初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデスベンツEV専門新ブランドEQ誕生】市販車の日本発売日や航続距離など最新情報

メルセデス・ベンツがEV(電気自動車)専門のブランド「EQ」を立ち上げました。EQブランドの第一弾となるEVコンセプトカーは、航続距離500km以上にも達するといいます。2019年の発売を予定しているというEQブランドのEVは、どのようなデザイン・性能・価格で登場するのでしょうか?

メルセデス・ベンツ EQとは?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

ドイツの自動車メーカー・メルセデス・ベンツは、EV(電気自動車)の本格的な普及に向けて、新たなEV専門のブランドを立ち上げました。
最大のライバルであるBMWのEVブランド「BMW iシリーズ」に対抗する形で登場した新ブランドは「EQ」と名づけられ、ベンツが考えるEV社会の未来図を牽引していくことになります。

「EQ」ではすでに、2016年のパリモーターショーにおいて次世代EV「ジェネレーションEQコンセプト」を発表しており、2019年の市販化を目標に開発を進めているとのことです。
メルセデス・ベンツ「EQ」が開発する新たなEVのスペックや航続距離、価格、発売日といった最新情報についてまとめていきます。

EVなど電気自動車の種類をくわしく

BMW iシリーズについて

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプトのデザインは?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト
メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

ジェネレーションEQコンセプトは、クーペスタイルのクロスオーバーSUVとなっています。
EVモデル専用に開発されたプラットフォームは、モジュラーブロックシステムによって、さまざまな構成部品の組み合わせに対応しており、SUVやセダン、クーペ、カブリオレなどの幅広いボディタイプのラインナップを可能としました。

エアロダイナミクスを徹底的に追求したボディは、サイドミラーの代わりにカメラを装備したミラーレス車となっており、ドアにも自動開閉機能を付けることで取っ手を廃止しています。
21インチの大径ホイールも、エアロダイナミクスを考慮してデザインされました。
また、ワイパーも完全格納式になっており、フロントマスクにいたっては、凹凸のないフラットなデザインとなっているのが特徴です。
このフロントデザインは、今後もEQブランドの共通デザインとして用いられるようです。

ジェネレーションEQコンセプトのボディサイズ

全長全幅全高
4,7301,9501,560
ホイールベース車両重量乗車定員
--4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ミラーレス車とは?

メルセデス・ベンツ EQの航続距離は?

コードレス充電 プラットフォーム

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

ジェネレーションEQコンセプトは、フロントとリヤに計2個のモーターを搭載した四輪駆動となっています。
システム合計の最高出力は408PS、最大トルクは71.4kgmを発揮し、0-100km/h加速は5.0秒以下という加速性能です。

搭載するリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、70kWhという大容量であり、1回の充電で最大500kmまで走行できる長大な航続距離を持ちます。
充電は電磁誘導による充電システムにも対応しており、コードレス充電が可能となっています。

航続距離とは

メルセデス・ベンツ EQの内装は?

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト 内装
メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト 内装

ジェネレーションEQコンセプトの内装は、昨今のコンセプトカーの例にもれず、非常にシンプルにまとまっているのが特徴です。
インパネには、横に長い24インチのフローティングディスプレイが設置され、3スポークのステアリングホイールには、タッチスイッチが採用されています。

メルセデス・ベンツ EQの価格は?

価格 お金 費用 税金 維持費

ジェネレーションEQコンセプトが市販された場合、価格は4万9千ユーロ(約610万円)程度になるとアナウンスされています。
この価格はライバル車であるテスラ「モデルX(1,078万円から)」と比較すると、非常に安く抑えられており、EVの広い普及につながる価格設定だと言えるでしょう。

テスラ モデルXとは?

メルセデス・ベンツ EQの日本発売日は?

発売日

EQブランドの日本発売に関しては、まだ情報がありません。

ジェネレーションEQコンセプトの市販モデルは「EQ C」という車名になる予定であり、販売開始時期は2019年を目標にしているとのことです。
また、メルセデス・ベンツは「EQ C」の他にも、「EQ A」「EQ E」「EQ S」といったパワートレインの異なるモデルの発売を予定しています。

メルセデス・ベンツ初のEV EQに期待!

メルセデス・ベンツ ジェネレーションEQコンセプト

メルセデス・ベンツ「EQ」の最新情報についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

実用性の高い電気自動車を、さまざまなボディタイプでラインナップする予定だというEQは、間違いなく電気自動車の普及に多大な貢献をすることになるでしょう。
東京オリンピックが開催される2020年には、日本でもたくさんの電気自動車が見られるようになるかもしれませんね!

MOBYでは、今後もEQブランドに関する最新情報を入手次第、読者の皆様にお伝えして参りますので、どうぞご期待ください!

EV(電気自動車)に関連する記事はこちら!

ベンツのハイブリッド車一覧

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...