初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【最新技術】自動駐車ロボットが凄い!空きスペースを探す手間がなくなるだけじゃない

自動で駐車をしてくれる革新的なロボットが登場しました。既にフランスではテストが行われており導入される日もそう遠くないでしょう。本記事では自動で駐車を行う「Stan」の概要から利用の流れなどを紹介していきます。

自動で駐車を行うロボット「Stan」が登場!

巨大駐車場に革命が起きようとしています。
なんと、自動で駐車するロボットが誕生しました。
開発されただけではなく、フランス・パリのシャルル・ド・ゴール空港にてテストが行われていると言うのです。
本記事ではその革新的な駐車ロボットについてお伝えしていきます。

自動駐車ロボット「Stan」の概要

駐車場 ロボット

「Stan」はフランスの「Stanley Robotics」が開発した全自動型の駐車ロボットです。
すべての車両を運ぶことができるように設計されており、現在はシャルル・ド・ゴール空港にて導入テストが行われています。
動力減は電力のみで排気ガスなどは一切ありません。
一つのロボットで400台分の駐車スペースを管理でき、1年間に20,000~30,000台も移動させることが可能です。

自動駐車ロボット「Stan」利用の流れ

一体、どのようにして「Stan」が駐車を行うのか紹介していきます。

「Stan」利用の流れ ①アプリなどで予約を行う

パソコン スマートフォン

アプリやウェブサイトで駐車場の予約を行い現地へ向かいます。

「Stan」利用の流れ ②車を降り到着の手続きを行う

駐車場 ロボット

予約されると場所が指定されるので、そこで車を降ります。
もう空いているスペースを探す手間も鍵を誰かに預ける必要もありません。

駐車スペースの側にある端末から到着手続きを行います。
この手続は簡単で30秒もかかりません。

「Stan」利用の流れ ③車が適切な場所へ駐車される

駐車場 ロボット
駐車場 ロボット

車を指定した場所へ停めて認証を行うと「Stan」がやってきます。
どの車両でも対応できるよう最新のセンサー搭載されています。
「Stan」はこの高性能なセンサーの働きにより、車両を移動させる時に傷をつける可能性がありません。

さらに車両は駐車場のスペースを最大限活用できるように配置されます。

駐車場 ロボット

隣の車との間隔を最小限にすることで、駐車可能な台数が従来の2倍になると発表しています。

「Stan」利用の流れ ④戻ってくる時間に合わせて車が用意される

予約時に入力した「ドライバーが戻ってくる日時」に合わせて車が用意されます。
出庫手続きも簡単に行うことが出来るため、駐車場から出るまでの時間を軽減できます。
支払い手続きに時間が取られたり、出口から遠くに車を止めてしまって数分歩く必要もなくなりますね。

自動駐車ロボットの「Stan」の導入が待ち遠しい!

自動駐車ロボットの「Stan」は舗装されたスペースがあれば導入することが可能です。
高性能のセンサーが搭載されているので照明も、塗料も、地面のマーキングなども必要ありません。

このような最新技術をみるとワクワクしてきます。
日本に導入されて利用できる日が待ち遠しいですね。

自動駐車ロボット「Stan」の紹介動画はこちら!

おすすめ記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す