初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

航続可能距離とは?電気自動車&ハイブリッド車の航続距離ランキングTOP5も!

航続可能距離とは燃料満タンの自動車が走行可能な距離を意味し、電気自動車の場合は満充電の状態からどれほど走行できるかを表しています。本記事では、電気自動車とハイブリッド車の航続距離ランキングTOP5をまとめて紹介! はたして、最も長い距離を走れる電気自動車とハイブリッド車はどの車になるのでしょうか?

自動車の航続可能距離とは?

田舎 車 一般道

航続距離(こうぞくきょり)とは、一般的に航空機や船舶が燃料を最大まで積んだ状態で、飛行または航行できる距離のことです。
また、自動車の燃料が満タンの状態で走行できる距離のことも航続可能距離と言います。(電気自動車が満充電で走行できる距離も同様です。)

ハイブリッド車(HV)の航続距離

燃料タンクの大きさや燃費性能に左右される自動車の航続距離ですが、ハイブリッド車の場合は電気モーターも併用して走るために、通常のガソリン車と比較して航続距離が長くなります。

電気自動車(EV)の航続距離

電気モーターの駆動力のみを利用して走る電気自動車の場合、現状ではハイブリッド車と比較して、満充電からの航続距離が圧倒的に短いというデメリットがあります。
そのため、充電スポットを経由しなければ長距離の移動ができません。

プラグインハイブリッド車(PHV)の航続距離

航続距離が短いという電気自動車の弱点を克服したのが、プラグインハイブリッド車です。
プラグインハイブリッド車は、ハイブリッド走行のほかにEV走行も利用することができ、大容量の駆動用バッテリーを搭載しているため、航続距離もハイブリッド車より長くなっています。

レンジエクステンダーEVの航続距離

電気自動車の航続距離(レンジ)を、圧倒的に伸ばした(エクステンド)のがレンジエクステンダーEVです。
レンジエクステンダーEVは、ハイブリッド車と同様にエンジンとモーターを搭載していますが、走行に使用するのはモーターのみであり、エンジンはモーター用電力の発電のみを行うという特徴を持ちます。
そのため、充電スポットを利用しなければならない通常の電気自動車と違って、通常のガソリンスタンドで給油を行えばいつまでもEV走行を続けることができ、航続距離も電機自動車としては群を抜く長さとなっているのです。

ハイブリッド車やプラグインハイブリッド、電気自動車についての記事はこちら!

レンジエクステンダーEVについての記事はこちら!

電気自動車の航続距離ランキングTOP5

第5位:シボレー ボルトEV

シボレー ボルト EV 2017年
満充電航続距離383km
価格約400万円

ボルトEVは、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売している電気自動車です。
開発は韓国のLGグループと共同で行いました。
満充電時の航続距離が長く、それでいて低価格であるという点が最大の特長となっています。
日本への正規輸入はされていません。

第4位:BMW i3

BMW i3 外装 2016年型
満充電航続距離390km(JC08モード)
価格510~618万円

i3は、ドイツの自動車メーカー・BMWが2014年から販売している電気自動車です。
その未来的な外装デザインは、同時に発表されたEVスポーツ「i8」とともに話題を呼びました。
車体の大部分には、軽量化のためにカーボンファイバーを使用しています。
i3発売当初の航続距離は229kmでしたが、2016年9月のマイナーチェンジにより、JC08モードで390kmという実用的な距離にまで伸びています。
また、レンジエクステンダーEV仕様もあり、その場合の航続距離は511kmになります。

第3位:ルノー ZOE

ルノー ZOE 2017年型

満充電航続距離約400km
価格約270万円

ZOE(ゾエ)は、フランスのルノーが2012年に発売した電気自動車です。
日本においては、同じグループである日産「リーフ」と競合するため、販売されていません。
ZOEのバッテリーはリース制となっており、走行距離に応じて月額料金を払う必要があります。

第2位:テスラ モデルX

テスラ・モデルX
満充電航続距離417~565km
価格1078~1,728万円

モデルXは、テスラモーターズが製造・販売しているSUVタイプの電気自動車です。
2015年に発売された本車は、最廉価グレードである「75D」ですら417kmという航続距離を誇り、最上級グレードであれば565kmもの長距離(東京から大阪まで)を走ることができます。
内外装の質感も非常に高く、自動運転システムなどの最先端装備も充実しており、1,000万円以上という価格に相応しい車となっています。

第1位:テスラ モデルS

テスラ モデルS 2016年
満充電航続距離400~613km
価格900~1,704万円

モデルSは、テスラモーターズが2012年から販売しているセダンタイプの電気自動車です。
航続距離は約613kmで、バッテリーにはパナソニック製のリチウムイオン電池を搭載します。
加速性能も非常に高く、わずか2.7秒で100km/hまで加速します。
他のテスラ車と同様に品質も高く、自動運転システムもオプションで搭載可能です。

ハイブリッド車の航続距離ランキングTOP5

第5位:レクサス RC ハイブリッド

レクサス RC300h 2014年
航続距離(燃費×タンク容量)約1,530km
JC08モード燃費23.2km/L
価格565万~629万円

レクサス「RC」は、レクサス「GS」をベースに開発されたスポーツクーペです。
ハイブリッド車である「RC300h」には、2.5Lの直列4気筒+モーターが搭載されます。
JC08モードで23.2km/Lという優れた燃費性能により、長い航続距離を誇るRCハイブリッドは、ドライブ旅行にピッタリのスポーツモデルです。

第4位:レクサス GS ハイブリッド

トヨタ レクサス GS 2016年
航続距離(燃費×タンク容量)約1,530km
JC08モード燃費18.2~23.2km/L
価格615万~846万円

現行型で4代目となるレクサスの大型セダン「GS」。
レクサスブランド導入以前の日本国内においては、「アリスト」の車名で販売されていました。
ハイブリッド車のパワートレインには、2.5Lの直列4気筒と3.5LのV型6気筒が用意されています。
その燃費性能はJC08モードで23.2km/Lという、クラストップレベルの数値を達成しています。

第3位:トヨタ プリウス

トヨタ プリウス A ツーリングセレクション 2015年

航続距離(燃費×タンク容量)約1,600km
JC08モード燃費30.4~40.8km/L
価格243万~339万円

プリウスは、トヨタ自動車が製造・販売しているハイブリッド専用車です。
1997年に世界初の量産ハイブリッド車として登場したプリウスは、現行型で4代目となります。
4代目プリウスの燃費性能は、JC08モードで40.8km/Lと非常に優れており、航続距離も非常に長いものとなっているのです。
販売価格も非常に安いので、多くの場合電気自動車を買うよりもプリウスを買った方がお得になります。

第2位:トヨタ プリウスPHV

トヨタ 新型 プリウス PHV
航続距離(燃費×タンク容量)約1,600km(EV航続距離:68.2km)
JC08モード燃費37.2km/L
価格326万~422万円

プリウスPHVは、トヨタ自動車が製造・販売しているプラグインハイブリッド車です。
4代目プリウスをベースに開発された現行型は、2017年に発売されました。
パワートレインには1.8Lの直列4気筒エンジンをベースにしたプラグインハイブリッドシステムを搭載し、通常のハイブリッド走行の他にEV走行を行うこともできます。
JC08モードで37.2km/Lという優れた燃費性能や、航続距離68.2km/LというEV走行システム、量産車で初となるソーラー充電システムの搭載によって、プリウスPHVはシリーズ最長の航続距離を達成しました。

第1位:ホンダ アコード ハイブリッド

ホンダ アコードハイブリッド 新型 2016年
航続距離(燃費×タンク容量)約1,800km
JC08モード燃費31.6km/L
価格385万~410万円

ホンダ・アコードハイブリッドは、2004年から製造・販売されているハイブリッドセダンです。
現行モデルの2代目アコードハイブリッドは、2013年に発売されました。
アコードハイブリッドはホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の搭載により、JC08モードで31.6km/Lという優れた燃費性能を実現しています。
室内空間の快適性も高いので、長い航続距離をノンストップで走り続けることができるでしょう。

航続可能距離=性能ではない!

電気自動車

電気自動車とハイブリッド車の航続距離ランキングTOP5はいかがでしたか?

ハイブリッド車よりも航続距離が短い電気自動車ですが、決してハイブリッド車よりも劣っているという訳ではなく、電気自動車ならではのメリットもたくさん持っています。
当然、ハイブリッド車にも電気自動車にはないメリットが存在するので、どちらかを購入するという際には、自分の使用目的をよく考えて選ぶようにしましょう。

ハイブリッドやPHVなどの違いについてはこちら!

ハイブリッド車&電気自動車の関連記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー(東証マザーズ上場)約211社10社