわいいコンパニオンも紹介します。開催日の詳細とチケット発売についても要チェック!

この記事の目次

東京モーターショーとは?2017年は開催年!

東京モーターショー2017出展メーカー

東京モーターショー2017の出展車種を大胆予想!

【東京モーターショー2017出展予想1】レクサスUX

【東京モーターショー2017出展予想2】プレミアムコンパクト・レク...

【東京モーターショー2017出展予想3】トヨタ スープラ

【東京モーターショー2017出展予想4】トヨタ S-FR

【東京モーターショー2017出展予想5】トヨタ TJクルーザー

【東京モーターショー2017出展予想6】日産 ジューク

【東京モーターショー2017出展予想7】ホンダ S2000

【東京モーターショー2017出展予想8】ホンダ N-BOX

【東京モーターショー2017出展予想9】スバル フォレスター

【東京モーターショー2017出展予想10】マツダ CX-8

【東京モーターショー2017出展予想11】スズキ ハスラーワイド

【東京モーターショー2017出展予想12】スズキ ジムニー

【東京モーターショー2017出展予想13】スズキ カプチーノ

【東京モーターショー2017出展予想14】三菱 パジェロミニ

【東京モーターショー2017出展予想15】三菱 デリカD:5

【東京モーターショー2017出展予想16】ダイハツ タント

車だけじゃない!東京モーターショーはコンパニオンもチェック

第45回東京モーターショー2017の開催日・チケット発売日情報

東京モーターショー2017が待ち遠しい!

東京モーターショーとは?2017年は開催年!

東京モーターショー2017 ロゴ

東京モーターショーは日本で行われるモーターショー(車などの見本市)で、全国・世界から多くのメーカーが参加、自動車ファンの来場者も多く訪れます。
国際的なモーターショーで、世界5大モーターショーの1つとも言われています。
自動車だけでなく、タイヤメーカーや部品メーカーも参加しているのも特徴です。
娯楽としての車だけでなく、環境問題や交通安全の技術、参加体験型のイベントも開催するなど、幅広いコンテンツが用意されています。

東京モーターショーは隔年で開催

東京モーターショーは、近年、隔年で開催されています。
ですので、2016年は開催されていません。
前回開催の2015年から早2年、この間に時代は変わり、車の技術はどんどん進化していきます。
毎回楽しみにしている人も多いですよね。

東京モーターショーの歴史 <記念すべき第1回>

東京モーターショーは1954年に「第1回 全日本自動車ショウ」として開催されました。
会場は東京の日比谷公園内広場で行われました。
当時のモーターショーの主役はなんと「商用車」
乗用車の出典はたったの17台でした。
254社が参加、展示車両は267台。
その中の多くがトラックやオートバイでした。
10日間の会期中に来場者は54万人となり、今後の自動車産業の発展が期待される結果となりました。

東京モーターショーの歴史 <来場者数最大!1991年>

その後、規模や来場者数はどんどん大きくなり、もっとも来場者が多かったのは、1991年に開催された第29回の東京モーターショーです。
幕張メッセで開催され、出展社は336社、展示車両は783台、来場者は200万人以上という記録的な結果を残しました。
「発見、新関係。人・くるま・地球。」がテーマということもあり、代替エネルギー車や電気自動車が注目されたモーターショーでした。

東京モーターショーの歴史 <前回 2015年>

初開催から60年以上経った、2015年のモーターショーは来場者数81万人、出展社は160社、展示車両は417台となりました。
「きっと、あなたのココロが走り出す。“Your heart will race.”」がテーマの東京モーターショーは、これまでの自動車はもちろん、小型モビリティや自動車と人の関係がもっと近づくテクノロジーなど、未来を感じさせる車が多数公開されました。
また、この回から初めて東京モーターショー公式アプリも登場しました。
さまざまな情報を確認できるほか、活きたいブースへナビや混雑具合を確認できるマップ、出展ブースなどをお気に入り登録できる機能といった便利な機能を搭載しています。

このように、新しく、未来を感じさせる車が体感できるのはもちろん、会場を快適に回るためのサービスにも触れることができます。
車と私達のこれからがわかる「東京モーターショー」、2017年の開催が待ち遠しいですね。

東京モーターショー2017出展メーカー

いろいろな車

国内【東京モーターショー2017出展メーカー】

レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
スバル
マツダ
スズキ
三菱
ダイハツ

海外【東京モーターショー2017出展メーカー】

アルピナ(ドイツ)
アウディ(ドイツ)
BMW (ドイツ)
メルセデス・ベンツ(ドイツ)
メルセデス・AMG (ドイツ)
メルセデス・マイバッハ(ドイツ)
ポルシェ(ドイツ)
スマート (ドイツ)
スマート Brabus (ドイツ)
フォルクスワーゲン(ドイツ)
シトロエン (フランス)
DS (フランス)
プジョー(フランス)
ルノー(フランス)
ボルボ (スウェーデン)

他にもタイヤメーカーや部品メーカーなど、さまざまなメーカーの出展が予定されています。

残念ながら、フィアットやアルファロメオなどのイタリア車や、前回同様、ジャガーやランドローバー、MINIなどのイギリス車も欠席となっています。

東京モーターショー2017の出展車種を大胆予想!

東京モーターショーでどんな車が発表されるか、楽しみですね。
ここからはさまざまな情報や噂を元に、出展車種を大胆予想していきます!
実際にどんな発表があるかは当日までのお楽しみですが、想像してみるだけで楽しみが増えますね。
では、東京モーターショー2017の出展車種の予想を発表します!

車 はてな

【東京モーターショー2017出展予想1】レクサスUX

(参考)パリモーターショー2016 コンセプトカー「UXコンセプト」

レクサス UX コンセプト

トヨタの高級ブランド レクサスから、人気の高いコンパクトSUVが登場すると予想しています。
スイスで開催されたジュネーブモーターショー2017で、レクサスUXの登場は遠くない、と公表したことから、ファンからの期待が高まっています。

パリモーターショー2016ではレクサスUXのコンセプトカー「UXコンセプト」が発表され、その外装や内装、インターフェースの新しさに注目が集まりました。

【東京モーターショー2017出展予想2】プレミアムコンパクト・レクサス

(参考)レクサス新型コンパクト 予想レンダリングCG

レクサス新型コンパクト 予想レンダリングCG

国内メーカーには少ない、プレミアムコンパクトカーが発表されるかもしれません。
インパクトのあるレクサスらしいフロントマスクはそのままに、ボディサイズを一回り小さくすると予想しています。
また、エンジンは技術提携しているBMWの1.5Lエンジンを搭載する見込みです。

【東京モーターショー2017出展予想3】トヨタ スープラ

(参考)トヨタ 新型スープラのスクープ画像

トヨタ スープラ スクープ 外装

(参考)トヨタ スープラのテスト車両 ニュルブルクリンクを走行

往年の名車がついに復活?と言われています。
スープラはスポーツカーで、初代モデルは1978年に発売され、当時は国内ではセリカ、海外でスープラと呼ばれていました。
2002年に販売終了となりましたが、今でも人気の高いモデルです。
2014年のデトロイトモーターショーでBMWと共同開発したコンセプトカー「FT-1」を元に新型スープラとなると言われています。

【東京モーターショー2017出展予想4】トヨタ S-FR

(参考)トヨタ S-FRコンセプト

トヨタ S-FR コンセプト 2015年モデル

東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されたS-FRも、さらに市販化につながる発表があるといわれています。
一時は開発中止の噂もありましたが、東京オートサロン2016では、S-FRのレーシング仕様社の展示もあり、「もしかして開発は進んでいるのかな?」と思った方も多いでしょう。
また、先ほど紹介したトヨタ スープラ、人気の高いトヨタ 86とともにトヨタのスポーツカー「三兄弟」として、華々しくデビューする可能性もあります。

【東京モーターショー2017出展予想5】トヨタ TJクルーザー

(参考)ニューヨークモーターショー2017 FT-4X

トヨタ新型TJクルーザー FT-4X コンセプト 外装

かつて人気の高かった、トヨタ FJクルーザーを思い出させる「TJクルーザー」。
アメリカ特許商標庁(USPTO)に名称が申請されたことから、ファンの期待は高まっています。
ニューヨークモーターショー2017で発表された「FT-4X(FT4X)」がFJクルーザーと近いイメージであることから、確実なのではないかと考えられます。
ただ、FJクルーザーに比べるとFT-4X(FT4X)はコンパクトです。
日本でも使いやすく、人気の高いコンパクトSUVで勝負するのでは、と言われています。

【東京モーターショー2017出展予想6】日産 ジューク

(参考)日産 ジューク 2016年型

日産 ジューク 2016年型

日産 ジュークは人気の高いコンパクトクロスオーバーSUVです。2010年に発売し、まだフルモデルチェンジをしたことがありません。
そのため、そろそろフルモデルチェンジをするのでは、という噂があります。

また、ライバル車であるホンダ ヴェゼルはガソリン車もハイブリット車もジュークより燃費がいいこともあり、ジュークはe-POWERモデルで対抗するのでは、と考えられます。

【東京モーターショー2017出展予想7】ホンダ S2000

(参考)ホンダ S2000 4代目 AP1型 1999年

ホンダ S2000 4代目 AP1型 1999年

ホンダ S2000は、1999年から2009年に発売された2シーターオープンカー、FRスポーツカーです。
エンジンは驚異的な機能・回転数で、マイナーチェンジをしても6速MT限定車のみのラインナップの玄人好みの車でした。
S660の発売や、NSxなどのスポーツカー開発にも力を入れているホンダは、S2000でさらなるラインナップ充実を図ると考えられます。

【東京モーターショー2017出展予想8】ホンダ N-BOX

(参考)ホンダ N-BOX 2015年

ホンダ N-BOX 2015年

ホンダは新型N-BOXのフルモデルチェンジを2017年秋に行うと発表しました。
2015年、2016年と、2年続けて軽自動車の販売台数トップのN-BOX。
東京モーターショーで発表は、注目を集めそうですね。
2011年に初代が発売されまだ歴史は浅いものの、軽ハイトワゴンの分野では人気の高いモデルです。
東京モーターショーで発表される新型には、安全運転支援システム「ホンダセンシング」が搭載されるのではないかと予想されます。
使いやすさや、シンプルなデザインはそのままに、安全性能のアップに期待です。

【東京モーターショー2017出展予想9】スバル フォレスター

(参考)2015年東京モーターショー スバル「VIZIV FUTURE CONCEPT」

スバル フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

スバル フォレスターは、グレードによってオフロードでもオンロードでも素晴らしい走りを見せる、ミドルサイズのクロスオーバーSUVです。
2015年の東京モーターショーでは「VIZIV FUTURE CONCEPT」として発表されたモデルが新型フォレスターになるのでは、と考えられます。
スタイリッシュでSUVとしての使いやすさがありながらも、環境に優しい、アイサイトのような安全性能、先進技術を取り入れたモデルになるでしょう。

【東京モーターショー2017出展予想10】マツダ CX-8

(参考)新型CX-8 内装

新型cx-8 2017年 内装

マツダ CX-8は、すでにテスト走行中の写真がスクープされるなど、発売間近とされています。
年内の発売であれば、東京モーターショーでの発表後も考えられますね。
3列シートのSUVで、車高・全長もCX-5より大きく、より重厚感・高級感を感じるモデルのようです。
ラインナップは、「6人乗り」と「7人乗り」があると予想されているため、ミニバンのような使いやすさと高級感を兼ね備えたモデルになるでしょう。

【東京モーターショー2017出展予想11】スズキ ハスラーワイド

(参考)スズキ ハスラー 2016年型 JSTYLEⅡ

スズキ ハスラー 2016年型 JSTYLEⅡ

人気の軽クロスオーバーSUVである、スズキ ハスラーのワイドモデルが登場すると言われています。
現行モデルも人気がありますが、一回り大きく、小型車として発売することで、「軽自動車ではパワー不足。ハスラーのデザインはかわいくていいのに。」と思っていたお客さんも取り込むことができますね。

【東京モーターショー2017出展予想12】スズキ ジムニー

(参考)スズキ ジムニー 2007年型

スズキ ジムニー 2007年型

スズキには、本格的なアウトドアやオフロードでも使える、4WDモデルの軽自動車です。
発売から20年以上もフルモデルチェンジをしていないこともあり、「そろそろ」という声も多くあります。
軽の軽さを活かしたオフロードや水辺での突破性は、ジムニーの一番の特徴といえます。
スズキの燃費向上技術である「S-エネチャージ」や、最新の安全装備などをプラスした、新しいジムニーに期待しましょう!

【東京モーターショー2017出展予想13】スズキ カプチーノ

(参考)スズキ カプチーノ 1991年型

スズキ カプチーノ 1991年

公式発表はありませんが、新型カプチーノの画像が出回っています。
実際のデザインはまだわかりませんが、これまでのカプチーノから少しゴツくなったデザインで登場するのでは、と言われています。
エンジンは2015年末に発表された新型アルトワークスを用いるとすると、トランスミッションのラインナップは5MTと、5AGSの2ペダルAMTと考えられます。
ダイハツ コペンやホンダ S660などのライバル車もあるので、スズキもそろそろ発売するのではないでしょうか。

【東京モーターショー2017出展予想14】三菱 パジェロミニ

(参考)三菱 パジェロミニ 2012年型

三菱 パジェロミニ 2012年型

1994年に登場した三菱 パジェロミニは、SUVのパジェロから軽自動車にサイズダウンしたモデルです。
パジェロは本格的なSUVであり、サイズダウンしたパジェロミニもその魂は受け継がれています。
2012年に惜しまれつつも生産終了しましたが、スズキ ハスラーの大ヒットなどもあり、パジェロミニの復活も大いに考えられます。
ファンの希望としては、これまでのパジェロミニ同様、オフロード走行もガンガンできるスペック、6速マニュアルに期待ですね!

【東京モーターショー2017出展予想15】三菱 デリカD:5

(参考)現行 三菱 デリカD:5 ローデスト ダイヤモンドブラックマイカ

三菱 デリカD:5 ローデスト ダイヤモンドブラックマイカ

(参考)東京モーターショー2013で発表したコンセプトカー「Concept AR」

2007年の発売から10年以上経っている三菱 デリカD:5。
東京モーターショー2013で発表したコンセプトカー「Concept AR」をベースにするのでは、と言われています。
また、新しいクリーンディーゼルエンジンの採用、三菱のAWD(四輪駆動)や車両運動統合制御システムである「S-AWC」も採用されるのではという予想もあります。
低燃費で環境に優しい、でも力強い加速感をもった、新型三菱 デリカD:5に期待しましょう。

【東京モーターショー2017出展予想16】ダイハツ タント

(参考)ダイハツ タント G "SA Ⅱ" 2015年型

ダイハツ タント G

2003年から販売されている、軽ハイトワゴンのダイハツ タントは、ファミリー向けの車として定番の1台です。
2017年は、先ほど紹介したホンダ N-BOXの発売も予定されているため、「もしかしたらタントも?」と噂になっています。
現在も広々とした空間や、「スマートアシストⅢ」の搭載など、居住性や安全性能は高いモデルですが、さらに使いやすさUPになると考えられます。
例えば、全高を下げることで、乗降性の向上や走行安定性の向上につながります。
また、ダイハツの「e:S(イース)テクノロジー」で、さらなる燃費の向上や低価格になる可能性もあります。
今よりも求めやすく、便利に使える1台になりそうですね。

車だけじゃない!東京モーターショーはコンパニオンもチェック

東京モーターショーでは、車のアピールのためにコンパニオンが活躍しています。
「新しい車や技術も楽しみだけど、コンパニオンの女性が楽しみ!」という方もいるでしょう。
2015年の東京モーターショーで活躍したコンパニオン3名を紹介します。
2017年も参加してくれると嬉しいですね。

東京モーターショー フォルクスワーゲンブース 小林沙弥香さん

爽やかな笑顔と、上品な雰囲気が人気の小林沙弥香さんは、女性モデル、レースクイーンとしても活躍中です。
東京モーターショーでは、フォルクスワーゲンのブースコンパニオンとして活躍していました。
関係者からは「ジャスミン」と呼ばれ、親しまれています。
2015年の東京モーターショー以降も、名古屋・大阪・福岡・札幌モーターショーや東京オートサロンでも登場していました。
2017年の東京モーターショーでの活躍も期待できますね!

東京モーターショー ダイハツブース 中村かなさん

華やかでセクシーな中村かなさんは、東京モーターショーではダイハツブースで、東京オートサロンではデンソーのブースで活躍していました。
2015年の東京モーターショーでのダイハツのコンパニオンの衣装は、清楚でお嬢様のようでした。
セクシーな衣装が多い中でおとなしい印象ではありましたが、中村かなさんの持っている魅力はブースを明るくしていました。
次回はどのブースで活躍するのか、楽しみです。

東京モーターショー2015 GOODYEARブース 今村仁美さん


女性モデル、レースクイーンとして活躍する今村仁美さんは、2015年の東京モーターショーでは、GOODYEARのブースで活躍していました。
2017年の東京オートサロンでは横浜ゴムブースを担当、また、車以外の展示会のコンパニオンとしても活躍しています。
スラッとしたスタイルで、セクシーでありながらも健康的な魅力にあふれています!

第45回東京モーターショー2017の開催日・チケット発売日情報

チケット

出典:©iStockphoto.com/ MicroStockHub

東京モーターショーに行きたい!という気持ちが高まってきたでしょうか。
ここからは東京モーターショー2017の情報をチェックしましょう!

東京モーターショーの内容

モーターショー 会場

出典:©shutterstock.com/ Alexander Chaikin

乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーです。

東京モーターショーの会期と開催時間

カレンダー

<一般公開日>
・2017年(平成29年)10月28日(土)~11月5日(日)

<開催時間>
・月~土曜日(祝日含む) 10時00分~20時00分
・日曜日 10時00分~18時00分


また、一般公開日に先立ち、関係者・招待者などは以下のような日程で参加することができます。
・10/25(水)~10/26(木) プレスデー
・10/26(木) 特別招待日 / 障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日(事前登録制)
・10/27(金) オフィシャルデー(開会式等の式典の開催、招待者のみ)
・10/27(金) プレビューデー(入場者数限定の入場券で入場可能な日)

東京モーターショーの入場料

給料 財布 価格 お金 費用 税金
入場料16時以降の入場料
一般1,800円(前売 1,600円)900円
高校生600円(前売 500円)300円
中学生以下無料
無料
障がい者手帳をお持ちの方※無料無料

※本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料

東京モーターショーの前売りチケット発売日

2017年のチケット発売日の情報はまだ出ていないため、前回の情報を参考にしてみましょう。

前回は2015年8月上旬に公式HP上でチケットのオンライン先行販売を開始し、プレビューデー入場券、前売入場券を購入できました。
そして、2015年10月からは、鉄道会社や旅行会社、コンビニで通常の入場券の販売が行われました。

今年も同様の日程でチケット販売が行われる可能性が高いため、時期が近づいてきたらチェックしましょう!

東京モーターショーの会場

東京ビッグサイト 正面

東京ビッグサイトです。
(東京都江東区有明 3-11-1)

東京モーターショー2017が待ち遠しい!

運転 女性ドライバー

出典:©iStockphoto.com/ Georgijevic

東京モーターショーは歴史あるモーターショーで「毎回、開催が楽しみ!」という方も多いでしょう。
多くの企業の新しい車や最先端のテクノロジーを間近で見られるイベントですので、車好きは来場必須!です。
また、かわいいコンパニオンとコミュニケーションをとりながら車の説明が聞けるのも嬉しいポイントですね。
今回はどんな車が発表されるか、予想しながら開催を待ちましょう。

全メーカーの新型・フルモデルチェンジ情報はこちら

車の展示会についてのまとめはこちら

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...