初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

愛称はカロゴン!トヨタ カローラワゴンの中古車価格やディーゼル・燃費評価など

人気を博しているカローラフィールダーの前身として、1982年から2002年まで発売されていたトヨタ カローラワゴン。ステーションワゴンを商用車から一般車へとイメージチェンジさせた歴史・歴代のモデルから燃費や中古車情報まで紹介していきます。

トヨタ カローラワゴンはどんな車?

カローラワゴンは、カローラフィールダーの前身として1982年に発売されたステーションワゴンです。
初代はバンをベースとしていたため商用車のイメージが強いですが、2代目以降ははセダンをベースとしたモデルとなり「カロゴン」という愛称で若者から人気を得ました。
トヨタ カローラは1966年にデビューした初代モデルからステーションワゴンがラインナップされていましたが、4代目カローラからステーションワゴンにカローラの派生モデルとして別の名称が付けられ「カローラワゴン」となりました。

カローラフィールダーについて詳しく

初代トヨタ カローラワゴン(1982年~1987年)

初代トヨタ カローラワゴンは、大衆車であったカローラシリーズのワゴンタイプとして1982年5月に発売されました。
後部座席の居住性や内外装備をセダン仕様にしていたものの、商用車のバンをベースとしていたため、乗用車として乗る感覚は当時はまだ薄かったようです。

初代 カローラワゴンのスペック

全長全幅全高
4,1451,6101,385
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4008605
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類水冷直列4気筒OHV
排気量1,290
最高出力74/5,600
最大トルク10.7/3,600
トランスミッション5速/4速MT
駆動方式FR
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:pS/rpm 最大トルク:kgf・m/rpm

2代目トヨタ カローラワゴン(1987年~1991年)

トヨタ カローラワゴン 2代目

2代目カローラワゴンは1987年にモデルチェンジしたカローラバンとともに発売されました。
初代の後輪駆動から前輪駆動へ変更し、エンジンもディーゼル車が追加されました。
このモデルから、オートマチックが選択できるようになりました。

ディーゼル車とは

2代目 カローラワゴンのスペック

全長全幅全高
4,2051,6551,435
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4309805
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
1800ディーゼル1500・16VALVE
エンジン種類水冷直列4気筒OHC水冷直列4気筒DOHC
排気量1,8391,498
最高出力64/4,70085/6,000
最大トルク12.0/2,60012.5/3,600
トランスミッション5速MT5速MT/2ウェイOD付4速AT
駆動方式FFFF
使用燃料軽油レギュラー
[単位]最高出力:PS/rpm 最大トルク:kgf・m/rpm

3代目トヨタ カローラワゴン(1991年~2002年)

1991年にカローラのモデルチェンジを受け、カローラワゴンも3代目が発売されました。
ボディがひと回り大きくなって、グレード感を向上し、商用車から一般車へとイメージを一新させました。
当時のステーションワゴンのブームでカローラワゴンもカロゴンの愛称で親しまれていました。
2002年8月に販売終了となり、カローラ フィールダーへ引き継がれることになりました。

3代目 カローラワゴンのスペック

全長全幅全高
4,2601,6851,435
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4659605
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
15002000ディーゼル1500・16VALVE EFI
エンジン種類水冷直列4気筒OHC水冷直列4気筒OHC水冷直列4気筒DOHC
排気量1,4561,9741,498
最高出力79/6,00073/4,700105/6,000
最大トルク12.0/4,00013.5/2,80013.8/4,800
トランスミッション5速MT/2ウェイ3速AT5速MT/2ウェイOD付4速AT5速MT/2ウェイOD付4速AT
駆動方式FFFFFF
使用燃料レギュラー軽油レギュラー
[単位]最高出力:PS/rpm 最大トルク:kgf・m/rpm

カローラワゴンにはディーゼルエンジンのラインナップも

トヨタ カローラワゴン 2代目

1983年の2代目のモデルチェンジに伴い、GLおよびデラックスのグレードに1,800ccディーゼルが搭載されました。
1991年の3代目にはバンの機能とワゴンの快適性を併せ持つビジネスワゴンに2,000ディーゼルが追加されました。

トヨタ カローラワゴンの中古車価格は?

2017年6月現在の中古車価格は10万~75万円が相場になっています。
2002年に販売中止になってから15年も経っていますが、商用車がベースということもあり走行性能や力強さ、安定感などの評価が高く中古車で買うならお手頃価格と言えるのではないでしょうか。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ カローラワゴンの実燃費と評価

ガソリンスタンド 給油ホース

燃費がいいという口コミ

これまた安くてお手頃な車です
燃費も良くて、何よりも安い所がいいです。

出典:http://www.goo-net.com/

とてものりやすく、安いのが最高です。
そろそろ古いので、新車も考えています。燃費もいいよ!

出典:http://www.goo-net.com/

燃費が悪いという口コミ

燃費はあまりよくないが10年乗ってもどこも悪くならないです。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費はあまり良くありません。1500CCだと8~10キロ/リットルです。もう少し燃費が良ければパーフェクトなんですが・・・。

出典:http://www.goo-net.com/

レビューをみると、燃費が良いという評価と悪いという評価がふたつに分かれていました。
3代目のカローラワゴンの燃費は14.48km/Lとなっていて、古い車であることを考慮すれば想定の範囲内といった具合です。
現在発売されている車の燃費と比較するとどうしても見劣りしてしまうのは仕方のないことです。

トヨタ カローラワゴンの魅力

トヨタ カローラワゴン 1代目

トヨタ カローラワゴンについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

1990年代のステーションワゴンのブームに乗りカローラワゴンも「カロゴン」の愛称で親しまれ、手ごろな価格で販売台数を一気に増やしました。
CMに篠原ともえとユースケ・サンタマリアを起用し、キャッチーな宣伝の効果も大きかったようです。
当時カロゴンに乗って出掛けた風景を思い出していただけでしょうか?
トヨタ カローラワゴンはステーションワゴンを商用車から一般車へとイメージを一新した名車と言えるでしょう。

トヨタの最新情報はこちら

ステーションワゴンに関する記事はこちら

その他国産のステーションワゴン一覧はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!