初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【近未来のスーパーカーBMW i8】エンジンスペックや実燃費から試乗の評価など

BMW i8は、ドイツの自動車メーカーBMWが販売している2ドア4シータースーパーカーです。プラグインハイブリット車でもあるi8は、エコな乗り物としてはもちろんのこと、システム出力362PSの動力性能を持つスポーツカーでもあります。BMW i8をスペックや、試乗レビュー、年間維持費など様々な角度から分析します。

【最新情報】20台限定 BMW i8 プロトニック・フローズン・ブラック

BMW i8 プロトニック・フローズン・ブラック

2017年3月、BMW i8にクールな印象の専用マット・カラー「フローズン・マット・ブラック」をボディ・カラーに採用、日本では20台限定での発売と公式発表されました。
ANREALAGE(アンリアレイジ)森永邦彦氏とのコラボレーションによる、Protonic Frozen Black日本限定アクセサリを特別制作とのことです。

(以下はBMWジャパンのプレスリリース)

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWのプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カー「BMW i8(アイ・エイト)」の限定モデル「BMW i8 Protonic Frozen Black(プロトニック・フローズン・ブラック)」を、全国のBMW i販売店において、20台(左ハンドル10台、右ハンドル10台)の台数限定で、本日より注文受付を開始する。納車は2017年6月からを予定している。

持続可能な次世代モビリティを提唱するBMWのサブ・ブランド「BMW i」より、2014年9 月に発売されたBMW i8は、スポーツ・カーでありながらコンパクト・カー並みの燃費性能と低排出ガスを実現したプラグイン・ハイブリッド・テクノロジー「eDrive(イードライブ)」や、電気自動車「BMW i3(アイ・スリー)」とともに量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)をボディの基本骨格に採用するなど、最も革新的なプレミアム・スポーツ・カーである。

BMW i8 Protonic Frozen Blackは、クールな印象のマット・カラー「フローズン・マット・ブラック」の専用ボディ・カラーを身に纏い、内側をマット加工された20インチ アロイ・ホイールとの組み合わせにより、圧倒的な存在感を放っている。あわせて、LEDヘッドライトに比べ2倍もの照射距離を実現した次世代のライト技術「BMWレーザー・ライト」を標準装備とし、フロント・フェイスからBMW i8の革新性と際立つ存在感をさらに主張している。

インテリアは、ブラックを基調としながらイエローのアクセントを随所に取り入れ、存在感を主張している。エディション・ネーム、シリアル・ナンバー入りの専用バッジにより、特別なモデルであることを主張している。

車両価格:22,980,000円

BMW i8 とは?

BMW i8 2014年型

BMW i8とは、ドイツの自動車メーカー、BMWが販売している2ドア4シータークーペのスーパーカーです。
PHEV(プラグインハイブリッド)車ですが、駆動系をフロント側がモーター部分、リア側がエンジン部分と分担しており、スポーツ走行時に4WDとして機能します。
2つのシステムの総出力は367PS、トルクは58.1kgf・mと、1,500kgの車体と相まってスーパーカーと呼ぶにふさわしい動力性能を持っています。
環境にも配慮したスポーツカーとして、セレブにも人気のある先進的な側面を持つBMWのフラッグシップともいえる車です。

BMW i8については以下の記事もおすすめ!

BMW i8 開発の経緯

BMWは、2009年のフランクフルトモーターショーにて、BMW Vision Efficient Dynamicsというコンセプトカーを発表しました。
このときには、3気筒のディーゼルエンジンにモーター出力の仕様として紹介されていました。
近未来のスポーツカーの一つの理想として、排気ガスを削減したエコなパワーユニットと、80年代SFで夢見たようなデザインの外装は衝撃的でした。
2011年のフランクフルトモーターショーにて、BMW i8 Conceptとして登場したときには、1.5リッター3気筒ガソリンエンジンにモーター駆動と市販モデルに近いエンジンレイアウトになっていました。
そして、2013年のフランクフルトモーターショーで市販モデルのシザードア(Aピラー上の2点のヒンジで外側斜め前方に持ち上がるものを)の確定したデザインや、システム出力などがお披露目されました。2014年には日本仕様も販売開始され現在に至ります。

3気筒エンジンとは

シザードアについてくわしく

BMW i8 外装について

BMW i8 2013年 シザードア
BMW i8 2013年

特徴的なシザードアは、流れるようなラインを形成しています。
BMW i8のフロント・エプロンにはエア・インテーク(空気の流入口)を設けて空気抵抗を低減しています。
BMWのイメージと近未来のスポーツカーのイメージを体現させたデザインです。
ボディには、カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)をふんだんに使用し、軽量化に貢献しています。
ホイールベースは、2,800mmと長めになっており、リチウムイオン充電池と、狭いながらも後席を設けるためのスペースを確保しています。

エア・インテークについては以下の記事を参考に

BMW i8 内装について

BMW i8 内装 2013年製
BMW i8 2013年 内装

液晶メーターを中心にドライバーを包み込むような内装です。
複雑な線を重ね合わせたかのようなデザインは、SFの世界の乗り物のような印象を与えます。
フル・デジタル・コントロール・ディスプレイには、バッテリー残量やドライブモードが表示されます。
BMW i リモートAppというアプリを使えば、充電をリモートコントロールできたり、ナビのルートを指定できます。
リアミッドシップに搭載されたエンジンルームカバーの後方から上部にかけて設けられたトランクルームの容量は154リッターで、スポーツカーとしてはある程度の実用性を確保しています。

BMW i8 エンジンスペックや車体スペック

BMW i8 2013年
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
排気量1.5L
最高出力170[231]/5800
最大トルク320[32.6]/3700
モーター最高出力96[131]
最大トルク250[25.5]
トランスミッション6AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
全長全幅全高
4,6901,9401,300
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8001,5004
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

BMW i8のトータル出力は362PSで、トルクは8.1kgf・mと、0-100km/hを4.4秒で加速させます。
中低速は、走行モードやバッテリーの状態によりますが、主に前輪を駆動させるモーターが担当します。
モーターの特徴は、発進直後でも最大トルクを発生することです。
BMW i8は、250km/hのスピードリミッターが設けられています。
LifeDriveと呼ばれるi8の構造は、シャーシ(車の骨格)部分をアルミで製造し、その上の室内キャビンやボディ部分をカーボン素材で覆っています。
その結果大柄な車体や、リチウムイオンバッテリーを搭載しているにも関わらず、1,500kgという軽い車重を実現しています。

BMW i8 走行モードについて

BMW i8 2013年 eDrive

BMW i8には、コンフォート、ECO PRO、スポーツという3つの走行モードがあります。
コンフォートは通常走行モードのことで、65km/h以下の速度ではモーター駆動を優先させ、高速道路などではエンジンを駆動させるモードです。
ECO PROはその名のとおり、燃料消費や電池の消耗を抑えるエコモードです。
スポーツモードは、2つの駆動システムが最大に発揮されます。
峠やサーキットなどで本領発揮するのがスポーツモードです。
コンフォートとECO PROモードでは、eDriveスイッチを押すと電気モーター駆動を優先させるeDriveに変更されます。
eDriveではバッテリーが無くなるまでと、120km/hまでモーター駆動します。

BMW i8 試乗レビュー

BMW i8

むちゃくちゃ速いわけではないが、
これ以上求めるべきじゃないレベルで走りは良い。
カレラ4Sと互角ぐらい?

出典:http://review.kakaku.com/

3気筒エンジンの基本はミニなどに搭載されいるのと同じものだが、ツインターボの装着などによって強力な動力性能を発揮する。電気モーターによる加速が加わることもあって、アクセルを踏み込めば極めて滑らかかつ強力な加速が味わえる。加速タイムはポルシェ911並みというから、その実力ははんぱではない。

出典:http://review.kakaku.com/

路面に吸い付く感覚というのでしょうか、どっしりした安定感というのとはちょっと違う軽快さのある安定感で気持ち良くスイスイ走れます。

出典:http://review.kakaku.com/

タイヤはスーパーカーとしてはかなり細めですが、前後重量配分50:50の4WDなので、ハンドリングは安定しています。それ以上に感心したのが乗り心地の良さで、クルーザーとしても通用するほど快適でした。

出典:http://review.kakaku.com/

BMWによって味付けされたハンドリングと走行性能は、快適さとスポーツ性を両立しているようです。
パワーも1,500kgの車重には充分な走行性能をもたらしています。

BMW i8のEV走行と充電環境について

BMW i8 充電環境

BMW i8は、スポーツ以外の走行モードでeDriveスイッチを押すと、120km/h以下の速度でEV走行のみを行うことができます。
EV走行のみのバッテリーは、最長40.7kmの航続距離があります。
電気走行以外のドライビングモードで、エンジンからバッテリーに直接充電されます。
スポーツモードでは、ブレーキによる回生エネルギーでの充電が最大になります。
BMW i ウォールボックス・ピュアという、充電ステーションを設置するか、EV専用充電コンセントを接続することで自宅での充電が可能です。
コントロール・ボックス付200V充電ケーブルは付属しています。
充電に必要な時間は、2.5~3時間です。
全国に1万3,748ヵ所ある充電ステーションも利用可能です。

BMW i8 燃費について

あまり、i8の実燃費のデータが少ないので、i3レンジエクステンダーの充電情報も参考にしています。

i3レンジエクステンダーの実燃費に関する口コミ

普通に近くに買い物に出かける程度では発電機のお世話になることはないでしょう。
週末にちょっと遠方に買い物にでかけた場合には発電機のお世話になることでしょう。

出典:http://review.kakaku.com/

i8のフル充電状態でのEV走行可能距離は、40.7kmとi3の航続距離の半分以下です。
もちろんこの車を購入する方は、エンジンとEVを稼動させた4WD走行も楽しむと思いますので、燃費はリッターあたり25kmとします。

BMW i3に興味がある方はこちら

BMW i8 維持費について

お金 電卓 書類

BMW i8の年間維持費を計算してみます。
自動車税が3万4,500円、重量税が1万円、自賠責保険が1万6,350円、任意保険が7万円とします。
年間8,000km走るとして、ハイオク1リッター130円で4万1,600円。
プラス電気代5,000円とします。
駐車場代12万円、オイル交換費6,000円、車検や修理費用で7万円として、年間37万3,450円となります。
2,000万円代のスーパーカーの維持費としては格安です。

BMW i8 新車・中古車価格について

BMW i8 Protonic Frozen Black 限定車
BMW i8
ベースグレード2,029万
PROTONIC FROZEN BLACK2,298万
[単位]円(消費税込み)

特別仕様Protonic Frozen Blackは、ブラック調にまとめた専用カラーと専用パーツの、限定車です。
日本には、50台のみ割り当てられています。

i8の中古車価格について

BMW i8の中古車価格は以下になります。
参考にしてください。


中古車情報
システムメンテナンス中


BMW i8がミッション:インポッシブルに登場!

BMW i8 外装

BMW i8は、ミッション:インポッシブル4 ゴーストプロトコルに登場しています。
主人公、イーサン・ハントがインドのメディア王のパーティにドレスアップした部下のジェーンと共に潜入するのですが、ここでBMW i8を使って派手に乗りつけるのです。
映画の公開は2011年だったので、コンセプトモデルを使用したようです。
自動ブレーキや、ヘッドアップディスプレイなど近未来的装備をアピールした演出は見事でした。
映画によるスパイものの代名詞、007シリーズでもジェームズ・ボンドの愛車がボンドカーとして登場しますが、ミッション:インポッシブルシリーズも定番映画としての認知度は高いです。

BMW i8はSFの世界のスーパーカーである!

BMW i8の走行動画です。

BMW i8は、コンセプトカーとして2009年のフランクフルトモーターショーに登場してから、世界に衝撃を与えました。
かつてのSFの世界で夢見た近未来の乗り物として、多くのスーパーカー愛好家の目には映ったのです。
実際にコンセプトカーのデザインとおりに市販されたBMW i8は、ハイブリッドカーとしてのエコな面とエモーショナルな走りの2つの側面を持つスポーツカーでした。
スタイリッシュでエコなスーパーカーi8は、BMWの持つブランドイメージの象徴としてこれからも進化し続けていくでしょう。

BMWのハイブリッド車一覧

BMW新型車・現行モデル情報

BMWのスポーツカーランキング

この記事の執筆者

タケロクこの執筆者の詳細プロフィール

ロックギタリストでありながら、車、バイク好きの関西人です。マニュアルのダイハツ テリオスキッドが現在の愛車で、バイクはNC750Sに乗っています。...