初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

メルセデスベンツ新型Cクラス登場!モデルチェンジ後の価格・燃費・発売日まで

メルセデスベンツCクラスが2018年中にマイナーチェンジが行われる見通しです。2019年モデルとして登場するメルセデスベンツ新型Cクラスのスパイショットも流出しており、新型モデルではフェイスリフトが実行される模様です。モデルチェンジされたCクラスのデザイン・価格・燃費・発売日を紹介します。

メルセデスベンツCクラス新型のスパイショットキャッチ

メルセデスベンツCクラスがマイナーチェンジを行い、2018年モデルから新型Cクラスとなります。
現行型の4代目Cクラス[W205型]が2014年に登場して以来、初めてのマイナーチェンジであり、外装のフェイスリフト、内装の変更、搭載エンジンの変更が行われる模様です。

メルセデスベンツCクラスについての記事はこちら

【最新情報】メルセデスベンツ新型Cクラスの内装

ベンツ Cクラス 内装 スクープ

メルセデスベンツ新型Cクラスの内装画像がスクープされました。

インパネ部分のほとんどが布で覆われているため、インパネデザインは確認することができませんが、センターコンソール部分には「コマンドコントロールパッド」と見られるものが確認できます。
「コマンドコントロールパッド」の採用により、デザインはシンプルになり操作性も向上すると見られています。

隠されている部分にインストゥルメントクラスターとなるコックピットディスプレイが搭載されるのか、気になるところです。

メルセデスベンツ新型Cクラス セダン・ワゴン・クーペの外装

メルセデスベンツCクラス セダンの外装


ヘッドランプはデイタイム・ランニング・ライトが内蔵される模様です。
また、現行モデルとは異なる2本のホリゾンタル・バーのグリルが採用されています。
さらに、フロントおよびリア・バンパーにもデザインの変更がされています。
フロントバンパーのセンターの部分開口部が大きくなり、インタークーラーへ通る空気量を増やすことが図られています。
また、テールランプはLED形状をライト部分内側に添わせるような変更がされています。

メルセデスベンツ新型Cクラス ワゴンの外装


Cクラスステーションワゴンも、Cクラスセダンと同様な変更がされそうです。
こちらのスパイショットからは、フロントバンパーの両サイドにくぼみを持たせてセンサーを取り付けています。
バンパー両サイドの開口部は無くなる見方ができます。
また、新しいヘッドライトシステム「マルチ クローズアップ ビーム LED」が装備されると見られます。
これはステレオカメラで前方の交通状況を検知し、片側24個のLEDを制御し、他のドライバーを幻惑することなくより広い範囲を明るく照射し続けるシステムです。
もちろん、この機能はセダンやクーペにも採用されます。

メルセデスベンツ新型Cクラス クーペの外装


ヘッドライトはセダン/ステーションとは異なり、複眼的なLEDヘッドライトを装着しています。
Cクラスクーペのリアは、変更はないようです。
あえて言えば、リアバンパーのナンバープレート部分は、ナンバー灯の取り付け部分が変更しています。

マイナーチェンジとフェイスリフトに関する詳細はこちら

メルセデスベンツ新型Cクラスの予想スペックは?

予想する寸法/車重/乗車定員

全長全幅全高
4,7901,8101,445
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8401,510~1,7905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型Cクラスはフェイスリフトにより、全長が現行モデルの4,690mmかた100mm長い4,790mmになると見られます。

予想する新型C180/C200/C200 4MATICのパワートレイン

C180
AVANTGARADE
C200
AVANTGARADE
C200 4MATIC
AVANTGARADE
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量1.6L2.0L2.0L
最高出力115[156]/ 5,300135[184]/ 5,500135[184]/ 5,500
最大トルク250[25.5]/ 1,200~4,000300[30.6]/ 1,200~4,000300[30.6]/ 1,200~4,000
トランスミッション電子制御9速A/T電子制御9速A/T電子制御9速A/T
駆動方式FRFR4WD
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

予想するC200d/C250 Sport/C350eのパワートレイン

C200d
AVANT GARADE
C250SportC350e
AVANTGARADE
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHCターボ
排気量2.2L2.0L2.0L
最高出力125[170]/ 3,000~4,200155[211]/ 5,500155[211]/ 5,500
最大トルク400[40.8]/ 1,400~2,800350[35.7]/ 1,200~4,000350[35.7]/ 1,200~4,000
モーター最高出力---
最大トルク--340[34.7]
トランスミッション電子制御9速A/T電子制御9速A/T電子制御9速A/T
駆動方式FRFRFR
使用燃料軽油ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

予想するAMG C43 4MATIC/ AMG C63/AMG C63Sのパワートレイン

AMG C 43 4MATICAMG C 63AMG C 63 S
エンジン種類V型6気筒ツインターボV型8気筒ツインターボV型8気筒ツインターボ
排気量3.0L4.0L4.0L
最高出力270[367]/ 5,500~6,000350[476]/ 5,500~6,250375[510]/ 5,500~6,250
最大トルク520[53.0]/ 2,000~4,200650[66.3]/ 1,750~4,500700[71.4]/ 1,750~4,500
トランスミッション電子制御9速A/T電子制御9速A/T電子制御9速A/T
駆動方式4WDFRFR
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

パワートレインは変更がないと見られます。

メルセデスベンツ新型Cクラスの燃費は?

ガソリンスタンド 給油

新型Cクラスの燃費は、パワートレインの変更がないため、燃費値も現行値と変更はないと見られます。
フェイスリフトの変更で、空気抵抗の変化が考えられるため、若干燃費に影響を与えると考えられますが、それは微々たるものです。

予想する新型C180/C200/C200 4MATICの燃費

C180
AVANTGARDE
C200
AVANTGARDE
C200 4AMATIC
AVANTGARDE
JC08モード燃費16.114.213.9
実燃費12.313.011.0
[単位]km/L

予想する新型C200d/C250 Sport/C350eの燃費

C220d
AVANRGARDE
C250SportC350e
AVANTGARDE
JC08モード燃費20.314.0-
実燃費15.59.015.4
[単位]km/L

予想する新型AMG C43 4MATIC/ AMG C63/AMG C63Sの燃費

AMG C 43 4MATICAMG C 63AMG 63 S
JC08モード燃費11.89.79.5
実燃費9.36.17.6
[単位]km/L

メルセデスベンツ新型Cクラスの価格は?

金 キャッシュ

メルセデスベンツ新型Cクラスの価格は、フロントマスクのデザイン変更、ヘッドライトの機能追加、内装のセンターコンソールデザインの変更で、現行型の価格からおよそ15万円アップすると見られます。

メルセデスベンツ新型Cクラス 予想新車価格
C180 AVANTGARDE501万
C200 AVANTGARDE540万
C200 4MATIC AVANTGARDE566万
C220d AVANTGARDE565万
C250 Sport685万
C350e AVANTGARDE736万
AMG C 43 4MATIC895万
AMG C 631,234万
AMG 63 S1,352万
[単位]円(消費税込み)

メルセデスベンツCクラスの現在の中古車情報についてはこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


新車購入時に値引き交渉のテクニックに関する記事はこちら

新車購入前に抑えておきたい重要事項の説明はこちら

メルセデスベンツ新型Cクラスの発売日は?

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

メルセデスベンツCクラスが公道テストでテストを行っているスパイショットは2016年冬から流出していたため、開発はすでに市販化の直前まで進んでいると見られます。
現行型Cクラス(W205型)は1月か2月に新モデルを発表している傾向にあるため、ドイツ本国で2018年1月に発表され、その1年後に新型Cクラスが発売になると考えています。
また、現在のW205型Cクラスが欧州で発売されたのは2014年3月からで、日本での発売は同年の7月であったため、日本へのデリバリーは4ヶ月遅れだったため、今回の新型Cクラス日本発売は2019年5月になると思われます。

完成され尽くしたCクラスは世界最高のCセグメント

2015年モデル メルセデスベンツCクラス C350e AVANTGARDE

メルセデス ベンツ Cクラス プラグインハイブリッド 2015年

メルセデスベンツCクラスのマイナーチェンジについて紹介していきましたが、いかがでしたか。
Cクラスはメルセデスベンツを代表するCセグメントであり、世界で見ればCセグメントの基準とさえるBMW3シリーズをはじめ、多くのライバル車がしのぎを削る激戦クラスです。
もちろん、メルセデスベンツCクラスは、BMW3シリーズと同様にCセグメント世界市場で高級車としての確固たる地位にいます。
そんなCクラスのマイナーチェンジだけに、世界中の自動車メーカーが追従しマイナーチェンジまたはフルモデルチェンジを行っていくでしょう。
Cセグメントとして最高の出来とも言われているメルセデスベンツCクラスのマイナーチェンジに今後も最新情報を追っていきたいと思います。

メルセデスベンツの新型車に関連する最新情報についてはこちら

Cセグメントに関連するおすすめ記事はこちら

ステーションワゴンに関連するおすすめ記事はこちら

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社