初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはETCカードを即日発行できて海外旅行保険も充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンブルーアメックス)は、クレディセゾンが発行するアメックスブランドのクレジットカードです。 この記事は、セゾンブルーアメックスの特徴について詳しく説明していきます。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

セゾンブルーアメックスは、ポイント有効期限がない「永久不滅ポイント」や、安価な年会費、即日発行可能というセゾンカードとしてのメリットと、海外旅行時の保険やサービスが充実しているアメックスならではのメリットを持っているのが特徴です。

年会費について

国際ブランドが「アメックス」となるだけでも年会費が必要になってくるクレジットカードもあるのですが、セゾンブルーアメックスの年会費は、初年度無料で、2年目以降は3,000円(税抜)と、保険内容の充実度を考えるとかなり安価になっています。

「U-25応援キャンペーン」ということで、26歳になるまで年会費無料で利用できるので、海外に行く学生や若い人に特に人気のあるカードです。

ETCカードの年会費永年無料

ETCカードに年会費がかかってしまうクレジットカードは多くありますが、セゾンブルーアメックスは年会費永年無料でETCカードを持てます。
ETCカードの利用でも年会費無料の条件である「年に1回のカード利用」にも該当するので、コストをかけずにクレジットカードとETCカードを持ちたいという人にはおすすめです。

家族カードの年会費

クレジットカードには「家族カード」(またはファミリーカード)といって、生計を共にする高校生を除く18歳以上の家族に対して、同じ機能のクレジットカードをほとんど無審査で発行できるサービスがあります。
セゾンブルーアメックスで家族カードを発行した場合、年会費は1,000円(税抜)かかります。

充実の海外旅行保険は、家族カードを持つ家族会員にも付帯するので、家族旅行に行く際には保険に加入する感覚で家族カードを作ってはどうでしょうか。

付帯保険について

セゾンブルーアメックスの特徴として大きいのは、年会費が安価な割に海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などの保険の内容が充実している点です。

海外旅行傷害保険

補償内容補償額(最高)備考
死亡・後遺障害3,000万円(自動付帯) 
傷害治療300万円(自動付帯) 
疾病治療300万円(自動付帯) 
携行品損害30万円(自動付帯)※一回の旅行の限度額10万円、年間限度額30万円 1事故 免責3,000円
賠償責任3,000万円(自動付帯)免責:1,000円
救援者費用200万円(自動付帯) 

セゾンブルーアメックスは最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。
「自動付帯」とは、海外旅行時の旅費などをカード払いする必要がある「利用付帯」とは逆で、持っているだけで保険が適用されるカードのことです。
自動で適用される方が良いですよね。セゾンブルーアメックスの海外旅行傷害保険がすべて自動付帯です。

また、保険の利用で最も利用される頻度が多いのは、海外でのケガや病気をした際の補償である「傷害治療」や「疾病治療」なのですが、これらの最高補償額も100万円程度のカードが多い中、最高300万円まで補償してくれる充実の内容です。

国内旅行傷害保険

補償内容補償額(最高)
死亡・後遺障害3,000万円(利用付帯)
入院保険金(日額)5,000円(利用付帯)
通院保険金(日額)3,000円(利用付帯)

旅費をカード払いした時にのみ適用される「利用付帯」ではありますが、国内旅行傷害保険も付帯しています。

ショッピング保険

ショッピング保険最高100万円

※1事故 免責1万円

セゾンブルーアメックスには、購入した商品の破損や盗難を購入日より120日以内であれば補償してくれる、ショッピング保険も付帯しています。

海外旅行時の手荷物宅配無料サービス付き

セゾンブルーアメックスには、海外旅行に向かう際の自宅から空港までと、帰りの空港から自宅まで、手荷物を1つ無料で配送してくれる「海外旅行時の手荷物宅配無料」という優待サービスがあります。アメックスならではの嬉しいサービスですね。

また、このサービスは家族カード会員も利用することができ、カード1枚につき1つの荷物を無料で配送してくれます。

ポイントについて

セゾンブルーアメックスは、1,000円につき、1永久不滅ポイントが貯まるカードです。
1永久不滅ポイントはAmazonギフト券に交換すると5円分の価値になるので、ポイント還元率に換算するとセゾンブルーアメックスは0.5%の還元率ということになります。

0.5%というと低いように思うかも知れませんが、クレジットカードの過半数以上は通常ポイント還元率が0.5%なので、特別少ないというわけではありません。

海外でのカード利用でポイント還元率2倍

セゾンブルーアメックスの通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外でのショッピング利用では2倍の1.0%になります。
海外旅行保険の内容が充実していて、海外での利用時にはポイント還元率が2倍というのは、海外に行くという方にとっては嬉しいですね。

ポイントが消滅しない「永久不滅ポイント」

通常のクレジットカードは1年か2年で貯めたポイントの有効期限が切れてしまい、ポイントが消滅してしまうのですが、セゾンブルーアメックスはクレディセゾンが発行するクレジットカードということで、貯めたポイントに有効期限がない「永久不滅ポイント」というポイントプログラムを採用しています。

せっかく貯めたポイントをいざ使おうと思ったら、いつの間にか消滅していた・・・ということが無いので、普段からこまめにポイントのチェックをするつもりがないという人には嬉しいですね。

セゾンポイントモール経由のネットショッピングでポイント最大30倍

セゾンブルーアメックスは、基本的に1,000円の利用で1ポイント獲得のところ、「セゾンポイントモール」という楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトの集まる、ネットショッピングモールサイトを経由してショッピングをすると、1,000円につき最大30ポイント(還元率15%)という高還元率になります。

家電やブランド品など高額な商品を購入する際にはぜひ利用して欲しいサービスです。

選べるポイント交換先

貯めた永久不滅ポイントは、他サービスのポイントや、電化製品などの商品と交換ができます。
ポイント交換先として人気があるのは以下です。

1番人気が「ポイントdeお買物サービス」で2番人気が「Amazonギフト券」、3番目が「nanacoポイント」となっています。
「ポイントdeお買物サービス」とは、貯めた永久不滅ポイントがショッピングの支払いに利用できるというサービスのことで、200永久不滅ポイントで900円分になります。
ただ、お得度でいうと、200永久不滅ポイントで1,000円分のAmazonギフト券に交換する方がポイント還元率の面で勝っています。

また、電化製品などの商品がポイント交換先として人気がないのは、商品の原価で交換してしまうため、Amazonギフト券などに交換してAmazon内で購入した方が割引された値段で手に入る可能性が高いためです。

審査について

申し込み資格(学生や未成年も審査OK)

セゾンブルーアメックスの申し込み資格は「高校生を除く18歳以上の電話連絡が可能な方で、クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方」となっており、アメリカンエキスプレスカードのプロパーカードとは違い、未成年や学生でも申し込みが可能になっています。

「クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座」とは、みずほ銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行など、大手銀行から地方銀行まで多様にありますので、基本的には口座を持っている人であれば審査に通過可能です。

※未成年者の場合は親権者の同意が必要です。

審査期間

セゾンブルーアメックスの審査期間は最短で10分程度で審査回答が届きます。
審査回答が届くまでに、本人確認の電話や、申し込み時に記載した職場への在籍確認の電話がいくかも知れないので、申し込み後は電話に出られるように準備をしておきましょう。

過去にクレジットカードやローンなどの支払いで3か月以上の延滞、もしくは複数回の支払い遅延をして、個人信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されている人は、申し込んで即刻審査落ちの通達がくる「瞬殺」になる場合もあります。

審査難易度

クレディセゾンは「信販系カード」にあたるので、審査難易度は三井住友VISAカードなどの「銀行系カード」に次いで厳しいカードとして口コミでは分類されています。
しかし、審査難易度が高い「銀行系カード」も「信販系カード」も、ゴールドカードやプラチナカードのように審査難易度が高いというわけではなく、普通に働いていて、過去にクレジットカードやローン、奨学金、携帯電話本体の分割購入代金の支払いが遅れるということが無い人であれば難なく審査には通るはずです。

もちろん、クレジットカード会社の審査基準には、年齢や勤続年数、職種、居住年数も関わってくるので一概には「審査に通る」とは言えませんが、アメックスのプロパーカードほどの審査難易度の高さではないので心配しないで良いでしょう。

審査に通るための対策

クレジットカードを申し込んでも、カード会社の審査基準に満たなければ審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの審査基準は、職業や年収、過去の支払い履歴(クレジットヒストリー)など、様々ありますが、すぐに対策可能なことは次の3つです。

・嘘や間違いのない情報を正確に記入して申し込む
・キャッシング枠を少なめに(0円)に設定して申し込む
・1か月間で3枚以上申し込まない

キャッシング枠とはショッピング枠とは別の、お金を借りるための限度額のことです。
キャッシング枠を多く設定して申し込むと、お金に困っている人と判断されて審査に通りにくくなると言われています。

また、「1か月間で3枚以上申し込まない」ということも、カード会社に「お金に困っていてきちんと返済してくれない可能性がある人」、「キャンペーンのポイント狙いで、長期的にカードを使ってくれる人じゃない」と判断されて、審査に通りにくくなると言われています。

セゾンブルーアメックスは即日発行可能

セゾンブルーアメックスは、申し込んだその日のうちにカード発行と受け取りまでができる「即日発行可能」なクレジットカードです。

即日発行をするまでの手順は以下の通りです。

1.19:30までにインターネットで申し込み
2.カード会社からの申し込み確認連絡がくる
3.審査結果メールが届く
4.セゾンカウンターでカード受け取り

19:30のタイムリミットはあくまで目安なので、なるべく早めに申し込んでおくのがおすすめです。

ETCカードも即日発行可能

セゾンカード系のクレジットカードは、ETCカードも即日発行が可能です。
そのため、明日車で旅行に行くのにETCカードを作り忘れていた!という場面でも、すぐにETCカードを手にできます。

ETCカードを即日発行したい場合は、インターネット申し込み時にはETCカードを申し込まないようにして、セゾンカウンターでETCカードを申し込んで受け取るようにしましょう。
インターネット申し込みの時にETCカードを申し込むと、郵送で後日送られてしまいます。

毎月5日と20日は西友・LIVIN・サニーで5%OFF

セゾンブルーアメックスは、クレディセゾンが発行するクレジットカードということで、セゾンカードならではの優待特典が受けられます。
毎月、5日と20日には、食料品や衣料品など、様々な商品がそろうスーパーマーケット「西友」や、LIVIN、サニーでカードを利用すると5%OFFでお買物ができます。

デメリット

26歳からは年会費がかかる

セゾンブルーアメックスの年会費は、初年度無料で2年目以降は3,240円(税込)がかかってきます。
26歳未満は無料とは言え、3,000円以上の年会費は高いと感じる人もいると思います。

この年会費は、最高3,000万円まで自動付帯という充実した海外旅行傷害保険が理由です。
もし、海外旅行傷害保険が必要ないけどセゾンアメックスカードを利用したいという方であれば、セゾンパールアメックスが年に一度でもカードを利用してショッピング(またはETCカード利用)すれば年会費無料になる「年会費実質無料カード」なのでおすすめです。(通常、初年度無料、2年目以降1,000円+税)

通常ポイント還元率は普通

セゾンブルーアメックスの通常ポイント還元率は0.5%となっており、一般的なクレジットカードのポイント還元率と同程度です。
しかし、いわゆる高還元率カードと呼ばれる「オリコカードザポイント」の通常ポイント還元率1.0%と比較すると、その差は2倍となっており、ポイントを貯めるのが楽しみな方にとって小さい差ではありません。

ポイント還元率が低いデメリットの救いとしては、ポイント有効期限のない永久不滅ポイントであることや、セゾンポイントモール経由のネットショッピングでポイント最大30倍(15%)になることでしょうか。

セゾンパールアメックスと比較

セゾンパールアメックスは、セゾンブルーアメックスと同様にクレディセゾンが発行するクレジットカードで、年会費が実質無料なことと引き換えに、各種保険の付帯がないカードです。
機能面を比較すると以下のようになります。

 セゾンパールアメックスセゾンブルーアメックス
年会費初年度無料
2年目以降1,000円(税抜) 年に1回利用で無料
初年度無料
2年目以降3,000円(税抜)
26歳まで無料
ETCカード年会費無料無料
ポイント還元率0.5%0.5%
海外旅行傷害保険なし死亡・後遺障害:自動付帯3,000万円
傷害治療:自動付帯300万円
疾病治療:自動付帯300万円
携行品損害:自動付帯30万円(免責3,000円)
賠償責任:自動付帯3,000万円
救援者費用:自動付帯200万円
国内旅行傷害保険なし死亡・後遺障害:3,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
ショッピング保険なし100万円
セゾン手荷物無料宅配サービスなし
アメリカン・エキスプレス・セレクト
トラベル・サービスオフィス
海外アシスタンスサービス
tabiデスク
海外お土産宅配サービス
発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す