初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型ランドクルーザープラド マイナーチェンジ!9月12日発売開始で価格や燃費は?

2017年9月12日、トヨタ ランドクルーザープラドがマイナーチェンジして発売されました。ランドクルーザーに次ぐ本格SUVとして人気のプラドは、どのような進化を遂げたのでしょうか。新型ランクルプラドの新装備、燃費、価格など変更点を紹介していきます。

【最新情報】マイナーチェンジしたトヨタ新型ランドクルーザープラド登場

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

2017年9月12日、ランドクルーザープラドがマイナーチェンジして発表・発売されました。
同日に開催された、フランクフルトモーターショー2017
ランドクルーザープラドは150系になってから1度ビックマイナーチェンジがなされており、今回で2度目のマイナーチェンジとなります。

ランドクルーザー新型へのマイナーチェンジで主な変更点は?

今回の2017年のランドクルーザーの新型へのマイナーチェンジの主な変更点は以下のとおりです。

・安全装備トヨタセーフティセンスPの全車標準搭載
・フロントグリルとヘッドライトのデザイン変更
・全車LEDヘッドライトを採用
・ドライブモードセレクトを「TZ-G」のグレードに標準装備
・ディーゼル車のグレード体系の見直し

トヨタ新型ランドクルーザープラドはフランクフルトモーターショーで発表!

2015年に開催されたフランクフルトモーターショーで挨拶をするメルケル首相

2015年 フランクフルトモーターショー メルケル首相

2017年9月1日、トヨタは9月12日に開催されるフランクフルトモーターショーに、トヨタ新型ランドクルーザープラドを出展すると発表されていました。
9月12日、フランクフルトモーターショーでのトヨタの登壇に先駆け、「新型ランドクルーザー プラド(マイナーチェンジ)」「新型ハイラックス(日本復活)」「新型FJクルーザー(特別仕様車)」がプレスリリースにて発表。
人気のランクルプラドだけでなく、復活が待望されていたハイラックス、生産終了の噂が嘆かれている「FJクルーザー」の3車種の同時発表とあって大きな注目を集めています。

その後、予定通りフランクフルトモーターショーでも発表されました。
さらにフランクフルトモーターショーでは、トヨタの人気SUV「C-HR」のハイパワーモデルの「C-HR ハイパワー」が公開されました。

新型ランドクルーザープラドの公式動画も公開!

新型ランドクルーザープラドの動画も公開されました。
悪路を快走するランクルプラドの存在感を感じる映像となっています。

フランクフルトモーターショーやランドクルーザーに関する記事はこちら

トヨタ新型ランドクルーザープラドの外装(エクステリア)デザイン

新色のブラッキッシュアゲハガラスフレーク

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

エクステリアは、力強さと先進性をより一層高めたデザインに変更しました。
大型のフロントグリルとヘッドランプをつなげたデザインとすることで、力強さを演出しています。
リヤデザインはコンビネーションランプの飛び出しをが抑えられ、ガーニッシュの意匠を変更がなされました。
さらに、LEDヘッドランプを全車に採用しました。

外装色は、新色のブラッキッシュアゲハガラスフレーク(オプション設定)とアバンギャルドブロンズメタリックを含む全9色から選択できます。
選択できる色は以下のとおりです。

スーパーホワイトⅡ
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
グレーメタリック
ブラック
アティチュードブラックマイカ
ブラキッシュアゲハガラスフレーク
レッドマイカメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック

トヨタ新型ランドクルーザープラドの内装(インテリア)デザイン

内装新色 ニュートラルベージュ

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ
トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

インテリアはインストルメントパネル周りを中心に、より先進的なデザインに進化しました。
ナビをタブレット型の薄い形状とすることでモダンさを強調。
センタークラスターやメーターパネルの質感も向上しています。

ステアリングはインストルメントパネルとの統一感を演出したデザインで、握りやすさを考慮した設計です。

内装色は新色ニュートラルベージュを含む全2色を設定しています。

トヨタ新型ランドクルーザープラドのパワートレイン

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

今回のマイナーチェンジではエンジンの変更は行われていません。
そのため、基本の走行性能や燃費の大きな差異はないと考えてよいでしょう。

ただし、NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+の5つの走行モードをシーンに合わせて選択できるドライブモードセレクトを最上級グレード「TZ-G」に標準装備しています。

【参考】2017年150系ランドクルーザープラドのスペック

全長全幅全高
4,7601,8851,850
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7905人乗り:1,825 7人乗り:2,5205 または 7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
ディーゼルターボエンジンガソリンエンジン
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量2.82.7
最高出力130[177]/ 3,400120[163]/ 5,200
最大トルク450[45.9]/ 1,600~2,400246[25.1]/ 3,900
トランスミッション6 Super ECT6 Super ECT
駆動方式4WD4WD
使用燃料軽油レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型ランドクルーザープラドはマイナーチェンジでトヨタセーフティセンスP標準装備

トヨタ ランドクルーザー プラド 2017マイナーチェンジ

新型ランドクルーザープラドは、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準搭載しています。
ドライブスタートコントロールの全車標準装備に加え、オプションでブラインドスポットモニターを設定するなど、安全な運転を支援します。

現在のトヨタ衝突回避支援パッケージには、トヨタセーフティセンスPとトヨタセーフティセンスCがありますが、ランドクルーザープラドは両方とも装備されていなかったため、安全面での強化がなされたことになります。

セーフティセンスPはセーフティセンスCと違い「ミリ波レーダー」により、白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。
自動ブレーキやレーダークルーズコントロールなど先進技術の結集された高級車にのみ許された安全装備です。

トヨタセーフティセンスPの詳細な機能は次の通りです。

PCS(プリクラッシュセーフティシステム)(歩行者検知機能付回避支援タイプ自動ブレーキ)

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

前方の車両や歩行者し検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性をドライバーに知らせてくれます。

このとき、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。
ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートしてくれる自動ブレーキというわけです。
自動ブレーキの作動領域は、歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域です。

トヨタセーフティセンスCの自動ブレーキの作動領域は約30~40km/hの速度域であることを考えると感知能力がとても高いと言えます。

LDA(レーンディパーチャーアラート)(ステアリング制御付)

道路上の白線(または黄線)を認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ドライバーへブザーとディスプレイ表示による警報をします。

さらにセーフティセンスCにはない電動パワーステアリング制御機能により、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

オートマチックハイビーム

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビ ーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートします。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

トヨタセーフティセンスCには搭載されずセーフティセンスPにしかない機能がこのレーダークルーズコントロールです。レーダークルーズコントロールでは先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。

先行車が停止した時は自車も停止し、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開する作業も自動で行います。

トヨタ・セーフティセンスについての記事はこちら

安全運転サポート車についての記事はこちら

トヨタ車衝突テストについての記事はこちら

トヨタ新型ランクルプラドはインテリジェントパーキングアシスト2の搭載なし

インテリジェントパーキングアシスト2

インテリジェントパーキングアシスト2

新型ランドクルーザープラドには、インテリジェントパーキングアシスト2の搭載はありませんでした。
インテリジェントパーキングアシスト2は、トヨタ・アルファードとベルファイアに装備されている機能であり、車体のパーキングアシスト機能です。

トヨタが開発したインテリジェントパーキングアシスト2は、カメラと超音波センサーで駐車スペースを検知し、隣接車両と適切な距離を確保して区画線内へクルマを誘導します。
そして、発進可能位置までのステアリング操作を自動で行い、スムーズな出庫をアシストすることも可能です。
また、巻き込みの危険を知られる機能として、障害物が死角になりやすい車両側面へ近づいたら、ドライバーに巻き込む危険を知らせてくれます。

車両の大きいランドクルーザープラドにもパーキングアシストはあってほしい機能ですので、フルモデルチェンジに期待しましょう。

テスラ社のリモート自動駐車機能についてはこちら

トヨタ新型ランドクルーザープラドはドライブモードセレクトを採用!

今回のマイナーチェンジで新型ランドクルーザープラドの最上級グレード「TZ-G」にはレクサスRXやLXに採用されているドライブモードセレクトが採用されます。

NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+の5つの走行モードをシーンに合わせて選択できる機能で、道路状況や交通状況によってドライバーの意思でスポーツモードやエコモードに切り替えられることが可能になります。

トヨタ新型ランドクルーザープラドのグレード構成と価格

定員(人)エンジン価格(税込み)
TX52TR-FE(2.7Lガソリン)354万
7369万
TX“Lパッケージ”5405万
7420万
TX51GD-FTV(2.8Lディーゼル)415万
7430万
TX “Lパッケージ”5467万
7482万
TZ-G7536万

【参考】2017年150系ランドクルーザープラドの価格

ディーゼルターボエンジン搭載車
特別仕様車TX"Lパッケージ・G-FRONTEIR" 7人乗り4,775,760[4,803,840]
TZ-G 7人乗り5,133,927[5,162,007]
TX"Lパッケージ" 7人乗り4,696,037[4,724,117]
TX 5人乗り3,964,582[3,992,662]
[単位]円(消費税込み)[ ]内は北海道地区メーカー希望小売価格
ガソリンエンジン搭載車
特別仕様車TX"Lパッケージ・G-FRONTEIR"7人乗り4,037,040[4,058,640]
TX"Lパッケージ" 7人乗り3,956,727[3,978,327]
TX"Lパッケージ" 5人乗り3,802,582[3,824,182]
TX 7人乗り3,504,109[3,525,709]
TX 5人乗り3,349,963[3,371,563]
[単位]円(消費税込み)[ ]内は北海道地区メーカー希望小売価格

新型車に関するおすすめ記事はこちら

ランドクルーザープラドの中古車価格情報

ランドクルーザープラドの中古車価格相場は142.6万円です。
SUVで人気車種なだけに価格は高く、高年式や走行距離が少ないものは軽く200万円以上します。

また、ショップのデモカーやカスタムカーも多く、カスタムベースとしても人気がある車のため、年式が古いものでも価格が落ちにくい車です。
全体的に高額な車が多いため、中古車購入の際もそれなりの金額を用意しておかないといけません。

しかし、頑丈に作られた車であるため、20万キロぐらいまで乗ることは十分に可能です。
逆に20万キロ走行したものでもランドクルーザープラドでは買い取ってくれるほど、リセールバリューの良い車でもあります。

そこで、狙い目は120系以降で多走行距離でも整備が十分にされているような車であれば、比較的安く購入できるでしょう。

トヨタ・ランドクルーザープラド中古車価格
70系(1990~1996年)28.6~309.8
90系(1996~2002年)19~319.8
120系(2002~2009年)84.8~369
150系(2009年~)219.8~689.9
[単位]万円(消費税込み)

中古車情報
システムメンテナンス中


中古車購入やヤフオクでの出品・購入についての記事はこちら

【おさらい】トヨタ・ランドクルーザープラドとは

2016 ランドクルーザープラド

マイナーチェンジの内容を紹介する前に簡単なランドクルーザープラドの紹介をしたいと思います。
ランドクルーザープラドは1985年11月に、ランドクルーザープラド70系のライトバン、ワゴンとして誕生したのが始まりです。

その後、3ドアのみの70系ランドクルーザーから独立したモデルとして1990年に「ランドクルーザープラド」としてデビューし、当時SUV・クロカンで一番人気であった三菱・パジェロの対抗馬として開発されました。
初代モデルの70系ランドクルーザープラドから現在まで3度のフルモデルチェンジがされ、2代目が90系、3代目が120系、そして4代目となる現行型が150系となります。

現行ランドクルーザープラドやランドクルーザーとの違いについての記事はこちら

MEGA WEBで新型ハイラックスの特別展示&試乗がスタート

9月13日より東京お台場のMEGA WEBにて新型ランドクルーザープラドと新型ハイラックスの特別展示および試乗がスタートしました。
新型ランドクルーザープラドはグレードTX(ボディカラー:スーパーホワイトⅡ)が用意され、新型「ハイラックス」はZグレード(ボディカラー:シルバーメタリック)とXグレード(ボディカラー:アティチュードブラックマイカ)が試乗可能です。

新型ランドクルーザープラドや新型ハイラックスに試乗したい方はお台場に足を運びましょう。

2017年11月末まで開催の特別展示では以下のボディーカラーの新型ランドクルーザープラドと新型ハイラックスとが展示されます。
■新型ランドクルーザープラド
アバンギャルドブロンズメタリック

■新型ハイラックス
ネビュラブルーメタリック ※1
ネビュラブルーメタリック
スーパーホワイトⅡ(TRD仕様) ※1
シルバーメタリック ※2
クリムゾンスパークレッドメタリック ※2
クリムゾンスパークレッドメタリック

※1 9/17(日)まで
※2 9/18(月・祝)まで <トヨタ純正パーツ装着車両>

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジにも期待大

2016 ランドクルーザープラド

2017年9月12日のフランクフルトモーターショーでは「300系ランドクルーザー」とともに新型プラドがお披露目されます。
ランドクルーザープラドが近いうちにフルモデルチェンジすることも期待したいですが、発表も発売日もまだまだ先になるでしょう。
次期モデルでは、ガソリンエンジンがダウンサイジングターボで2.0Lターボが搭載されるかもしれません。

ランドクルーザープラドは、デビューからフレームや基本設計を変えずにモデルチェンジをしてきた正統派オフロードカーです。
年々厳しくなる排ガス規制に合わせ、排気量を小さくしたエンジンやハイブリッド搭載もあり得ますが、ランドクルーザープラドには今まで通りの頑丈でタフなSUVであってほしいです。

MOBYはランドクルーザープラドのマイナーチェンジ以降も、改良やフルモデルチェンジにも注目し、最新情報を追っていきたいと思います。

300系ランドクルーザーのライバル車となる最新SUV情報はこちら

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社