初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデスベンツEV専門新ブランドEQ誕生】予想車種一覧や日本発売日など最新情報

メルセデスベンツがEV専門のブランド「EQ」を立ち上げました!すでに公開されているメルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)とフランクフルトモーターショーで公開された新型車「EQ A」の最新情報についてご紹介していきます。

メルセデスベンツ EQとは?

メルセデスベンツ EQ

メルセデスベンツはEV(電気自動車)の本格的な普及に向け、ベンツ初のEV専門ブランドを立ち上げました。
これはライバル社であるBMWの「i シリーズ」に対抗して立ち上げられたと考えられ、ブランド名は「EQ」となりました。

2016年のパリモーターショーですでにコンセプトモデル第1弾であるジェネレーションEQコンセプトが発表されました。
ベンツのEV新ブランド「EQ」に関する最新情報をご紹介していきます。

EVなど電気自動車の種類についてはこちら

BMWの電気自動車についてはこちら

メルセデスベンツ EQ 新型車 EQ Aがフランクフルトモーターショーにて公開

フランクフルトモーターショーにて公開された新型EQ A

メルセデス・ベンツ EQ A

メルセデスベンツは2017年8月21日、ドイツで9月に開催されるフランクフルトモーターショー2017にてEQの新型コンセプトカーを公開しました。
初めて公開されたコンセプカーはSUVクーペの「ジェネレーション EQ」だったので、今回公開されるコンセプトカーが第2弾ということになります。

公開されるコンセプトカーについては「EQ A」という名称と、コンパクトカーになるということのみが事前発表されていました。
当日公開されたEQ Aはハッチバックタイプのコンパクトカーでした。

メルセデス・ベンツは「EQ A」をメルセデスベンツ初のオールエレクトリックEQコンパクト」のコンセプトカーであるとし、2022年まで全電気自動車10モデルを発売する計画の第一歩であるとしました。

フランクフルトモーターショー2017についてはこちら

メルセデスベンツ EQ 公式アプリが登場

メルセデスベンツ EQの公式アプリを紹介する動画が公開されました。
公開されたEQ対応アプリ「EQレディ」は、車の乗り換えを検討している人をターゲットに「メルセデスやスマートのEV車やハイブリッド車に乗り換えるとどれほどの変化があるのか」をシュミレートできるものです。

使い方はアプリを起動し、現在乗っている車でいつも利用する道路を走行するだけ。
メルセデスベンツやスマートの電動車両で同じ走行を行った場合に、燃費やコストなどの面でどれほどメリットがあるかを知ることができます。
電動車両の充電時間や使用電力もシュミレートすることができるため、乗り換え時のデータとして参考になりますね。

「EQレディ」のiOS版とAndroid版は、無償でダウンロード可能です。
ドイツ語と英語に対応しており、今後はドイツ国内だけでなく他国への展開も計画しているとのことです。

メルセデスベンツ EQ 生産がドイツ ジンデルフィンゲン工場に決定

自動車工場

©iStockphoto.com/ josemoraes

メルセデス・ベンツの次世代型EVブランド「EQ」の車両がドイツのジンデルフィンゲン工場にて生産することが決定しました。

ついに生産される工場が決定されたことで、メルセデス・ベンツが本腰を入れてEV開発に取り組んでいることがわかります。

メルセデスベンツ EQの車種一覧

コンパクトカー イメージ

©Shutterstock.com/ Trimitrius

メルセデスベンツ EQはさまざまな異なる特徴をもつ4車種を5年後をめどに発売していく方向性を示し、それらはEQ A・EQ C・EQ E・EQ Sのラインナップになる予定です。

1台目のメルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)はパリモーターショー2016にて公開されました。
さらに2台目の新型コンセプトモデル(メルセデスベンツ EQ A)が2017年9月に開催されるフランクフルトモーターショー2017にて公開されました。
また、メルセデス・ベンツは2022年までにオール電気自動車10モデルを発売する計画であるとしており、今後はラインナップが続々登場すると思われます。

どちらもコンセプト段階ですが、メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)と新型 メルセデスベンツ EQ Aのデザイン・性能・価格・発売日などの最新情報をご紹介します。

メルセデスベンツ EQ C(ジェネレーションEQコンセプト)

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデスベンツ 「EQ」ブランドの第1号、ジェネレーションEQコンセプトはパリモーターショー2016にて初公開されました。

市販モデルは「EQ C」という名前で発売されることが予想されています。

メルセデスベンツ EQ Cのスペック

全長全幅全高
4,7301,9501,560
ホイールベース車両重量乗車定員
--4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

メルセデスベンツ EQ Cのパワートレイン

パワートレインに関しての詳細情報は公開されていません。

メルセデスベンツ EQ Cはフロント、リア合計2つのモーターを搭載した四輪駆動車になるということはすでに明らかになっています。
2つのモーターを組み合わせることで、408psの最大出力・71.4kgmの最大トルクを発揮し、0-100km/hの加速は5.0秒を切るとのことです。

メルセデスベンツ EQ Cの詳細情報はこちら

メルセデスベンツ EQ A(コンパクトハッチバック)

メルセデスベンツ EQ Aとは、2017年9月に開催されるフランクフルトモーターショーにて公開された新型コンセプトカーです。

2つのモーターで完全な電気走行を可能にしているだけでなく、シームレスな近未来的デザインを導入するなど、エコ&機能性&メルセデス・ベンツらしい上質なデザインを両立させています。

メルセデスベンツ EQ Aについてはこちら

メルセデスベンツ EQのライバルメーカーは?

ライバル車種のイメージ画像

©iStockphoto.com/ Almagestai

メルセデスベンツはEV市場に少し遅れての参入という形になります。
各メーカーがEVの開発に力を入れており、今後数年でEVの締める割合が高くなることは必然的だと思われます。

であは、メルセデスベンツのEVブランド「EQ」のライバルとなりうるメーカーについてご紹介していきます。

テスラ

テスラ モデル X

テスラ モデル X

EV市場に参入する上で、1番のライバルとなるのは電気自動車に特化したメーカー、テスラとなるでしょう。

テスラは歴史の浅いベンチャー企業でありながら、すでにモデルS、モデルX、モデル3という画期的かつ実用的な車種を3車種も市場に投入しています。
特に最近発売されたモデル3はベースモデルが400万円を切り、一般人でも手の届く価格設定となっているため、EV業界に革命を起こすとまで言われています。

テスラについてはこちら

BMW iシリーズ

BMW i3

bmw i3

BMWにはEV専門ブランド「i」が存在します。
iシリーズは近未来的でかなり個性的なデザインとなっています。
BMW「i」からはi3、i8の2車がすでに発売されており、i3のみが純電気自動車で、i8はPHEVとなっています。

i3のマイナーチェンジが発表されたばかりで、BMWはiシリーズの開発に意欲的であることがわかります。

iシリーズを含むBMWの電気自動車についてはこちら

アウディ e-tron

アウディ e-tron クワトロ コンセプト

2015 アウディ e-tron クワトロ コンセプト

e-tronとはアウディのEVブランドであり、すでにQ6 e-tron、e-tronスポーツバック、A9 e-tronなどが公開されています。
その中でQ6 e-tronはピュアEVとして2019年には生産がスタートする予定です。

今現在発売されている車種はありませんが、e-tronブランドの車が発売された際に強力なライバルとなることは間違いないでしょう。

アウディ e-tronについてはこちら

メルセデスベンツ EQの日本発売は?

カレンダー

メルセデスベンツ「EQ」ブランドの車が日本で発売されるかについては、明らかになっていません。

ベンツは日本市場において非常に人気のあるメーカーであり、日本人のEV(電気自動車)に対する関心も高いため「EQ」ブランドが日本で発売される可能性は高いと言えるでしょう。

メルセデスベンツ初のEV EQに期待!

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデスベンツのEV専門ブランド「EQ」の最新情報についてお伝えしてきました。

実用性の高い電気自動車を、さまざまなボディタイプでラインナップする予定だというEQは、間違いなく電気自動車の普及に多大な貢献をすることになるでしょう。

東京オリンピックが開催される2020年には、日本でもたくさんの電気自動車が見られるようになるかもしれませんね!

EV(電気自動車)関するおすすめ情報はこちら

ハイブリッド車一覧についてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK