初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

大分県のおすすめ混浴温泉10選|泥湯でもタオルは禁止?

大分県は温泉が多いことが有名です。変わった温泉や秘湯も数多くあります。その中で混浴温泉はどれくらい存在するのでしょうか?大分県にある混浴温泉を厳選してランキング形式でご紹介していきます。

大分県のおすすめの混浴温泉はどこ?

出典:©iStockphoto.com/ pnphotos

大分県といえば温泉と言われるくらい、大分は温泉が有名な県です。
あまり全国的に知られていないかもしれませんが大分は別府以外にも、いわゆる『変わり湯』だったり『秘湯』と呼ばれる温泉がたくさんあります。
露天風呂だったり内湯だったり、街中だったり山奥だったり、その形式は様々ですが、混浴温泉自体はそこまで多くありません。
混浴を採用している温泉施設は、ほとんど隠れ家といっていい施設ばかりです。

今回は、そんな大分県の混浴温泉のなかでもおすすめの場所を厳選して紹介していきます。

泥湯の混浴温泉もある!タオルを持っての入浴は禁止?

大分にある混浴温泉のなかには、混浴システムを採用しているだけでなく、泥湯の施設があります。
泥湯というだけで珍しく、温泉好きの間では大分の泥湯温泉は有名なので全国から人が集まります。
泥で汚れて使い物にならなくなってしまうため、タオルを持ったままの入浴は泥湯の場合禁止されています。
あらかじめご了承ください。

混浴で泥湯温泉を採用している温泉も本記事では当然のことながら紹介していきます。
それでは、さっそく見ていきましょう。

大分県のおすすめ混浴温泉 第10位|桂茶屋


『桂茶屋』は、九酔渓温泉地帯にある施設です。
温泉が無料で入れるだけではなく、バイキングなど食べ放題メニューなど、すべて込々で1,380円という破格で施設を利用することができます。
白塗りをしたり、民族的な格好をした店員さんが迎えてくれるらしく、変わった経験ができるかもしれません。
混浴温泉は脱衣所を含め屋根があるので、安心して入ることができます。
天気が良い日は、温泉に入りながら『くじゅう連山』をはじめ絶景を観ることができます。
以前は温泉のほかに無料で足湯も利用出来たようですが、現在休止中のようです。

施設基本情報

《営業時間》
要問合せ
《休日》
基本無休
《料金》
桂茶屋にて1,000円以上利用すれば無料
《問合せ先》
0973-79-3744
《住所》
大分県玖珠郡九重町田野947-5

大分県のおすすめ混浴温泉 第9位|四季の宿 すじゆ


筋湯温泉は桶蓋山の山麓標高1,000mの山峡に湧く温泉であり、1,000年以上の歴史を誇ります。打たせ湯や湯治で有名です。

「四季の宿 すじゆ」は30軒ほどある筋湯温泉の中の宿の1つで、コストパフォーマンスが良いことで評判の高い宿です。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~17:00
《休日》
不定休
《料金》
500円
《問合せ先》
0973-79-3000
《住所》
大分県玖珠郡九重町湯坪565-2

大分県のおすすめ混浴温泉 第8位|ゑびすや


『ゑびすや』は、白濁色が特徴の『硫黄泉』を売りとしている旅館です。
温泉は硫化炭素ガスを多く含み、両用効果が高く切り傷すら治癒してくれるといいます。
施設も綺麗で露天風呂も広く、休憩施設も充実しているのでゆっくり過ごすことができます。
温泉だけではなく、岩盤浴なども設置されているので女性も嬉しい施設といえるでしょう。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~20:00(受け付けは19時まで)
《休日》
不定休|要確認
《料金》
日帰り|600円
ほか、施設によって異なる
《問合せ先》
0977-66-0338
《住所》
別府市大字鶴見1220

大分県のおすすめ混浴温泉 第7位|美人湯

美人湯は、秘境にある温泉です。
木曜定休で日帰りOKで、少し黄色がかった綺麗な温泉に入ることができます。
露天風呂に入る場合は、土日祝日のみしか営業されていないので、もし露天風呂が目的であれば週末のみにいくようにしましょう。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~17:00
(土日祝日は19時まで)
《休日》
毎週木曜日
《料金》
800円
《問合せ先》
0973-72-4126
《住所》
大分県玖珠郡玖珠町大隈1794-2


大分県のおすすめ混浴温泉 第6位|鶴の湯


鶴の湯は、先述した『ゑびすや』のすぐ近くにある温泉施設です。
こちらもまた秘湯で、湯量も少なめで濁っており、面積も狭く『隠れ家』と呼ぶにふさわしい温泉といっていいでしょう。
脱衣所だけは屋根で囲まれており、温泉に入りながらも山々の絶景を眺めることができます。
施設といっても旅館に併設された温泉という訳ではないので、無料で24時間入浴することが可能です。

施設基本情報

《営業時間》
24時間
《休日》
無休
《料金》
無料
《問合せ先》
0977-24-2828
《住所》
大分県別府市鶴見

大分県のおすすめ混浴温泉 第5位|へびん湯


『へびん湯』は、前述した『ゑびすや』『鶴の湯』の近くにある秘湯です。
近くというよりは市街地から見れば、それら二か所の温泉の”奥”にある場所で、大平山の奥深くにある天然の混浴温泉です。
自然に囲まれ、とても雰囲気は良い中で温泉に入れますが、とくに広いわけでもなければ、崖下のよう場所にあるので他の温泉と比べると、絶景を眺めることはできません。
とはいえ、料金は無料で24時間利用可能なので、一度は行ってみたい混浴温泉です。

施設基本情報

《営業時間》
24時間
《休日》
なし
《料金》
無料
《問合せ先》
0977-24-2828
《住所》
大分県別府市


大分県のおすすめ混浴温泉 第4位|下ん湯


『下ん湯』は、湯布院温泉地帯にある混浴温泉です。
これまで紹介してきた混浴温泉はいわゆる秘境にありました。
山の奥にあり周囲には自然しかありませんが、本温泉は金鱗湖の近くということで温泉施設の他、美術館やカフェなども多いです。
内風呂・外風呂と施設内すべてお風呂が混浴となっています。
内湯でも壁があるわけではなくオープンな施設なので、景色を眺めることもできます。
入浴料も200円と安価なので、おすすめの混浴温泉です。

施設基本情報

《営業時間》
10:00~22:00
《休日》
なし
《料金》
200円
《問合せ先》
0977-84-3111
《住所》
大分県由布市湯布院町川上1585番地

大分県のおすすめ混浴温泉 第3位|シャレー水光園 かじかの湯


『シャレー水光園 かじかの湯』は、大分県日田市にある混浴温泉施設です。
500円という安価で日帰り混浴温泉を楽しむことができますが、宿泊でも最安値で1,300円~という破格で宿泊することができます。
朝から晩まで運営されており、時間帯によってはほぼ貸し切り状態で入浴することができます。
脱衣所は男女共同となっています。

施設基本情報

《営業時間》
8:00~22:00
《休日》
基本無休
《料金》
500円
《問合せ先》
0973-57-3140
《住所》
大分県日田郡天瀬町


大分県のおすすめ混浴温泉 第2位|長湯温泉ガニ湯


『ガニ湯』は、大分県竹田市の長湯温泉地区にある混浴温泉です。
最寄り駅という駅がないので、車で行くほかありませんが、長湯温泉自体が日本一の炭酸泉として知られており湯量もたいへん多く、周囲は観光に特化した温泉街となっています。
本温泉もまた炭酸泉となっていて、入浴するだけでなく飲料として飲むことも可能になります。

混浴ではありますが、温泉と無関係の人々や道路から丸見えとなっているので、入浴には多少勇気が必要かもしれません。

施設基本情報

《営業時間》
24時間
《休日》
無休
《料金》
無料
《問合せ先》
0974-75-2214
《住所》
大分県竹田市直入町大字長湯

大分県のおすすめ混浴温泉 第1位|別府温泉保養ランド【泥湯】

@yosn7lifeがシェアした投稿 -


別府温泉保養ランドは、冒頭で記載した全国的にも有名な泥湯の温泉です。
テレビに何度も紹介されており、タレントやレポートをしている女子アナなどがその泥を顔に塗っている姿を一度は見たことがあるのではないでしょうか。
有名で施設としても大きいこともあり、料金は大分内の混浴温泉の中でも極めて高い1,100円に設定されています。
屋内の温泉は男女別ですが、露天風呂は混浴となっています。
大分、別府で一度は寄ってみたいスポットとなっているので、ぜひあなたも行ってみてください。

施設基本情報

《営業時間》
9:00~20:00
《休日》
基本無休
《料金》
大人|1100円
小学生|600円
5歳児以下|350円
《問合せ先》
0977-66-2221
《住所》
大分県別府市明礬5

大分はおすすめの混浴温泉・秘湯ばかりだった!

大分 温泉

出典:©iStockphoto.com/ Casanowe

大分にある混浴温泉についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

大分は、九州でも名の知れた温泉県として知られていますが、混浴で入れる場所はそこまで多くありません。
今回は、有名どころから隠れ家まで大分の混浴温泉を紹介してきました。

ぜひ、大分に立ち寄ったときは本記事を参考に、混浴温泉に行ってみてください。

大分県「別府温泉」のおすすめホテル・旅館についてはこちら

大分県のおすすめ情報はこちら

MOBYで人気の記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す