初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

防弾仕様車 (防弾ガラス車)の入手方法から 新車・中古車価格について!

防弾仕様車 (防弾ガラス車)は、外見では見分けがつきませんが、安全のためのいろいろな加工技術が駆使されています。防弾性能も様々。購入したい方もいらっしゃると思いますが、どのようにしたら入手できるのでしょうか。新車ではなく中古車の場合はどうでしょうか。どうぞご覧ください。

防弾仕様車 (防弾ガラス車)とはどんな車?

トヨタ センチュリー 内閣総理大臣専用車

トヨタ センチュリー 内閣総理大臣専用車

各界の要人やVIPを安全に送迎するのに欠かせないのが、防弾仕様車 (防弾ガラス車)です。
2016年に開かれたリオデジャネイロオリンピックでは、日本のゴルフプレーヤーの片山晋呉選手と大山志保選手を、ゴルフ会場まで送迎するのに使用されて話題となりました。
レンタル料金は何と1日40万円だったとか。
でも、その金額、決して高くはないんです。
防弾仕様車 (防弾ガラス車)は、市販されている車両に、銃弾を阻止する加工を施した車両だからです。

今回の記事では、国内で生産されている防弾仕様車 (防弾ガラス車)について紹介していきます。

防弾仕様車 (防弾ガラス車)の防弾性能には レベルがある

防弾ガラス 被弾の様子

防弾ガラス

アメリカ軍の装備品の規格を制定している「NIJ」という機関が、銃弾を阻止する能力を5段階 (防弾性能が低い順にレベルIIA、II、IIIA、III、IV)で表し、規格化しています。
ほとんどの防弾仕様車 (防弾ガラス車)は、この基準をもとに作られています。
レベルIIAやIIは、制服の警察官や反社会的組織が所持している、一般的な拳銃弾を阻止することができます。
この日本において想定される脅威であれば、このレベルのものを選べば、価格も手ごろで購入しやすいのではないでしょうか。
ただし、中東などの治安の悪い地域で運用する場合は、過激派集団などが好んで使用している自動小銃弾を阻止できるレベルIIIが必要となります。
なお、レベルIVは、戦闘ヘリコプターや戦闘機に採用されている最高レベルの性能となっていますので、無敵の車がいい方は、こちらを選ぶことになります。

防弾仕様車(防弾カラス車)の入手方法は?

VWディーラー

出典:copyright©️ 2017 山崎龍 All Rights Reserved.

新車の場合

一般的な新車の購入は、ディーラーに出向きますが、防弾仕様車 (防弾ガラス車)の場合は、一般の車両をディーラーから仕入れ、防弾仕様に加工する専門の業者から購入するかたちが一般的です。

ただし、一般の人が普通の車を買うように、「車1台ください」と言って買えるものではないようです。
想像してみてください。
もしこのような車が、反社会的な組織の手に渡った場合どうなるでしょうか?
間違いなく悪用され、警察による捜査に大きな支障をもたらすことは必至でしょう。
そのため、警察当局から販売業者に対し、購入者に厳しい審査を行うように通達が出ており、審査をクリアしないと購入ができないことになっています。
当たり前です。
近年では、アメリカの9.11以降、審査がより厳しくなり、犯罪歴がない人間であっても、企業のトップなどの社会的な信用がある人に販売を限定する動きが活発になっているようです。
以上の理由から、気軽に購入できる車ではないといえます。

中古車の場合

前述のように、だれでも手に入れては困る事情があるため、一般の中古車市場には出回らないのが普通です。
使用しなくなった車両を払い下げる場合であっても、きちんとしたルートを通したうえであれば販売しているケースもありますが、稀です。
そのため、中古の防弾仕様車 (防弾ガラス車)を購入することは、ほぼ不可能といえそうです。

新車の販売価格はどのくらい?

札束

新車価格ですが、防弾性能や追加の安全装備の有無によって価格が大きく異なります。
レベルIIAやIIの場合、防弾性能を主とした車両で、ベースとなる標準仕様車の新車販売価格 (諸経費を除く)の15%から20%の割り増し、防弾性能に加え、パンクしないタイヤや、自車位置を特定しにくくする装備が付加された車両で、ベース車の新車価格の20%から25%の割り増しとなります。
レベルIIIの場合、防弾性能を主とした車両で、ベース車の新車価格の35%から40%の割り増し、追加装備が付加された車両で、ベース車の新車価格の40%から45%の割り増しとなります。
レベルIIIの車両の価格が極端に高い理由として、防弾性能を高めるために鋼鉄に加え、高価な炭素素材を使用していることが挙げられます。

具体的な価格を出すことは難しいですが、VIPの車として代表的な「レクサス LS600hL EXECUTIVE Pack(1,595万円)」をおよそ1500万円として換算してみると「1,800万〜2,300万円」ほどになります。

価格を取ってみても、経済的に一般の人が購入することは難しいようです。

庶民には なかなか手の届きそうにない防弾仕様車 (防弾ガラス車)

レクサス LS

レクサス LS

防弾仕様車(防弾ガラス車)についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
筆者も、早く防弾仕様車に守ってもらえる立場になりたいと思いますが……。
おそらく無理でしょう。
テレビなどで、天皇陛下や総理大臣が、防弾仕様車 (防弾ガラス車)で移動しているのを見ましたら、ぜひこの記事を思い出していただければ幸いです。

天皇陛下や総理・大統領の車についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す