初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ300系新型ランドクルーザーフルモデルチェンジ最新情報!燃費や価格と発売日は2018年3月?

陸の王者といわれるほど世界中多くのユーザーから絶大なる信頼を得ているトヨタ・ランドクルーザーが2018年に新型の300系へフルモデルチェンジされることが濃厚です。トヨタ新型ランドクルーザーはどのような進化をするのか探ってみました。

2018年に300系新型ランドクルーザーがデビューか

2016-2017年モデル トヨタ・ランドクルーザー

2016-2017年モデル トヨタランドクルーザー

2018年にランドクルーザーの次期モデルとなる300系が発売される可能性が高いです。
2017年は200系がデビューして10年目に入ります。
世界中を股にかけ活躍するランドクルーザーであれば、車の流行やハイテク装備に左右されず継続して売れていくモデルであるため、長年同モデルであっても不思議はありません。
歴代モデルをたどれば、新型デビューから約9年で次期モデルへとフルモデルチェンジされています。
そしてランドクルーザーを良く知るファンの間では、現行モデルの200系ランドクルーザーがここ1~2年の間にフルモデルチェンジされるであろうという見方が強まっています。

しかし、デビューから50年が経つランドクルーザーはすでに完成しつくした感があります。
欧州で厳しくなる排ガス規制などクリアするため、次期モデル300系では排ガスのクリーン化と燃費性能の向上が重要になってくるでしょう。

トヨタ・ランドクルーザーについての記事はこちら

300系新型ランドクルーザーの搭載エンジン予想

3.5Lツインターボエンジンに変更

2018年新型レクサスLS500エンジン

2017 レクサス LS500 エンジン

300系新型ランドクルーザーには、次期レクサスLSに搭載される、3.5Lツインターボエンジンが搭載される可能性があります。
近年、エンジンにダウンサイジングターボを搭載する傾向にある欧州車に合わせるため、欧州に輸出される仕様では、このエンジンが採用されると予想します。

ツインターボについては以下の記事を参考にしてください。

ディーゼルエンジン復活か

200系の北米仕様では設定されていたディーゼルエンジン搭載車が全世界で販売されることが濃厚です。
搭載エンジンの型式は1VD-FTVで、4.5L V型8気筒DOHCツインターボエンジンであり、燃費の向上、排ガスの浄化へ改良したものになると思います。

トヨタ ランドクルーザープラドに搭載されている2.8LのTX ディーゼルターボエンジンが搭載される可能性は低いでしょう。
ディーゼルエンジンについては以下の記事で詳しく説明してあります。

5.7Lエンジン搭載か

2014-2017年 トヨタ・タンドラ搭載5.7Lエンジン

2014-2017年トヨタ タンドラ 5.7L エンジン

300系新型ランドクルーザーには、国外向けの200系に設定されていた型式が3UR-FEの5.7L V型8気筒エンジンが搭載されるでしょう。
これは、トヨタ・タンドラやレクサスLXに搭載されるエンジンと同じものです。
V型8気筒エンジンについては以下の記事をご覧ください。

300系新型ランドクルーザーの燃費は

燃費 ガソリン代

出典:©everystockphoto.com/ Images_of_Money

300系新型ランドクルーザーに前述したエンジンが搭載される場合、JC08モード燃費と実燃費は下表のようになると予想します。

3.5L V型6気筒
ツインターボエンジン
原動機型式:3UR-FE
(5.7L V型8気筒
エンジン)
原動機型式:1VD-FTV
(4.5L V型8気筒
ディーゼルエンジン)
JC08モード燃費8.56.58.0
実燃費5.64.35.3
[単位]km/L

ガソリン浄化剤についての記事はこちら

ガソリンに関する知識やガソリン代節約術についてはこちら

300系新型ランドクルーザーの外装(エクステリア)は

2016年 トヨタ・ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー 2016

300系新型ランドクルーザーの外装はまだ公開されておらず、テスト走行のスパイショットも流出していません。
現状ではデザインがどのようなものか解りませんので、これからの新型ランドクルーザー最新情報に注目していきます。

300系新型ランドクルーザーはToyota Safety Sense P採用か

トヨタ 安全装備 Toyota Safety Sense

300系新型ランドクルーザーは引き続き「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」が採用されると思われます。
トヨタセーフティセンス(Toyota Safety Sense)は、トヨタ自動車が2015年から自動車への搭載を始めた衝突回避支援パッケージです。
衝突被害軽減ブレーキを中心に、衝突事故を未然に防ぐことを目的とした装備で構成されます。

トヨタセーフティセンスPが初めて搭載されたのは2015年8月に行われたランドクルーザーのマイナーチェンジの時となります。
初搭載から2年が経過していることや、世界的に有名なランドクルーザーのフルモデルチェンジであることを考慮すると、トヨタセーフティセンスPがバージョンアップしたものが搭載される可能性もあります。

トヨタセーフティセンスに関する記事はこちら!

300系新型ランドクルーザーの新車価格は

自動車 ディーラー 新車購入

出典:©everystockphoto.com/ Gaspa

300系新型ランドクルーザーの海外で販売される車両価格は88,500ドルになることが予想されており、日本円にすれば約983万円になります。
これは、現行型ランドクルーザーの北米価格が84,775ドルであり、エンジン変更から値上げが予想されるためです。
そして、日本での販売価格はベースグレードが550万円になります。
現行モデルのベースモデル価格が513万円であり、排気量が4.6Lから5.7Lへと変更されると予想すると、車両本体価格は約40万円アップといったところでしょう。

200系ランドクルーザー グレード&車両本体価格一覧
GX473万
AX513万
AX “Gセレクション”585万
ZX683万
特別仕様車 ZX “G-FRONTIER”724万
[単位]円(消費税込み)

新車購入時の値引き交渉についてはこちら

200系ランドクルーザーの中古車情報はこちら

200系トヨタ・ランドクルーザーの中古車価格はSUV車の中でも高額であり、最安値も259万円からとなかなかの値段になっています。
頑丈な作りのため多走行距離でも値段が落ちず、国内のみならず海外へ輸出目的で購入するバイヤーも多いことが理由です。
100万円台で購入したい方はランドクルーザープラドや前モデルの100系を購入するのが良いでしょう。


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


300系新型ランドクルーザーの発売日は

2013年 ドバイ国際モーターショー

出典:©everystockphoto.com/ landrovermena

トヨタランドクルーザーのメインマーケットは、北米、オセアニア、中東です。
今年の年末あたりに公開が予想されるため、2017年11月14日から開催されるドバイ国際モーターショーがお披露目のタイミングと考えられます。
全世界の自動車メーカーが新型SUVを発表するときは、ドバイ国際モーターショーで行うことが多く、SUVに注目するメディアも多く集まるため、ランドクルーザーはドバイから全世界へ発信されます。

発売日は2018年3月上旬に全世界同時発売と予想します。

300系新型ランドクルーザーが全世界自動車メーカーの標的となる

2016-2017年 トヨタ ランドクルーザー
300系新型ランドクルーザー まとめ
搭載エンジン3.5L V型6気筒DOHCツインターボ(欧州仕様)
5.7L V型8気筒DOHC3 自然吸気(全世界共通)
4.5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ(全世界共通)
燃費JC08モード燃費3.5L V型6気筒DOHCツインターボ:8.5km/L
5.7L V型8気筒DOHC3 自然吸気:6.5km/L
4.5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ:8.0km/L
実燃費3.5L V型6気筒DOHCツインターボ:5.6km/L
5.7L V型8気筒DOHC3 自然吸気:4.3km/L
4.5L V型8気筒DOHCディーゼルツインターボ:5.3km/L
価格海外販売価格:88,500ドル
日本販売価格:550万円
発表時期2017年ドバイ国際モーターショー
発売日2018年3月上旬 全世界同時で販売開始

300系新型ランドクルーザーの最新情報について紹介していきましたが、いかがでしたか。
300系ランクルは全世界のランクルユーザーが待ち望んだ車です。陸の王者とまで言われる300系ランクルは、全世界自動車メーカーのSUV開発における標的とされます。
しかし、圧倒的な性能と頑丈さを兼ね備えたランクルは他を寄せ付けない存在感とユーザーの信頼を持っています。
陸の王者が2018年にどれほどパワーアップするか世界中が注目しているでしょう。

今後も300系新型ランドクルーザーの最新情報について追っていきたいと思います。

同じエンジンを搭載する車の記事はこちら

ランドクルーザーのライバル車についてはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...