初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ プリウスα新型最新情報!フルモデルチェンジ後のスペックや燃費・価格・発売日を徹底予想!

2016年に発売されたトヨタ4代目プリウスがビッグセールスを続ける中、そろそろプリウスαもモデルチェンジの時期が来ています。そして2018年に新型プリウスαが発売されるという情報が入ってきました。新型プリウスαは現行型からどのように変貌し、スペック、燃費、価格、発売日はどうなるのかご紹介していきたいと思います。

プリウスαが新型にフルモデルチェンジ!

トヨタ新型プリウスα(アルファ)がフルモデルチェンジして発売されることがわかりました。現行型のプリウスをベースにホイールベースを伸ばした7人まで乗れるステーションワゴンに仕上げることが濃厚です。

もちろん現行のプリウスαよりも燃費や運動性能も向上させ、ステーションワゴンに重要な室内空間の広さや快適性を向上した改良がなされるでしょう。

トヨタ プリウスαとは

次期プリウスαを紹介する前に簡単にプリウスαの紹介をしたいと思います。

トヨタ プリウスα

トヨタ プリウス α 2014年

トヨタ・プリウスαは2011年5月に発売されました。トヨタ・プリウス3代目(ZVW30型)と同じプラットフォーム「MCプラットフォーム」を採用し、ホイールベースを80mm長くしたことで7人まで乗れる車内空間を確保しています。

2014年11月にマイナーチェンジを行い、グレードによる装備とカラーリングのバリエーションの見直しが図られました。また、以下のシステムが装備されています。

プリウスαマイナーチェンジ後の追加装備
レーンディパーチャーアラート車線の逸脱を検知して警告
オートマチックハイビーム夜間走行時にハイビームとロービームを自動切替
レーダークルーズコントロール先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い、自動的に加速・減速・停止
PCS(プリクラッシュセーフティシステム)車両や歩行者で検出し、警報やブレーキ力制御により運転者の衝突回避操作を補助
Bi-Beam LEDヘッドランプ1灯の光源でロービームとハイビームの切替が可能

トヨタ新型プリウスαにTNGA採用

トヨタ新プラットフォーム TNGA

トヨタ TNGA プラットフォーム 2015年

新型プリウスαには新プラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)が搭載されます。
このプラットフォームは、最近のトヨタ車に共通して使われるプラットフォームであり、現行型のプリウスやプリウスPHVに使用されています。

トヨタは、TNGAプラットフォームをほとんどの車種に共有し、搭載されたすべての車を軽量化・低燃費・高剛性・低コストを実現させます。
もちろん新型プリウスαにもTNGA採用の恩恵は大きく、現行モデルより燃費性能向上、運動性能向上、そして車内空間の拡大を実現してくれます。

TNGAについての記事はこちら

プラットフォームについての記事はこちら

トヨタ新型プリウスαに搭載の最新安全装備

トヨタ セーフティセンスPを採用

新型プリウスαには、トヨタの最新安全装備「トヨタ セーフティ センス P (Toyota Safety Sense P)」が装備されます。

これは、「ミリ波レーダー」や「単眼カメラ」を用いて歩行者、車、道路の白線など認識と対象物までの距離を識別子、衝突を未然に防ぐシステムです。

PCS(プリクラッシュセーフティシステム)(歩行者検知機能付回避支援タイプ)

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

前方の車両や歩行者し検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性をドライバーに知らせてくれます。

このとき、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト。ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
プリクラッシュブレーキの作動領域は、歩行者に対しては自車が約10~80km/hの速度域です。

LDA(レーンディパーチャーアラート)(ステアリング制御付)

道路上の白線(または黄線)を認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ドライバーへブザーとディスプレイ表示による警報をします。

さらに電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。

オートマチックハイビ ーム

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートします。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。
先行車が停止した時は自車も停止し、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開する作業を自動で行います。

トヨタ新型プリウスαの性能・スペックは?

新型プリウスαの予想スペックを現行型と比較しながら表してみたいと思います。

新型プリウスα現行型プリウスα
全長4,6904,630
全幅1,7901,775
全高1,5601,575
ホイールベース2,7802,780
車両重量1,4601,450
乗車定員5または75または7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型プリウスα現行型プリウスα
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC水冷直列4気筒DOHC
排気量1.8L1.8L
最高出力72[98]/ 5,20073[93]/ 5,200
最大トルク142[14.5]/ 3,600142[14.5]/ 4,000
モーター最高出力フロント:53[72]/ -
リア:5.3[7.2]/ -
60[82]/ -
最大トルクフロント:163[16.6]/ -
リア:55[5.6]/ -
207[21.1]/ -
トランスミッション電気式無段変速機電子制御無段変速機
駆動方式FF/4WDFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型プリウスαのスペックはは、現行型プリウスを参考に予想してみました。
3代目プリウスと現行型プリウスαは、同じエンジンとモーターを使用していたため、新型プリウスαでも現行型プリウスのエンジンとモーターが使われるため、パワートレインはプリウスと同じになります。

そして、車両寸法も3代目プリウスから現行型プリウスがワイド化されたため、新型プリウスαも現行型からワイドボディ化されます。

新型プリウスαに4WD追加

FFハイブリッドシステム

4代目トヨタプリウスハイブリッドシステム FF

E-Four (電気式4WDシステム)

4代目トヨタプリウスハイブリッドシステム 4WD

現行型プリウスでは前後にモーターを搭載した電気式4WDシステム・E-Fourがあり、プリウスαも同様に4WDが追加されます。

トヨタ新型プリウスαの実燃費は?

ガソリンメーター

新型プリウスαのJC08モード燃費値と実燃費値は下記のようになります。

新型プリウスα現行型プリウスα
JC08モード燃費30.126.2
実燃費23.119.0
[単位]km/L

現行型プリウスは3代目プリウスより燃費(JC08モード)が13%アップしているため、新型プリウスαも現行型プリウスαの約13%燃費が向上すると予想します。

一方、実燃費では、現行型プリウスの実燃費はさまざまな燃費の口コミから27.5km/Lというのが平均値。

これは、JC08モード燃費値の27%落ちであるため、新型プリウスαも27%落ちだとすれば、実燃費が23.1km/Lだと考えられます。

トヨタ新型プリウスαの価格は?

お金

新型プリウスαの予想価格は下の表のようになります。

新型プリウスα現行型プリウスα
FF5人乗り:2,710,000
7人乗り:2,910,000
5人乗り:2,622,437
7人乗り:2,828,618円
4WD5人乗り:2,900,000
7人乗り:3,100,000
-
[単位]円(消費税込み)

新型プリウスαの価格を予想するうえで、現行型プリウスと3代目プリウスの価格差を見ていきます。

現行型プリウス・グレードSの価格は、現行型のFFが2,479,091円、4WDが2,673,491円です。一方で3代目のFFは2,386,286円であり、現行型プリウスは3代目モデルから約9万円高いことになります。

またFFと4WDの価格差を見てみれば、約19万円です。これを新型プリウスαにあてはめれば上記の価格が予想されます。

トヨタ新型プリウスαの発売日は?

ジュネーブ モーターショー

新型プリウスαの発表は、現行型が2011年1月に発表されたことから、ちょうど7年後にあたる2018年1月であると思います。

そこで、2018年1月に行われるデトロイトモーターショーで発表と同時に予約開始を行い、2018年4月に発売と予想します。

ミニバン・ステーションワゴンのHV化が本格始動

トヨタ 現行型プリウスα

トヨタ プリウスα tune BLACK

トヨタ新型プリウスαについて紹介していきましたが、いかがでしたか。

7人乗りステーションワゴン最強の燃費性能をもつ新型プリウスα登場からの、トヨタのミニバンとステーションワゴンがハイブリッドモデルを次々と発売される可能性が高いです。

TNGAを使用した7人乗りハイブリッド車をプリウスαと並行して行っている可能性が高いでしょう。そこで考えられるのがトヨタ・ウィッシュ、アイシスのハイブリッドモデル登場です。

これは期待できるモデルバリエーションの拡張。今後のハイブリッドモデル登場に期待でき、最新情報を追っていきたいと思います。

新型ハイブリッドカーに関連する記事!

ステーションワゴンに関連する記事!

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK