初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料!ETCカードも無料!

オリエントコーポレーションが発行するOrico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、カード名称に「ポイント」という言葉が入っている通り、クレジットカードを利用した際のポイントの貯めやすさに特化したクレジットカードです。ここでは、オリコカード・ザ・ポイントのポイントを効率よく貯める方法や、ETCカードの作り方などをお伝えします。

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)の特徴

今なら、最大8,000円分の
ポイントが貰えるキャンペーン中!

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%~17.5%
年会費 永年無料 付帯保険 なし
ETCカード年会費 永年無料 ETCカード発行手数料 無料

オリコカードザポイントは、ポイントに特化しているだけでなく、クレジットカード自体の年会費が無料な上に、ETCカードの発行手数料や年会費まで無料なので、「ポイントをコツコツ貯めたいけど余計なコストもかけたくない」という方におすすめしたいカードです。

申し込み資格は高校生を除く18歳以上となっており、配偶者に収入があれば専業主婦(主夫)でも審査OKと、比較的入会のしやすいクレジットカードです。

オリコカードザポイントのポイント還元率

OKサイン ゼロ円 女性

ポイント還元率は一般的なクレジットカードの2倍!

オリコカードザポイントは、100円ごとに1オリコポイントが貯まる、ポイント還元率1.0%のクレジットカードです。
「ポイント還元率」とは、1ポイントが何円分の商品や他サービスのポイントと交換できるのかという割合のことで、一般的なクレジットカードでは0.5%のポイント還元率のことが多いのですが、オリコカードザポイントは2倍の1.0%という高還元率カードです。

カード名 ポイント付与条件 ポイント還元率
オリコカードザポイント 100円=1オリコポイント 1.0% (1ポイント1円分の価値)
三井住友VISAカード 1,000円=1ワールドプレゼント 0.5% (1ポイント5円分の価値)
JCB一般カード 1,000円=1Oki Dokiポイント 0.5% (1ポイント5円分の価値)
セゾンカードインターナショナル 1,000円=1永久不滅ポイント 0.5% (1ポイント5円分の価値)

入会から6か月間はポイント還元率2倍!

通常時でもポイント高還元率のオリコカードザポイントですが、カード入会から6か月間はポイント還元率が2.0%にアップし、100円につき2オリコポイントが貯まります。
※上限5,000オリコポイントまで

オリコモール経由でのカード利用でポイント還元率最大17.5%

オリコモール経由でポイント還元率15%加算

オリコカードは通常時でもポイント高還元率なのですが、特にネットショッピング(オンラインショッピング)においては他社カードと比較してもポイントの貯めやすいカードです。

オリコカードを発行しているオリエントコーポレーションが運営する「オリコモール」というサイトを経由して、楽天市場やAmazon.co.jp、Yahoo!ショッピングといったオンラインショッピングサイトでオリコカードザポイントを利用して買い物すると、ボーナスポイントが付与されて、最大で17.5%のポイント還元を受けられます。


■ポイント獲得の例


オリコモール経由(0.5%)+ショップ利用ボーナスポイント(0.5%~15%)+オリコカードザポイントの還元率(1.0%~2.0%)=2.0%~17.5%

ボーナスポイントが付与されるオンラインショップも、楽天市場やAmazonなどの巨大ショッピングサイトから、じゃらんnetやユニクロといったサイトまで幅広いジャンルが600サイト以上集まっているので自分が普段利用しているサイトや商品もきっとあるはずです。

オリコモールに掲載されているサイト例

ショップ名 ボーナスポイント
Amazon.co.jp 0.5%
楽天市場 最大15.0%
Yahoo!ショッピング 0.5%
ヤフオク 0.5%
ベルメゾンネット 0.5%
じゃらんnet 1.0%
楽天トラベル 0.5%
LOHACO 1.0%
ZOZOTOWN 0.5%
DHCオンラインショップ 0.5%
ユニクロ 0.5%
チケットぴあ 0.5%
ドクターシーラボ 1.0%
エクスペディア 2.5%

楽天市場のポイント還元率が圧倒的に高くて、0.5%のボーナスポイントが低く見えてしまいがちですが、Amazonのクレジットカードである「Amazon MasterCardクラシック」を使ってAmazonを利用しても1.5%のポイント還元率なのに対して、オリコモールを経由してオリコカードザポイントを利用した2.0%の方が高いポイント還元率になるのです。

ポイント交換のしやすさにも優れたカード

一般的なクレジットカードは、せっかくポイントを貯めても交換可能な商品や、移行したいポイントの選択肢が少ないということがありますが、オリコカードザポイントは500ポイントから多種多様な交換先を選べるなど、ポイント交換のしやすさにも優れています。

例えば、下の表のようなオンラインクーポンや他サービスのポイントに移行することが可能です。

ポイント交換可能なオンラインクーポン

ポイント交換商品 交換に必要なポイント
Amazonギフト券 500円分・2,000円分・5,000円分 500オリコポイント 2,000オリコポイント 5,000オリコポイント
iTunesギフトコード 500円分・1,500円分 500オリコポイント 1,500オリコポイント
LINE ギフトコード 500円分 500オリコポイント
nanacoギフト 1,000円分 1,000オリコポイント
EdyギフトID 1,000円分 1,000オリコポイント
ファミリーマートお買い物券 500円分 500オリコポイント
すかいらーくご優待券 5,000円分 5,000オリコポイント
オリコモールクーポン 2,000円分 1,000オリコポイント

オリコポイントから移行可能なポイント

ポイント移行 交換に必要なポイント
オリコプリペイドカードへのチャージ 500円~49,000円(1円単位) 500~49,000オリコポイント (1オリコポイント単位)
電子マネーWAONポイント 1,000WAONポイント 1,000オリコポイント
Tポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント
楽天スーパーポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント
Pontaポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント
ベルメゾン・ポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント
ニッセンお買い物券 1,100円分 1,000オリコポイント
ANAマイレージクラブ 600マイル 1,000オリコポイント
JALマイレージバンク 500マイル 1,000オリコポイント
dポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント
WALLET ポイント 1,000ポイント 1,000オリコポイント

また、通常のクレジットカードであれば、ポイントを交換するのに1週間~1か月ほどかかってしまう場合も多いのですが、「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」「LINEギフトコード」「T-POINT」「nanacoギフト」「すかいらーくご優待券」「ファミリーマートお買い物券」への交換は、ポイント交換して即時利用可能な「リアルタイム交換」にも対応していることが魅力です。

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%~17.5%
年会費 永年無料 付帯保険 なし
ETCカード年会費 永年無料 ETCカード発行手数料 無料

今なら最大8,000円分のポイントプレゼントキャンペーン中!

プレゼント

キャンペーンポイントプレゼント条件

今なら、「オリコカードザポイントに入会・利用で最大8,000円分のオリコポイントをプレゼント」というキャンペーンを実施中です。
キャンペーンポイントを貰える条件は以下です。

① キャンペーン期間中にカード入会で1,000ポイント
② Start THE POINTキャンペーン参加で6,000ポイント
③ 入会時にマイ月リボの登録・5万円以上のショッピング利用で1,000ポイント

「Start THE POINTキャンペーン参加」とは、カード入会時にエントリーすることができるキャンペーンです。
対象の携帯料金の支払いで1,500ポイント、対象の電気料金の支払いで1,000ポイント、入会時にキャッシング枠を設定することで500ポイント、利用金額15万円以上で3,000ポイント、家族カード入会で500ポイントが獲得できます。

8,000ポイントすべて貰おうと思うとなかなか難しそうなので、自分が獲得できそうなポイントに狙いを絞るのがおすすめです。

キャンペーンポイントが貰えるまで時間がかかる

このキャンペーンで貰えるポイントにひかれて申し込んでいる人も多いと思いますが、実際にポイントが使えるのは「キャンペーン期間終了後、5ヵ月後の中旬」となっており、貰えるまでの期間が長いと感じる人も多いようです。

スマートフォンアプリでポイントや利用料金を楽々管理

オリコアプリ

オリコカードを発行したら「オリコポイントゲートウェイアプリ」というスマートフォンアプリをダウンロードするのをおすすめします。
スマートフォンで簡単に「ご請求金額」や貯まっている「オリコポイント」を確認でき、オリコモールへのアクセス、現在行っているキャンペーンの確認、ポイント交換も楽々できるので便利です。

iPhone版、はApp store、Android版はGoogle Playでダウンロードできます。

アプリを入れておくことによって、パソコンとは違って自動ログインが適用されるので、現在貯まっているポイントを楽々確認でき、交換可能なポイントになったらアプリで簡単に交換もできるようになります。

楽天カードと比較してもオリコカードザポイントはポイントが貯まりやすい

オリコカードザポイントと同様に年会費無料でポイント還元率の高い有名なカードといえば「楽天カード」です。
オリコカードザポイントと楽天カードを比較しやすいように表にまとめてみました。

オリコカードザポイント 楽天カード
年会費 永年無料 永年無料
ETCカード年会費 無料 500円+税
ポイント還元率 1.0% 1.0%
ポイント付与率 100円=1ポイント 100円=1ポイント
ポイント交換先 Amazonギフト券、楽天スーパーポイント、Tポイント、ANAマイル、JALマイル
など19種類
楽天Edy、ANAマイル
ポイント加算店 Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング
など600店舗以上 (オリコモール経由)
楽天市場、楽天トラベル、エネオス、エースコンタクト
など30店舗程度
旅行保険 付帯なし 海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
国際ブランド MasterCard、VISA、JCB MasterCard、VISA、JCB
キャッシング手数料 15.0%~18.0% 18.0%
発行期間 最短8営業日 発行完了メールが届いて約1週間

オリコカードザポイントと楽天カードの違いは、オリコカードはポイントを貯める手段やポイント交換先が多いのに対して、楽天カードは楽天系のサービスを利用するのに特化しているという点です。

楽天市場を利用した時のポイント還元率だけで比較した場合、オリコカードザポイントはオリコモール経由で2.0%~17.5%のポイント還元率になるのとプラスアルファで、楽天市場を利用することでもらえる楽天スーパーポイントを得られるので、店舗や条件によっては楽天カードよりも楽天市場でポイントが貯まることも。
また、オリコモールを経由することで楽天トラベルでもポイントを2.0%~から獲得することもできます。

一方、楽天カードの場合は「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」という仕組みを利用すれば、楽天市場内でのショッピングが4%~7%の還元率になる(SPUを利用しない場合2.0%)のと、楽天カード会員向けのキャンペーンで商品を購入することで10%以上のポイントも獲得することができます。
楽天カードを使って貯まるポイントは「楽天スーパーポイント」なので、ポイント交換する手間がなくてすむメリットがあるのですが、楽天以外のサービスに活用しにくいことがデメリットです。

オリコカードザポイントの年会費

クレジットカードには発行から1年が経過すると一般カードだと1,000円~10,000円程度の年会費がかかってくるカードがありますが、オリコカードザポイントは何年経っても年会費無料の、「年会費永年無料」カードです。
年会費はもちろん、発行手数料などもかからない、完全無料で作れる&持てるカードです。

ETCカードが無料で持てる

ETCカードが無料で持てる

クレジットカード自体の年会費が無料でも、楽天カードのようにETCカードに年会費(500円+税)がかかってしまうものや、VIASOカードのように発行手数料(1,000円+税)がかかってしまうカードがありますが、オリコカードザポイントはETCカードの年会費も発行手数料も無料です。

カード名 年会費 ETC年会費 ETC発行手数料
オリコカードザポイント 無料 無料 無料
三井住友VISAクラシックカード 1,250円+税 初年度無料 次年度から500円+税 無料
楽天カード 無料 500円+税 無料
VIASOカード 無料 無料 1,000円+税

家族カードの年会費も無料

クレジットカードには「家族カード」という、生計を共にする家族(高校生を除く18歳以上)に、まったく同機能のカードを発行することが可能です。

オリコカードザポイントは、この家族カードも年会費無料で持つことが可能なので、クレジットカード審査に通らない家族がいる人や、ポイントを家族全員で貯めたい人、家族の支払いを管理したいという人は利用してみてはいかがでしょうか。

オリコカードザポイントの審査について

審査 リスト データ

オリコカードザポイントの申し込み資格は、「原則として高校生を除く18歳以上の方」となっており、「学生不可」や「安定した収入のある方」という記述が無いため、未成年者や学生、専業主婦でも申し込みを受け付けています。

審査期間

オリコカードザポイントは、平日の19時までに申し込めば最短で30分後には審査結果がメールで届き、最短8営業日でカード発行が完了します。

この審査結果が出るまでの期間は、これまでクレジットカードを持っていた人であれば、過去の支払い履歴などを確認し、支払いが滞りなくできている人や、安定した収入がある人とカード会社が判断できれば早く結果が出る傾向があります。

審査期間が長い場合は1か月程度かかってしまう可能性もあるので「審査に落ちたのではないか」と不安になるかも知れませんが、遅くても審査に通っている可能性は十分にあるので気長に待ちましょう

審査に通るための対策

クレジットカードを申し込んでも、オリコの審査基準に満たなければ審査に落ちてしまいます。
クレジットカードの審査基準は、職業や年収、過去の支払い履歴(クレジットヒストリー)など、様々ありますが、すぐに対策可能なことは次の3つです。

・嘘や間違いのない情報を正確に記入して申し込む
・キャッシング枠を少なめに(0円)に設定して申し込む
・1か月間で3枚以上申し込まない


キャッシング枠とはショッピング枠とは別の、お金を借りるための限度額のことです。
キャッシング枠を多く設定して申し込むと、お金に困っている人と判断されて審査に通りにくくなると言われています。

また、「1か月間で3枚以上申し込まない」ということも、カード会社に「お金に困っていてきちんと返済してくれない可能性がある人」、「キャンペーンのポイント狙いで、長期的にカードを使ってくれる人じゃない」と判断されて、審査に通りにくくなると言われています。

電子マネーのiDとQuicPayが利用可能

idとquicpayの2種類搭載

オリコカードザポイントは、コンビニやスーパーでチャージ不要でスムーズにお会計ができる、電子マネーのiD(アイディー)とQuicPay(クイックペイ)の2種類が利用可能です。

「QuicPay」は、「ApplePay」にも対応しているので、iPhoneを持っている人はぜひ使ってもらいたい機能です。
ちょっとしたコンビニでの買い物でも財布いらずで、お金を数える手間も、お釣りをもらう手間もなく、クレジットカードのポイントが貯まっていきます。

Mastercard、VISA、JCBから国際ブランドを選べる

国際ブランド3種類

オリコカードザポイントは、Mastercard(マスターカード)、VISA(ビザ)、JCB(ジェーシービー)の3種類から国際ブランドを選べます。

国際ブランド(またはカードブランド)が対応していなければ、クレジットカード払いが可能なお店でもカード払いができないということになります。

海外でもクレジットカードを利用する可能性があるのならMastercardかVISAがおすすめです。

オリコカード申し込みページ

オリコカードザポイントの申し込みページ上部には、Mastercardブランドへの申し込みボタンしか置かれていませんが、ページの下の方に行くとVISAやJCBへの申し込みボタンがあるので、マスターカード以外のブランドへはこちらから申し込むようにしてください。

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%~17.5%
年会費 永年無料 付帯保険 なし
ETCカード年会費 永年無料 ETCカード発行手数料 無料

オリコカードザポイントのデメリット

海外旅行傷害保険の付帯がないのがデメリット

オリコカードザポイントのデメリット面は、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険の付帯がないことです。
とはいえ、年会費無料のクレジットカードはあまり海外旅行保険が付帯していないことも多く、付帯していても補償内容や金額が微妙だったり、旅行費をカード払いしないと保険が適用されない「利用付帯」になっていたりすることが多いので大きなデメリットではないでしょう。

どうしても海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードが欲しいという方は、メインカードとしてポイントの貯めやすいオリコカードザポイントを持って、サブカードで海外旅行傷害保険付帯(できれば自動付帯)のクレジットカードを持つことがおすすめです。

ポイント有効期限が1年間と短め

セゾンカードの永久不滅ポイントという例外もありますが、基本的にはクレジットカードを使って貯まるポイントには有効期限があり、オリコカードザポイントのポイント有効期限が12か月(1年間)と短めに設定されているのがデメリットと言われています。

クレジットカードのポイント有効期限は、2年~3年のものが多く、中にはポイントが付与されるごとに有効期限が更新されるので実質無期限というカードもある中で短いのではないかと思われてのことです。
ですが、500ポイントからウェブやスマホアプリで簡単にポイント交換が可能なので、ポイントが貯まりきらないで消滅することや使い忘れということは、オリコカードザポイントをメインカードとして利用していればあまりないと思います。

ETCカードはクレジットカード発行後にしか申し込めない

多くのクレジットカードが、申し込みと同時にETCカードの申し込み手続きをすることができるのに対し、オリコカードザポイントはカード発行後にETCカードを申し込むしかありません。
そのため、すぐにETCカードが欲しいという方にとってはデメリットに感じてしまうでしょう。

オリコカードザポイントの審査期間は最短で8日、ETCカードは2週間程度かかるため、長くて1か月程度は見ておいた方がいいです。

オリコカードザポイントの基本情報

発行会社 オリエントコーポレーション ポイント還元率 1.0%~17.5%
年会費 永年無料 付帯保険 なし
ETCカード年会費 永年無料 ETCカード発行手数料 無料

発行会社

カード発行会社 株式会社オリエントコーポレーション
本社所在地 〒102-8503 東京都千代田区麹町5丁目2番地1

年会費

初年度年会費 無料
2年目以降 無料
ETCカード年会費 無料
家族カード年会費 無料

ポイントプログラム

ポイント付与条件 100円利用につき1オリコポイント付与
通常ポイント還元率 1.0%
ポイントアップ条件 ・入会から半年間は1.0%加算 ・オリコモール経由でのショッピングで1.0%~15.5%加算
ポイント名称 オリコポイント
ポイント有効期限 1年間

マイル還元率

ANAマイル交換 1,000ポイント→600マイル 還元率:0.6% 移行手数料:無料
JALマイル交換 1,000ポイント→500マイル 還元率:0.5% 移行手数料:無料

入会・発行期間

入会資格 原則として年齢18歳以上の方 ※高校生は除く
最短発行期間 最短8営業日(オンライン申込)

限度額

ショッピング 10万円~300万円
キャッシング 10万円~100万円

利率

ショッピング リボ払い 実質年率15.0%
キャッシング 実質年率15.0%~18.0%

締め日と支払日

締め日 当月末日
引落日 翌月27日
支払方法 1回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い、ボーナス併用払い

電子マネー

電子マネー iD QUICPay

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す