初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【秘湯】長野県の温泉混浴おすすめランキングTOP10|長野市以外の秘湯もご紹介

長野県は、白骨温泉や保科温泉などの秘湯が多く、周辺には混浴温泉も多いです。長野市内にも混浴で入れる温泉はありますが、本記事では長野県内にあるすべての混浴温泉の中からおすすめの温泉をランキング形式で紹介します。

長野市以外の秘湯に鍵がある! 長野県の混浴温泉はどこ?

長野 上高地公園

出典:©iStockphoto.com/ smalldaruma

長野県は、避暑地やリゾート地としてのイメージが強い場所ですが、温泉地がたくさんあります。
中でも、名湯と呼ばれる温泉よりも秘湯と呼ばれる温泉が数多くあります。
県庁所在地である長野市には、混浴を実施している温泉施設は一カ所しかなく、あとはすべて長野市以外になります。
そして、長野市を出れば、混浴露天風呂の宝庫と呼称するにふさわしいほど混浴温泉だらけです。
あまりに混浴温泉が長野県内には多いので、今回はそのなかでおすすめの温泉施設を厳選し、ランキング形式でお届けします。
さっそくご覧ください。

なお、公式HPがないものに関しては、リンクは掲載しておりません。
あらかじめご了承ください。

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第10位|一陽館


一陽館は長野市内で唯一の混浴温泉です。
上記の画像は、温泉が泥で汚れているわけでは決してありません。
長野県の松代温泉は温泉の成分の中のカルシウム配合率がとても高く、茶色い温泉として有名なのです。
温泉というよりは銭湯に近く、300円という安価で利用することができます。
また、利用時間も朝から晩まで利用可能なので、ゆっくりできます。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り|8:00~20:00
《休日》
無休
《料金》
300円
《問合せ先》
0262-78-2016
《住所》
長野県長野市松代町東条55

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第9位|岩屋館


岩屋館は、長野県上田市にある温泉旅館です。
JR上田駅から144号線を北上していったのち、角間山方面に東にまっすぐ行った山奥にある秘湯、角間温泉を扱っています。
ふつふつと湧き出る炭酸湯の露天風呂以外にも足湯も設置されていて、建物は風情があり、時間の許す限りのんびりすごすことができます。

こちらの施設の留意点として、露天風呂を混浴として利用できるのは午前中の身となっているので、混浴温泉を利用する場合は早朝に出発しなくてはいかません。

《営業時間》
日帰り|12:00~14:30
《休日》
基本無休
《料金》
1,000円
《問合せ先》
0268-72-2323
《住所》
長野県上田市真田町長2868

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第8位|松川渓谷温泉滝の湯


松川渓谷温泉滝の湯は、江戸時代からある湯治の場です。
一時期は知る人ぞ知る秘湯でしたが、信玄説を追ってたどり着く人が増え、再度繁栄したのだそうです。
混浴露天風呂は周辺の景色がよく、女性には混浴用のタオルが販売されています。
水着での入浴ができませんのでご注意ください。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~17:00受付(入湯は18:00まで)
《休日》
不定休
《料金》
日帰り|500円(複数回の入浴は1,000円)
宿泊|4,500円+入湯税150円
《問合せ先》
026-242-2212
《住所》
長野県上高井郡高山村奥山田3681-377

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第7位|雪あかり


雪あかりは、長野県下水内郡にある秘湯「切明温泉」を扱う秘境の宿です。
混浴は時間制となっていて、時間は確認の必要がありますが、その時間を含め日帰り利用できる時間は11時30分から21時までと長めに設定されています。
日帰りは入浴だけでなく休憩ということで食事の利用も出来、イワナやアユなど渓流でとれる川魚をふんだんに使った料理を楽しむことができます。

施設基本情報

《営業時間》
11:30~21:00
《休日》
基本無休
《料金》
700円
《問合せ先》
025-767-2255
《住所》
長野県下水内郡栄村堺17879-1

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第6位|仁成館


仁成館は、長野県下水内郡栄村にある温泉施設です。
その昔は旅館でしたが、2017年現在は日帰り専用の温泉となっているようです。
こちらもまた秘湯の「和山温泉」を扱っていて、混浴の露天風呂は、大自然の絶景を眺めながら入ることができます。
朝は6時から、夜は9時まで入ることができるので、時間の融通を利かせることもできます。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~17:00要確認
《休日》
要確認
《料金》
500円
《問合せ先》
025-767-2205
《住所》
長野県下水内郡栄村屋敷17926

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第5位|秀清館


秀清館は、長野県下水内郡栄村で「屋敷温泉」を扱う秘湯の温泉施設です。
源泉をそのまま注いでいる温泉は、とても熱く設定されており、条件がそろったときは50度近くになります。
内湯は男女別となっており、混浴は露天風呂となっています。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り|11:00~15:00
《休日》
要確認
《料金》
500円
《問合せ先》
025-767-2168
《住所》
長野県下水内郡 栄村堺17599-3

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第4位|泡の湯旅館


泡の湯旅館は、今まで同様に長野県の秘湯といわれる「白骨温泉」を扱う旅館です。
リゾートビーチを思わせるようなエメラルドグリーンの混浴温泉は、TBS系番組「となりのマエストロ」で紹介されました。
厚手のタオルを巻いて、70坪の広大な白濁の温泉は女性でも入りやすい造りとなっているということで、カップルにも人気です。
なお、日帰りで行く場合は直前の問い合わせが必要です。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り|10:30~14:00
《休日》
要確認
《料金》
820円
《問合せ先》
0263-93-2101
《住所》
長野県松本市安曇4181


長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第3位|ホテル豊生


ホテル豊生は、長野県下高井郡にあるホテルです。
「湯田中温泉」の温泉街、横湯川沿いにあるので比較的アクセスしやすく、長野市からもわずか20km程度しか離れていません。
行きやすさという点では本記事のなかでもとくにおすすめの混浴温泉です。

本施設の特筆すべき特徴は、長野県内であればどこにでも送迎してくれるというサービスを行っていることです。
ただし、最小遂行人数が異なるので、注意して下さい。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り利用|要問合せ
《休日》
基本無休
《料金》
500円
《問合せ先》
0269-33-3281
《住所》
長野県下高井郡山ノ内町佐野2562
《備考》
県内のどこにでも送迎可(ただし高速代は客負担)


長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第2位|くつの館


くつの館は、長野県下高井郡にある温泉旅館です。
沓野(くつの)温泉は、すぐ近くに角間温泉など有名な温泉地があるので、陰に隠れてしまっている小さな温泉地です。
3つあるお風呂はすべて源泉かけ流しの天然温泉で、混浴のみ露天風呂となっています。
絶景が見込める訳ではありませんが、しっかりと策でおおられているので、見知らぬ人同士が入る混浴というよりは、カップルでのんびり入るのがおすすめといえます。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り|12:00~16:00
《休日》
要確認
《料金》
500円
《問合せ先》
0269-33-2048
《住所》
長野県下高井郡山ノ内町大字平穏1183
《備考》
民宿のため、休みは不定休となる

長野県のおすすめ秘湯混浴温泉 第1位|後楽館


後楽館は、先述した「ホテル豊生」などがあった湯田中温泉から真東にいったところにある「地獄谷温泉」を扱う温泉旅館です。
地獄谷といえば、猿が温泉に入るということで有名で、運が良ければ上の画像のようなシーンを見ることができるかもしれません。
400円と安価なので、猿に会えるかどうか、運試しに訪れてみてはいかがでしょうか。

施設基本情報

《営業時間》
日帰り|6:00~9:30、または12:00~15:00
《休日》
基本無休
《料金》
400円
《問合せ先》
0269-33-4376
《住所》
長野県下高井郡山ノ内町大字平隠6818

長野市以外の秘湯にこそ良質な混浴温泉があった!

温泉 猿

出典:©iStockphoto.com/ RichLegg

長野県にある、人気の秘湯混浴温泉をランキングで紹介してきましたが、いかがでしたか?
長野県には、長野市以外の秘境にこそ、人気の温泉宿がありました。
ぜひ、長野県に混浴温泉目的で行かれる場合は、本記事を参考にしてくださいね。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す