初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ スペーシア新型最新情報!フルモデルチェンジ後のスペックと燃費や価格&発売日を徹底予想!

スズキのスペーシアがフルモデルチェンジを予定していることがわかりました。ライバル車のホンダ N-BOXやダイハツ タントに売上では溝を開けられ、ハイトールワゴンの軽自動車では少し元気のないようですが、スズキは今回のフルモデルチェンジで起死回生を図ります。本記事ではスズキ新型スペーシアの燃費やスペックと価格、そして発売日予想をお届けしたいと思います。

スズキ スペーシアフルモデルチェンジが確定

2017年2月に、スズキ スペーシアのフルモデルチェンジする見方がされています。
スズキは1月に新型ワゴンRを発表し、新技術のマイルドハイブリッドを搭載したことで従来のSエネチャージよりも低燃費を実現しています。
そこで、ダイハツ タントやホンダ N-BOXをライバルとする軽トールワゴン車のスペーシアも新型ワゴンRと同様のモーター・バッテリーユニットを搭載した新型へとモデルチェンジが確定的です。

スズキ スペーシアとは

スズキ スペーシアは2013年から製造・販売しているトールワゴンの軽自動車です。

先代モデルはスズキ パレット

スズキ パレット

2012年 スズキ パレット

先代モデルであるスズキ・パレットは、大ヒットしているダイハツ・タントへ対抗するために開発されたトールワゴンで、CVTトランスミッションや電動スライドドアを装備し、スズキ車初となるキーレスプッシュスタートシステム、オートライトシステム、フルオートエアコンが大半のグレードに備わっていました。
また、個性的なデザインのパレットSWも販売され、こちらはフロント・リア・サイド・ルーフのフルスポイラーのほか、スケルトン構造のフロントグリル、スモークタイプのリアコンビネーションランプが装備されていました。

スズキ スペーシアの発売

スズキ スペーシア

2013年 スズキ スペーシア

2013年3月から発売されたスペーシアには、パレットよりもエンジンのコンパクト化とフレームやサスペンションを軽量化し、車重が840kgと軽トールワゴンで最軽量となりました。
さらに、加速時にモーターでエンジンをアシストし低燃費を実現する「Sエネチャージ」を搭載しており、2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて最も優れた軽自動車に与えられる「スモールモビリティ部門賞」を受賞しました。
評価は高く、2016年の販売台数は81,277台でしたが、月販目標台数の8,500台を継続して達成することができませんでした。
一方、ダイハツ・タントは2016年の販売台数が155,999台、ホンダ N-BOXにいたっては186,367代と軽四輪車売上1位となっています。

スズキ スペーシアカスタムZ

スズキ スペーシアカスタムZ

スズキ スペーシアカスタム

スズキ スペーシアカスタム

スペーシアには、個性的なデザインを施した派生モデルの「スペーシアカスタム」、「スペーシアカスタムZ」も販売されています。

スズキ スペーシア / カスタムZについての記事はこちら

スズキ パレットについての記事はこちら

東京モーターショーでスペーシア/スペーシアカスタムのコンセプト展示!

スペーシア コンセプト

スズキ スペーシア コンセプト

スペーシアカスタム コンセプト

スズキ スペーシアカスタム コンセプト

スズキは2017年10月に開催される東京モーターショーにて、スペーシアとスペーシアカスタムのコンセプトカーを展示することを発表しました。
創立100周年を迎えるスズキは東京モーターショーにおいての展示テーマを「”ワクワク”を、誰でも、どこへでも」としており、次の100年に向けたコンセプトカーをはじめ、多くの車を展示予定です。

スペーシア コンセプトは、平日でも休日でも家族や仲間と楽しく使える、「わくわく」と「楽しさ」を詰め込んだ新しいスタイルの軽ハイトワゴンです。
底床で室内が広く、後部座席は両側スライドドアになっています。

そしてスペーシアカスタム コンセプトはボリュームのあるフロントメッキグリルを追加、軽ハイトワゴンの使い勝手の良さとラグジュアリーさ、ゴージャスさが両立しています。

今回展示されるスペーシア/スペーシアカスタムがフルモデルチェンジのベースとなる可能性もあるため、注目のコンセプトです。

東京モーターショーについてはこちら

スズキ新型スペーシアに新プラットフォーム採用

新型プラットフォーム・ハーテクト

2017 スズキワゴンR 新プラットフォーム HEARTECT

新型スペーシアは、現行モデルのアルト、ワゴンRに採用された新型プラットフォーム「ハーテクト」が採用され、ボディが大幅に軽量化されます。
これは30~50kgの軽量化が見込まれ、車重が800kgを割るのではないかという見方もあります。

スズキ新型スペーシアにハイブリッドシステム導入

2017年式スズキ・ワゴンR マイルドハイブリッド作動イメージ

2017 スズキワゴンR マイルドハイブリッド作動イメージ

スズキ新型スペーシアには、新型ワゴンRに搭載されたマイルドハイブリッドシステムが搭載されると思われます。
現在、スペーシアにはSエネチャージが搭載されていますが、ワゴンRに搭載される新型のリチウムイオンバッテリーとISG(モーター機能付発電機)が搭載されます。
これにより、今までモーターの最高出力が2.2PSから3.1PSにパワーアップされます。
これはわずかな変化のように思えますが、軽自動車規格の中では大幅な変更です。

スズキ新型ワゴンRについての記事はこちら

スズキ新型スペーシアのスペックは

全長全幅全高
3,3951,4751,735[1,740]
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4608005
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 [ ]内は4WD
エンジン種類直列3気筒DOHC12バルブ吸排気VVT
排気量0.658L
最高出力38[52]/ 6,500
最大トルク60[6.1]/ 4,000
モーター最高出力2.3[3.1]/ 1,000
最大トルク50[5.1]/ 100
トランスミッションインパネシフトCVT
駆動方式FF、4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ新型スペーシアの燃費は

ガソリンスタンド 給油ホース

新型スペーシアの燃費については、新型ワゴンRを参考にJC08モードと実燃費を割り出し、ライバル車と比較してみます。
燃費値はライバル車の中では一番良く、マイルドハイブリッドの効果が表れています。
実は現行モデルのスペーシアでも、ライバル車と比べればスペーシアが最も良いのですが、売上では負けてしまうということは、デザイン性やネームバリューに負けているのでしょう。

スズキ新型スペーシアダイハツ タントホンダ N-BOX
JC08モード燃費33.428.025.6
実燃費21.414.713.7
[単位]km/L

ガソリン節約術についての記事はこちら

軽自動車の維持費についてはこちら

軽自動車燃費比較ランキングTOP25についてはこちら

スズキ新型スペーシアの価格は

車 購入 商談 ディーラー

現行型スペーシアの価格は現在127~157万円です。
2017年新型ワゴンRとフルモデルチェンジ前のワゴンRの価格は両方とも107~149万円であるので、新型スペーシアの価格も値上げは無いでしょう。

スズキ スペーシアの中古車情報

スペーシアの中古車は比較的新しい車のため軽自動車の中では相場は高く107万円です。
しかし、発売されたばかりの2013年・2014年モデルでも低走行距離で60~70万円のものが多く、この価格帯で車検が長く残っているものがお買い得で、購入後も長く乗ることができるでしょう。


中古車情報
システムメンテナンス中


スズキ新型スペーシアの発売日は

モーターショー 会場

©shutterstock.com/ Alexander Chaikin

新型スペーシアの発表は、2017年東京モーターショーで発表される、2018年1月末あたりに発売となるというのが大方の見方でした。
しかし、スズキは東京モーターショーにてスペーシアのコンセプトを公開することを発表しているため、市販版のお披露目はもう少し後になります。
しかし、それでも2018年の前半には発売されると思います。

また、月販目標販売台数は12,500台で、現行のダイハツ タントやホンダ N-BOXを超える販売台数を目指しています。

スズキの新型車についてはこちら!

スズキ新型スペーシアの性能は十分! あとは外観のデザインが重要

2016年型スズキ スペーシア

2016年 スズキ スペーシア

スズキ新型スペーシアについて紹介していきましたが、いかがでしたか。
ホンダ N-BOXやダイハツ タントに販売台数では負けているスペーシアですが、このフルモデルチェンジでライバル車を追い抜くことができるでしょうか。
性能では十分に優っているので、あとは外観のデザインが重要でしょう。

新型スペーシアの詳細な外観はまだ明らかになっていませんが、我々を驚かせるようなデザインであってほしいです。
今後のスズキ新型スペーシアの情報が入り次第、紹介いたしますので、楽しみにしてください!

ライバル車との比較についての記事はこちら

ターボ付き軽自動車についてはこちら

軽自動車白ナンバー取得方法についてはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK