初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

東京モーターショー2017閉幕!入場者数と注目された出展車78車種総まとめ

第45回東京モーターショー2017が11月5日に閉幕となりました。プレスデーからお伝えしている出展メーカーと注目車種を画像つきで振り返ります。東京モーターショーの歴史から、第45回出展車種、かわいいコンパニオン、入場者数など総まとめ!

東京モーターショー2017 入場者数は?

東京モーターショー来場者数(左:2017年、右:2015年)
1日目(プレビューデー)10/25 (水)23,100人18,200人
2日目 10/26 (木)86,800人41,300人
3日目 10/27 (金)71,600人85,100人
4日目 10/28 (土)66,100人93,300人
5日目 10/29 (日)71,600人81,700人
6日目 10/30 (月)66,100人100,100人
7日目 10/31 (火)67,700人79,100人
8日目 11/1 (水)77,800人68,300人
9日目 11/2 (水)87,400人75,100人
10日目 11/3 (金・祝)113,000人95,600人
11日目 11/4 (土)102,200人74,700人
12日目 11/5 (日)68,900人-
累計771,200人812,500人
※2015年は11日間の開催

東京モーターショー2017公式サイトが発表した入場者数によれば、一般公開初日(プレビューデー)と2日目の来場者数が昨年を上回る結果となりました。

特に、一般公開2日目となった10月28日(土)の来場者数は86,800人と昨年の2倍以上となっています。
29日は関東地方に台風が接近するという予報もあって、前日の28日に来場者が集中したと考えられます。

最終日となる5日の来場者数は68,900人、12日間の総来場者数は771,200人となり、前回よりも41,300人少ない結果となりました。

東京モーターショー 3連休は混雑

2015年の開催期間で最も来場者が多かったのは、文化の日となる11月3日でした。
今年は11月3~5日が3連休で、かつ天候にも恵まれそうですので、10月28~29日の土日よりもさらに混雑の予想でした。

結果としては3日の来場者数は12日間最多、4日は2番目となりました。

東京モーターショーとは?2017年は開催年!

東京モーターショー2017 ロゴ

東京モーターショーは日本で行われるモーターショー(車などの見本市)で、全国・世界から多くのメーカーが参加、自動車ファンの来場者も多く訪れます。
国際的なモーターショーで、世界5大モーターショーの1つとも言われています。
自動車だけでなく、タイヤメーカーや部品メーカーも参加しているのも特徴です。
娯楽としての車だけでなく、環境問題や交通安全の技術、参加体験型のイベントも開催するなど、幅広いコンテンツが用意されています。

東京モーターショーは隔年で開催

東京モーターショーは、近年、隔年で開催されています。
ですので、2016年は開催されていません。
前回開催の2015年から早2年、この間に時代は変わり、車の技術はどんどん進化していきます。
毎回楽しみにしている人も多いですよね。

東京モーターショーの歴史 <記念すべき第1回>

東京モーターショーは1954年に「第1回 全日本自動車ショウ」として開催されました。
会場は東京の日比谷公園内広場で行われました。
当時のモーターショーの主役はなんと「商用車」
乗用車の出典はたったの17台でした。
254社が参加、展示車両は267台。
その中の多くがトラックやオートバイでした。
10日間の会期中に来場者は54万人となり、今後の自動車産業の発展が期待される結果となりました。

東京モーターショーの歴史 <来場者数最大!1991年>

その後、規模や来場者数はどんどん大きくなり、もっとも来場者が多かったのは、1991年に開催された第29回の東京モーターショーです。
幕張メッセで開催され、出展社は336社、展示車両は783台、来場者は200万人以上という記録的な結果を残しました。
「発見、新関係。人・くるま・地球。」がテーマということもあり、代替エネルギー車や電気自動車が注目されたモーターショーでした。

東京モーターショーの歴史 <前回 2015年>

初開催から60年以上経った、2015年のモーターショーは来場者数81万人、出展社は160社、展示車両は417台となりました。
「きっと、あなたのココロが走り出す。“Your heart will race.”」がテーマの東京モーターショーは、これまでの自動車はもちろん、小型モビリティや自動車と人の関係がもっと近づくテクノロジーなど、未来を感じさせる車が多数公開されました。
また、この回から初めて東京モーターショー公式アプリも登場しました。
さまざまな情報を確認できるほか、活きたいブースへナビや混雑具合を確認できるマップ、出展ブースなどをお気に入り登録できる機能といった便利な機能を搭載しています。

このように、新しく、未来を感じさせる車が体感できるのはもちろん、会場を快適に回るためのサービスにも触れることができます。
車と私達のこれからがわかる「東京モーターショー」は、2017年の開催も注目のイベントでした。

東京モーターショー2017出展メーカー

いろいろな車

国内【東京モーターショー2017出展メーカー】

レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
スバル
マツダ
スズキ
三菱
ダイハツ

海外【東京モーターショー2017出展メーカー】

アルピナ(ドイツ)
アウディ(ドイツ)
BMW (ドイツ)
メルセデス・ベンツ(ドイツ)
メルセデス・AMG (ドイツ)
メルセデス・マイバッハ(ドイツ)
ポルシェ(ドイツ)
スマート (ドイツ)
スマート Brabus (ドイツ)
フォルクスワーゲン(ドイツ)
シトロエン (フランス)
DS (フランス)
プジョー(フランス)
ルノー(フランス)
ボルボ (スウェーデン)

他にもタイヤメーカーや部品メーカーなど、さまざまなメーカーが出展しました。

残念ながら、フィアットやアルファロメオなどのイタリア車や、ジャガーやランドローバー、MINIなどのイギリス車も欠席となっています。

東京モーターショー2017ついに開幕!

車 はてな

MOBYでは、東京モーターショーへの出展が決定している車種をご紹介していくと共に、さまざまな情報や噂を元に、出展車種を大胆予想しました。

そのためメーカーごとに【出展車】【出展せず】の2種類に分けてご紹介します。
東京モーターショー2017の出展車種、出展予想があったもののされなかった車種を発表します!

モーターショーではコンパニオンにも注目!

© MOBY

モーターショーで展示車両の横に立ち、華を添えるコンパニオン。
東京モーターショーでも、たくさんのコンパニオンの方が活躍していました。

車だけでなく、彼女たちにも注目です。

【東京モーターショー2017 トヨタ】

【出展車】トヨタ クラウン コンセプト

新型 クラウン コンセプト

新型にフルモデルチェンジし発売が予期されているトヨタ クラウンのコンセプトモデルが、東京モーターショー2017に出展されました。

トヨタのクラウンコンセプトは「Fun to Drive」を突き詰めた革新的な走行性能を備え、コネクティッド技術とそのサービスを本格的に具現化すべく、革新的進化を追求したと発表されました。

トヨタの新型クラウンは、発表されるクラウンコンセプト同様に次世代型プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」に基づき設計されます。
このことで低重心化、軽量・コンパクト化、統一設計によるモジュール化し、クラストップレベルの低重心高を実現し、剛性も強化される模様です。

プラットフォームだけでなく、パワートレインに新たに開発した「ダイナミック・フォース・エンジン(Dynamic Force Engine)」という2.5Lターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッシステムが採用されるようです。
TNGAに基づいて作られた「ダイナミック・フォース・エンジン」世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成、高レスポンス化と全速度域での高トルク化などパフォーマンスの工場見込まれます。

【出展車】トヨタ TJクルーザー

トヨタ TJクルーザー 2017
TJクルーザー 東京モーターショー2017_1

©MOBY

TJクルーザー 東京モーターショー2017_3

©MOBY

TJクルーザー 東京モーターショー2017_4

©MOBY

かつて人気の高かった、トヨタ FJクルーザーを思い出させる「TJクルーザー」。
アメリカ特許商標庁(USPTO)に名称が申請されたことから、ファンの期待は高まっています。

ニューヨークモーターショー2017で発表された「FT-4X(FT4X)」がFJクルーザーと近いイメージでしたが、トヨタが発表したプレスリリースを見ると、FJクルーザーの後継車とは言い難いようです。

FJクルーザーに比べるとFT-4X(FT4X)はコンパクトです。
日本でも使いやすく人気の高いコンパクトSUVで勝負するのでは、と言われてきましたが、その通りトヨタはTJクルーザーで新しい「SUVバン」というジャンルに挑戦しています。

東京モーターショーでは展示のみで詳細発表がありませんでしたので、続報を待ちましょう。

【出展車】トヨタ GR HVスポーツコンセプト

東京モーターショー2017では、トヨタ新型スポーツカーの「GR HVスポーツコンセプト(GR HV SPORTS CONCEPT)」が世界初公開されました。

GR HVスポーツコンセプトは、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカーです。
レーシングマシン「TS050 ハイブリッド」を想起させるデザインや、「トヨタスポーツ800」や「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルを採用するなど、徹底して走りに特化しています。

【出展車】トヨタ センチュリー

トヨタ 新型センチュリー
トヨタ 新型 センチュリー 東京モーターショー2017

©MOBY

トヨタの最高級セダン「センチュリー」がフルモデルチェンジして、東京モーターショーにて展示されました。

新たにV8 5.0Lハイブリッドエンジンを搭載したセンチュリーは、ラグジュアリーセダンの最高峰として高級感や居住性もアップ。
「Toyota Safety Sense P」などの先進安全装備も搭載されており、満を持しての登場となります。

東京モーターショーでは価格などの詳細発表はされませんでした。
わかりしだいお知らせいたします。

【出展車】トヨタ JPNタクシー(ジャパンタクシー)

トヨタ JPNタクシー

2020年の東京オリンピック、パラリンピックへ向けて、トヨタは新型車JPN TAXI(ジャパンタクシー)を発売しました。
東京モーターショー2015で展示されたコンセプトモデルをベースとしたJPN TAXIが今回の東京モーターショーでも展示され、ついに市販化となります。

日本の“おもてなしの心”を反映しており、誰にとっても使いやすいユニバーサルデザインを体現しています。
LPGエンジンと電気モーターを搭載した新開発LPG・ハイブリッドシステムを採用し、燃費は19.4km/Lです。

【出展車】トヨタ FCVコンセプト Fine-Comfort Ride

トヨタ Fine-Comfort Ride

トヨタは新型燃料電池自動車(FCV)コンセプトモデルである「Fine-Comfort Ride」を出展しました。

FCVならではの自由なレイアウトと大電力量を活かして「プレミアムサルーンの新しいかたち」として提案されたFine-Comfort Rideは、航続距離約1,000kmを実現しています。

次期エスティマとなるのではとも言われている「Fine-Comfort Ride」ですので、コンセプトが今後市販車にどう反映されていくか楽しみです。

【出展車】トヨタ 燃料電池バスコンセプト SORA

トヨタ SORA

トヨタは燃料電池バス(FCバス)のコンセプトモデル「SORA」を展示しました。
燃料電池自動車「MIRAI」向けに開発したトヨタフューエルセルシステムを採用しています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都を中心に100台以上が導入される見込みです。
コンセプトモデルをベースとした市販型は、2018年からの発売を予定しています。

【出展車】トヨタ Concept-愛i/愛i RIDE/愛i WALK

TOYOTA Concept-愛i シリーズ

TOYOTA Concept-愛i

トヨタは人工知能を搭載したコンセプトEV「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを東京モーターショー2017で公開しました。

Concept-愛iに搭載される人工知能は感情認識や嗜好推定で「人を理解」し、自動運転技術やエージェント技術と融合することでドライバーに新たな体験をもたらすものです。

展示されるシリーズの1つ「TOYOTA Concept-愛i」は2020年頃に、今回の出展内容の一部を搭載した車両で日本における公道実証実験を計画しています。

【出展せず】トヨタ スープラ

(参考)トヨタ 新型スープラのスクープ画像

トヨタ スープラ スクープ 外装

今回の東京モーターショーでは残念ながら発表はありませんでしたが、往年の名車・スープラがついに復活?と言われています。

スープラはスポーツカーで、初代モデルは1978年に発売され、当時は国内ではセリカ、海外でスープラと呼ばれていました。
2002年に販売終了となりましたが、今でも人気の高いモデルです。

2014年のデトロイトモーターショーでBMWと共同開発したコンセプトカー「FT-1」を元に新型スープラとなると言われています。

【出展せず】トヨタ S-FR

(参考)トヨタ S-FRコンセプト

トヨタ S-FR コンセプト 2015年モデル

東京モーターショー2015でコンセプトカーとして発表されたS-FRも、さらに市販化につながる発表があるといわれています。
しかし、ここにきて開発中止の噂も出たことから、今回の東京モーターショーでは残念ながら発表はありませんでした。

東京オートサロン2016ではS-FRのレーシング仕様社の展示もあったため、先ほど紹介したトヨタ スープラ、人気の高いトヨタ 86とともにトヨタのスポーツカー「三兄弟」として、デビューする可能性もあります。
MR-S復活の噂もありますし、S-FRの今後の動向には注目です。

【出展せず】トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

2017年9月、トヨタはフランクフルトモーターショーにて、マイナーチェンジした新型ランドクルーザープラドを発表しました。

新型ランドクルーザープラドは力強さと先進性を高めたエクステリア(外装)とインテリアデザイン(内装)に、最上級グレード「TZ-G」にはレクサスRXやLXに採用されているドライブモードセレクトを採用。
さらに、トヨタセーフティセンスPを全車標準搭載するなど、車全体の使い勝手や性能を向上させています。

今回の東京モーターショーでは残念ながら発表はありませんでした。

【東京モーターショー2017 レクサス】

【出展車】レクサス LC

レクサス LC500

出展されたレクサス「LC500」は2017年3月16日に発売を開始したレクサスのフラッグシップクーペです。

LC500は、レクサス最強のパワーユニットであるV型8気筒 5.0リッターの「2UR-GSE」を搭載しており、そのパワーユニットにレクサス初となる10速ATを搭載。
切れ味のよい変速を実現しています。

【出展車】レクサス LS 500h ”EXECUTIVE”

レクサス LS500h 新型 外装

レクサスLSは、1989年に初代モデルが発売されて以来、滑らかでパワフルな走りや、圧倒的な静粛性・快適性などで好評を博してきました、
今回で5代目となる新型LSは、セダンとして十分な居住性を確保しながら、斬新なクーペシルエットを両立したスタイリングやエモーショナルな走りに加え、数々の先進技術を装備し、LEXUSの象徴として大きな変革を果たしています。

東京モーターショーでは最上グレードのLS500h ”EXECUTIVE”が展示されました。

【出展車】レクサス NX

レクサス NX

レクサスNXは「プレミアム・アーバン・スポーツ・ギア」をコンセプトに投入された世界戦略車です。
同じく中核モデルであるレクサスRXとともにグローバル販売を牽引し、全世界で人気の車です。

レクサスNXはトヨタのハリアーをベースに製造されているため、ハリアーとは兄弟車となります。

【出展車】レクサス LS+ Concept

レクサス LS+ Concept

レクサスは東京モーターショー2017にて、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開しました。
LS+ Conceptは、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の将来像を示唆したモデルで、2020年代前半には一般道での「レベル4」の自動運転実現の実用化を目指しています。

2020年の実用化を見据えた自動運転技術「Highway Teammate」を採用し、自動車専用道路において入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することを可能としています。
実際の交通状況に応じて車載システムが適切に、認知・判断・操作することで、合流、レーンチェンジ、車線・車間維持、分流などの複雑な操作を可能にしています。

また、LS+ Conceptは通信によりあらゆるサービスをアップデートできるため、道路や周辺データなどのビックデータを用いて人工知能(AI)を学習させることが可能。
より高性能な自動運転を実現します。

【出展せず】レクサス UX

(参考)パリモーターショー2016 コンセプトカー「UXコンセプト」

レクサス UX コンセプト

今回の東京モーターショーでは残念ながら発表はありませんでしたが、トヨタの高級ブランド レクサスから、人気の高いコンパクトSUVが登場すると予想しています。

パリモーターショー2016ではレクサスUXのコンセプトカー「UXコンセプト」が発表され、その外装や内装、インターフェースの新しさに注目が集まりました。

さらにスイスで開催されたジュネーブモーターショー2017で、レクサスUXの登場は遠くない、と公表したことから、ファンからの期待が高まっています。

【出展せず】レクサス プレミアムコンパクト

(参考)レクサス新型コンパクト 予想レンダリングCG

レクサス新型コンパクト 予想レンダリングCG

今回の東京モーターショーでのレクサスのコンパクトコンセプトモデルの発表はありませんでした。
しかし、近年国内メーカーには少ない、プレミアムコンパクトカーが発表されるかもしれません。

インパクトのあるレクサスらしいフロントマスクはそのままに、ボディサイズを一回り小さくすると予想しています。
また、エンジンは技術提携しているBMWの1.5Lエンジンを搭載する見込みです。

レクサスからは他に8車種も展示

上述した4車種に加えてレクサスは発売予定車を含む8車種も東京モーターショーにて展示しました。
8車種の一覧は下記の通りです。
・レクサス LX
・レクサス RX
・レクサス GS F ”F” 10周年記念特別仕様車(2018年春頃発売)
・レクサス RC F ”F” 10周年記念特別仕様車(2018年春頃発売)
・レクサス RC
・レクサス GS
・レクサス IS
・レクサス CT
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 日産】

【出展確定】日産 新型コンセプトカー NISSAN IMx

日産 NISSAN IMx
日産 NISSAN IMx
日産 NISSAN IMx
日産 NISSAN IMx

日産はYouTube公式チャンネルにて、東京モーターショーでワールドプレミアする新型コンセプトカーの動画を公開していました。
そして東京モーターショー2017にて、100%電気自動車のクロスオーバーコンセプトカー「NISSAN IMx(ニッサン IMx)」を世界初公開しました。
東京モーターショーにて編集部ごめすが現地リポートしています。

ニッサン IMxは、将来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を見据えた「クルマとドライバーがより繋がり、もっとクルマで移動したくなる」をコンセプトとしたモデルです。

リーフに搭載している「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現。
自動運転で空港に向かい、到着後は無人運転で駐車場を探して駐車、旅から戻る日時に合わせて車が無人運転で迎えに来る、といった新しいライフスタイルを提案しています。
さらに、クルマに任せてドライブができる「プロパイロットドライブモード(PDモード)」や、搭載された知能化技術でダイナミックなドライビングを楽しめる「マニュアルドライブモード(MDモード)」など、シーンに応じた使い方をすることができます。

新しいEV専用プラットフォームの高効率パッケージにより、段差の無いフラットなフロアと今までにない開放的な広いキャビンスペースを実現しました。
パワートレインには、320kW/700Nmを発生する高出力モーター2基を前後に搭載した、ツインモーター4WDを採用しています。

【出展車】日産 セレナ e-POWER

セレナ e-POWER ハイウェイスター

日産新型セレナe-POWER(参考出品車)

日産 新型セレナのe-POWERモデルが、東京モーターショー2017で初公開されました。
発売は2018年春と発表されており、一足先にお披露目となります。

搭載されるe-POWERは11月にマイナーチェンジした「ノート」に初搭載されたもの。
セレナが誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地のよさはそのままに、モータードライブの楽しさと優れた燃費性能を実現しています。

【出展車】日産 リーフ NISMO コンセプト

日産 リーフ NISMO 2017

東京モーターショー2017で展示されたリーフ NISMO コンセプトはEVの持つ環境性能に加え、NISMOらしいスポーティーな走りを実現したいと企画したNISMOブランドによるEVコンセプトモデルです。

NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアの採用により、Cd値を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現しました。

ブラックカラーの内装にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントが施され、走りへの期待感を高める空間を演出されています。

また、チューニングされた専用サスペンション、高性能タイヤなどを採用、さらに電動駆動の特性を活かし、どこからでも瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOらしい走りの楽しさを提供することでしょう。

【出展車】日産 セレナ NISMO

日産 セレナ NISMO 2017

日産は人気ミニバン「セレナ」のカスタムモデル「セレナ ニスモ(NISMO)」を出展しました。

セレナ ニスモ(NISMO)は「迫力のスタイリング」と「爽快なドライビング」を実現した、スポーツカスタムモデルです。
エクステリア(外装)のエアロパーツだけでなく、専用のボディ補強やサスペンションチューニング、専用ECMやマフラーなど、中身までこだわって作られています。

日産 セレナ NISMOは2017年11月発売予定です。

【出展車】日産 スカイライン

現行型 スカイライン

日産 新型スカイライン 2017

日産 スカイラインがマイナーチェンジして、東京モーターショー2017にて発表されました。

全方位型運転支援システムを全グレードに標準装備としており、さらに高性能ハイブリッドシステムやダイレクトアダプティブステアリングなどを装備しています。
エクステリア(外装)もデザインを刷新した新型スカイラインは、2017年12月下旬に発売予定です。

日産からは他に5車種も展示

上述した5車種に加えて日産は8車種も東京モーターショーにて展示しました。
8車種の一覧は下記の通りです。
・日産 リーフ
・日産 ノート NISMO e-POWER
・日産 ノート e-POWER
・日産 エクストレイル
・日産 デイズ
・日産 デイズルークス
・日産 ジューク
・日産 GT-R
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 ホンダ】

【出展車】Honda Sports EV Concept

ホンダ スポーツ EV コンセプト

EV性能と人工知能(AI)を組み合わせたコンパクトカーコンセプト「Honda Sports EV Concept」が、東京モーターショーで世界初公開されました。

後述するHonda Urban EV Conceptとプラットフォームを共有しており、人々が親しみの持てる次世代のスポーツカーを目指しました。

【出展車】Honda Urban EV Concept

ホンダ アーバン EV コンセプト

フランクフルトモーターショー2017で初公開されたHonda Urban EV Conceptのジャパンプレミアが、東京モーターショーで行われました。

Honda Urban EV Conceptは新開発のEV専用プラットフォームを採用した、次世代の量産EVコンセプトカーです。
親しみやすいエクステリア(外装)に、AIによるメッセージやあいさつなどを表示するディスプレイなど、人と車の自然なコミュニケーションを目指しています。

【出展車】Honda NeuV(ニューヴィー)

ホンダ NeuV

日本初公開となる、自動運転技術とAIを搭載したEVコンセプトモデル「Honda NeuV」が東京モーターショーに出展されました。

ドライバーの表情や声の調子からストレスを読み取り、さらにドライバーのライフスタイルや嗜好を学習します。
また、自動運転によるライドシェアも想定されています。

【出展車】Honda ロボキャス Concept

Honda ロボキャス Concept

走行機能を持つコンパクトな車体ベースに、キャリースペースとなる上屋を自由に組み合わせることができる、進化初の電動モビリティーです。
ものを載せる、人を乗せるなど、様々なシーンでの活躍が想定されています。

東京モーターショー2017がワールドプレミアとなった今回は、音楽に合わせたショーやブースでのコミュニケーションを楽しむことができます。

【出展車】ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

ハイブリッドモデルの発表が行われた新型CR-Vが、東京モーターショーで日本初公開されました。

新型CR-Vは「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車と4WD車をラインアップ。
さらに「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の標準搭載や、ガソリン車への3列目シートの設定など、次世代SUVとしての使いやすさも向上させています。

【出展車】ホンダ レジェンド

ホンダ レジェンド

2018年にビッグマイナーチェンジが予想されていたホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」が、東京モーターショーで日本初公開されました。

フロントグリルやバンパーデザインなどを一新し、印象も新たな新型レジェンドは「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling All-Wheel-Drive)」により走りにも磨きがかかっています。

【出展車】ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

11月にマイナーチェンジモデルが発売されるホンダ オデッセイが、一足先に東京モーターショーで展示されました。

オデッセイハイブリッドには「Honda SENSING」の他、「電子制御パーキングブレーキ」や進化した「Hondaスマートパーキングアシストシステム」が搭載され、使いやすさがアップしています。

【出展車】ホンダ S660 β特別仕様車 コモレビ エディション

S660 β特別仕様車「#komorebi edition」

11月から翌1月までの期間限定発売となるホンダ S660の特別仕様車「ホンダ S660 β特別仕様車 コモレビ エディション」が東京モーターショーで展示されました。

専用色の「ヒダマリアイボリー・パール」のボディカラーや、ブラウンルーフトップ、ライトタンインテリアなど、上質で親しみやすさを演出しています。
また、要望が多かったシティブレーキアクティブシステム(低速衝突軽減ブレーキ)を標準搭載としました。

【出展車】ホンダ クラリティ PHEV

ホンダ クラリティ プラグインハイブリッド

ホンダのFCV(燃料電池車)であるクラリティから、PHEVモデルが東京モーターショーで日本初公開されました。
クラリティ PHEVは2017年4月のニューヨークモーターショーですでに公開され、アメリカではすでに販売が開始されています。

ホンダはクラリティについてEVモデルも発表しており、クラリティは世界で初めて同一プラットフォームに3種類の電動パワートレインを揃えたモデルです。

ホンダからは他に7車種も展示

上述した9車種に加えてホンダはその他7車種も東京モーターショーにて展示しました。
7車種の一覧は下記の通りです。
・NSX
・シビック ハッチバック
・シビック セダン
・シビック TYPE R
・ステップ ワゴン
・N-BOX
・N-BOX Custom
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 マツダ】

【出展車】マツダ 魁 CONCEPT(次世代商品コンセプトモデル)

マツダ 魁 CONCEPT

マツダ 次世代商品 コンセプトモデル
マツダ 魁 CONCEPT

東京モーターショー2017で初公開となった「魁 CONCEPT」はマツダが目指す次世代車を体現したモデルで、次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックです。
東京モーターショーにて編集部ごめすが現地リポートしています。

魁 CONCEPTは世界で初めて圧縮着火が制御されるガソリンエンジン「SKYACTIV-X」と、人間に合わせて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」に加え、深化した魂動デザインを採用しています。

当初このコンセプトモデルは新型アクセラなのではと言われていましたが、今回「アクセラ」の名称は付いていません。
市販化に伴ってマツダがどのような動きを見せるのか、注目です。

【出展車】マツダ VISION COUPE(次世代デザインビジョンモデル)

マツダ VISION COUPE

マツダ 次世代デザインビジョンモデル
マツダ VISION COUPE
マツダ VISION COUPE

マツダは「マツダ CX-5」導入以降、世界からの評価の高いマツダの魂動デザインの表現方法をさらに深化させた次世代デザインビジョンモデル「マツダ VISION COUPE」を、東京モーターショー2017で初公開しました。
マツダの新型デザインコンセプトである、日本の美を突き詰めた「エレガントで上質なスタイル」を目指す魂動(こどう)デザインです。

マツダ VISION COUPEはエクステリア、インテリアのみが判明していますが、MOBY編集部がメーカーに直接取材したところ「VISION COUPEは市販化されるプロトタイプではない」とのことでした。
とはいえ、今後のマツダの新型車にVISION COUPEのコンセプトが取り入れられることは間違いないでしょうから、楽しみに待ちましょう。

【出展車】マツダ CX-8

マツダ 新型 CX-8 外装

2017年9月から予約受注が開始され、12月14日の発売を待つのみとなったマツダ新型CX-8が東京モーターショーに出展されました。

マツダ CX-8は新型3列シートクロスオーバーSUVです。
マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルであり、上質で洗練されたデザインや、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、実用的で快適な3列シートなどの装備が魅力です。

マツダからは他に市販車および新型車8車種も展示

上述した3車種に加えてマツダは市販車および新型車8車種と技術展示1点も東京モーターショーにて展示しました。
一覧は下記の通りです。
・マツダ ロードスター特別仕様車「RED TOP」
・マツダ ロードスターRF商品改良車
・マツダ ロードスターRF(手動運転装置付車)市販予定車 (10月26日以降の展示)
・マツダ デミオ特別仕様車「Noble Crimson (ノーブル・クリムゾン)」(10月26日以降の展示)
・マツダ アクセラ(セダン)(10月26日以降の展示)
・マツダ アテンザ(セダン)(10月26日以降の展示)
・マツダ CX-3(10月26日以降の展示)
・マツダ CX-5(10月26日以降の展示)
・次世代ガソリンエンジン SKYACTIV-X
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【出展せず】新型RX-7?RX-9?新型ロータリースポーツ

(参考)2015年に出展されたマツダ RX-VISION コンセプトモデル

マツダ RX-VISION コンセプトモデル

2015年東京モーターショーにて展示されたロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「マツダ RX-VISION」から、マツダは新型ロータリーエンジンスポーツカーを開発中との見方が濃厚です。

しかし今回の東京モーターショーでの展示はなく、出展された「VISION」の名前を持つ「VISION COUPE」も、あくまでデザインコンセプトモデルということです。
新型RX-9開発についてもマツダからの発表はありませんでしたが、続報を待ちましょう。

【東京モーターショー2017 スバル】

【出展車】スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(フォレスター後継車?)

SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT

(参考)2015年東京モーターショー スバル「VIZIV FUTURE CONCEPT」

スバル フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

2015年に公開された「VIZIV (ヴィジヴ)」コンセプトから、東京モーターショー2017にて「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」が、ワールドプレミアされました。

「VIZIV FUTURE CONCEPT」は新型のフォレスターまたは後継車になるのではとの声もありましたが今回はそれには言及せず、新たにスポーツセダンタイプのコンセプトモデル「VIZIV FUTURE CONCEPT」を公開することになります。

VIZIV FUTURE CONCEPTはアイサイトを核とした高度運転技術をスポーツセダンで、ドライバーがより運転を楽しめる世界観を提示します。

【出展車】S208

スバル S208

東京モーターショーで公開されたS208は、WRX STIをベースとした、Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカーです。
スバルとSTIが共同で開発したエンジンや足回りにより、スバルらしい走りの楽しみを究極まで高めています。

なお、S208は450台の限定抽選発売となり、購入には受付期間中に販売店での商談エントリーが必要です。

【出展車】スバル BRZ STI Sport

東京モーターショーにて、BRZの最上級グレード「STI Sport」が発表されました。

BRZ STI Sportはスバル BRZをベースとし、BRZのしなやかさと操縦安定性を高めて魅力を高めたモデルです。
スバルとSTIの共同開発により、ボディ剛性の向上や足回りの専用チューニングを実施。
ドライバーの意のままに動くハンドリングや上質な乗り味を実現しました。

特別外装色の「SUBARU BRZ STI SportクールグレーカーキEdition」は100台限定で発売されます。

【出展車】レガシィ アウトバック Limited Smart Edition

レガシィ アウトバック Limited Smart Editionが東京モーターショーで公開されました。

レガシィ アウトバック Limited Smart Editionは、レガシィ アウトバックの上質感を活かしつつさらに機能性を向上させたモデルです。
最上級グレードのアウトバックならではの気品を感じさせる内外装デザインや、ナビやオーディオなどの性能を向上させています。

【出展車】スバル XV FUN ADVENTURE CONCEPT

スバル レガシィ アウトバック Limited Smart Edition

東京モーターショーで展示されたXV FUN ADVENTURE CONCEPTは、スバル XVのデザインの持ち味をより強調したコンセプトモデルです。

ボディカラーは大自然の中でも光り輝くイエローメタリックを採用。
アウトドアを思い切り楽しむというXVの世界観を、タフでラギットなデザインの強調や専用オフロードタイヤで表現しています。

【出展車】IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT

スバル Impreza Future Sport Concept

東京モーターショーで公開されたIMPREZA FUTURE SPORT CONCEPTは、IMPREZA SPORTをベースに運転をより気軽に楽しめるよう、新しいスポーツ価値を提案するデザインコンセプトカーです。

スポーティなセンターマフラー、イエローのボディカラーなど、アクティブさを表現しています。

【出展車】スバル BRZ GT300(Super GT参戦車両)

Super GT参戦中の車両「BRZ GT300」が、東京モーターショーにて展示されました。

ブースではレースの臨場感をマシンから感じることができました。

【出展せず】スバル アセント

スバル アセント コンセプト 外装

北米スバルが2017年ニューヨーク国際自動車ショーで公開した、新型3列ミッドサイズSUV「アセント」。
東京モーターショーでも公開が期待されていましたが、展示はありませんでした。

残念ですがスバル曰く「アセントの日本導入はない」とのことです。

【東京モーターショー2017 スズキ】

【出展車】スズキ e-SURVIVOR(イー・サバイバー)

スズキ e-SURVIVOR イー・サバイバー

スズキを代表するコンパクトSUV「ジムニー」や「エスクード」のデザインや機能性を継承する未来のコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」が東京モーターショー2017に出展されました。
東京モーターショーにて編集部ごめすが現地リポートしています。

スズキ e-SURVIVOR(イー・サバイバー)は、ラダーフレームとコンパクトボディーといったスズキの伝統的なスタイルを引き継いだモーター式の四輪独立駆動のSUVです。

【出展車】スズキ SPACIA CONCEPT(スペーシア コンセプト)

<参考出品車>スズキ SPACIA CONCEPT(スペーシア コンセプト)

スズキ SPACIA CONCEPT スペーシア コンセプト

東京モーターショー2017で、スズキが掲げるテーマ『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』を今回一番に体現していると言っても過言ではないスズキ SPACIA/SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア コンセプト)も出展されました。

スペーシア コンセプトは、「わくわく」と「楽しさ」の両方を提案する新しいスタイルの軽ハイトワゴンです。
軽自動車でありながらも、底床化された室内空間は広々としています。
また、後席両側にスライドドアを採用することで、利便性にも優れています。

新型スペーシアは年内中にも発表とのことですので、市販モデルの公開も楽しみです。

【出展車】スズキ SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)

<参考出品車>スズキ SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)

SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)

前項のスペーシア コンセプトとは打って変わって「SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)」は、存在感のある軽ハイトワゴンです。
スペーシア コンセプト同様に利便性に重きを置きながらも、豪華なデザインと大型のフロントメッキグリルは迫力満点です。

新型スペーシアと合わせてスペーシアカスタムも年内中に発表とのことですので、市販モデルの公開も楽しみです。

【出展車】スズキ XBEE(クロスビー)

<参考出品車>スズキ XBEE クロスビー

スズキ クロスビー

これまでハスラーワイドと呼ばれていた、ハスラーと同系統の外装をしているクロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」「XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)」が東京モーターショー2017に出展されました。

XBEE(クロスビー)は、「遊べる軽!」で知られているハスラーから発展した「もっとみんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」という声に答える形で登場したクロスオーバーワゴンです。

都会ではおしゃれに、そしてレジャーではアクティブにという、様々なユーザーのライフスタイルに似合うように設計されました。
ワゴン特有の広い室内空間、コンパクトサイズならではの取り回しの良さ、そしてSUVの走破性と機能性のすべてを実現した新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンとして東京モーターショー2017に登場します。

【出展車】スズキ XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)

<参考出品車>スズキ XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)

スズキ クロスビー アウトドアアドベンチャー

前項のXBEE(クロスビー)をよりアウトドアよりにしたものが「XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)」です。

「大人が楽しむキャンプシーン」をイメージして作られたクロスビー アウトドア アドベンチャーは、アウトドアなどで自然に溶け込むようなデザインが特徴です。

【出展車】スズキ XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー ストリート アドベンチャー)

<参考出品車>スズキ XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー ストリート アドベンチャー)

スズキ クロスビー ストリートアドベンチャー

XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー ストリート アドベンチャー)は、先程のアウトドアアドベンチャーとは対をなす、シティーユースを想定した小型クロスオーバーワゴンです。
都会に溶け込むような個性的でおしゃれな外観は、アクティブな印象も与えます。

【出展車】スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト

<参考出品車>スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト

スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト

東京モーターショーに出展された「スズキ キャリイ軽トラいちコンセプト」は、軽トラ市に出店することを想定して利便性を高めた軽トラです。

もちろん仕事用の軽トラという立ち位置だけでなく、日頃の足にもなる幅広い使いみちができます。

【出展車】スズキ ジムニー

(参考)スズキ ジムニー 2007年型

スズキ ジムニー 2007年型

スズキ ジムニーは、本格的なアウトドアやオフロードでも使える、4WDモデルの軽自動車です。
発売から20年以上もフルモデルチェンジをしていないこともあり、「そろそろ」という声も多くあります。

軽の軽さを活かしたオフロードや水辺での突破性は、ジムニーの一番の特徴といえます。
スズキの燃費向上技術である「S-エネチャージ」や、最新の安全装備などをプラスした、新しいジムニーの今後に期待しましょう。

今回の東京モーターショーは新たなオフロードコンパクトである「イーサバイバー」のデビューとなったためか、現行モデルの展示となりました。
新型ジムニーがいつ発表されるか、楽しみに待ちましょう。

【出展せず】スズキ カプチーノ

(参考)スズキ カプチーノ 1991年型

スズキ カプチーノ 1991年型

公式発表はありませんが、新型カプチーノの画像が出回っています。

実際のデザインはまだわかりませんが、これまでのカプチーノから少しゴツくなったデザインで登場するのでは、と言われています。
エンジンは2015年末に発表された新型アルトワークスを用いるとすると、トランスミッションのラインナップは5MTと、5AGSの2ペダルAMTと考えられます。

今回の東京モーターショーには出展されませんでしたが、ダイハツ コペンやホンダ S660などのライバル車もあるので、スズキもそろそろ発売するのではないでしょうか。

スズキからは他に8車種も展示

上述した8車種に加えてスズキは販売中の8車種も東京モーターショーにて展示しました。
8車種の一覧は下記の通りです。
・新型スイフトスポーツ
・バレーノ
・イグニス
・エスクード
・ハスラー
・アルト ラパン
・アルトワークス
・ワゴンR 昇降シート車
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 ダイハツ】

【出展車】DN ProCargo(ディーエヌ プロカーゴ)

ダイハツ DN ProCargo ディーエヌ プロカーゴ 外装

ダイハツの三輪軽自動車「ミゼット」の優れた利便性と拡張性を引き継いだ商用EV・ダイハツ ディーエヌ プロカーゴが東京モーターショーに出展されました。

底床設計により室内空間と荷室の利便性を最大限化することで、ミゼットのよさを2017年らしくアレンジした、実用的でかわいらしいコンセプトが見受けられます。

【出展車】DN compagno(ディーエヌ コンパーノ)

ダイハツ DN compagno ディーエヌ コンパーノ 外装
ダイハツ コンパーノ 東京モーターショー2017_5

©MOBY

ダイハツ コンパーノ 東京モーターショー2017_1

©MOBY

ダイハツ コンパーノ 東京モーターショー2017_4

©MOBY

ダイハツ コンパーノ 東京モーターショー2017_3

©MOBY

ディーエヌ コンパーノが東京モーターショーに出展されました。
1.0Lターボエンジンと1.2Lハイブリッドエンジンがラインナップするコンパクト4ドアクーペです。

「ダイハツ コンパーノ」は1963年から1970年まで販売されていた、イタリアンデザインが特徴のダイハツ初の乗用車です。
ダイハツは新たにディーエヌ コンパーノによって、快適なセカンドライフのための、おしゃれで広々とした車内空間を提案しています。

東京モーターショーでは価格など詳細発表はありませんでしたが、トヨタからの続報に期待です。

【出展車】DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)

ダイハツ DN U-SPACE ディーエヌ ユースペース 外装

ディーエヌ ユースペースが東京モーターショーに出展されました。

ファミリーや女性ユーザーがより便利に使うことができるよう提案された、広い車内空間が特徴のディーエヌ ユースペースは、ダイハツ タントの後継車との噂もあるようです。

ハンズフリー前後スライドドアを採用するなど、軽自動車ながら充実した使いやすさを備えています。

【出展車】DN TREC(ディーエヌ トレック)

ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック 外装

DN TREC(ディーエヌ トレック)が東京モーターショーに出展されました。
アクティブさやタフさをテーマにした、スタイリッシュなコンパクトSUVです。

普段使いだけでなく趣味とも気軽に両立できるアクティブな車として提案されており、実用性だけでなく楽しんで乗ることのできるコンセプトが詰め込まれています。

エンジンは1.2Lハイブリッドと1.0Lターボの2種類です。

【出展車】DN MultiSix(ディーエヌ マルチシックス)

ダイハツ DN MultiSix ディーエヌ マルチシックス 外装

ディーエヌ マルチシックスは、すでにインドネシアで行われたモーターイベント「GIIAS 2017」にて登場しており、今回が日本初公開となりました。

プレミアムさを強調したスタイリッシュコンパクトミニバンにも関わらず、6人乗り3列シートというのだから驚きです。
2列目シート間はウォークインが可能で、3列目シートに簡単に移動できます。

ダイハツからは他に市販予定車および市販車11車種も展示

上述した5車種に加えてダイハツは市販予定車および市販車11車種も東京モーターショーにて展示しました。
11車種の一覧は下記の通りです。
・ハイゼット カーゴ
・ブーン シルク(特別色)
・トール カスタム(特別色)
・ブーン
・トール
・ムーヴ キャンバス
・コペン セロ
・ムーヴ カスタム
・タント カスタム
・タント ウェルカムシート
・ミラ イース
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 三菱】

【出展車】MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

三菱 新型 e-EVOLUTION CONCEPT
三菱 MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT
三菱 MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

三菱自動車は、新たなAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEV「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を東京モーターショーにて世界初公開しました。

独自のEVの進化形(EVOLUTION)という意味が込められた車名は、SUV、EV、システムの融合という今後の三菱の開発コンセプトを示しています。
高い地上高やサイドボディ、「パジェロ」のスペアタイヤをイメージしたリヤの大きな六角形など、三菱の顔であるSUVらしさを全面に押し出したデザインです。

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTは、小型・高出力モーターをフロントに1機、リヤに2機に搭載したパワートレインレイアウトに、大容量の駆動用リチウムイオンバッテリーを採用しています。
さらに4WDシステムには三菱自動車が誇る車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用しました。
三菱のAI技術力やSUVノウハウをフル活かしたモデルですので、市販化が楽しみですね。

【出展車】三菱 エクリプス クロス

三菱 エクリプス クロス

東京モーターショー2017においてエクリプス クロスの日本仕様車が初公開されました。

エクリプス クロスは、スタイリッシュなクーペフォルムにダイナミックな SUVの機動力を融合させたクーペ SUVです。
欧州仕様車はすでに出荷が始まっており、今後は日本以外でも豪州や北米、世界各国に展開される予定です。

1.5Lダウンサイジングターボエンジンと車両運動統合制御システム「S-AWC」を搭載しており、走破性の優れたSUVといえます。

【出展車】三菱 デリカD:5「ACTIVE GEAR」

▼(参考)東京モーターショー2013で発表したコンセプトカー「Concept AR」

2007年の発売から10年以上経っている三菱 デリカD:5。
東京モーターショーではオレンジ色を内外装のアクセントカラーとし、アウトドア用品のギア感を表現した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブ ギア)」グレードの現行デリカD:5が展示されました。

残念ながら今回は新型の発表はありませんでしたが、新型中の開発は東京モーターショー2013で発表したコンセプトカー「Concept AR」をベースにするのでは、と言われています。
また、新しいクリーンディーゼルエンジンの採用、三菱のAWD(四輪駆動)や車両運動統合制御システムである「S-AWC」も採用されるのではという予想もあります。

低燃費で環境に優しい、でも力強い加速感をもった、新型三菱 デリカD:5に期待しましょう。

三菱からは他に5車種も展示

上述した3車種に加えて三菱は特別仕様車を含む5車種も東京モーターショーにて展示しました。
5車種の一覧は下記の通りです。
・アウトランダーPHEV
・アウトランダー「ACTIVE GEAR」
・RVR「ACTIVE GEAR」
・eK カスタム「ACTIVE GEAR」※参考出品車
・eK スペース カスタム 「ACTIVE GEAR」※参考出品車
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【出展せず】三菱 パジェロミニ

(参考)三菱 パジェロミニ 2012年型

三菱 パジェロミニ 2012年型

1994年に登場した三菱 パジェロミニは、SUVのパジェロから軽自動車にサイズダウンしたモデルです。
パジェロは本格的なSUVであり、サイズダウンしたパジェロミニもその魂は受け継がれています。

2012年に惜しまれつつも生産終了しましたが、スズキ ハスラーの大ヒットなどもあり、パジェロミニの復活も大いに考えられます。
ファンの希望としては、これまでのパジェロミニ同様、オフロード走行もガンガンできるスペック、6速マニュアルに期待ですね!

残念ながら、今回の東京モーターショーでは発表はありませんでした。

【東京モーターショー2017 BMW】

【出展車】BMW 8シリーズ コンセプト

BMW 8シリーズクーペ

BMW 8シリーズ コンセプトが東京モーターショーにて展示されました。
BMW 8シリーズ コンセプトは「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にて公式発表されたモデルで、BMWの妥協のないスポーティなダイナミクスと現代的なラグジュアリーを示しています。

プレスカンファレンスでは、今回のコンセプトカーはBMW 8シリーズクーペの外観を示唆したものと発表されました。
間もなく発売が予定されている市販型BMW 8シリーズクーペと非常に似ているとのことで、新型BMW 8シリーズクーペの発表が楽しみです。

【出展車】BMW Z4 コンセプト

BMW Z4 コンセプト

BMW Z4 コンセプトが東京モーターショーにて展示されました。

BMW Z4 コンセプトとはトヨタと共同で開発が進んでいるスポーツオープンカーです。
トヨタからは「スープラ」として発売されることが予想されています。

Z4 コンセプトに関して、BMWは2019年に『驚くべきモデル』を公開する予定と発表していますので、スープラ共々続報に期待です。

【出展車】BMW M5

BMW M5 2017 外装

ついに受注が開始されたBMWの新型M5が、東京モーターショー2017に出展されました。

新型M5はMモデルのセダンとして初めてM専用4輪駆動システム「M xDrive」を搭載しています。
さらに新開発のV型8気筒ターボエンジンは、最高出力600ps、最大トルク750 Nmの大パワーで、0-100km/h加速は3.4秒です。

【出展車】BMW 6シリーズ グランツーリスモ

BMW 6シリーズ グランツーリスモ 2017年

特別限定仕様車が発表されたBMW 6シリーズが東京モーターショーに出展されました。
高級感あふれるスタイリングと力強い走りで人気のシリーズで、現在はクーペ、カブリオレ、グランクーペの3モデル展開です。

BMW 5シリーズ グランツーリスモの「後継車」であると公式アナウンスされた6シリーズ グランツーリスモは、存在感、機能性、ダイナミクスが大幅に強化されています。

さらにこのモデルには、最新の自動運転技術が搭載されているとのことで、BMW初の高度自動運転車の量産モデル「BMW iNext」を2021年までに発売する計画実現を示唆しました。

【出展車】BMW X3

BMW 新型 X3

10月19日より日本でも発売が開始された3代目BMW X3。
フルモデルチェンジしたばかりのモデルが東京モーターショーで公開されました。

BMWコネクテッド・ドライブや最新ナビゲーションの他、部分自動運転が可能なBMWの最先端運転支援システムを搭載しています。
また、BMWこだわりの理想的な重量配分により、優れた走行性を実現しました。

BMWからは他に8車種も展示

上述した5車種に加えてBMWはその他8車種も東京モーターショーにて展示しました。
8車種の一覧は下記の通りです。
・BMW M4 CS
・BMW M760Li
・BMW M2
・BMW X6 M
・BMW 740e
・BMW 530e
・BMW i3
・BMW i8
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 メルセデス・ベンツ】

【出展車】メルセデス・ベンツ コンセプト EQ A

メルセデス・ベンツ EQ A

2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショー2017にて、メルセデスベンツのEV専門ブランド「EQ」から新型コンセプトカー「EQ A」が公開されました。

新型「EQ A」はすでに発表されている「EQ C」のようなSUVクーペではなく、コンパクトハッチバックモデルとなっています。
メルセデス・ベンツは2022年までに電気自動車を10モデルをリリースするとしていますが、新型「EQ A」はそのヴィジョンを証明する1台となります。

【出展車】メルセデス・ベンツ スマートビジョン EQ フォーツー

スマートビジョン EQ フォーツー 2017

「ビジョンEQフォーツー」の概念を明らかにし、未来のスマートフォーツーにあたるコンセプトモデルの「スマートビジョン EQ フォーツー」が東京モーターショーで公開されました。
2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショーでも、一足先に公開されています。

デモンストレーションでは、フロントマスクに当たる部分の液晶画面にメッセージが、フロントライト部にまばたきモーションが映し出されるなど、キュートな姿を見せてくれます。

新たなコンセプトカーは、メルセデス・ベンツのEV市場のシェアを拡大する際に柱となる車になるでしょう。

【出展車】メルセデス AMG プロジェクトワン

メルセデス AMG プロジェクトワン

「メルセデス AMG」から新型スーパーカー「プロジェクト・ワン」が、日本初公開されました。

F1の機体に2台のモーターを搭載したプロジェクト・ワンは、メルセデス王道のガルウィングではなく、バタフライタイプ仕様。
左右斜め方向に跳ね上がる印象的なシルエットです。

このように見た目からもスーパーカーといったプロジェクト・ワンですが、「F1技術を搭載した公道走行可能な車」をコンセプトに開発されています。

【出展車】メルセデス・ベンツ GLC F-CELL

GLC F-CELL

出展されたGLC F-CELLはメルセデス・ベンツ初のFCVです。
メルセデス・ベンツ/ダイムラーが長期戦略として掲げている「CASE」の達成において非常に重要な役割を担っています。

メルセデス・ベンツのSUVであるGLCクラスをベースとした「GLC F-CELL」は、通常の水素燃料電池車とは異なり、外部接続で充電可能なプラグイン機能を搭載しているのが特徴です。

【出展車】スマート・フォーフォー ターボ クロスタウン リミテッド

スマート・フォーフォーを都市向けのクロスオーバーのようにした特別仕様モデルが「スマート・フォーフォー ターボ クロスタウン リミテッド」です。
欧州では9月に受注を開始していましたが、日本発売についての発表はまだありませんでした。

今回東京モーターショーで展示となったこのモデルは「スマート ブラバス・フォーフォー キャンバストップ リミテッド」と共に、オンラインストアにて限定発売されます。

【出展車】メルセデス AMG GT C クーペ

メルセデスAMG GT C クーペ

AMG(エーエムジー/アーマーゲー)という、メルセデス・ベンツのチューニング部門であり、メルセデス・ベンツの上級高性能モデルやスポーティーなパーツに冠されるブランドから登場したのが「AMG GT」です。
この「AMG GT」は自動車レースで培ったノウハウ、技術力がつまった、正真正銘のスポーツカーと言えます。

今回、一部改良モデルを東京モーターショーにて公開しました。

【出展車】メルセデス AMG GLC 63 4MATIC+

メルセデス-AMG GLC 63 S 4MATIC+

メルセデス・ベンツのGLCのトップモデル「メルセデス AMG GLC 63 4MATIC+」が参考出展されました。

馬力は476PSで0-100km/hの加速は4.0秒とハイスペックを誇っています。
内装も高級感溢れるものとなっています。

【出展車】スマート・フォーフォー エレクトリック ドライブ

スマート・フォーフォーのEV「スマート・フォーフォー エレクトリック ドライブ」が東京モーターショーに参考出展されました。
これまでスマート・フォーツーには電気自動車がありましたが、フォーフォーの設定はこの車が初めてとなっています。

街乗りでの利用が想定され、最大航続可能距離は約154kmとなっています。

【出展車】メルセデス・ベンツ G 350 d designo manufaktur Edition

メルセデス・ベンツGクラスの特別仕様車「メルセデス・ベンツ G 350 d designo manufaktur Edition」が出展されました。

欧州では9月から発売されており、ボディーカラーやホイール、内装など専用のデザインになっています。

メルセデス・ベンツからは他に販売中の新型車11車種も展示

上述した9車種に加えてメルセデス・ベンツは販売中の新型車12車種も東京モーターショーにて展示しました。
11車種の一覧は下記の通りです。
・Mercedes-AMG Petronas F1 W08 EQ Power+ (モータースポーツ関連参考展示)
・Mercedes-Benz A 180 AMG Style
・Mercedes-Benz GLA 220 4MATIC
・Mercedes-Benz C 350 e AVANTGARDE
・Mercedes-Benz E 400 4MATIC Coupé Sports
・Mercedes-Benz E 220 d 4MATIC All-Terrain
・Mercedes-Benz S 560 4MATIC long
・Mercedes-Benz V 220 d Sports
・Mercedes-Maybach S 650
・Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC
・Mercedes-AMG E 63 S 4MATIC+
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 ポルシェ】

【出展車】ポルシェ カイエン ターボ

ポルシェ 新型 カイエン ターボ

フランクフルトモーターショー2017で世界初公開された、ポルシェ カイエン ターボが東京モーターショーでアジアプレミアとなりました。
今回はフルモデルチェンジではなく、スポーツ性能をアップさせて生まれ変わったカイエン ターボのお披露目です。

新型カイエン ターボは4.0L V8ツインターボエンジンを搭載しており、最高出力404kW(550PS)を発生します。
0-100km/h加速タイムは4.1秒(スポーツクロノパッケージ装備車は3.9秒)で、最高速度は286km/hに達する、SUV界随一のスペックを誇ります。

日本での受注は今年中に開始される予定です。

【出展車】ポルシェ パナメーラ 4Eハイブリッド(PHV)

ポルシェ パナメーラ E-ハイブリッド 外装

ポルシェの4ドアセダン「パナメーラ」のPHV(プラグインハイブリッド)モデル・パナメーラ 4Eハイブリッドが出展されました。

2016年10月に予約受注を開始し、2017年3月に日本国内で発売を開始しました。
馬力は500 kW/680 hpにも及び、他のパナメーラハイブリッドの462ps(約340 kW/456 hp)を大きく上回り、パナメーラ4 E-ハイブリッドの最高速度は310km/hにも到達します。

ポルシェの日本法人であるポルシェジャパンは東京モーターショー2017で「電動化が進んでもスポーツカーブランドとしてクルマ好きを満足させる姿勢を打ち出す。」と発表しています。

【出展車】ポルシェ 911 GT3

ポルシェ911GT3

ジュネーブモーターショー2017でワールドプレミアされた新型ポルシェ 911 GT3が東京モーターショーで展示されました。
フランクフルトモーターショーでは特別仕様車のツーリングパッケージがお披露目されています。

4.0L水平対向エンジンは、最高出力368kW(500PS)を発生する高回転NAエンジンです。
サーキット走行にも適したハイスペックマシンで、マニュアルオプション装備車の0-100km/h加速タイムは3.9秒、最高速度は320km/h。
ニュルブルクリンクでの7分12秒7の驚異的タイムは、先代911 GT3を12.3秒上回っています。

【出展車】356スピードスター(旧車)

ポルシェ 356 ヴィンテージ スピードスター

ポルシェ 東京モーターショー2017 コンパニオン_9

© MOBY

最新のハイブリッド車だけでなく、昭和29年から33年まで生産されたオープンカーの「356 スピードスター」も出展されました。
356 スピードスターは生産数が少なく、本物よりもレプリカの数のほうが多いと言われています。

東京モーターショーで展示された「356 スピードスター」はドイツ本社から取り寄せての展示となりました。

【出展せず】ポルシェ 911 ターボS カブリオレ

ポルシェ911ターボSカブリオレ

911シリーズの中で最もハイパワーなモデルが911 ターボと911 ターボSです。
今回は911 GT3が展示となったためか、911 ターボS カブリオレの展示はありませんでした。

カレラ タルガと違い3.8リッターのターボエンジンが搭載されています。
サーキット走行を意識した911 GT3や911 Rなどは排気量4.0LのNAエンジンのため、速さでは911 ターボのほうが上回っています。

ポルシェからは他に5車種も展示

上述した5車種に加えてポルシェは販売中の4車種も東京モーターショーにて展示しました。
5車種の一覧は下記の通りです。
・Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo(日本初公開)
・ Macan
・ Macan GTS
・718 Cayman S
・718 Boxster S
・911 GT3 Cup
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 アウディ】

【出展車】アウディ エレーヌ

アウディ イライネ コンセプト

アウディ エレーヌはEVのSUVクーペコンセプトモデルで、アウディの自動運転技術「アウディAI」を搭載しています。
テスラ モデルXに続くSUVクーペの電気自動車ということ、レベル4の自動運転技術を搭載していることから注目が集まっています。

東京モーターショーでエレーヌを展示するにあたり、アウディ エレーヌの2020年までのデビューを示唆しました。
しかし、レベル5の自動運転技術を搭載するEVコンセプト「アイコン」の開発も進めていますが、こちらは実用化までに10年以上かかるとの見込みです。

【出展車】アウディ A8/A8 L

アウディA8 新型 フルモデルチェンジ 2017

自動運転技術「アウディ AI」を搭載してフルモデルチェンジしたアウディのフラッグシップモデル・新型アウディ A8が日本初公開されました。
レベル3の自動運転技術を市販車に搭載するのは初めての試みとなります。

新型アウディ A8の「アウディ AI」は、高速道路や複数車線の道路を60km/h以下で運転している際、条件を満たすと「トラフィックジャムパイロット」を起動できるようになります。

【出展車】アウディ Q8 スポーツコンセプト

アウディ Q8 スポーツ コンセプト

アウディはかねてよりQ8の新たなコンセプトモデルの構想を発表しており、「Q8 スポーツコンセプト」の名前を明らかに表していました。
PHVモデルQ8の構想を発表していたアウディですが、「Q8 スポーツコンセプト」は新開発のマイルドハイブリッドシステムを搭載しているとのことです。

渋滞、低速での方向転換、駐車の際には内燃エンジンを停止させたままバッテリーのみで走行することができ、燃費の向上が期待できます。

東京モーターショーで公開された新型Q8は、2年以内のデビューを予定しています。

【出展車】アウディ RS 4 アバント

アウディ RS 4 アバント 2017

新型アウディ RS 4 アバントは、アウディ A4をベースとしたステーションワゴン(アバント)の高性能モデルです。
フランクフルトモーターショー2017で初公開され、2.9L TFSI V型6気筒ツインターボエンジンのパワーや燃費性能が評価されています。
ステーションワゴンの使いやすさはそのままに、走行性能をアップさせています。

東京モーターショーで公開された新型アウディ RS 4 アバントは、2018年にデビューを予定しています。

アウディからは他に4車種も展示

上述した5車種に加えてアウディは販売中の4車種も東京モーターショーにて展示しました。
4車種の一覧は下記の通りです。
・Audi RS 5 クーペ
・Audi R8 スパイダー
・Audi SQ5
・Audi Q7 e-tron
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 フォルクスワーゲン】

【出展車】フォルクスワーゲンI.D.BUZZ

フォルクスワーゲン I.D.BUZZ
フォルクスワーゲン ID.BUZZ 東京モーターショー2017_1

©MOBY

フォルクスワーゲン ID.BUZZ 東京モーターショー2017_2

©MOBY

クルマの未来を具現化した電気自動車『I.D シリーズ』から発表された、新型EVワーゲンバス「I.D. BUZZ(アイディバズ)」が東京モーターショー2017で日本初公開されました。
アイディバズはツートンカラーとエンブレムがT1ワーゲンバスを彷彿とさせるデザインで、2022年の生産が決定しています。

8人乗りの利便性はもちろん、自動運転機能や車内タブレットとスマートフォンの連動機能など、先進テクノロジーも満載となる予定です。

【出展車】フォルクスワーゲン ポロ TSI Highline

8月にフルモデルチェンジしたポロからは、ハイグレードモデルである「TSI Highline」を日本初公開しました。

フルモデルチェンジにより3ドアモデルが廃止され、ボディサイズを拡大しつつもコンパクトな取り回しにこだわった新型ポロ。
エンジンもガソリン、ディーゼル、天然ガスと3種類の6つのエンジンをラインナップしています。

新型ポロは2019年春頃発売予定です。

【出展車】フォルクスワーゲン up! GTI

フォルクスワーゲン up! GTI

2017年4月にマイナーチェンジを行ったフォルクスワーゲンup!(アップ)は、VWラインナップの中で最も小さなサイズの車です。
コンパクトながらキビキビとした走りで、日本でも人気があります。

東京モーター2017では「up! GTI」が日本初公開されました。
up!のハイパフォーマンスとなるup! GTIは、エンジンスペックを大幅に向上しつつ、さらにベースモデルより車高を15mm下げています。

【出展車】フォルクスワーゲン アルテオン R-Line Advance

フォルクスワーゲン アルテオン R-Line Advance

フォルクスワーゲンが、ライバルの高級車メーカーを見据えて開発したセダンモデル・Arteon(アルテオン)を、東京モーターショーで日本初公開しました。

パサートよりもさらに格上の5ドアグランツーリスモであるアルテオンは、4気筒直噴ターボエンジンを搭載。
アルテオンの発表で高級車市場に参戦するきっかけとなるか、フォルクスワーゲンの今後にも注目です。

【出展車】フォルクスワーゲン e-Golf/ゴルフ GTE/ゴルフ R Performance

e-Golf

フォルクスワーゲン ゴルフ GTE

ゴルフ GTE

フォルクスワーゲン ゴルフ R Performance

フォルクスワーゲン ゴルフからは3モデルが東京モーターショーに出展されます。

2015年に日本導入予定だった「ゴルフ」の電気自動車「e-Golf」の詳細が東京モーター2017で改めて発表、車も日本初公開されました。

また、フォルクスワーゲンの新しくなったプラグインハイブリッドモデル・ゴルフ GTEが日本初公開されました。
ゴルフ GTEは「Eモード」「GTEモード」「HVモード」の3つのモードを切り替えて楽しむことができます。

ゴルフRは「最速のフォルクスワーゲン」を謳う、ゴルフのフラッグシップモデルです。
東京モーターショー2017では「ゴルフR Performance」が日本初公開されました。

【東京モーターショー2017 ルノー】

【出展車】ルノー メガーヌGT

4代目ルノー・メガーヌGT

11月9日から日本国内発売となる新型メガーヌの「GT」が、一足先に東京モーターショー2017で展示されました。

日本市場の新型メガーヌは「GTライン」と「GT」に特化しており、
エンジンラインナップは1.2L直噴ターボを搭載する「GTライン」、1.6L直噴ターボ搭載の「GT」および「スポーツ・ツアラーGT」の3タイプです。

ルノーからは他に4車種も展示

上述した1車種に加えてルノーはその他4車種も東京モーターショーにて展示しました。
4車種の一覧は下記の通りです。
・ルノー メガーヌ スポーツツアラーGT
・ルノー ルーテシア ルノースポール シャシーカップ
・ルノー トゥインゴ GT
・ルノー F1ショーカー
※上記出展予定モデルは都合により変更となっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【東京モーターショー2017 シトロエン】

【出展車】シトロエン C3

シトロエン C3 新型

7月7日にフルモデルチェンジした新型C3が、東京モーターショー2017で展示されました。

前C3のエクステリアデザイン(外装)を大幅に変更した新型C3は、クロスオーバータイプへ路線変更したように見えます。
これは日本でも限定発売されたC4カクタスの影響を強く受けているためで、板チョコのような「エアバンプ」やボディ下の黒の塗り分けなど、共通点が多くなっています。

【出展車】シトロエン グラン C4ピカソ

シトロエン C4 ピカソ BlueHDi 2016年

最新クリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を搭載したモデル追加がなされた、シトロエンのミニバン・C4ピカソ。
「BlueHDi」はシトロエンC4、DS4、プジョー308、プジョー508にも採用されている、排気汚染物質を大幅削減できる高性能クリーンディーゼルです。

すでに市販化されているモデルで7人乗りの「グラン C4ピカソ」が東京モーターショー2017で展示されました。

【東京モーターショー2017 DS】

【出展車】DS 7 クロスバック

DS 7 クロスバック

シトロエンより独立し、単独のプレミアムブランドである「DS オートモビル」のフラグシップモデル「DS7 クロスバック」が東京モーターショーにて出展されました。
デザインにおいて、DS7 クロスバックは、SUVらしい力強さと、プレミアムカーとしての繊細さを両立しています。
パワートレインには、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方がラインナップしています。
さらに、将来的なガソリン・ディーゼル車全廃にともなって、2019年にはプラグインハイブリッドのAWDモデルが追加される予定です。

DSに関連するおすすめ記事はこちら

東京モーターショー2017にてナンバープレートブースを出展

東京五輪特別仕様ナンバープレート_01

全国自動車標板協議会は東京モーターショー2017にて、「ナンバープレート展」ブースを出展しました。
ブースではナンバープレートの歴史や、世界のナンバープレートの展示が行われました。

また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」も展示されました。

東京オリンピック・パラリンピック特別仕様ナンバープレートについてはこちら

軽自動車の白ナンバー取得方法についてはこちら

MOBYで人気の記事はこちら

次のページ

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す