初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BMW 3シリーズ】320iセダン/320iツーリング/グランツーリスモの実燃費やスペックから価格など

BMW 320iは、ドイツのBMWのDセグメント車です。1975年に初代3シリーズが販売されてから、長い歴史を持つスタンダードなモデルです。現行BMW 320iを、実燃費や試乗レビュー、スペックから維持費まで分析し、解説してみました。

BMW 320iとは?

BMW 320iは、ドイツのBMWによって販売されているDセグメント(全長が約4,600~4,800mm)クラスの乗用車です。
現行のBMW 320iには、様々なバリエーションがあり、セダン(F30型)、ツーリング(ワゴン F31型)、グランツーリスモ(5ドアハッチバックF34型)などのボディタイプがあります。
同じドイツのライバル車として、メルセデス・ベンツ CクラスやアウディA4などが挙げられます。

ベンツ Cクラス セダン(2016年型)

メルセデス ベンツ Cクラス プラグインハイブリッド 2015年

アウディ A4 プレミアムスポーツセダン(2016年型)

アウディ A4 プレミアムスポーツセダン 2016年型

BMW 320iは、FR(フロントエンジン後輪駆動)の直列4気筒ターボエンジンというオーソドックスな構成でBMWにとって中核となるモデルです。
そんな現行6代目3シリーズのベースモデル、320iを各ボディタイプや、試乗レビュー、実燃費など様々な角度から分析します。

FR(フロントエンジン後輪駆動)について関連する記事はこちら

BMW 3シリーズの歴史

1966年にデビューしたBMW 1600は、1968年に2リッターのエンジンを搭載したモデルを販売しました。
BMW 2002と名付けられたこの小型の2ドア車は、1975年まで販売され、この02シリーズの後継車が、BMW 3シリーズです。
初代3シリーズ、E21型は1975年より販売されました。
02シリーズの後継車ということで、2ドアセダン、2ドアカブリオレ(タルガトップ)ボディが中心のラインナップでした。
その中でも、2リッターのインジェクションモデルが、320iと名付けられました。
*インジェクションとは電子制御式の燃料噴射装置を指します。

1982年に販売された2代目3シリーズ、E30型は大幅に改良されました。車体サイズの変更に伴い、デザインは丸みを帯びたものになり、4ドアセダン、ステーションワゴンなどのボディを追加しました。
BMW3シリーズの人気を確定した2代目E30型は全世界で売れました。
その後、3シリーズは生産され続け、現在の6代目まで続く、ベストセラーモデルとなったのです。

BMWの歴史に関連するおすすめ記事はこちら

BMW 3シリーズのセダン・ツーリング・グランツーリスモとは?

BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ グランツーリスモ

BMW 3シリーズ グラン ツーリスモ

2012年より販売している現行3シリーズには、F30型とF31型、F34型の3つのボディタイプがラインナップされています。
F30型が4ドアセダンで、最もオーソドックスな3シリーズといえます。
F31型であるステーションワゴンタイプのツーリングは、ファミリーユーザーなどに人気のモデルです。
そしてF34型グランツーリスモが5ドアハッチバックというボディタイプですが、クーペのようななだらかなラインが特徴のモデルです。
さらに居住感を高めるため全長はセダンより196mm伸ばした4,820mmになりました。

3シリーズクーペは廃止され4シリーズに変更

BMW M4クーぺ

BMW 3シリーズの2ドアクーペやカブリオレモデルは、先代のE90型まで存在していました。
ですが、2012年に4シリーズがE90型の後続モデルに設定され、6代目となるF30型の2ドアクーペが登場しました。
エンジンには、直列4気筒2リッターエンジンか、直列6気筒3リッターエンジン搭載したモデルがラインナップされました(日本仕様ではディーゼルはなし)。
その他にも、431PSの出力を誇る高性能バージョンM4やカブリオレモデル、グランクーペ(4ドアクーペ)などがラインナップしました。

【最新情報】3シリーズの標準装備がさらに充実!

BMW 3シリーズ グランツーリスモ

BMW 3シリーズセダン、ツーリング、グランツーリスモの標準装備が追加されます。
特に注目すべきはBMWコネクテッド・ドライブで、ドライビングをより便利で、楽しいものにしてくれること

BMW 320i 外装について

BMW320 F30 外装

BMW 320iのエクステリアは、BMWらしい男性的な力強さと、滑らかな線のコントラストが特徴です。
ボディサイズを日本の立体駐車場に適応するために、日本仕様のみ幅1,811mmから1,800mmに設定しています。
さらに、ドアハンドルを日本向けに専用設計しています。
セダン、ツーリングでは1,800mmですが、グランツーリスモのみ、幅が1,830mmとなっています。
グランツーリスモは、ボディサイズが一回り大きくなっていますが、クーペのような流麗なフォルムなデザインです。

BMW 320i 内装について

BMW320 F30 内装

BMW 320iの内装は、2眼メーターを中心に見やすいメーター類と、ドライバーに向けられたスイッチ類が扱いやすい位置にあります。
ドイツ車らしい疲れにくいシートは、快適なドライブを保証してくれるでしょう。
荷物を載せる際にも、足をリアバンパーのセンサーの下で左右に動かすと、自動でトランクが開閉するコンフォート・アクセスが便利です。
セダンで480L、ツーリングで495Lと大容量です。
さらにツーリングは後席を倒すと、1,500Lものラゲッジスペースを確保できます。
グランツーリスモは、ツーリング以上の,600Lものラゲッジ容量を誇っています。

BMW 320i スペック

BMW 3シリーズ グランツーリスモ

新型BMW 3シリーズ グラン ツーリスモ
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ
排気量2.0L
最高出力135[184]/5,000
最大トルク290[29.6]/1,350
トランスミッション6MT/8AT
駆動方式FR/4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
BMW 320iセダングランツーリスモ
全長4,6454,825
全幅1,8001,830
全高1,4301,510
ホイールベース2,8102,920
車両重量1,5801,730
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

モデルナンバーとスペックの関係について

BMWのモデルナンバーの320iの百の単位はモデルナンバーで、3シリーズを表しています。
残りのナンバーが、排気量もしくは出力の大きさです。
320の場合は、2リッター直列4気筒エンジンで、184PSなので、排気量と出力から20という数字になっています。
リッター数の低い1.5リッターが318iで、逆にリッター数が高い3リッターは、340iのモデルナンバーが与えられています。
同じ2リッターでも出力が245PSと高いグレードには、330iというナンバーとなっています。

「i」は本来インジェクションのことを指しますが、最近ではガソリンエンジン車を指すようになってきました。
ディーゼル車は、わかりやすく「d」で表記されます。
数字ナンバーの後ろにxDriveとなっていたら4WD車です。

BMW 320i M Sportとは?

BMW 320i M Sport

BMW 320i M Sportとは、BMWのレース部門に直結しているMのパーツを装備したグレードのことです。
通常のMシリーズとは違い、エンジン本体には手を加えていませんが、スポーツサスペンションや、Mスポーツエアロパーツ、18インチホイールなど、エクステリアや足回りに専用パーツが装着されています。
通常グレードより22万円高い537万円(6MT)ですが、硬めのサスペンションを好むなら、Mスポーツを選んでみてもいいでしょう。

【最新情報】限定モデル M Sport Edition Shadow登場!

BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow
BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow リア

3シリーズ M Sportの走行性能やスポーティーさをより強調した「M Sport Edition Shadow」が、8月28日に発売されました。

対象となるモデルは320iと320i X Driveのほか、318iと320dも含まれていますおり、これらのモデルをベースに専用アイテムを装備しています。
納車開始は10月初旬になります。

専用装備について

BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow 外装
BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow 内装

●外装
ボディカラー「サンセット・オレンジ」採用。
ブラック・キドニー・グリル採用。
フロントとリアのLEDライトが専用ダーク色に。
バイカラー19インチMライトアロイホイール採用。

●内装
ダイナミックなドライビングを演出するマルチディスプレイメーターパネル搭載。
ダークカーボン調トリムとブルーステッチのダコタレザーシート(ブラック)採用。
専用のステンレスペダルとフットレスト採用。

新車価格について

モデル価格
BMW 320i M Sport Edition Shadow5,980,000円
BMW 320i xDrive M Sport Edition Shadow6,300,000円
BMW 320i Touring M Sport Edition Shadow6,200,000円
BMW 320i xDrive Touring M Sport Edition Shadow6,520,000円

より多くの人に3シリーズのスポーツ・セダン/ツーリングの魅力を味わってもらうため、多くの追加装備に対して大幅に価格を抑えているとのことです。

BMW 320i の評価

BMW 3シリーズ 2016年型

BMW 3シリーズ 2016年型

BMW 320iセダン

エンジンのガラガラ音。ガソリンエンジンなのに、しばしばディーゼルと間違われるほどの音がする。内装がしょぼい。多分、カローラクラス。遮音性もイマイチ。ランフラットタイヤも原因だと思うが、コンフォタブルとは程遠い乗り心地。道路のアンジュレーションも各自に拾う。リセール最悪。結局金持ちのクルマなのかもしれない。手を出してちょっと後悔している。
総評
車は最高、ディーラー最低。車がいいので頑張らなくても売れるためかもしれないが、ディーラーは本当にひどい。レクサスのディーラーでBMWを売ってほしいかもしれないと思うほど。車を売りたい時しか連絡してこない。整備も自分たちでしていないのではないかと思うほど知識がない。そのくせ「ジャパンからのアンケートには最高評価をお願いします」という以来だけはしてくる。努力のベクトルが間違っている。ディーラーが同じ限り、決して2代目は買わないと思う。

出典:http://www.carsensor.net/

BMW 320iツーリング

【総合評価】ハンドリングや走りの気持ちよさは犠牲にしたくないけれど、家族のことも考えて、広い荷室と、十分な装備、快適な乗り心地も欲しい・・・という欲張りな要求に応えてくれる

【良い点】エクステリアデザイン、インテリアデザインともに、BMWならではの個性があって、他のクルマでは得られない満足感がある

【悪い点】ハイオクガソリン仕様なので、ガソリン価格が上がってきているいまとなっては、経済性に乏しい

出典:http://www.goo-net.com/

BMW 320iグランツーリスモ

【総合評価】
とにかく運転するのが楽しくてたまりません。ISを買ったときは快適な乗り心地にゆったりと乗ることができました。ISの静粛性と高音質なオーディオは今でもハイレベルと思っています

【良い点】
高級感はあまり感じられませんが上質なスポーツ感があり運転したくなります。ステアリングは太めでグリップしやすいです。スイッチみたいな8速ATが先進性を感じさせます。

【悪い点】
知ってるので気にしてみるとアイドリング時はカラカラ音が聞こえます。

出典:http://www.goo-net.com/

充分なパワーとターボ車であることを感じさせない吹け上がりのようです。
FRらしいハンドリングの良さとフィーリングで、コーナーを楽しめそうです。

BMW 320i 実燃費

BMW 3シリーズ 2015年型

BMW 3シリーズ 2015年型

燃費 10km/L

良かった点
高速域で良く回るエンジンと、洗練された外観デザイン。
気になった点
国産メーカーと比べると、イマイチな実燃費数値。
総評
一般道よりも高速道路の方が多く走る、というドライバーにはオススメ。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 9.5km/L

良かった点
高速走行時の安定感と静粛性。少し踏むだけで良く回るエンジンと、外車にしてはそこそこの実燃費。
気になった点
インテリアには、ややコストダウンされた箇所が散見されたのは残念。
総評
大きすぎないサイズのセダンで、高級感と高速安定性を重視するドライバーにはオススメ。

出典:http://www.carsensor.net/

燃費 10km/L

キレキレのハンドル、吹き上がるエンジン。スポーツモードにすると、燃費など何も考えなくてもよいほど、エンジンを回したくなる。この値段でこのエンジンはありえないほどスバラシイ。外観もレクサスのガンダムのようなお子様デザインとは違って、大人のプレス。いつみてもほれぼれする。

出典:http://www.carsensor.net/

郊外や高速などでは、燃費がよく伸びリッターあたり14~18kmくらいで、街乗りなどでは、リッター7~9kmにくらいのようです。
平均して1リッターあたり12kmといったところでしょう。

BMW 320i 維持費について

お金 1000円札

BMW 320iの年間維持費を計算してみます。
自動車税3万9,500円、重量税1万円、自賠責保険が1万2,915円、任意保険が年間7万円です。
ガソリン代が、ハイオクでリッターあたり130円として、年間8,000km走行するとして8万6,667円、駐車場代が年間12万円、オイル交換費が6,000円、整備や車検費用などで年間6万円として、合計40万5,082円という結果になりました。

BMW 320i 価格について

BMW 320i Sport AT5,470,000円
BMW 320i Sport MT5,300,000円
BMW 320i Luxury5,640,000円
BMW 320i M Sport AT5,700,000円
BMW 320i M Sport MT5,530,000円
BMW 320i xDrive Sport5,790,000円
BMW 320i xDrive Luxury5,960,000円
BMW 320i xDrive M Sport6,020,000円
BMW 320iツーリングSport5,690,000円
BMW 320iツーリングLuxury5,860,000円
BMW 320iツーリングM Sport5,920,000円
BMW 320i xDriveツーリングSport6,010,000円
BMW 320i xDriveツーリングLuxury6,180,000円
BMW 320i xDriveツーリングM Sport6,240,000円
BMW320i Gran Turismo Luxury6,450,000円
BMW320i Gran Turismo M Sport6,540,000円

BMW 3シリーズ現在の中古車情報についてはこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


BMW 320iはスタンダードな3シリーズとしての正常進化版!

BMW 3シリーズ 2016年型

BMW 3シリーズ 2016年型

BMW 3シリーズは、DセグメントのBMWとして、多くのユーザーに愛されてきたモデルです。
現行のF型の中でも、320iは2リッターのスタンダードモデルとしての進化を果たしています。
日本市場専用に、ボディ幅を1,800mmに納めたり、中国市場を意識した大きめなグランツーリスモを販売するなど、アジアに向けたモデルの提供もしています。

ドイツ国内のライバルに対して、ラインナップの充実が必須課題でした。
そういった意味での、4シリーズクーペと3シリーズのモデルグレードの併設であったと思います。
多様化する時代に対して、BMWも進化して対応しているようです。
これからのBMWの車作りに期待できます。

BMWの新型車に関連するおすすめ記事はこちら

外車に関連するおすすめ記事はこちら

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

タケロクこの執筆者の詳細プロフィール

ロックギタリストでありながら、車、バイク好きの関西人です。マニュアルのダイハツ テリオスキッドが現在の愛車で、バイクはNC750Sに乗っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK