不屈のレーサー・長屋宏和って誰か知ってる?長屋さんの目標は「F1のワールドチャンピオン」!

元・全日本F3ドライバーの長屋宏和さんは、2002年にレース中の事故でチェアウォーカーとなってしまいました。しかし不屈の闘志でサーキットに復帰した長屋さんはレース外にも活躍の場を広げて、各メディアからも注目を集めています。その長屋さんの魅力についてまとめてみました。

レーサー・長屋宏和

出典:http://www.faust-ag.jp/

1979年12月31日生まれ。

13歳の時に鈴鹿サーキットで観戦したF1の迫力に感動したことからレーシングドライバーを志し、
14歳でレーシングカートデビュー。

キャリア4年目の1997年には全日本カート選手権ICAクラスに、翌1998年には全日本カート選手権
最高峰のFSAクラスにステップアップ。

1999年はスカラシップを得て渡仏。フランスのレーシングスクール「ラ・フィリエール」に入校し
フォーミュラルノーキャンパスの参戦。最高位3位、全24台中シリーズランク9位の成績を残した。

帰国後は本田技研工業のF1ドライバー育成プロジェクトだったフォーミュラドリームに参戦。
2年目の2001年には優勝も経験してシリーズ3位の好成績を残してF3へのステップアップを獲得。

2002年、ホンダと関係の深い名門チーム・戸田レーシングから全日本F3選手権に参戦。
ルーキーイヤーにしてシリーズ9位と奮闘するも、鈴鹿サーキットで行われたF1日本グランプリの
サポートレースだったフォーミュラドリームに全日本F3からのゲストとして参戦し大クラッシュ。
鈴鹿中央病院に救急搬送され頚椎C6損傷と診断され一ヶ月半後、東京厚生年金病院に転院して
半年、国立リハビリテーションセンター病院に半年、米国のユニバースシティーワシントン病院に
3か月、国立リハビリテーションセンター病院に半年と入退院を繰り返して加療するも頸椎損傷四肢麻痺の重度障害者となる。

「それでも僕はあきらめない」

長屋さんは、レースの世界に戻りたいという一心でリハビリに励み渡米して神経再生手術を
受けますが、チェアウォーカーとして新たな挑戦を始めることになります。

鈴鹿の事故から2年経過した2004年9月、長屋さんはレーシングカートを事故後初めてドライブ、
その年の12月にツインリンクもてぎで行われた「無限プレイングカートフェスティバル」に参戦。

出典:http://www.piroracing.com/

サーキットでのレースに復帰を果たした長屋さんは、仲間に見守られながら無事完走。
これは、ステアリングホイールを握ることの難しいドライバーとしては世界初の快挙でした。

出典:http://www.piroracing.com/

2007年4月に自叙伝「それでも僕はあきらめない―元F3レーサー、車いすからの新たな挑戦」を
出版、同年8月から始めたオフィシャルブログのタイトルにも「それでも僕はあきらめない」を採用されています。

出典:http://goo.gl/

書籍情報(amazon.co.jp)

アメブロより

実業家・長屋宏和

長屋さんの母親は、日本でのモードフィッターのパイオニア的存在の長屋恵美子さんです。

アトリエ ロングハウス・長屋恵美子公式サイトより

チェアウォーカーとなった長屋さんですが、「いつも自分の好きな洋服を着たい」という思いから
2005年5月に母の技術と自分のアイデアを組み合わせたチェアウォーカー・ファッションブランド
「ピロレーシング」を立ち上げます。
チェアウォーカーは、臀部が常に車椅子に接していて床ずれを起こし易いなどの問題を抱えていて
デニムのような素材・形状のものは、障害の個所、程度によって個別な機能を要求されます。
長屋さんは母親・恵美子さんの30年にわたるモードフィッターの技術を導入して、自分が穿きたい
と思えるデニムパンツを開発します。

出典:http://www.faust-ag.jp/

「ジーンズのここを変えたい、こういう服を着たい、と相談して
 自分の着たい服を作り始めました。それがカタチになったとき
『これはチェアウォーカーの皆に必要なものだぞ』と思ったのです」

出典:http://www.faust-ag.jp/

長屋さんはその後「ピロレーシング」で、チェアウォーカーのファッションショー開催したり、
雨天の外出でも不具合を感じないように開発したレインコートやチェアウォーカーの花嫁さん用
ウエディングドレスを発表するなど、母親からの血統を受け継いでファッション業界でも功績を
あげます。

出典:http://www.faust-ag.jp/

不屈のレーサー・長屋宏和

手の操作だけでドライビングする専用カートでの走りを「自分では納得いかない」と口にするも
カートでサーキット走行できることに「自分は生きているという充実感を味わわせてくれた」
とも語っています。

2010年8月には富士スピードウエイで開催された軽自動車の耐久レース「K4-GP FUJI500km」
に参加して見事完走を果たします。

AUTOSPORTweb(2010年8月14日)

2013年、公益社団法人日本青年会議所主催の「青年版国民栄誉賞」として積極果敢に活動・挑戦
している人間力あふれる若者に与えられる賞である「人間力大賞」で人間力大賞グランプリ、
内閣総理大臣奨励賞、まちづくり市民財団奨励賞を受賞、レース内外で活躍が賞賛されました。

2015年は、ツインリンクもてぎで行われる真夏の恒例カート耐久レース「K-TAI」に参戦するため
加圧トレーニングを取り入れた肉体改造をして、8月に行われた決勝レースはウエットという、
コンディションの中で以前と変わらぬスムースなライン取りで快走し25位で完走。

目標は「F1のワールドチャンピオン」

長屋さんの小さな目標は「今日一日をどれだけ楽しむことができるか」だとか...
そして大きな目標は「F1のワールドチャンピオン」なのだそうです。

「僕はこの夢を今も捨てずに持ち続けています。
 それが叶うか叶わないかなんて自分も分からないし人にも分からないでしょう」

出典:http://www.faust-ag.jp/

心に響く言葉から、長屋さんの高い人間力が垣間見えます。

プロのレーシングドライバーとしてキャリアを積んできた長屋さんは、ドライバーの力だけで
ワールルドチャンピオンを獲得することができないことなぞよくご存知のこと。
いつか、F1チームの一員としてチャンピオンの栄誉をつかめる日が来るのかもしれません。

これからも長屋さんの活躍に期待して行きたいです。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す